« Mac OS 10.9.3でCG277、DCI4K対応 | トップページ | 雨のキャンパス/EOS 5D Mark III ムービー »

2014年5月16日 (金)

ちょっぴり不安。宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

シリーズ最後に告知された新作劇場版、宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 が予告篇(特報)公開

曲が白色彗星のテーマで、ナレーションでガトランティス、と言われると、げっ、さらば宇宙戦艦ヤマトやっちゃうの?と不安に思ったけど、公式サイトによれば
西暦2199年。ヤマトは大マゼランを後にしようとしていた。
目的地イスカンダルで〈コスモリバースシステム〉を受領したクルーたちの間には穏やかな空気が流れていた。
その矢先、ヤマトは大マゼラン外縁部で突如出現した謎の艦隊と遭遇する。
彼らは〈ガトランティス〉を名乗り、ヤマトの引き渡しを要求してくる。

と、オリジナルシリーズでも2199でもあっさりスルーされた帰路の話らしい。

20140516_154433

さらば、の大散華大会を見なくて済むのはほっとするけれど、一方で不安も(笑)
帰路のお話し、って、OVAのスピンアウト作品とか外伝なら面白いものできそうだけど、劇場映画、なんだよね?

最初の設定も固定され、ラストに続く物語も固定され、何も足さない、何も引かない(新設定は入らない、誰も死なない)なかで、どこまで広がりのある物語が展開できるのか、は、かなり厳しそうな気もする。

2199内ではガトランティスって、強力な軍事国家というよりは、引き立て役になっちゃってたからなあ(ホントはここで強大な艦隊力をみせつけておくと良かったと思う)。

あ、26話の再編集版も11月にでるらしい。
うーん

--ads--

|
|

« Mac OS 10.9.3でCG277、DCI4K対応 | トップページ | 雨のキャンパス/EOS 5D Mark III ムービー »

映画・舞台・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/59652866

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっぴり不安。宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟:

« Mac OS 10.9.3でCG277、DCI4K対応 | トップページ | 雨のキャンパス/EOS 5D Mark III ムービー »