« 今度のコマフォトは買うのに勇気が要る(笑) | トップページ | Mac Pro 特集 / コマーシャルフォト2014年4月号 »

2014年3月14日 (金)

thinkTANK Photo エアポート・ナビゲーターの印象

鞄探しにはゴールがない。カメラバッグはその最たるもの。
なにしろカメラもレンズも変わったり増えたりするし、ノートパソコンを一緒に持ち運ぶのかでも変わる。
今回は、ワタシ的には初めての「ローリングケース(キャリーバッグ)型のカメラバッグ」さらに、MacBook Proが入る、を条件にして選んだカメラバッグのレビュー。

Airport Navigator_01

シンクタンク・フォトのエアポート・ナビゲーター
thinkTANK Photo Airport Navigator

シンクタンクのローリングケースは、エアポート・テイクオフとかエアポート・フォーサイトとか、似たサイズと名前のものがいくつもあり、それぞれ特徴や工夫があるだけにけっこう悩んだ。

エアポート・ナビゲーターは、横型で背の低いモデル。その特徴を選んだ理由とともに解説。

Airport Navigator_02

2輪のローリングケース。
同社製のローロングケースではエアポート・フォーサイトのみが4輪
まだ使用歴は浅いけれど、駅や舗装道の路面では静かで安定感のあるもの。

Airport Navigator_03

公称サイズ(外寸)40.6 × 39.4 × 25.4cm
国内線(100席以上)の機内持ち込み手荷物サイズはJAL/ANAとも、3辺の合計が115cm以内(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)
3辺の和は規定内だが、奥行きが4mmオーバー。これについてはJALの規定補足
各辺の長さが規定サイズを超える場合は、機内に収納できない可能性があるため、3辺の和が規定内であるかを確認させていただく場合がございます。
とあるので、大丈夫な可能性が高いと思う。(後日、飛行機に乗る機会あれば報告)

Airport Navigator_04

ハンドルは3段引き出し型だが、途中でのロック機構はなく、全部引き出して使う。
シンクタンクフォトのローリングケースにあるハンドルは、少し華奢なものが多く、曲がるときなどのねじれに不安があるのだが、エアポート・ナビゲーターのものは他のものより太めでそれも本機にした理由のひとつ。

Airport Navigator_05

他のバッグ(アーバンデイズガイズなど)を上に載せて安定感があるのも選定理由。
これはエアポート・ナビゲーターが背が低く、かつ、横型であることの利点。

Airport Navigator_06

さすが同じメーカーのものだけにベストマッチな感じ
逆に同じシンクタンクフォト製なのに、去年買ったレトロスペクティブ20はハンドル用スリットがないので一体運用できないのが残念。

Airport Navigator_07

ハンドル。他の製品のハンドルより少し太く、がっしりしている。

Airport Navigator_08

その理由(?)はハンドルがバッグ内ではなく、バッグの外にマウントされているから。
これにより、バッグ内側への張り出しがなく、収納の阻害要因にならないのは○。
一方、奥行きは増すため、前述のように機内持込サイズぎりぎりだったりする。

Airport Navigator_09

横幅はちょうどジッツオのトラベラー三脚(GITZO GK1580TQR4)と同じくらい。

Airport Navigator_10

エアポート・ナビゲーター最大の特徴(というか、選定理由)が、トップオープンであること。
ローリングケースを寝かさずにそのまま使えるのは、個人的にポイントが高い。

Airport Navigator_11

縦位置グリップ付きの一眼(写真はEOS-1D Cだけど)がそのまま入るのもポイント。

Airport Navigator_12

横にしてもOK。このEOS-1Dクラスが2台並べて格納できるのはいい(重くなるけどね)。

Airport Navigator_13

そして、トップオープンでありながら、同時に前面も開くことができる構造。これはアクセスにムダがなく、バッグの収納力を最大に活かせる構造だと思う。
強度的にはデメリットもあるのかな(?)

