« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

ニコンとキヤノンのメモリーカード扱いの違い

普段はほぼキヤノンしか使っていない1マウント派のワタシですが、時には他社製カメラも使います。各社が互いにがんばって、良い製品を競ってくれれば、それがユーザーにとっていちばんいいことだと思っています。

で、しばらくニコンの新型D810をかなり使っていたのですが、その時気がついたニコン(D)とキヤノン(EOS)のメモリーカードハンドリングの違いを備忘録として。
なお、PC接続時の確認は、Mac OSでしかしていませんので、他の環境では異なる可能性もあるかも。

D810_vs_eos_5d_mark_iii

ニコンD810とキヤノンEOS 5D Mark III
条件を揃えるため、マルチプレートで大きめの三脚にデュアルマウントするのはもちろん、シャッターレリーズ時に揺れないように、リモートレリーズを基本に。
D810はリモコンがないので、セルフタイマーでレリーズしています。

各カメラで初期化したメモリーカードをMacでマウントしたところ。

Nikon_canon_sony_cardname

EOSはEOS 5D Mark IIIでも他機種でも、EOS DIGITALなのだが、D810はなんとD810と機種名が入る。これはカード整理上、楽ちん。
キヤノンも機種名もしくはここをカスタマイズできるといいなあ。
D800やD800Eではどうだったのか、興味あるな・・・。
ちなみに、ソニー α7Sは素っ気なく、No Name。(Macでは。他の環境では不明)

そのD810で撮影したCFカードをEOS 5D Mark IIIに挿すと

D810in5D3_2

静止画(JPEG)は表示され、ミニマムなEXIFも読めるが

D810in5D3_1

動画ファイルは再生できないと表示(サムネイルも出ない)

で、EOS 5D Mark IIIで撮影したCFカードをD810に挿すと

5D3inD810

一切認識せず、カラカードなのか、他機種撮影済みのカードなのかも不明。
これはちょっとコワイかも。

と言うわけで、画質や機能の面ではなく、こんなところに違いが、という小ネタでした。

実際の比較は、次号のビデオSALONの記事になるのですみませんが未公開です。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月25日 (金)

Libec ALLEX テストショット

以前、試作版を見せていただいたスライダー三脚システム Libec ALLEX がいよいよ出荷開始。

Libec_ALLEX_06

試作機での印象はここに書いたが、今回、正式出荷版(量産型)ALLEXが届いたので、テストを兼ねて何カットか試し撮り。
簡単に繋いでみたので、テストショットとして載せてみる

Libec ALLEX TEST SHOT from SAIKA on Vimeo.
音楽は著作権フリー音楽、BGM ダウンロード販売サイト iBgmより使用

面白いなあ
まだ慣れていないので、スライドばかりだけど、ALLEXの醍醐味はスライドしながらPANできることだと思うので、その辺、試し中。
その作例は後日公開。

ちなみに、Libec公式にある

bi-wa / created by Libec new style tripod system "ALLEX" from LTV - Libec TV on Vimeo.

貫井勇志氏制作のPV

bi wa behind the scene from LTV - Libec TV on Vimeo.

および、そのメイキング

NAB2014で公開されたプロモーションビデオはこちら

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月21日 (月)

レヴォーグに試乗してみた

インプレッサの点検ついでに、スバル レヴォーグの試乗してみた。
短い時間だし、一般道なのでレビューどころかファーストインプレッションほどでもないけれど、半分自分のために(笑)忘れないうちに書いておく。

LEVORG_mini car_01

写真はキャンペーン用 ぶつからないミニカー LEVORG
EyeSight搭載ではないのだが、ホントに衝突回避するのがすばらしい

Levorg_01

写真でみるより、実物は好きだった。いかつい顔は洗練されたというより無骨なガンダム顔。
近年のスバルアイデンティティのヘキサゴングリルは踏襲してるけど、水牛の角のようなバーは廃止。
あの角がいまひとつで(好きな方、ごめんなさい)オプションのメッシュグリルにしたワタシには好印象。とはいえ、サイドのデザイン含め、そんなにインパクトがある訳ではない。
個人的にはXVのデザインとカラーリングがいちばん好き。

内装も、質感高めたインプレッサでしょ、と思っていたけれど、実際に乗ってみると、ドアの開閉音やそのときの手に伝わる感じが、明らかに上。
そういう意味では確かに上質感あるんだよね。
メーターまわりの処理や表示も洗練されていてなかなかカッコイイ。
革を多用したインパネまわりはいいけど、ブルーのステッチはちょいやり過ぎ。。(と思ったら、これはGT-Sだかららしい)

LEVORG_mini car_03

短時間の街乗りでは、このエンジンの良さは分かろうハズも無いけれど、18インチにビルシュタイン製ダンパーと聞いて、固いんだろうなあ、といった先入観は外れてイイ感じ。
静粛性がインプレッサより1ランク上ですよ、というセールスのセリフは正しいみたい。
インプレッサ、それなりにロードノイズは拾うもんなあ。

EyeSightが薄くなって、頭上の圧迫感が無くなったのはいい。
もっとも、いかにもEyeSight搭載です、って感じの現行型も好きなんだけど(笑)
ターボの実感はなし。
この辺は高速でも走ってみたいなあ。

Levorg_02

ただね、ボンネットにどかんと開いたエアインテイクはどうなんだろう。
昔だったら、カッコイイ、と感じたに違いないのだけど、なんというかな、アラフィフになった目では、そこ、アピールしなくていいから、って気がしちゃう。
スバルと言えばこのターボ空気取り入れ口がアイデンティティでしょう、っていう人の気持ちも分かるし、以前はそう思ってたけどさ、インプレッサはそういうクルマじゃなくなって、レヴォーグが引き継いだのかなあ。
事実、新しいWRXはレヴォーグとプラットホームを共有するし。そういう意味では、WRXワゴン、なんだよね。レヴォーグ。
まあ、マーケティング的にそれじゃニッチすぎるから、レガシイの系譜、に位置づけたかったのだろうけど、個人的には、レオーネIIとか似合うと思う(古い)。

Levorg_03

そうそう、ボンネットと言えば、ボンネットとフロントグリルの間のパーティションラインが独特の顔作りになってると思うけれど、この前部(赤く塗った部分)すべてがバンパー扱い、なんだそうで。

インプレッサユーザーからすると、まあ、いいよねえ、間に合ってたらレヴォーグにしてたかも、と思う一方で、両者、実は価格帯が違いすぎる。

Levorglineup_1

LEVORGは下位モデルからEyeSight設定がある(インプレッサは上位グレードしかEyeSight設定がなかった)というのはあるけれど、100万近く差がつくんだよね。
これじゃ、レガシーが買えるじゃん、と思ったら

Levorglineup_2

ホントに買えたりする(笑)
というか、下手するとレガシイの方が安い。
うーん、スバル強気というべきか、日本専用車だと、このくらいの価格設定になっちゃうのか、
中身は良いと思うものの、なかなかちょい躊躇う価格だよなあ。

LEVORG_mini car_04

え?買い換えませんよ。
某静岡の匠は、レクサスに決めそうですが。

追記:レヴォーグと3日間過ごしてみました。感想はこちら

--Ads--

| | コメント (1)
|

2014年7月19日 (土)

ビデオSALON 8月号とSONY α7S

ビデオSALON 8月号が今日、発売。

Videosalon_8_01

この時期恒例の制作機器ガイドが付録。
レビューと言うよりは一覧カタログなんだけど、その年々のトレンドを垣間見ることができて、楽しみにしている。

Videosalon_8_02

特集はソニーのα7 三兄弟の末弟、月夜のエスこと(嘘です)α7S。
で、いま、ワタシのところにもテスト用のα7Sが滞在中。
暗いところでも撮れる、のは良しとして、暗いときに「どのくらい綺麗に撮れるか」がポイントだと思っている。

D810_5D3_α7S

来ているのはα7Sだけでなく、ニコンの最新鋭D810。
わずか2年でのモデルチェンジに相応しい進化を検証中。
リファレンスは愛機EOS 5D Mark III
次号のビデオSALONにて(にしても、テスト中に一度も晴れないのは何故・・・)

Videosalon_8_03

別冊付録の制作機器ガイドは、カタログ要素に加えて、ノウハウページも増えてきた。
恒例の付録とは言え、いろいろ工夫しているんだなあ。

Videosalon_8_04

今年のトレンド?はスライダードリー。
これまではedelkrone のSLIDERPLUS+がイチオシだったが、LibecのALLEXが、三脚プラススライダーという新機軸で話題独占中。
この分野はいま、ホットで面白い。

