« システムとしてのコンパクトさに意味がある EOS M3 | トップページ | 飯能祭り 沖縄国際映画祭 JIMOT CMエントリー »

2015年2月21日 (土)

PowerShot G3 X 開発発表

キヤノンの高級コンデジ PowerShot G7 Xを使ったとき、高倍率ズーム機と書いたけど、ある意味、大きな間違いだった。同じ1型センサーで(センサー自体が同じという意味ではない、サイズの話ね)換算24〜600mmの光学25倍という超高倍率ズームを搭載したPowerShot G3 Xを開発発表。CP+ 2015で展示した。

PowerShot G3 X

いや、展示したんだけど、アクリルケースの中で触れず、稼動試作機なのか、モックに近いのかも分からず。
ただ、売れているらしいキャノン G X シリーズの3兄弟を完成させるモデルであることは間違いなく、ズームパラダイスのハイエンド機なのだと思うと、そう遠くない時に発売されると思っている。

現状では1型センサーであること、24〜600mmの光学25倍としか発表されていないけれど、ケースの中の試作機を見る限り、EOS M3との共通点がそこかしこに見える。

EOS M3_12

なるべく同じ角度で撮ってみたEOS M3

G3 Xは、PowerShot G7 Xと異なり、モードダイヤルと露出補正ダイヤルは独立、右肩に露出補正ダイヤルを配置する。
左肩にストロボを内蔵し、側面にストロボポップアップ用のボタン、を配置するスタイルも踏襲。
正確にはわからないが、明らかにEOS Mより大きそう。うーん、これ、コンパクトデジカメ、なのか?(^_^;

EOS M3ではシャッターボタン周囲が前面ダイヤルになっているけれど、G3 Xではシャッターボタン周囲はズームレバーで、その上にEOS型の前面ダイヤルがあるなど、G系よりEOSの面影が。。。
背面液晶はEOS M3と似たチルト型にみえる。横開きバリアングルではない。

レンズ鏡筒にあるボタンはテレ時に押すとワイドに切り替わって、被写体を見つけやすくする機能だよね。レスポンスがよければ一眼レフではできない強力な武器になりそう。
で、いつ出るんだろ。

--ads--

|
|

« システムとしてのコンパクトさに意味がある EOS M3 | トップページ | 飯能祭り 沖縄国際映画祭 JIMOT CMエントリー »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/61173617

この記事へのトラックバック一覧です: PowerShot G3 X 開発発表:

« システムとしてのコンパクトさに意味がある EOS M3 | トップページ | 飯能祭り 沖縄国際映画祭 JIMOT CMエントリー »