« X-T1 & XF56mm F1.2Rで屋外ポートレート | トップページ | Mac Pro スリープ解除エラー »

2014年3月24日 (月)

2013年度 最多使用鞄はひらくPCバッグ

何度となく書いているけれど、ワタシのバッグ観は、「鞄探しに終わりはない」だ。
モノとしてお気に入りのデザイン、質感といった要素はあるものの、カバンの本質はモノを持ち運ぶキャリアー。鞄にあわせて持ち物を吟味するのも一興だけど、基本は持ち物にあわせて鞄を選ぶ。だから、そのときの持ち物の種類や目的によって、最適な鞄は変化して当然。
(たくさんバッグを持っている言い訳ではない(^_^;)

ので、ワタシにとって、ベストワン、の鞄は存在しない。けれど、いちばんよく使う、鞄はある。

hiraku_PC_BAG

もう1週間ほどで終わる2013年度でいうと、そのいちばん使った鞄が、ひらくPCバッグ だった。

その理由はやはり、15inchのMacBook Pro Retinaが入り、さらにミニマムな構成のカメラが入ること。そして鞄を掛けた状態、テーブルに置いた状態のどちらでも運用性がひじょうに高い、ことになるだろう。(収納に関するmono-logueレビュー

hiraku_PC_BAG_02

カメラに関してはミラーレスクラスがベストバランスだが、24-70mmF4LをつけたEOS 5D Mark IIIも入るので、展示会取材等には愛用している。

たすき掛けが基本の構造で、たすき掛けのときの安定感は抜群で、フタを開けてカメラやMacBook Proを取り出したりしてもバランスが崩れない。
MacBook Proとカメラが入るアルチザン&アーティスト ICAM-6000は、見た目とデザイン処理はとても好きなのだけど、掛けたまま機材の出し入れをすると安定感が悪いんだよね・・・。

hiraku_PC_BAG_03

EOS-1D Cやグリップの付いた5D系ははいりません。そういうときには素直にアーバンデイズガイズ(MacBook Proがいるとき)やレトロスペクティブ20(ノートPCのいらないとき)を使います。

という訳で、ひらくPCバッグ、使い込んでダメになったら次の買う、くらい気に入っているのだけど、ブロガー界隈に愛用者が多く、イベント等でバッティングするのが欠点(笑)もう少しカスタマイズ要素が欲しいなあ。

hiraku_PC_BAG_04

--ads--

|
|

« X-T1 & XF56mm F1.2Rで屋外ポートレート | トップページ | Mac Pro スリープ解除エラー »

カバン/腕時計/革小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/59350521

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年度 最多使用鞄はひらくPCバッグ:

« X-T1 & XF56mm F1.2Rで屋外ポートレート | トップページ | Mac Pro スリープ解除エラー »