« 松葉製作所 縞黒檀iPhoneケース | トップページ | 運動会で1DC »

2014年5月24日 (土)

究極のスキマ製品?Mac Pro Stage

先日、書いたバード電子のマックステージ(Mac Pro Stage)。ちょっと変なというか、独創的なMac専用アクセサリーを多数出してきたバード電子の最新作。

Mac Pro Stage_01

Mac Pro専用のスタンド。大学の演習室に入れてみた。絶賛とまでは言わないが、なかなか使い勝手がいいのでインプレッション。

そう、Mac Proの下に置いて空間を作り、そこに周辺機器を置こうという文字通りの隙間商品。

Mac Pro Stage_02

製品自体は2枚の円盤状プレートを2段に重ねたもの。
「ドーナツ盤をイメージして」とバード電子は言うが、ワタシにはオープンリールに見える(笑)

Mac Pro Stage_03

大きさはこんな感じ。

Mac Pro Stage_04

Mac Proをちょうど載せる形。ロック機構等は特にない。
裏面にはテーブル面保護のスポンジが貼られている。滑りそうに思ったけれど、意外と滑らないのでここはいい意味で予想外。

Mac Pro Stage_05

この隙間にAppleSuperDrive(やサードパーティ製の光学ドライブ)を収納するのが、メーカーの考える使い方。

Mac Pro Stage_06

高さは余裕があるので、こんな風にデュアル光学ドライブにすることも可能。
写真下、AppleSuperDrive
写真上、パイオニアBDドライブ

Mac Pro Stage_07

質感やプリントのデザインが上質なのは、さすがバード電子。

Mac Pro Stage_08

光学ドライブ以外にも、ポータブルHDDを入れて見るのもいい。さすがに一般的な外付けHDDは入らない。

Mac Pro Stage_09

個人的にはUSB HUBを入れて、Mac ProのUSBをフロントに拡張するのがいいかなあと思った。
Mac ProのUSB、4ポートあるとはいえ、意外と足りないよね・・・。

Mac Pro Stage_10

カードリーダーもいいよね、と思っていたけれど、カードの抜き差し時に激しく動くので、この運用するなら、両面テープ等で固定した方がイイと思う。

Mac Pro Stage_11

内部拡張性をすっぱりと捨て、外部拡張に移行したMac Proはうまく考えてやらないと周辺機器が散乱し、必要以上に設置スペースを取る。
ワタシはワイヤーシェルフで多層化した
とくに純正のApple USB SuperDriveはノートMacとの運用が前提なのかUSBケーブルが直づけなのに短いので、置き場所に困る。
もう光学ドライブはあまり使わないから普段は外してる、ってひとはいいけれど、取りあえず繋いでおきたい人には、このマックステージ、小技が効いていていいかも。

--ads--

|
|

« 松葉製作所 縞黒檀iPhoneケース | トップページ | 運動会で1DC »

Macintosh」カテゴリの記事

PC周辺機器/ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/59697196

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のスキマ製品?Mac Pro Stage:

« 松葉製作所 縞黒檀iPhoneケース | トップページ | 運動会で1DC »