« エルキャピタンの前にブータブルバックアップを:Acronis True Image | トップページ | トミカ サンダーバード2号のコンテナは分離しない »

2015年10月 4日 (日)

フルモデルチェンジ?iPhone 6s 対応カーボンルック

先日書いたアクロニス・ジャパンさん同様、AUGM OKINAWA 2015 スピーカーのご縁で、老舗iPhoneケース、周辺機器ベンダーのフォーカルポイントさまより、iPhone 6s にあわせてモデルチェンジされた CarbonLook for iPhone 6s Plus をご提供頂いた。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_01

正直、このパッケージを開けるまでは、数字上、微妙に異なるiPhone 6と6sのフィッティングを確認、あるいは調整し、6/6s併記にしてパッケージデザインを変えたマイナーチェンジモデルだと思っていたけど、ごめんなさい。旧型とはまったく違うと言って良いフルモデルチェンジともいえる改良型だった。

反省を込めて、TUNEWARE CarbonLook for iPhone 6s Plus のレビュー。
(レビューは6s Plusですが、6s用でも基本、同じだと思います)

CarbonLook for iPhone 6s Plus_02

CarbonLook は「ルック」の製品名で分かるように本物のカーボンでは無く、カーボン調のケースだ。新型も旧型も、カーボンの雰囲気をプリントで出していること自体は変わらない。
のだけど、旧型がプリントらしいすべすべな表面なのに対し、新型は立体感のあるもので実際、触ると指にテクスチャーを感じる。印刷じゃ無くパターン加工?

CarbonLook for iPhone 6s Plus_03

さきほどの写真が光の加減で無いように、同一平面に並べてみた(クリックで拡大します)。
そして触ると柔らかい。
旧型はポリカーボネート素材だったが、新型はPU(ポリウレタン)素材になっているから。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_04

テクスチャー感は向上している一方、旧型の幾何学的なパターンが新型ではラウンドのある感じになっていて、この辺りは好みが分かれるところだなあと思う。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_05

光が当たると、両者のテクスチャー感の差はより強まる。触り心地含め、新型があきらかに高級感が感じられる。が・・・・

CarbonLook for iPhone 6s Plus_06

素材変更の問題か、旧型にあったストラップホールはなくなり、そのため当然ながらリングストラップも付属しない。
同社の代表的iPhoneケースであるeggshell for iPhone 6s/6には今回もストラップホールおよびリングストラップがあるだけに、ここは残念なところ。柔らかくしなやかな素材になったこととのトレードオフなんだろう。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_07

そして大きな変化2が、新型は内側にマイクロファイバー製のインナーが貼られるようになった。しかも、赤!

CarbonLook for iPhone 6s Plus_08

まあ、iPhoneに装着したら見えなくなる部分とは言え、このインナーはいい。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_09

電源ボタンと音量ボタンがケースで覆われ、ケースの上から操作する形になった。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_10

サウンドのオンオフはスライドスイッチなので、そこは孔が開けてある。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_11

旧型ではすとーんと大きく開口していた部分がこのような形に。
ポリカーボネイト製のままだったら、このデザインにすると着脱は困難になっていただろう。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_12

パススルー型になった音量ボタンを外側からみる。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_13

電源ボタンもパススルー型になった。スリープにするときは問題ないのだが、スクリーンショット取るときには押している感じが分からなくてちょっと困った。
慣れるかなあ。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_14

下部(Lightningポート、イヤホン端子、スピーカー部分)の処理も、旧型は直線だったが、新型ではこまかな凸凹をもつ開口部に。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_15

CarbonLook for iPhone 6s Plus_16

ここまでやらかくても、とも思うけど、こういう細かな部分で密着度をあげ、6と6sのコンマミリのサイズ差を吸収しているのかもしれない。
実際、微妙に小さいはずのiPhone 6 Plusでも、かたつく感じは皆無、

CarbonLook for iPhone 6s Plus_17

上面も開口部なしのフルカバーに

CarbonLook for iPhone 6s Plus_18

素材が柔らかくなったせいで、着脱が容易になっている。気分で着替える派にはいいかも。

CarbonLook for iPhone 6s Plus_19

TUNEWEARのロゴは縦位置に変わった。
価格の割に質感が高く、常用のiPhoneケースとして、コストパフォーマンスの高い製品だと思う。

matrox RTMac

閑話休題
いまではすっかりiPhone系アクセサリーベンダーのイメージになったフォーカルポイントだけど、昔はフォーカルポイントコンピュータとして、映像系周辺機器の雄だったことを覚えている人は少なくなったかもしれない。
Matrox RTMacの正規代理店だったなあ。これPCIスロットに挿す製品だからとっくに使うことすら出来ないんだけど、捨てるのがしのびなくていまも死蔵してた。

--ads--

|
|

« エルキャピタンの前にブータブルバックアップを:Acronis True Image | トップページ | トミカ サンダーバード2号のコンテナは分離しない »

iPad/iPhone/iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/62408055

この記事へのトラックバック一覧です: フルモデルチェンジ?iPhone 6s 対応カーボンルック:

« エルキャピタンの前にブータブルバックアップを:Acronis True Image | トップページ | トミカ サンダーバード2号のコンテナは分離しない »