Videosalon_8_05

4Kモニターは、買うなら半年後だと思うなあ。
HDDは愛用のG-Technology G-RAID Thunderboltが載ってるけれど、いまならG-Speed かなあ。。。

--ads--

| | コメント (0)
|

ユニクローズ

ゼミ生で女子学生同士のペアルック(古い?)が時々あるなあ、仲いいなあ、と思っていたら、ユニクロだから。が理由らしい(笑)
まあ、ユニクロだと被っちゃうよね・・という思い込みは良くないようで。

uniqlous_01

全身ユニクロ(一部除く)でコーディネイトされたゼミのユニクローズ。
なるほど、ちゃんと個性がでるもんだなあ。

uniqlous_02

コーディネーターは、ユニクロでバイトするゼミ生のA

今度、ワタシも選んでもらおう(笑)

Img_8210

アフターフォロー?で細かな着こなし指導があるようです。

-ads-

TOMBO ハーモニカ ユニクロマチック 1248S
TOMBO
売り上げランキング: 17,035

| | コメント (0)
|

2014年7月16日 (水)

DANBOバッテリー新メニューはランチタイムから

iPhone用のモバイルバッテリー市場は、日本ではチーロとAnkerが覇権争い中。
Ankerのシャープな製品群も魅力的だけど、cheeroを応援してしまうのは、関係者が友人である(関係性の提示)ということもあるけど、それ以上に、チーロの出す製品のバリエーション幅が、楽しいからだと思っている。

初期のヒット商品 cheero Power Plus 10400mAh のときは、こんな大容量、重いじゃん、と思って買わなかったのに、DANBOARDバージョンが出たらふたつも買ったもんなあ(笑)
製品機能は同じだから、これこそ、スペックじゃ無くてパッケージング、で買った、ようなもの。

そんなDANBOARD Version にカラバリ FLAVORS シリーズが追加。

Danbo_2

これ、ダンボー・・・なのに、もはや、ダンボール色なんて関係なく、マカロンのようなカラバリで展開。
カラバリは在庫や流通考えると、大変だと思うのだけど、バッグの頃からバリエーション展開に熱心なチーロは、効率を多少犠牲にしても、ユーザーを楽しませる方向に展開する路線を選んだようだ。

次回はぜひ、オプションでiPhoneと綺麗に並べておけるお皿や重箱もオプションで出して欲しい(無茶振り)

Cheero

製品ページの下の方にある、iPhoneケース。こんな製品、出してたっけと思ってもページが無い。。
と思ったら、これらしい。こっちも近日発売か。

DANBOARD Version FLAVORS は、ランチタイムの正午発売開始。
例によって転売業者等に注意して買うのがいいと思います。
3,750円がAmazonでの正価です。

-ads-

| | コメント (0)
|

2014年7月12日 (土)

仕事に繋がる一眼ムービー:コマフォト8月号

コマフォトこと、コマーシャル・フォト8月号の見本誌が届く。
今月号の特集は「仕事に繋がる一眼ムービー」

_1

ちょうどニコンのD810発売のタイミングなので合わせたかと思ったら、今号にはD810の記事は無し。D810はムービーに相当力が入っているようなので、キヤノンユーザーのワタシも気になってテスト中。

_2

東京ディズニーランドのプロジェクションマッピングショウ、Once Upon a Timeも見開きで紹介するも記事は無し。
ディズニーだけに、非公開情報が多すぎるのだろうか。近いうちに見に行きたいけれど、混んでるだろうなあ。もうすぐ夏休みだし。

_3

特集 仕事に繋がる一眼ムービー
メインの書き手はフォトグラファー 鹿野宏氏。そこからも分かるように、この特集はC500だREDだという「シネカメラ特集」ではなく、あくまでフォトグラファーのための一眼ムービー特集。

_4

基本的な機材の話からノウハウまで。
NINJA BLADEも載っている。

_5

ケーススタディでは茂手木秀行さんも。
ピン送り機を自作しているのも茂手木さんらしい。
「ムービーキャメラマンと僕らフォトグラファーが持っている技術は違うんだし、同じ機材を使いこなすのは難しい」って一言には、かなりのヒントがあると思う。
実績あるやり方、ノウハウは大事な成功例だけど、そのフォローだけでは、勝てない。

_6

そんなケーススタディで出てきたフォトグラファーの推奨機材ページ。
フォローフォーカスからシューマウントの小型モニターまで。
ソニーのCD900がモニターヘッドホンの王道なのはいまも変わらないみたい。

