« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

小ネタ:EOS 7D Mark IIのバッテリーは新型

EOS 7D Mark IIの発売を明日に控え、小ネタをひとつ。
あまり喧伝されていないけれど、EOS 7D Mark IIのバッテリーは新型、というか、マイナーチェンジしている。

Canon_lpe6n_01

17856-282-295105

EOS 5D Mark II以来(でいいんだっけ?)EOSミドルレンジのバッテリーであるLP-E6から、LP-E6Nへマイナーチェンジ。

Canon_lpe6n_02

外観は変化無し。ラベルで違いが分かるのみ。価格も同じ。
出力は変わらず、容量がLP-E6の1800mAhから、LP-E6Nは1865mAhへ3.6%微増。
前述のように外観サイズは全く同じなので、セルが変わったのか。
EOS-1D 系のLP-E4もEOS-1D Xの際にLP-E4Nになっているので、そのスタイル踏襲か。
地道な改良。

チャージャーは同じLC-E6。
EOS 7D Mark IIの仕様をみると、LP-E6N/LP-E6で撮影可能枚数を分けてはいないようだ。双方向に互換みたい。

小ネタでした。

7D2_4362

17856-282-295105

-ads-
定価は同じだけど、E6Nは新製品扱いのせいか1,500円も高価い。
容量差は僅かなので、旧型買うのもいいかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

EOS 7D Mark II レビュー 秒10コマで旅客機を撮る

クマデジタルさんの渾身レビュー「EOS 7D Mark II レビュー(1):それは3.9秒間の出来事」が素敵なので、追随?してみる。7D II らしい追随の食いつきを目指しつつ(笑)

クマデジさんがのぞみの通過連写なら、ワタシは飛行機でしょう(笑)

7D2_4408

このクラスの旅客機の着陸速度は滑走路進入時で250km/hくらいだからそのアプローチラインでは300km/h以上くらい?

17856-282-295104

IMG_9671

それを撮るレンズは、キヤノンの比較的新しい望遠ズーム EF70-300mm F4-5.6L IS USM
65点すべてのAFポイントがクロス測距に対応するグループB群のレンズ。
もちろん、借りもの(笑)
ただ、この自分のものでない(慣れていない)機械を使ったことの落とし穴に填まるとは、想像していなかった(このネタは後日)

Adobe Bridge CC001

EOS 7D Mark IIは、記録をJPEGのみに設定した場合、事実上メモリーカードの容量がある限り連続撮影を行うことができる。(ただし、メモリーカードは相応に高速なものが必要)
ここでは55枚まで連写して、身体をひねる際に指がシャッターから離れた(緩めた)ところまで撮影は止まらず、身体をひねって撮影再開1コマ目からフォーカスを追えている。

Adobe Bridge CC002

そのまま82枚、連続撮影。
300mm(換算480mm)でフォーカスを外すことなく追い続け

Adobe Bridge CC003

鉄条網を張ったフェンスの向こうに入って、フォーカス手前のフェンスに移動。

137枚の写真から、10枚ほどピックアップ(クリックでEXIF付き原寸データにとびます)

7D2_6869

7D2_6874

7D2_6880

7D2_6886

7D2_6892

7D2_6902

7D2_6912

7D2_6937

7D2_6967

7D2_6976

ただ、クマデジタルさんからは「美女動画でいいじゃないですか(;´Д`)」とFBで言われたので、近日、こっちも公開予定。

7D2_3949

17856-282-295104

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月18日 (土)

Safari ツールバーの半透過をやめたい

継続中の仕事が終わるまで、OS Xのアップグレードは止めておく予定だったけど、逆に仕事の都合で急遽、OS X Yosemiteにアップデート。
随所でトラブっているようだが、幸いにしてMac Pro(Late2013)のマーベリクスを素から構築した比較的スタンダードなOS構造だったためか、うちではいまのところトラブルが無しで、ホッとしているところ。

で、いま、うーむ、なのがコレ

Safariツールバー部分の半透過(半透明)効果

Safari001

いや、アップルとしては
OS X Yosemiteでは、一部のインターフェイス要素を半透明にして、あなたのコンテンツがより強調されるようにしました。」と訴える辺り自慢のUIなんだろうけど、これ、ようはスクロールした場合、ツールバー下の要素をぼかして半透過させるので、絵柄によってはうるさいし、明度にムラが出来て、げ、モニターが焼き付いた、とか思っちゃう。

Safari002

ちなみに、新規タブ生成時は、こんな感じ。
そう、こうしたいんだよ

Safari2

なのに、スクロールするとこうなっちゃう
うーん、これはこれでいいので、この機能をオフにさせてください・・

ワタシが気がついていないだけで、その設定項目ある場合、ご指摘下さるととても喜びます・・・。

と書いたら、すかさず教えて頂いた。
システム環境設定の、なんと、アクセシビリティに「透明度を下げる」項がありました。

001

え〜、ここ・・・?

ありがとうございました!

--ads--

続きを読む "Safari ツールバーの半透過をやめたい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年10月13日 (月)

アルカスイス D4 ギアヘッド

三脚は大事。特に動画では必須。それは幾ら手ブレ補正が良くなっても変わらない。
で、一眼でもスチルとムービーでは当然、要求仕様が異なるのが実はツラい。
仕事ならともかく、三脚を2本も3本も持って行けないし。

動画だと、最近はALLEXが中心。

スチルはGITZO トラベラー か、マンフロットの190に同社のXPRO 3way headか、ギアヘッド 410が基本。特にタイムラプス時は精緻な調整ができるギアヘッドが(ワタシには)必須。
なんだけど、ちょっと重い(1.2kg)のと、真上を向けない、のが悩みどころ。

Arca Swiss D4 Geared head_03

で、ARCA-SWISS D4ギアヘッド
アルカスイス互換、じゃなく、アルカスイス(笑)雲台だけでEOS 7D Mark IIが買えちゃうという・・_| ̄|○

Arca Swiss D4 Geared head_01

写真の脚は、ベルボンのULTRA LUXi mini(雲台無し)ディスコン品。

Arca Swiss D4 Geared head_02

EOS 5D Mark IIIがベストマッチ(な理由は後日、別エントリーで)

Arca Swiss D4 Geared head_04

3Way雲台だけど、そのうち2軸はギアで駆動。
(PAN方向は手動)

Arca Swiss D4 Geared head_05

その3軸の基準線が同一線上にあるので、カメラを動かしても光軸のずれは最小限になるという仕組み(特許なのか、この表記を見ると)

Arca Swiss D4 Geared head_06

ギア雲台だけどノブを緩めると、フリーで動く。
そして、ノブを締めて、ギアダイヤルで精緻にティルト駆動。

Arca Swiss D4 Geared head_07

水準器の泡がゆっくりとしか動かない(笑)

Arca Swiss D4 Geared head_14

敵機、直上! にも余裕で対応。
そして、この状態でもびくともしない強固な作り。

以下、各部の写真。

続きを読む "アルカスイス D4 ギアヘッド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月12日 (日)

パースの効いたマクロとセンサーサイズの関係/G7X,iPhone,EOS

高価なカメラを持っているからといって、こんな世界の果てや美しい女性ばかり撮る生活なんてしていない(笑)
勢い、被写体の半分は物言わぬ小物たちになる(その意味ではマクロレンズはもっとも元を取れるレンズだ)。

もうすぐ返却するPowerShot G7 X、締めはマクロについて(あー、またクマデジさんと被る・・)

C1C_6112

マクロには「大きく撮れる(=撮影倍率)」と「被写体に寄れる(=最短撮影距離)」のふたつの側面があって、その組み合わせが表現に表れるのだが、時に後者はイメージャー(センサー)サイズに大きく関係する。さらに、その時の被写界深度にも。

17859-282-295035

Microsoft_excel001

で、それが物言わぬ小物たちの撮影に大きく関係する。簡単に言えば一眼の100mmマクロは等倍の倍率を持つけれど、寄れないので、パースの効いた撮影が苦手。

C1C_6116

EOS-1D C / EF16-35mm F4L f14 1/30秒 ISO2500

IMG_0016

PowerShot G7X f8 1/60秒 ISO500

IMG_9237

iPhone 6 Plus f2.2 1/30秒 ISO40

iPhone 6 Plusはf2.2(開放)でこのくらいの深度をみせるが、フルサイズEOSではf14まで絞ってもこの程度の被写界深度。
さらに最短撮影距離の関係でパースの付く位置まで寄ることが難しい(このダロルドは全長160mm)

それに較べると大きな超合金バルキリー(リンク先はSだけど、これはFね)はこのパースだと似た感じにできるけど

C1C_6083

EOS-1D C / EF16-35mm F4L f11 1/40秒 ISO1000

IMG_0002

PowerShot G7X f11 1/60秒 ISO1600

IMG_9221

iPhone 6 Plus f2.2 1/30秒 ISO32

寄れるだけ寄ると

C1C_6091

EOS-1D C / EF16-35mm F4L f18 1/40秒 ISO3200

IMG_0003

PowerShot G7X f5.6 1/60秒 ISO640

IMG_9226

iPhone 6 Plus f2.2 1/30秒 ISO50

フルサイズではf18まで絞ってもこれ。

5D3E2353

IMG_0141

IMG_9326

iPhone 6 Plusのパースの効いた画はかなり好きだけど、こうやって並べると1inchセンサーのバランスの良さがアリだなあと思う。
上位機種のG1 Xは1.5inchセンサーだから、もっと絞る必要があると思うけど、このクラスのISO感度は3桁が上限に思うので・・

以下、それぞれ撮ってみた。

続きを読む "パースの効いたマクロとセンサーサイズの関係/G7X,iPhone,EOS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月11日 (土)

ヤマト2199 星巡る方舟 予告編とポスター公開

今日から、ヤマト2199シリーズの総集編(でいいんだよね)「追憶の航海」が公開(まだ見ていない)
で、それに合わせたのだろう、12月公開の新作、宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 の予告編とポスターが公開されている。

2199

                      公式サイトより転載
赤い迷彩塗装のゲルバデス級戦闘空母は、以前公開のポスターにも登場していたけれど、その奥に見えるのはバーガー少佐?だよね?
横にレイアウトされているガイペロン級の多層空母は、カラーリングがランベア(七色星団でのバーガーの乗艦)だし、間違いないように思うけど、え、じゃあ、ランベアは沈んでいないの??

いや、予告編みると、沖田艦(2199では金剛級キリシマ)は出るわ、ううむ、14話的なストーリー??
にしても、ガトランティスって2199では蛮族と呼ばれていたので仕方ないとは言え、昔っからあまり知性を感じさせない描かれ方で残念なんだよなあ。
戦力と知力の交差が面白いと思っているので・・・

Firefox002

んでも、ククルカン級が活躍しそうなのは楽しみ(これと、ナスカ級は名デザインだと思う)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月10日 (金)

PowerShot G7X とiPhone 6 Plusを較べるのはやり過ぎだったか

iPhone 6 Plusは、その手に余る感じは未だに払拭できず、ううむという気持ちだけど、カメラ機能はとても満足、とくにこの時書いたように、光学手ブレ補正によるサポートの効いた低感度撮影時の画質は並みのコンデジが霞むほど・・・と思っていたのは本当だし、いまも、満足はしている・・(余談ですが、この記事の写真、iPortalに転載いただいた。氷川りそなさん、ありがとう〜)けど、PowerShot G7Xは並みのコンデジではなかった(笑)

Canon PowerShot G7X

17859-282-295019

と言うわけで、同シチュエーションでPowerShot G7X とiPhone 6 Plusを較べてみた。

by iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plus
f2.2 1/4秒 ISO200

by G7X

PowerShot G7X
f1.8 1/20秒 ISO800

iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plus 部分拡大
f2.2 1/4秒 ISO200

G7X_1

PowerShot G7X 部分拡大
f1.8 1/20秒 ISO800

byiPhone 6 Plus_2

iPhone 6 Plus
f2.2 1/4秒 ISO400

By G7X_2

PowerShot G7X
f1.8 1/20秒 ISO1250

iPhone 6 Plus_2

iPhone 6 Plus 部分拡大
f2.2 1/4秒 ISO400

G7X_2

PowerShot G7X 部分拡大
f1.8 1/20秒 ISO1250

便利さ、ネットとの親和性など、iPhoneのもつアドバンテージはあるものの、やはりまだ、カメラは専用機のものか。

17859-282-295019

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 9日 (木)

Metro de Lapse / メトロでラプス

iPhone 6、iPhone 6 Plusの発売以降、タイムラプスがまわりに増えた。
やはり、試しやすい、というのは重要なファクターだよなあと思う。

ので、やってみた。

Iphone_6_plus

写真は沖田事務所のマウンターについているが、今回は素で撮影。

東京メトロの先頭車両から撮った、Metro de Lapse

編集はiMovie
音楽はiBgm

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 5日 (日)

G7 Xを & G7Xで、撮ってみた写真、動画

意匠的にはPowerShot G系よりはPowerShot S系に近いPowerShot G7 Xだけど、プレミアムコンパクトを謳うだけに、ディティールへの力の入れ方は半端ではない。
この辺り含め、クマデジさんのG7 Xレビューは超オススメ。

PowerShot G7 X_1

切削加工を行った上で赤く染め上げる「アルマイト処理」で引かれた赤いライン。マットなブラックボディといい対比。
こういうモノとしての質感の上げ方は、一眼系より各社高級コンデジの方が凝っていると思う。

PowerShot G7 X_2

17859-282-295007

ポケットに入るコンパクトさながら、バッテリー込みだと300gを超えるので、持った感じはけっこうずっしり。

PowerShot G7 X_3

この上面の佇まいは上手いと思う。
SONYのサイバーショットDSC-RX100M3の意匠も好きなんだけど、RX100 IIIはモードダイヤルと電源ボタンに緑色のアイコンあるんだよね。その方が区別はつきやすいのだけど、それでも敢えて色味を使わないG7 Xが好き(前述の赤いラインは上から見ると見えないように配されている)。

PowerShot G7 X_4

沈胴式レンズだけど、このくらい出ちゃうのが1inchセンサーゆえ?
兄弟機種(上位機)に1.5inchセンサーのG1 X Mark IIがいるものの、あれは大きく、そして思い(550g)なので、自ずと位置づけは異なる。
個人的には一眼レフを持っているとG7 Xかなあ。

PowerShot G7 X_5

露出補正ダイヤルはモードダイヤルと2階建て。
ただ、同じ右側親指前にあるものの、α7の露出補正ダイヤルがファインダー覗いたまま親指の腹で操作できるのに対し、G7Xのダイヤルは(少なくとも貸出機では)固く、構えながらの操作は困難だった。
不用意に回らない、方を優先させたのかもと思う。どっちがいいかは悩ましいところ。

By PowerShot G7 X_01

夕闇迫る時間のスナップ
f1.8 1/20秒 ISO 800 クリックで元写真にリンク

By PowerShot G7 X_02

人物(男性)
f2.8 1/80秒 ISO 400 クリックで元写真にリンク

By_powershot_g7_x_03

人物(女性)
f2.8 1/50秒 ISO 400 リンク無し(笑)

By PowerShot G7 X_04

濡れた金属
f4 1/80秒 ISO 125 クリックで元写真にリンク
ナンバープレートをぼかし、背景をトリミングしています。

By PowerShot G7 X_05

フィギュア撮影
f2.2 1/30秒 ISO 125 クリックで元写真にリンク

その場で動画も撮ってみた

By

撮影 こらそん さん(ありがとうございます)

そう、FHD60Pで撮れるんですよね。

コンデジはもう買わないと思ってたけど、使ってたら欲しくなってきた(≧∇≦)
いや、我慢を覚えろ>自分

17859-282-295007

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 4日 (土)

ゲルバデス級ダロルド:コスモフリートスペシャル

最近、カメラやiPhoneのブログばかりでヲタク成分が薄いよ、なにやってんの、と言われたので、反省した(?)

DAROLD_01

メがハウスのコスモフリートスペシャルより ガミラス艦隊 ゲルバデス級航宙戦闘母艦ダロルド

DAROLD_02

プラモデルもいい出来らしいのだけど、いかんせんもう模型を作る時間も気力もない身としては、完成塗装済みフィギュアに逃げるのですが、このコスモフリートシリーズ(コレクションとスペシャルとあり)なかなかイイ。

DAROLD_03

ダロルドには空間重爆撃機DBG88 ガルントが付属。
このオリジナルシリーズから受け継がれた甲板より主翼長をもつ大型機を駐機させるビジュアルは、ドーリットル空襲で空母ホーネットからB-25ミッチェルが発艦した事に由来すると思うんだけど、鈍重な発艦シーン含めかなり好き。

DAROLD_04

ちなみにオリジナルシリーズでは戦闘空母だったけど、2199では航宙戦闘母艦。

DAROLD_05

これで全長160mm。手のひらサイズでこの造り込みは見事だと思う。
プラモデル版は400mm超えるので置く場所がない、ってのもあるんだよね。

別件のテストを兼ねて、ムービーも撮ってみた。

近接マクロだとフォーカスが少し変わるだけで焦点距離ががくっと変わるように見えるので、悩ましいなあ。とはいえ、被写体を動かすとどうしてもフォーカス位置は変化するし

DAROLD_06

という訳で、あとはダロルドの写真のみ。つまり、興味のある方 用。

続きを読む "ゲルバデス級ダロルド:コスモフリートスペシャル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 3日 (金)

EOS 7D Mark IIのフリッカーレス 10コマ/秒撮影

前回のレビュー?で飛び道具(華)がない、と書いたEOS 7D Mark IIだが、ガンダムの大気圏突入機能のように地味にすごい機能がフリッカーレス撮影

EOS 7D Mark II_08

蛍光灯などの照明下に於いて、フリッカーの影響による露出、色のバラツキを抑制する機能。光源のちらつき周期を検知して、光量ピーク時のみにレリーズをシフトするという分かる人にはすごく響く新機能。

17856-282-295002

ので、その設定をオンにして撮ってみた。EOS 7D Mark II最大のアドバンテージである秒10コマの高速連写。
ただ、蛍光灯下ではあるものの、窓辺で外光が十分に入る場所だったので、そもそもフリッカーの悪影響があるシチュエーションだったのか、フリッカーレス撮影が効いているのかは分からない(すみません。貸出機が来たら再チャレンジします。)

(モデル:WillViiのマドンナ:はち さん)
秒10コマ、なので、撮れた写真を3コマ打ちにして30FPSシーケンスに並べたもの。
音は別に撮った高速連射の動画からオーバーライト。

フリッカーレス撮影が効いているのかは分からない(そういうEXIFタグはない)けれど、露出は非常に安定している。
あ、注意書きに
[する]設定時はレリーズタイムラグがわずかに長くなるほか、連写速度が低下する可能性があります。
とあるので、もしかしたら10コマ/秒 でていないかも

17856-282-295002

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 2日 (木)

iPhone 6 Plusの携帯とセルフィー G7X

モノ自体のサイズ感には1週間で慣れたiPhone 6 Plusだけど、慣れたからと言ってポケットに入るようになる訳ではないので、持ち歩きには未だ試行錯誤中。

Iphone_6_plus_carring_01

愛用のひらくPCバッグの外ポケットに、あつらえたようにiPhone 6 Plusが入るのは嬉しい。
これはカバン運用時の基本になりそう。

Iphone_6_plus_carring_02

そのひらくPCバッグに後付けしているショルダーベルトポーチ(アルチザン&アーティストのACAM-81S)にもピッタリ入る。これはイヤホン使用時にはコードの距離が短くて◎
余談だけど、この写真は・・・

Iphone_6_plus_carring_03

PowerShot G7Xで撮ったもの。

17859-282-294999

セルフィーと呼ばれるらしい自撮りには興味がないのだけど、これは便利(笑)
今回の使用シチュエーション写真はG7Xのプログラムオートです。

Iphone_6_plus_carring_04

こんな感じ。

ただ、ひらくPCバッグにせよ、ポーチにせよ、カバンを提げているときのもの。
そうじゃないときは、どうする。と部屋を見渡していたときに見つけたのがこれ。

Iphone_6_plus_carring_05

ELEKIT 真空管ハイブリッドポータブルヘッドホンアンプ(TU-HP01) 用に、SUPER CLASSICが作ったTU-HP01用革ケース
この革ケース部分が、iPhone 6 Plusに程よいサイズなのだ。

Iphone_6_plus_carring_06

上ははみ出ます。
でも、落ちない程度で、取り出しやすい。
横幅はキツくない程度にぴったりで、前後はやや余裕。それが収納と取り出しにちょうどいい塩梅。

ただし、この革ケース、ベルトに付くようにはなっていないので、D環をつかってベルトに吊り下げています。

コートの季節になるまでは、これかなあ。

17859-282-294999

--ads--

スーパークラシック「ひらくPCバッグ」はカフェでもデスクでも、開いた状態でバッグを置いてお...

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月 1日 (水)

キヤノンの1型センサーコンデジ G7X の解像感

iPhoneが手軽さや常時携帯性、ネットとの親和性だけでなく、画質としても良くなって、コンデジに興味をなくしてしまったのは4年前?だって自分で買ったコンデジは、PowerShot S90が最後なくらい。(でも、つい先日、ご厚意でS100,S110を頂いたのはいつか書く)

それが、PowerShot G7Xで宗旨替えするかもと思ってる。

IMG_0001

先日、EOS 7D Mark IIの開発者セミナーに参加した際に、キヤノンから貸し出されたPowerShot G7X(えっと、まだ発売前ですよね・・・(^_^;

17859-282-294995

IMG_0010

プログラムオートで、(つまり、押すだけで)このくらいの写真。

IMG_0010_50%

50%拡大(クリックで原寸データに)

ワタシがコンデジから離れている間に、コンデジ市場はシュリンクしていっており、しかし同時に危機感を抱いた各社の様々なアプローチの中で、大判センサーを積む高級コンデジ(?)がひとつの潮流を作っていた。
(うちの助手の高田君がRX1を買ったのを思い出す。あれで彼はビデオSALONライターデビューしたのでした)

C1C_5931

G7Xは1inchセンサーに(高級コンデジの中では)高倍率なズームを積んだキヤノンらしいモデル。キヤノンはここで良くも悪くも単焦点コンデジとかやらないんだよね。
とんがった機体より守備範囲の広い機体。エルメスじゃなくてドム。(それはとんがった機体じゃなくて、とんがり帽子だ)

使い勝手や、その他の印象は後日にして、とりあえず撮ってみた。
写真はクリックで原寸データにリンク。

IMG_0010

PowerShot G7X 広角端(24mm換算) プログラムオート f4.0 1/125秒 ISO125

IMG_0011

PowerShot G7X 広角端(24mm換算) 絞り優先オート f8.0 1/60秒 ISO250

IMG_0009

PowerShot G7X 広角端(24mm換算) HDR f6.3 1/60秒 ISO125

17859-282-294995

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »