« EF16-35mmF4LとDPP4.0 | トップページ | ニコン D810 の動画機能 »

2014年6月25日 (水)

EOS Utility 3.0 と EOS-1D C

昨日、書いた Digital Photo Professional 4.0と同時に、EOS Utility 3.0もリリース(日本では明日、のハズ。これまでのキヤノンパターンでは、13時頃か)。
今回、EOS Utility 3.0 は Mac OS X 10.8および10.9のみ対応。さらに、DPP4同様にEOS-1D X、EOS-1D C、EOS 5D Mark III、EOS 6DのフルサイズEOSのみ対応で、それ以外はEOS Utility 2.14で起動するらしい。

EOS Utility 3_01

アイコン一新。
Lレンズ装着のEOSだと思うのだけど、赤じゃなくてSONY αのオレンジに見えたのは気のせいと言うことで。

EOS Utility 3_02

そしてEOS Utility フォルダにあるEOS Utility アプリは一種のランチャー(?)で、その下層にEU2、EU3というフォルダがあり、それぞれEOS Utility 2.14と3が格納されている。

EOS Utility 3_03

カメラを繋がずに起動すると、カメラを繋げと怒られる(笑)繋がったカメラの機種を認識して、適切な方のEOS Utility を立ち上げているようだ。

EOS Utility 3_04

ついに、EOS-1D C 正式サポート。嬉しい。

EOS Utility 3_05

んでも、EOS-1D Cもファームアップできるかのような表示があるけど、EOS-1D Cのファームアップはサービスセンター持ち込みでしかできない。
この辺、なんとかして欲しい。

EOS Utility 3_06

リモート撮影もメイン画面に。
ちなみに、DPP4上でEOS Utility 3とシームレスに連携してライブビューおよびレリーズトリガーが可能。

--ads--

|
|

« EF16-35mmF4LとDPP4.0 | トップページ | ニコン D810 の動画機能 »

EOS-1D X II / C / 5D III /IV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EF16-35mmF4LとDPP4.0 | トップページ | ニコン D810 の動画機能 »