_7

面白いのはBENROのフラット三脚。
可搬性のよいトラベル三脚は他にも。。と思ったら、茂手木さんのコメントに曰く
(フラットのまま使うと)一脚より横方向のブレが無く、まるで簡易クレーンのように使うことが出来る。
うーむ、この発想はなかった。なるほど。たしかに。

_8

特集以外でも鹿野さんの連載ページでは、Libecの新型スライダー三脚 ALLEXがフューチャーされている。
たしか、近いうちにファーストロットが出荷のはず。楽しみ。ちなみに、β機のときに試させて頂いたときのブログがこちら

コマフォト、今月号は分冊付録でスタジオデータブック2014がついてくる(ので分厚い)

_9

ハウススタジオ、オープンスタジオは流行と陳腐化の激しいジャンルだと思うけれど、こういうカタログを見るのは楽しい。
今回は、ここ、いいなあ。こういうところで撮ってみたい

--ads--

| | コメント (0)
|

トラックバック停止のお知らせ

わざわざお知らせするほどのことではありませんが、mono-logueのトラックバック機能をオフにしました。

EOS 5D Mark III_1

写真は無関係ですが、大学演習室のEOS 5D Mark III群

トラックバックの時代は終わったかなあと思いつつ、残していたのは、少数でも昔からトラックバックしたりされたりする間柄のブログ仲間がいたからですが、ここ2週間ほど、どこかでリスト化されたのか、一晩に10も20もスパムトラックバックがつくようになっていました。

mono-logueはコメントもトラックバックも承認制なので、つけてもムダ、というか、表示されないのですが、スパム業者(自動プログラム?)には関係ないようで、意味の無いトラックバック通知がひたすら来るので・・

コメントも多くはFBに移行してしまっているので閉じてもいいのですが、一部、お友達では無く、的確なツッコミをくださる方がいるので、こちらは維持。
(スパムが多くなりすぎたら検討します)

という訳で、将来的に再開するかも知れませんが、とりあえずトラックバックは閉じました。
長い間、ありがとうございました。

EOS 5D Mark III_2

写真は無関係ですが、大学演習室のEOS 5D Mark III群

--ads--

続きを読む "トラックバック停止のお知らせ"

| | コメント (0)
|

2014年7月11日 (金)

飛行機とBluetooth機器

深刻な話では無く、単なる疑問として。
飛行機の離着陸時、iPhoneを含む電子機器は電源を切ることが求められますよね。
飛行中も「電波を発しない電子機器は使用可」で機内モードへの切換がルール。

まあ、米国ですでにそこは解禁され、遠くないうちに日本でも離着陸時に動画を撮ることが出来るようになると思いますが、ここではあくまで現状ルールとして。

iPhoneは電源切れるけれど、電源オフがそもそもないBluetooth機器もあります。

seikoASTRON & Nike+ FuelBand SE

そう、Nike+ FuelBand SEをこの春から使っているのだけど、これには電源のオンオフという機能が無い。(バッテリー切れはある)
ので、先日、長崎に行った際にもずっとオンのまま。

まあ、問題にならないレベルの話ではあるんだろうけれど、本来の規定だと、この微弱な電子機器はどういう扱いになるのだろう?

追記
FBで教えて頂きました。Fuelbandはボタン長押し>モードで、Bluetoothをオフにする機能がありました。失礼しました。

 

--ads--

| | コメント (0)
|

2014年7月10日 (木)

EFレンズタオルは白レンズ

CANON IMAGE GATEWAYから、会員情報を更新してねと言う案内。
それ自体はどうってことはないのだけど、この情報更新はオンラインショップとのID統合に伴う規約改正にアグリーして貰う必要があるのか、プレゼントキャンペーンを用意して更新促進。

で、そのプレゼントがなんと、EFレンズタオル!(笑)

Ef_lens

キヤノンのノベルティは、なんか妙に真面目か、逆に金のフレームとか扇子とか、吹っ飛んでるか、だったと思うけど、これはいい(ホントか?)

実用的だし(マテ)、赤鉢巻きついてLレンズだし(きっとLサイズの間違い)、なにより防塵防滴どころか、水に浸けてもOKだし、持ち運びが苦にならない軽量だし、いいことづくめ。
やるなあ、キヤノン

--ads--

| | コメント (0)
|

2014年7月 6日 (日)

Mac OS ヘルプをバックグラウンドに回したい

Macを使い続けてもう何年になるだろう。一時、仕事の関係でNTをメインにしたことが2年ほどあるだけで、あとはMac OS。
小さな不満は常に有るものの、概ね仲良くやってきた(笑)

で、いまも変わらない不満のひとつがコレ。

ヘルプを開くと、ヘルプが最前列に居座って、バックグラウンドに回せないこと。

Helpfile_1

例えばこのように、Final Cut Pro X使用中にヘルプを参照して、一応理解してFCPをフロントにしようとしてもヘルプをFCPの背面にすることはできない。
ヘルプはFCPのフロントウインドウとして固定される。

もちろん、ヘルプを閉じる(Command + W)ことはできる。けれど、それだと、操作後、ヘルプの続きが読みたくてヘルプを再度開いても、場所を覚えていることはなく、ヘルプのトップが開いてしまう。

Helpfile_2

DOCKにしまうことはできる。
でも、Command + Mはヘルプファイルに効かず、アプリウインドウに作用する(この場合、FCPがDOCKに仕舞われる)。
ので、仕方なく、ヘルプウインドウ左上の黄色丸を押すしかない。老眼の進むワタシには苦行だ。4Kモニターだと、絶対押せない自信がある(笑)

ヘルプを参照しながら、別アプリを操作しようとしたときは更に厄介。

Helpfile_3

図はFCPヘルプを参照しながら、メモを書くためにMS Wordを立ち上げたところ。
つまり、FCPはバックグラウンドアプリでワードがフロントアプリなのだけど、FCPのヘルプがワードの入力部分より前にでている。
さらに面倒なのは、Finder的にはMS Wordがフロントアプリと認識していて、この状態でCommand + Wすると、ワードが閉じること。

えっと、恥ずかしながら、この解決策ご存じの方いたら、ご教授くださいませ・・・
現状はセカンダリディスプレイにヘルプを開いて作業しています。
あー、手元のiPadでヘルプ開くことができればベストなのに・・・

--ads--

| | コメント (2)
|

2014年7月 5日 (土)

クーロンズ・ゲート オリジナルサントラは3枚組

九龍風水傳原聲音樂專輯~クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクションを買う。
いまはもうすっかりゲームをやらなくなったワタシだけど、大戦略とか、エースコンバットとか、いくつかハマったゲームはある。(歳がばれますね)

_1

クーロンズ・ゲートはそのひとつで、プレステ初期の傑作であり、同時にその後、同系列のといえるようなゲームの出ていない(ワタシが知らないだけだったらすみません)希有なゲームだと思う。
そして、その世界観を支えたのが音楽であることは間違いない。

_2

このメインテーマを聴くだけで、井上幸喜さんのキャラクターが脳内を歩き回り、あの暗闇が浮かび上がる。
いやあ、陰なゲームだった(笑)

_3

3枚組にもなるCDは、オリジナルのBGMはもちろん、未使用曲、さらに新曲(!)のボーカル曲まで含まれ、お腹いっぱい。ってか、まだ全部聴き終わっていない。
クーロンズゲートは、ゲーム途中でディスクを入れ替える必要のある、面倒くさい、それでいて、そのディスク交換すらゲームの一部にする徹底的に演出された作品だったが、3枚に別れたCDは、陰界ならぬiTunesに取り込まれひとつになってしまった。
ゲーム同様、一気に通すことは無さそうだけど。

35秒くらいから音楽

--ads--

| | コメント (0)
|

焦点領域選択 Photoshop CC 2014

Adobe Creative Cloudが一斉にアップデート。しかも、2014とつけて旧来版CCを残すという挙動に。えーと、そういうことしないでいいのがCCの利点だったのでは?とは突っ込むまい。
中身はpremiereはじめ、かなりの進歩。
もう完成したアプリに思ってたPhotoshopでもまだまだ進歩の余地は大きいみたい。

iPhone6 ?

iPhone 6のモック(とされるもの)
真贋はワタシにはわかりませんが、場所や人物を特定できないようバックをぼかしたいですよね(笑)
そんなときに、フォーカスのあった部分のみを抽出して他の部分をマスクできるのが、新機能、焦点領域選択。