Airport Navigator_14

上面パネル(フタ)の裏側には大きなメッシュポケット(ファスナー付き)

Airport Navigator_15

そして上面パネルは、オープン状態で固定できるギミックも搭載。
これ、意外と実用性が高いのを現場で実感。機材の出し入れも早く安全になるし、ひとつ上の写真にある上面ハッチ裏のポケットが上を向いて固定されるので、メモリーカードやレンズキャップの出し入れも楽。

Airport Navigator_16

そのために持ち手が長めにデザインされているのか、素晴らしい。
根元のファスナー開くと薄いスリットポケットがある。
チケット等を入れておくのに便利。

Airport Navigator_17

ただ、この素材、昔、加水分解で一気に劣化した同社のストラップを思い出させる感じ。
さすがに大丈夫と思いつつも、こればかりは使っていくうちにわかること。
1年後くらいに再レポートします(笑)

Airport Navigator_18

余談だけど、販売時のデモ用に入っている収納例ボード。
キヤノンだなあと思ったら

Airport Navigator_19

裏側はニコンだったり(笑)

Airport Navigator_20

ある日の収納例
・EOS-1D C + EF100mm F2.8L IS MACRO
・EOS 5D Mark III + EF24-70mm F4L IS(この写真撮るために抜いています)
・EF70-200mm F4L IS
・EF17-40mm F4L
・その他、バッテリー、忍者レフ、レインカバー(付属品)等々。

Airport Navigator_21

なお、前面パネルは一気に開かないようにストラップつき

Airport Navigator_22

そのストラップのフックを外すと、下まで開くようになる。

Airport Navigator_23

その前面パネルの裏側はクッションスリットになっていて

Airport Navigator_24

MacBook Pro Retina 15inchが入る。
ので、一気に開かないのはいい配慮だ。
まあ、バンガードのトローリーカメラバッグ VANGUARD Quovio 49Tも同様の構造はもっているけれど

Airport Navigator_25

ノートPCを入れないなら、ガイドブック等の収納にも便利。(ああ、バリ島行きたい。。)

Airport Navigator_26

ショルダーストラップが付属。
このストラップ、エアポート・ナビゲーター専用。なぜかは後述。

Airport Navigator_27

サイドのD環に取付ると

Airport Navigator_28

階段や列車搭乗時など一時的にショルダーバッグのように使える。
でも、こーいうショルダーストラップ、いちいち付けたり外したり面倒だよね、だからといって付けっぱなしにすると垂れて自分の車輪で轢いたりしてイヤな感じ。
ところが

Airport Navigator_29

このエアポート・ナビゲーター専用のショルダーストラップは中割れ式になっていて(だからといってガンペリーとは呼ばない)エアポート・ナビゲーターのハンドルに通すことができる。

Airport Navigator_30

こんな感じになる。
これは、小さなアイディアだけど、ものすごく実用的でエアポート・ナビゲーターに決めた理由のひとつ。

Airport Navigator_31

という訳で、エアポート・ナビゲーターの各部ディティールの写真

Airport Navigator_32

Airport Navigator_33

Airport Navigator_34

Airport Navigator_35

車輪の軸取付は六角。これ、六角レンチで締められるんだね。これも気が利いている

Airport Navigator_36

Airport Navigator_37

個人的にはとても満足なローリングカメラバッグ。長期に使用して考えが変わったりしたら、またレビューします。

--ads--

いまのタイミングだと、楽天のマップカメラの方が少し安いですね

【楽天ショップオブザイヤー受賞!】【送料無料!・代引き手数料無料!】《新品アクセサリー》 ...

|
|

« 今度のコマフォトは買うのに勇気が要る(笑) | トップページ | Mac Pro 特集 / コマーシャルフォト2014年4月号 »

カバン/腕時計/革小物」カテゴリの記事

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/59292157

この記事へのトラックバック一覧です: thinkTANK Photo エアポート・ナビゲーターの印象:

« 今度のコマフォトは買うのに勇気が要る(笑) | トップページ | Mac Pro 特集 / コマーシャルフォト2014年4月号 »