« iPhone 6 Plusで写真を撮って見た その1 | トップページ | iOS 8.0.2アップデート後にはパスコードが必要です »

2014年9月20日 (土)

iPhone 6 Plus で夜景 と感度

昨日に続き、iPhone 6 Plusの写真(今回は動画も)
iPhone 6ととiPhone 6 Plusの(カメラ性能の)差は、光学式手振れ補正の有無、くらい。
では、見せて貰おうか、iPhone 6 Plusのカメラの性能とやらを。

iPhone 6 Plus

f2.2(絞り開放) 1/15秒 ISO 40

iPhone 6 Plus

f2.2(絞り開放) 1/15秒 ISO 64

遠景のビル、窓に歪みもないし、S/Nがとても良い

いくら広角は手振れが目立ちにくいとは言っても、1/15秒じゃ細かな部分はぶれている(ワタシの腕では)ハズなんだけど、Flickr(写真クリック)で見て貰うと分かるけどほとんどぶれていない。
手持ちなんだけどな、これ。これが手振れ補正の実力なのか???

by iPhone 6 Plus

f.2.2 1/15 ISO50

うーん、こういうときに感度あげていいから(ざらついていいから)被写界深度を深くとりたいのだけど、そういう部分は弄れないのが、iPhoneの良いところでもあり悪いところでもあり、でも、相手が動く場合(子どもとか)1/15では被写体ブレ必至だから、感度あげたいよね。って某氏と話していたら、

バーストモードにしたらシャッター速度あがって(必然的に)ISOも上がるんじゃない?ってヒントを頂く。
なるほど、たしかに。

iPhone 6 burst mode

バーストモードかあ、iPhone 5にはなかった(5Sは持っていない)ので忘れていた。

iPhone 6 Plus バースト

iPhone 6 Plus 通常撮影
f.2.2 1/15 ISO100

iPhone 6 Plus normal

iPhone 6 Plus バーストモード撮影
f.2.2 1/30 ISO200

いや、たしかにシャッター速度は倍に速くなったけどさ・・・(笑)

iPhone 6 Plusは(6は不明)光学手ブレ補正をどのくらい積極的に使うのか分からないけれど、低速シャッターを積極的に選択し、ISOを低く抑える思想なんだろうなあ。

iPhone 6 Plusが暗いところに強いのは間違いない。けど、それは、高感度画質がいい、って意味ではなく、低感度、低速シャッターで手振れを抑制できているから(現状)。
うーむ、高感度時の画質をみたいなあ。

この項、検証続く。

by iPhone 6 Plus from SAIKA on Vimeo.

ムービーも撮ってみた
iPhoneムービーのEXIF、見ることの出来るアプリ、ないですかねえ・・・

by iPhone 6 Plus from SAIKA on Vimeo.

--ads--

|
|

« iPhone 6 Plusで写真を撮って見た その1 | トップページ | iOS 8.0.2アップデート後にはパスコードが必要です »

iPad/iPhone/iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/60348127

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 6 Plus で夜景 と感度:

« iPhone 6 Plusで写真を撮って見た その1 | トップページ | iOS 8.0.2アップデート後にはパスコードが必要です »