Hosiichi

AUGM長崎2014の懇親会で、AUGM大分代表 ほしいちさんの恒例 一升瓶スナップ。
これをPhotoshop CC 2014の焦領域ツールを起動させると

Photoshop001

デフォルトでこう。
選択する「焦点範囲」(被写界深度)は初期値が自動になっているので、このパラメータを調整していく。

Photo

他にもノイズレベルやエッジの調整等のパラメータがあるが、今回は雑に焦点範囲の調整のみを行った(約1分強試行錯誤)

5D3D8623

結果、ほしいちさんと背景の間に空間が生まれ、テキストをその間に配置することが可能になった(笑)
手でマスク切ればいいじゃん、と言えばそれまでだけど、自動でできるのは素晴らしい。精度はまだ改善の余地が大きいけど、こういうのはすぐ向上するから楽しみ。

ちなみに、ピントの合った部分を規準にしての焦点「範囲」調整しかできず、焦点「距離」の調整(シフト)はできないので、背景左手の川崎さん(AUGM沖縄)をマスクしてテキストを後方に逃がすことはできない。

色域指定、焦点領域選択と進化するPhotoshop、次は絶対領域選択が実装されるとか(違います)。

--ads--

| | コメント (0)
|

2014年7月 4日 (金)

EF16-35mm F4L IS USM で撮ってみた

長崎は大村で行われたAUGM (Apple User Group Meeting)長崎2014に行ってきました。その話は機会があればいずれ。
翌日、有志で島原、諫早湾を回って空港へ。

今回、EOS 5D Mark IIIに買ったばかりのEF16-35mm F4L IS USMともう元は取ったつもりのEF70-200mmF4L ISのみを持参。三脚すら持っていかないというライト(?)モード。
事実上、EF16-35mm F4L IS USMのデビュー戦。

写真はすべて撮影したまま(俗に言う撮って出し)のJPEG、未補正、未加工。クリックで原寸データにリンク。

5D3D8681

EF16-35mm F4L IS USM 16mm f8.0 1/1000秒 ISO200
諫早湾干拓堤防道路

5D3D8684

EF16-35mm F4L IS USM 16mm f8.0 1/800秒 ISO200

5D3D8668

EF16-35mm F4L IS USM 16mm f10 1/250秒 ISO200
雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)

5D3D8672

EF16-35mm F4L IS USM 35mm f8.0 1/250秒 ISO200

5D3D8678

EF16-35mm F4L IS USM 16mm f8 1/60秒 ISO1250

5D3D8700

EF16-35mm F4L IS USM 16mm f8 1/60秒 ISO1250

広角端でほんのり樽型歪み、周辺部の描写は流れも無し。
DPPには今日現在、レンズデータは来ていないので、DLOでどうなるかは未検証。

--ads--

| | コメント (0)
|

2014年7月 3日 (木)

EOS M2 にまさかのベイブルー復活

帰路にiPhoneに届いたキヤノンからのメールのタイトルが、EOS新製品発表・発売のお知らせ だった。
え?いくらニコンがD810を出したからと言ってEOS 5D Mark IVはまだまだ先でしょ?それともAPS-Cフラッグシップ?いや、それだって(以下略

と思いながら本文を読んだら、
EOS M2」に “ベイブルー”と“レッド”の新色のモデル

C1A_7374

なんと!
EOS MはM2になるときに、個人的イチオシだった特装色 Bay Blueを無くし、オーソドックスな黒と白の2色展開になっていた。

EOS M ベイブルーを買ったワタシは寂しいような、貴重な存在になったベイブルーが嬉しいやらだったのだが(笑)、まさか、このタイミングでレッドとベイブルーが復活か。

あんまり話題にならないM2だけど、中身は立派なEOS。

あまりに選択肢の無かったレンズもじわじわとラインナップが拡充され、気軽な旅行カメラに好適な存在になっていると思う。
作例見たら、M2がEOSであることが分かると思う。
(ニコライ・バーグマンのムービー含め、多くは南雲さんの撮影)

M2ベイブルー、お薦めですよ、誰と無く(笑)

--ads--

| | コメント (0)
|

2014年7月 1日 (火)

iPad ドラム by あっぷるまん AUGM長崎2014

ワタシも講演させて頂いたアップルユーザーの祭典型カンファレンス、AUGM長崎の懇親会で披露されたあっぷるまんの、iPad スーパードラムパフォーマンス

手持ち1カメの見づらさはお許し下さい
にしても、指の動きが見えない・・・

--ads--

| | コメント (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »