« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

2015年の終わりに mono-logue

今年もあとわずかとなりました。Macとカメラ、映像周りの物欲系を標榜するブログの割に、今年はあまり散財をしていないようです。その割に忙しいのは何故だろう(笑)
このmono-logueも気がつけば9年半。ってことは、来年は10周年です(特に企画は考えていません)。
安定した大手ブログ、勢いのある新興ブログ。いつの間にか消えていったたくさんのブログ。
それらの狭間で、慎ましく、ニッチに、自分のできる範囲でのんびりと、来年もやっていけたらいいなあ。

OMD11188

CAFE_NAGUMO_09

歳とともに機動性は落ち、体力は衰え、頭はすっかり白くなり、戦い方を変えないとなあと思いつつ、まだだ、まだ終わらんよ。と思っています。
世界を変える野心もプロパガンダも持たぬ代わりに、自分とそのフィールドに真摯でありたいと。

今年は若い友人の結婚式に2回も参列しました。幸せな人生が続きますように。

OMD71434

そんな訳で今年最後のブログ更新は、2015年にあわせて20時15分に自動更新されます。

つたないブログですが、面白がって、あるいは、あきれつつもお付き合いいただいた皆様に感謝します。ありがとうございました。
良い年をお迎えください。


2015.12.31. 斎賀和彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジレット フュージョン プログライド フレックスボール パワー

出張先で、あるいは帰省先で、あ、ひげ剃り忘れた。ということに気がついたとき。
ドラッグストア探すのもいいけど、amazonで夜中に頼むと、その日に着く、というのは便利なもので。

Gillette フュージョン プログライド フレックスボール パワー_1

という訳で、届いたジレット フュージョン プログライド フレックスボール パワー(長いよ)
自宅で使っているのがフュージョン プログライト(ブログ見たら、1年半前に買っていた)の後継機種らしい。

Gillette フュージョン プログライド フレックスボール パワー_2

新型は首振りヘッド。どこまでいくのか安全カミソリ。

Gillette フュージョン プログライド フレックスボール パワー_3

替え刃はフュージョン プログライドと互換。
プログライド フレックスボール は、マニュアルとパワー(電気振動)の2グレード、それぞれブラックとシルバーとあるが、色による機能差はなし。
amazonではシルバーの方が若干安く、買おうとしたら、いつまでかは分からないけど、クーポン自動発行でさらに200円値引きだったので、800円強で買えた。

Gillette フュージョン プログライド フレックスボール パワー_4

出張専用にしようかなあ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月30日 (水)

2015年回顧録(カメラ篇)

ブログを読んでいただいている大学の職員の方から、先生、オリンパスに乗り換えたんですよね?とか冗談で言われるのですが、ち・が・い・ま・す。
ワタシはいまでもキヤノンユーザーです(CPSにも会費払っていますw)。

DK8A9556

でも、まあ、そう言われるように、今年買ったカメラはオリンパスのOM-D E-M5 IIとそのレンズのみ。
EOS 5Dsには惹かれたし(今年最後に見た写真展の伊藤公一さんは、EOS-1D Xユーザーだったのに売って5Ds買われてます)、ある一面では解像度は正義、というのは真理なのだけど、ワタシの主用途がそれで大きくレベルアップするかというと違うだろうなあ、と。

OM-D E-M5 II_Hi-Res shoto_01

で、OM-D E-M5 IIの感想。
CP+2015で触って、良さそうだなあと思っていたら、某古地図大好きフォトグラファーや、Mac系大物マフィアの方が繋いで下さって、しばらくお借りできることになったのが3月
で、返却時に新品を買ったという(笑)
その後、書いたようにEOSのサブシステムとして、イイ感じに愛用している。EOSの約半分のサイズ感、重量感、からくる気易さ、取り回しの良さは大きなメリット。
素直に言って、自分の撮る写真の7割方は、OM-D E-M5 IIで満足できると思う。

EOS-1D C_17

でも、だからこそ、本気の時にはEOS。自分の中で、なぜ、大きくて重い一眼レフを使うのか、という意味性が出来たように思います。
結果、出番は6割方OM-D E-M5 IIで、撮ったカットは7割方EOS(EOS 5D Mark IIIおよびEOS-1D C)という結果になったのが2015年です。
来年は、間違いなく新しいEOSを買うと思います。

その他、今年もたくさんのカメラを、仕事やレビューやモニターで使いました。
EOS M3EOS 5DsPowerShot G3 XRX100 IVRX10 IITHETA S
うわー、ほとんどミラーレスか。まあ、そうですよね・・・。
ミラーあるカメラは、シュリンクしていくのかなあと思いつつ。でも、来年買うのはミラーのある一眼レフです。

そう、カメラ・写真関係の思い出と言えば、今年、CP+で講演させていただいたこと。と、トーマス・ノールと2ショット写真を撮って貰ったことかと。
ありがとうございました!

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年回顧録(アップル篇)

Macに限らず、近年はPCの製品寿命(サイクル)が長くなったように思う。
以前は2年おきくらいにマシンの更新を行っていたように記憶しているけれど、先日、MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム修理の時に気がついたけれど、ワタシのMBP RetinaはもうAppleCare Protection Planが切れていた(ってことは3年以上使ってる)。
自宅の主力機、Mac ProはLate 2013(納品は2014年1月)でようやく2年だけど、これ、現行製品だというところにフラッグシップ機の袋小路感を感じてしまう。

Mac Pro Late 2013_08

まあ、来年はMacBook Proが(ほぼ確実に)モデルチェンジしてくるだろう。MacBook AirがRetina化したらMBAでもいいかとは思うけれど、そこは悩ましいところ。

でも今年はAppleWatchやiPhone 6s、iPad Proも出たじゃん、と言われることもあるけれど、なんとどれも欲しいなあとかなり検討した上で見送ってしまったのが正直なところ。
一応、アップル系のブログのハズなのにひどいですよね。すみません。

Img_0044

でも、仕事等では、4K iMac、5K iMacもiPhone 6sもかなり使ったので許して下さい。
2016年は捲土重来を期すVAIOや、バランス的にはいいとこ突いてきてるように思うSurface Proなど、PC市場全体がもっと盛り上がるといいなあ。

-ads-

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月29日 (火)

一眼バッテリーホルダー thinkTANK photo

先日、カメラのバッテリーってどうやって鞄に入れてます?と訊かれたので、ここでも紹介。
カメラバッグの新興勢力でありながら、すっかりプロ筋に浸透したthinkTANK photo(シンクタンクフォト)から出ている DSLR Battery Holder 2

DSLR Battery Holder_01

マウスと似た大きさの布製ケース。カメラのバッテリーはカメラバッグのサイドポケット等に適当に入れているユーザーも散見するけど(ワタシも昔はそうだった)、バラバラになって探しにくいし、キヤノンは接点保護キャップが付属するけど、メーカーによっては接点剥き出しで接点同士あるいは金属とあたって漏電等の危険もあることを思うと、カバーしたい。

DSLR Battery Holder_02

シンクタンクのDSLRバッテリーホルダーは、なにも入れていないとこのくらいペラペラで場所をとらないが

DSLR Battery Holder_03

バッテリーが2コはいる布製ホルダー。
ほかに4コ入るタイプも有り。

DSLR Battery Holder_04

EOS 5D Mark IIIやEOS 5Ds、EOS 7D Mark II のバッテリーであるLP-E6、LP-E6Nが接点保護カバーつきであつらえたようにぴったり。

DSLR Battery Holder_05

OM-D E-M5 IIのバッテリーであるBLN-1も片側に1コ

DSLR Battery Holder_06

SONY RX1やRX100のバッテリー NP-BX1だと片側に2コ入る

DSLR Battery Holder_07

シンクタンクフォトのメモリーカードケースPee Wee Pixel Pocket Rocketと。
thinkTANK photoの製品群、ちょっと高価いものも多いけど、痒いところに手が届く製品も多くて結局、ここのを買うことが多いのがちょっと悔しい(笑)。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月28日 (月)

(光の)飛ばないレーザーポインターはタダの筒だ

先日のとある勉強会講師のお仕事を持って、今年の対外仕事はすべて終了。
あとは書類仕事がががが

Canon PR10-GC_07_17

で、その講義用Keynote、せっかくなのでちょっと格好つけてワイヤレスリモート&グリーンレーザーポインターでやってみようと、夏に買ったKeynote対応レーザーポインタ キヤノン PR10-GCを鞄に入れて、さあ、当日、受講生の前に立ったまま、Keynoteをワイヤレスで起動・・・しない(^_^;

Canon PR10-GC_07

はっと側面を見ると、Keynoteモードになっている。正しい。いや、正しくない、これ、OFFになってなかった・・・ということは・・・
バッテリー切れ・・・。

うーん。自分のミス、ミスなんだけどさあ。
愛用のノイズキャンセリングヘッドホン Bose QuietComfort 20i もそうなんだけど、こういうのって、放置されたら自動電源オフとかって機能、付けるの難しいのかなあ
もしくはタイマーで2時間たったらオフになるとか。

Canon PR10-GC_07_18

仕方なく、直接MacBook Proではじめつつ、鞄の中に入れて置いたマジックマウスを取り出す。
今日の講義ではマウスを使わなくても大丈夫なので、マジックマウスの電池をレーザーポインタに移して・・・内心、新型の(Lightning充電型)マジックマウスではできない芸当と思いながら、講義の隙を見て電池を替える・・・

マジックマウスは単3、PR10-GCは単4だった・・・_| ̄|○

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月27日 (日)

MacBook Pro ロジックボード交換して帰る

これまでのあらすじ
MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラムの対象機と診断され、ジーニアスバーに預けられたMacBook Pro(Retina)。
アップルストア銀座に持ち込んだのが先週水曜日の夜。土曜日の午後、ピンポンとチャイムが鳴って、ヤマトのお兄さんが運んでくれた。
相変わらずスピーディなアップルの修理体制だなあ。交換、じゃなくて、修理なのに(まあ、ボード交換であって、ハンダ作業とかの修理ではないだろうけど)。

MacBook Pro ビデオリペア_01

余談だが、このクリアファイルは非売品。
アップルストアだけで売ったらかなり売れると思うんだけど、アップルはそういうビジネスをしないみたい。

MacBook Pro ビデオリペア_02

ロジックボード交換。
このリペアプログラムだけど
>本プログラムは、MacBook Pro の最初の小売販売日から 3 年間または 2016 年 2 月 27 日まで (いずれか期間の長い方)、
となっていて、発表と同時にオーダーしたワタシのRetinaはもう3年オーバー(のでAppleCare Protection Planも切れている)で、残り3ヶ月だったのか。けっこうギリだなあ。
というか、3年以上、同じノート型Mac使ってるの、初めてかもしれない。

MacBook Pro ビデオリペア_03

でも、細かな部分以外にはいまも不満のないマシン。

MacBook Pro ビデオリペア_04

これで、次のMacBook Proまで安心して戦えそう。遅くても16年の前半には出るよね。多分。Thunderbolt 3搭載機になるのか、USBは3.1になるのか、電源はMagSafe継承かUSB3.1になるのか、いろんな意味で端境期になる機種で楽しみ。

MacBook Pro ビデオリペア_05

そうそう、MacBook Proだけど、いつぶつけたか覚えていないんだけど、パームレストの端に小さな欠けがあるんだよなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

INGRESS x cheero モバイルバッテリー 1周年と結婚おめでとう

最近、Facebookでは過去のこの日、という機能が実装されて、去年、あるいは何年か前の同じ日に書いた近況等を表示してくれる。
先日(忙しかったので今頃になりました)表示されたのがこれ。

Ingress

INGRESS x cheero モバイルバッテリー発表記事

ああ、もう1年たったのかと感慨深かった。

なぜならば、あのムービーに出演していたもこはるさんは、つい先日・・・

Moco_01

こんなウエディングドレスに身を包んでいたのです。

Moco_02

いちょう並木に面したレストランでの結婚式と披露宴。
オープンテラスでの人前式。緊張した表情の新郎。嬉しそうな笑顔で新婦をエスコートするお父さん。いちょう並木を見に来たひとたちが美しいドレス姿にギャラリーと化す。皆に祝福された優しい結婚式が素晴らしかった。

Moco_03

おめでとうございます〜(少し寂しいw)

--ads--

続きを読む "INGRESS x cheero モバイルバッテリー 1周年と結婚おめでとう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月24日 (木)

メリークリスマス

Xmas_01

サンタを信じて待った子供の頃、互いにプレゼントを贈り合ったあの頃、が遠い過去の話となり(スターウオーズ調)、自分の役割がサンタになって、自分が主役ではなくなったことを思い知る。

Merry Christmas_05

まあ、仕方ないよね。そういう歳だ(笑)

JAL Private Evening Party_03

いまは、自分の若き友人たちが、幸せな時間を過ごせますように、と思う位か。

5D3D2942

メリークリスマス。

明日はクリスマスで、来週の明日は元旦だって。
おーまいがー!

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Keynoteの開発元エラー不具合と対処

今日はある高校で模擬授業。なので、昨夜はせっせとKeynoteでプレゼン作成・・。いったん保存して、しばらくして再度開こうとしたら・・・。

Keynote_01

Keynoteの開発元が分からないなんて、社内の風通しが悪すぎませんか?アップル(笑)
しかも、Keynoteによって作成されたとまで書いているくせに。
あ、これ、今年の秋にも同じエラーが出たんだった。
その時は、再度、開き直したら普通に開けちゃったので原因究明ができなかった。

よーし、今回は原因を突き止めよう。
まずはGet infoだよね・・・

Keynote_02

あ・・・。
開くアプリがなぜか、Keynote 5.3になっている。
ちなみに、他の書類見たけど、ほかはちゃんと Keynote 6.6.1になっている。

Keynote_03

ので、関連付けアプリを5.3から6.6.1に直して問題解決。
だけど、ヘンだなあ。

Keynote_04

KeynoteはiOS版との互換性のため、Ver.6(ですよね?)で、機能を一部削除したのが不満で、HDDには最新のKeynote 6.6.1のほか、Ver.5の最終版であるKeynote 5.3も保存してあるので、紐付けが古くても、ちゃんと対応アプリが受け皿になると思っていたんだけどなあ。
アップルのアプリは、書類の後方互換性も平然と切り捨てることがよくあるのがイヤ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月23日 (水)

AndMesh iPhone 6 ケースがタイムセール

うちのブログは情報スピードでは大手ブログに大きく負けるので、ニュースや特価セール情報はほとんど扱わないのですが、AndMesh さんには恩がある?ので。

AmazonでAndMeshの iPhone 6およびiPhone 6 Plus用ケースが、63〜69%OFFのタイムセール中。(あと8時間強)で1,000円切っています。

Andmesh_iphone_01

今年のAUGM TOKYO 2015のジャンケン大会で、AndMesh iPhone 6用ケース(ピンク!)が当たったのですが、ワタシはPlusだし、妻は手帳型ケースしか使わないし、で、実はこのように未開封状態。
レビューもできずに申し訳ないなあ、と思っていたのでした。

Andmesh_iphone_02

エストラマー素材の触感は独特で、iPhoneをマウンターに組み込むときの緩衝ケースとしても良さそう。質感的に汚れやすいイメージがするけれど、それも試してみてから。

Andmesh_iphone_03

という訳で、6 Plus用をオーダー。
このセールは、もう生産がiPhone 6s、6s Plus用になったがゆえの在庫処分?とも思うけれど、あれ?6s、6s Plus用も半額前後じゃん。

まあ、いいか、届いて使ってみたら、いずれ感想を。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月22日 (火)

暗闇の中の希望-HOPE-伊藤公一写真展

新宿御苑にほど近い雑居ビルの3階に佇む小さなギャラリー、Place M
そこで一部の人には「黒い・・・」という感嘆符と共に知られた写真家、伊藤公一氏の写真展「HOPE」が開催されている(日曜まで)

Hope_01

初日に行ってきた。
伊藤公一 Koichi Ito
HOPE 2015.12.21 - 2015.12.27

Hope_02

彼の写真は、黒い中に微かに浮かび上がる色彩に、彼自身が投影されていると思うので、中途半端にその写真を撮ることが躊躇われ。
それゆえに、ここに載せた写真はすべてきつめに調色した形で載せている。彼の写真の本当の色は、自分でこのギャラリーに行くことでしか、味わえない。

Hope_03

ガラスペンで一気に書いたとされる序文。なんて病んだ繊細な作家だろう。落としたら35mmF2の前玉のように割れてしまいそうなひとだ。落としたら買い換える、らしいが。

Hope_04

ちなみにキヤノンユーザーの彼、今回、展示している写真は、EOS 5Ds、EOS M2、EOS-1D Xで撮られているらしい。

Hope_05

音楽ひとつ流れていない静かなギャラリーには、耐えることなくお客が立ち寄る。若い女性層が多いのが、意外というか納得というか。

Hope_06

なかには数時間、ギャラリーから動かないひともいる。
万人向けとは言い難い彼の写真だが、特定のひとのこころを掴んで離さないようだ。

Hope_07

なお、この一連の写真に映っている女性は共通の友人。仕込み、ではないが、肖像権に配慮して。

Hope_08

写真と観客を分けるのはガラス1枚。これが照明を反射してしまうのがなんとも残念。

Hope_09

Koichi Ito HOPE

Hope_10

そこに残ったのは、希望。黒い中にでも、希望はあるのだ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月21日 (月)

18禁の展覧会に行って来た

永青文庫で開催されている春画展に行って来た。

永青文庫

堪能した。肉筆画の時代から版画の時代、くらいの知識はあったけれど、豆版の時代はいわば特殊印刷の競争だったりして面白かった。
狩野派はここでも一大ブランド(?)として活躍していたんだなあ
この展示作品の多くが、大英博物館をはじめ国外の美術館やコレクションに収蔵され、散逸しているのがいろいろ考えさせられる。
12/23まで。あと僅かなので、ぜひ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月20日 (日)

GeChic On-Lap 1101P:一眼ムービーの撮影支援に最適か

一眼ムービーの流行(?)とともに、シューにマウントするタイプの小型モニターが各社からリリースされた。同じ頃、ノートPCでもデュアルディスプレイを実現する可搬型のモバイルディスプレイもリリースされ、それぞれ進化するなかで、両方のニーズを満たす製品が登場するのは必然だったと思う。
GeChic 社のOn-Lap 1101Pは、その代表格になるかも知れないと思わせる製品だと思う。

GeChic On-Lap 1101P_01

11.6inchサイズに1920x1080のフルHD解像度、IPS方式のモニターはモバイル用途を含むPCのセカンダリーディスプレイに好適だし

GeChic On-Lap 1101P_02

付属する三脚マウントキットと1080/24P、25P、30P入力対応は、EOSはじめ一眼ムービー撮影時のピクチャーモニターとしても最適

GeChic On-Lap 1101P_03

疑似フルカラーではない1670万Trueカラーパネル(IPS)なので、現場でのチェック用モニターとしても十分に使える。

今回、ご縁があってゲシック社よりOn-Lap 1101Pを提供いただいたので、以下の内容でレビューを書きます。

レビューズサンプリングキャンペーン参加中

このレビューにあたり、GeChic社より該当製品(On-Lap 1101P)のサンプル提供を受けていますが、それ以外の利益供与(報酬等)は発生していません。
また、同社およびレビューズ事務局は記述内容に関与していませんし、事前に原稿を見せることもありません。公開後、内容の事実誤認等で訂正した場合は、修正部分を明示します(誤字脱字の修正を除く)。

目次
・はじめに(ここまでのテキスト)
・GeChic On-Lap 1101Pの製品概要と付属品
・一眼の現場チェック用として
・PCのセカンダリーディスプレイとして
・一眼ムービーのピクチャーモニターとして
・不満点とまとめ

・GeChic On-Lap 1101Pの製品概要と付属品

GeChic On-Lap 1101P_04

GeChic On-Lap 1101P 本体。ぴったりはまる保護カバーが付属し、画面を保護する造り。写真は本体裏側。

GeChic On-Lap 1101P_05

こちらが表側(保護カバー)。保護カバー中央に凸部がある訳は後述する。

GeChic On-Lap 1101P_06

GeChic On-Lap 1101P本体 480g 
保護カバー 210g(ともにカタログ値)
あわせて約700グラムはiPad Proとほぼ同じ。

GeChic On-Lap 1101P_07

使用時には保護カバーは不要・・ではあるのだが、本体の裏面にそってぴったりはまるようになっている(写真は本体のみのとき)

GeChic On-Lap 1101P_08

先ほどの写真にあった保護カバー中央部の凸部がスタンドになる仕組み。

GeChic On-Lap 1101P_09

本体にスタンドを内蔵するより優れたギミックだと思う。

GeChic On-Lap 1101P_10

カバーに設けられたスリットで、三段階に角度を調節できる。

GeChic On-Lap 1101P_11

入力端子 右から
VGA(いまさらこのタイプのVGAいるのかなあ)
Display Port
HDMI(マイクロ)
USB(電源供給専用でUSBディスプレイとしての機能は無い)
ヘッドホン(HDMIはオーディオエンベッド対応でスピーカーも内蔵しているのは◎)

付属ケーブル類は、まさにワタシ向きの構成だった。

GeChic On-Lap 1101P_12

フルタイプのHDMI to マイクロHDMIは、MacBook ProやMac Proとダイレクトに結線可能。

ミニHDMI to マイクロHDMIは、EOS 5D Mark IIIやEOS-1D Cが直接繋がる。

USBケーブル(二股)は電源供給専用。GeChic On-Lap 1101PにはUSBディスプレイ機能はない。USBディスプレイはどうしてもレスポンスに難があるので、これはいい判断だと思う。

ACアダプタは5V 2.0Aタイプのもの。この省電力駆動が運用のしやすさに貢献している。

ケーブルベルトがなぜか2本付属。えっと、ケーブルは3本付属してるんですが・・・。
ケーブルベルトより、こういうポーチに付属品一式を入れてみたが、この方が圧倒的に便利。

・一眼の現場チェック用として

GeChic On-Lap 1101P_13

電源を供給し、HDMIを持つカメラと繋ぐと再生チェックに使える。(カメラの)背面液晶と較べて大画面かつ高解像度なのでチェック用としても優秀。特にスタッフやモデルとイメージが共有できるのは大きい。

GeChic On-Lap 1101P_14

定格上は5V-2Aだけど、iPhone付属の電源アダプタ(5V-1A)で問題なく使用できた(メーカー保証外なので注意)。個人的には、この省電力駆動はとても良いと思う。
電源アダプタのほか、モバイルバッテリーでも十分駆動する。

GeChic On-Lap 1101P_15 GeChic On-Lap 1101P_16

チェックはMacBook Pro等のノートPCで行うのが普通だったが(ワタシもそう)、データをノートPCにコピーする時間なしに、チェックできるのは気持ちを途切れさせないという意味ではけっこう有効な気がした。

GeChic On-Lap 1101P_17

左側面には電源ボタンの他、メニューやボリューム操作ボタン。
レスポンスは正直、イマイチ。

GeChic On-Lap 1101P_18

調整機能はかなり充実しているが、色温度の設定変更がケルビンではなく、これなのはどうかなあ。Spyderでキャリブレーションが可能かどうか、こんどやってみる。

GeChic On-Lap 1101P_19

こうやってるとついiPadのつもりで指で送ろうとしたり、拡大しようとしたりしちゃうのがナンだが(^_^; かなり使える印象。

・PCのセカンダリーディスプレイとして

GeChic On-Lap 1101P_20

On-Lap 1101Pには三脚マウントキットが付属する。

GeChic On-Lap 1101P_21

これを使用するとOn-Lap 1101Pの底部に1/4インチねじ穴ができる。1/4inchネジ、通称細ネジ。一般の三脚穴と同じ規格。

GeChic On-Lap 1101P_22

なので、各種の三脚に簡単にマウントできる。

GeChic On-Lap 1101P_23

デスクトップで使う際も、高さや角度の調整が容易。
写真はMac Proのマスターモニターに設定し、Final Cut Pro を使っているところ。
さすがに画面が小さいけれど、非常用としては十分。

GeChic On-Lap 1101P_24

本筋はセカンダリーモニターにして、ヒストグラムや

GeChic On-Lap 1101P_25

信号管理に使うのがベストな使い方だと思う。MacBook Pro等のデュアルディスプレイ化にもとても有効。

・一眼ムービーのピクチャーモニターとして

GeChic On-Lap 1101P_26

フリクションアームを使うと、

GeChic On-Lap 1101P_27

三脚は無論、スライダー等でカメラと一体の形で動かすことができる。ジブアーム等の手元モニターとしても有効だけど、今回はHDMIケーブルの長さが足りずに試せなかった。残念。

GeChic On-Lap 1101P_28

直接、カメラのホットシューにマウントすることもできるけれど、本体、カバー、三脚マウントキットだけで800gになるので、さすがに躊躇う。
アクセサリーシューを使ってビデオカメラ風のハンドルグリップを付けている人を時々見るけれど、強度的に大丈夫なのかなあ。
メーカーはあのシューでボディとレンズを支える強度設計はしていないと思うんだけど。

GeChic On-Lap 1101P_29

さきほどの1A電源供給に味をしめて、5V-1Aの最も小さいダンボーバッテリー(cheero Power Plus DANBOARD version -Block- 3000mAh)で運用してみたが、こちらも問題なく使用できた(メーカー保証外です。念のため)。
わずか70gなので、両面テープでOn-Lap 1101Pにぺたっと貼ってみた。
軽くて気軽で良いけれど、やっぱ目が光る方が可愛いので、ここはダンボー miniにすべきだったかあ(笑)
モデルがウケると撮影も和やかに進むはず(?)

GeChic On-Lap 1101P_30

EOSにはピーキング表示機能がないので、大きな画面(かつ高解像度)でフォーカスを確認しながら撮影できるのは、とても楽。
使用中の動画も撮ってみた。

・不満点とまとめ

これまで一眼ムービー撮影アシスト用にCLM-V55や、逆に業務用の比較的大型モニターを使ってきたけれど、帯に短し襷に流しな感じで決定打がなかった。
でも、このGeChic On-Lap 1101Pはもっともピントくる(掛けてます)製品かも知れない。
うちの助手も高評価。しばらくメインで運用してみよう。

一方でいくつか不満もあって

GeChic On-Lap 1101P_31

三脚マウントキットは上面をネジで留めないと、本体が外れて落下する危険があるのだが、小さなドライバーが必須だし、ネジはなくしそうだし、カバー収納時には必ずネジ外さなきゃだしで、とても面倒。
コストの関係もあるんだろうけど、ここはレバーか何かでぱっちんと固定できる仕様にして欲しい。
また、保護カバーがスタンドになるアイディアはとても良いと思うけれど、オプションで良いから遮光フードが欲しい。(できれば保護カバーと一体収納できるやつ)

と、不満もあるけど、現状、同種製品のなかで頭ひとつ抜きんでた製品であることは確か。
ホームページの日本語がところどころヘンで(産品介紹とかQ & Aの会社紹介とか)損してるし、サポートがどうなっているのかHPでは分からなくてちょい不安(実際は日本総代理店のテックウインド株式会社(元シネックスなのか!)が行うみたいで専用サポートページもある)だったりするけれど、1ヶ月弱使った範囲での印象はとてもいい。

実売価格も安価な割に、製品のパフォーマンスはとてもよいと感じている。

--ads--

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2015年12月19日 (土)

ナノブロック ニコン F

このとき、大学の中庭で声を掛けられた職員氏と帰りのスクールバスで一緒になる。

買ったんですね〜(笑)
許可を得たのでバラすと、この方は同じ大学で働くニコンユーザーの清水さん。
うちの大学、なにげにニコンユーザー多いんだよなあ。

で、ニコンユーザーの清水さん、品川のニコンミュージアムにも行って、ナノブロックのニコンFを買ってきたという。
うわ、想像以上のマニアだ(笑)
ので、ぜひ写真を撮って送って欲しいとお願いしたら、送ってくれました。仕事早いな。

Nd_nikon_f_1

思った以上にちゃんとしてる。

Nd_nikon_f_2

イイ感じ。キヤノンもこういうのは追随して欲しいなと思ったり。

Nd_nikon_f_3

ニコンユーザーなのに、ライカ。しかも本物?
ひょー。
清水さん曰く、ビックカメラ限定のライカ風ナノブロックもあるので挑戦しようと思ってる。
調べたら本当にあった。でも、完売しました。この商品はご購入できません。になっていますよ(笑)

と思ったら、Amazonには少し在庫があるみたい。なんで本家で売り切れでAmazonにあるかな・・

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Magic Mouse 2 & Magic Keyboard

とある雑誌の原稿執筆のため(発売時にお知らせします〜)しばらくの間、新型のiMacが来ていた。そして、初めて長時間、Magic Mouse 2 と Magic Keyboardを使ったので(原稿と無関係なところなので)印象を書いておく。

Magic Mouse 2 &  Magic Keyboard_1

クマデジタルさんは、早々に両方ともお買い上げしていたけれど、当時、そろそろMacBook Airでないかなあ。RetinaになったらMacBook Proから買い換えようかなあ、と思っていたワタシは(結局Airは出ず、MacBook Proは入院した)緊縮財政モードに入っていたので見送っていた。
基本、変わんないでしょ、という気持ちが若干あったのも否定しない。

Magic Mouse 2 &  Magic Keyboard_2

たしかに、機能がアップしたわけでも無いし、新型マウスで絵が上手くなるわけでも、新型キーボードで文章が上手くなるわけでもない。
でも、この小さな剛性感の向上が、けっこう差を感じるんだなあと実感したのが正直なところ。
マウスパッドの縁にあたってぱかんと電池蓋が開いてしまうこともなく、変わらないと想像していたキーの打鍵感は新型のほうが明らかに安定感有るし。
でも、矢印キー(左右ポインタ移動キー)は前の方が良かったかなあ)

いちばん懸念していた充電時にマウス使えないじゃん、という問題は、2分も充電すれば2〜3時間は使えるということが分かって、実質的に問題じゃ無くなったし。

とはいえ、いまから買うのもなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月17日 (木)

MacBook Pro ビデオリペアエクステンション

これまでのあらすじ
キヤノンオンラインショップのサーバーをダウン寸前まで追い込んだEOS 5Ds、EF70-200mmF2.8Lのミニチュア・カメラUSBメモリー(限定販売)を勝ち抜き、ほっと一息つきながら、珈琲を飲んでいたとき、MacBook Proが突然。

System_error

そのまま勝手に再起動・・・する途中で再びこの表示が出て、そのまま落ちる・・・。
その後、電源も入らない。ファンも回っていない。
筐体はしばらく凄く熱を持って・・・だんだん冷たくなっていった。
呼んでも叫んでも、立ち上がる気配を見せないMacBook Pro

MacBook Pro Type R_06

思えば、この初代Retinaがやってきたのが2012年6月だから3年半。ある意味、長く戦ってくれたマシンだった。
毎日のように職場を往復し、AUGMや講演で九州や沖縄へも何度も旅した。
普通なら、これを機に買い換えてもいいんだけど・・・いや、いまはダメだよ、半年後ならいいけれど、現行のMacBook Proはこいつと本質的には変わっていない(SSD等、足回りは速いみたいだけど)。

仕事を最短で切り上げて、アップルストア銀座のジーニアスバーを目指す。
シリアルナンバー的には、この MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム対象範囲機なんだけど、このプログラムは該当かどうか、アップルの検証プログラムが判断する。
対象外なら修理・・・うーん、今のタイミングで数万は厳しいなあ。

電源が入らないので、ジーニアスが奥に引っ込んだまま、なかなか出てこない。悶々とジーニアスバーのカウンターで検証結果を待つ。

Macbook_pro

「・・・残念ながら、REPの対象機でした。(迷惑かけて)すみません・・」
と、ジーニアス。

いや、不幸中の幸いです。これで、修理費は不要と言うことですよね。

来週半ばの出張講義を控えて忙しいときに修理入院は痛いけれど、先日のディスプレイとは違って、4〜5日で直るらしいのでホッと一息。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月16日 (水)

キヤノンオンラインショップサーバーダウン?

昼前、大学の中庭を歩いていたら、職員氏に声を掛けられた。
「先生、もうすぐ受付開始なのに(こんな所に居て)いいんですか?」
やばい、読まれてる(^_^;

Canon_usb_1

いや、いくらなんでも高価いでしょう。いい大人なんで買いませんよ〜。
と、にこやかに答えつつ・・・12時3分前に、iPhoneのアラームが鳴る(笑)
い、いや、冷やかしで・・・

Canon_usb_2

おいおい、キヤノンオンラインショップ、サーバーダウン寸前・・・。
何度もエラーが出る・・。そしてお昼が終わる頃には完売していました。

Canon_usb_3

無駄遣いをしました。後悔はしていない。

にしても、あんな割高なもの、買う人がいるんだろうか、と思ったけど、居るんですね・・・(笑)
バッカじゃないの?>ワタシのことか・・。

そして

Canon_usb_4

早い、早いよ、セイラさん・・。
直後に、iPhoneのクロネコアプリがにゃんと鳴く。

Canon_usb_5

恐るべしヤマトーキヤノン。

オーダー確認メールが届いたのが12時19分。今日の大仕事は終了・・。
そのしばらくあとに、MacBook Proの画面が急にブラックアウトし、再起動した。
そして、それが今日のもうひとつの事件の始まりだったのだ・・。

--ads--

続きを読む "キヤノンオンラインショップサーバーダウン?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2015年12月15日 (火)

EOS 5Ds USBメモリー 限定発売だって・・・

キヤノンオンラインショップからDMが来た。まあ、年末のプリンタインクセールかなあ、と見たら・・・。
限定販売!ミニチュア・カメラ USBメモリー しかも、EOS 5DsとEF70-200mm F2.8Lだって?

Img_3053

実は、ワタシ、これのEOS 5D Mark II版を持っている。
約5年前に秋葉原の裏道のショップで買ったもの。こういうノベルティ、日本のキヤノンは作らないと聞いていたのだけど、ノベルティどころか製品として販売とは(笑)

EOS 5D Mark II_USB

EOS 5D Mark IIはかなり精緻にできている。
5Ds版はどうだろう。
当時は4GBだったけれど、今回は8GBらしい。ただし、5DsのファイルサイズはL(5030万画素)のFine JPEG時で14MBだから、たっぷり入るとは言い難いのだけど。

にしても、EOS 5Ds + EF24-105 f4L(24-70じゃないのか)、EF70-200mm F2.8L、それぞれ約1万円!2個セットで2万円。高価いよ。
でも、きっと瞬殺なんだろうなあ。合計1,000個ってそれぞれ500個限定?千個売れても1,000万円の売上、まあ、キヤノンにしてみればファンサービスみたいな企画なのか。

こういうのこそ、新製品の予約特典にしてくれればいいのになあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月13日 (日)

プリントで観る黒:伊藤公一写真展「HOPE」

語りをよすがに、
僕はきっと溶けて消えていくだろう。

KOICHI ITO  Introduction for "HOPE"より

そんな伊藤公一氏から届いた1通の手紙。
赤い封筒に、黒い封蝋。

HOPE-KOICHI ITO_01


伊藤公一写真展「 HOPE 」

2015.12.21(mon) - 12.27(sun) : 12:00-19:00
新宿 Gallery Place M

の招待状であることは誰の目にも明らかだった。

HOPE-KOICHI ITO_02

なのに、開けるのを拒むような黒い封蝋。
決して開けてはならない。と言っている。
クリスマスなのに、幸せなカップルが街を闊歩する刻に、これを開けると、妬みや憎しみが世界に散ってしまうのに。

でも、開けろと、こーいち氏は言うのだ。

HOPE-KOICHI ITO_03

最後に残ったのは、希望。

黒い写真家、として知られる(違います)コーイチ・イトー。通り名はzeissizm。
flickrをみれば分かるように、強く、孤独で、病んだ(だから違いますって)世界に生きるひと。
彼の初の個展。そう、開けて、世界に解き放たれるのは、彼の写真。
ディスプレイで見る彼の黒と、プリントで観る彼の黒は、似て非なる物だと思う。

HOPE-KOICHI ITO_04

最後に残されるのが、HOPE。かどうかは、クリスマスの新宿に行くしかないはず。
年末最後の大きなイベント、HOPEに行かないと2015年は終わらない。

あれ?DMが鳩なのは、今年のトリだからって暗喩ではない・・よね?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月12日 (土)

フリーコム日本撤退とFreecom MobileDrive Mg 500GB

フリーコム・テクノロジーが事実上の日本撤退。(プレスリリース
FreecomはMacintoshプラットホームにコミット性の高いストレージベンダーだったと思う。G-Technologyアンバサダーのワタシから見てもデザイン性と質感には優れた物を感じたし、なによりG-Technology同様に初期出荷状態がMacフォーマット、というのも好感を抱いていた。
同社は三菱化学メディアの小会社だから大丈夫と思っていたけれど、日本での製品販売は終了。事実上、日本から撤退する。

MOBILE DRIVE Mg_01

だから在庫一掃、かどうかは知らないけれど、同社のオンラインショップがFreecom MobileDrive Mg 500GBを2個で6,980円(税込、送料別450円)で限定販売しているのをMacお宝鑑定団ブログで知った。
同社製品はノベルティで頂いたUSBメモリしか持っていなかったので、最後に買ってみた。

MOBILE DRIVE Mg_02

シンプルなマグネシウム筐体。薄い。
どこのドライブだろうと繋いでみたら(少なくとも購入した2台は)東芝のMQ01ABF050だった。
7mm厚の薄型2.5inch 5,400RPM ドライブ。

MOBILE DRIVE Mg_03

ワタシの愛用するG-TechnologyのG-DRIVE evと並べてみた。本来は製品カテゴリ的にG-TechnologyのG-DRIVE mobile USBあたりと較べるべきなんだろうけれど、持っていないので(笑)
G-DRIVE evの中身は(少なくともワタシの保有するものは)HGSTのTravelstar 7K1000。
9.5mm厚の2.5inch 7,200RPM ドライブで、クラス最高の耐衝撃性を謳う。

Mobile_drive_mg_07

ベンチマークを取ってみた。
Freecom MobileDrive Mg 500GBは5,400RPMだけど、100MB/s超えるのは立派。

Ev_atc_usb3

G-DRIVE evは手持ちの筐体で最も古いもので130MB/s、ATCに使われている黒いevで136MB/s前後と25%ほど高速。
まあ、さすがに7,200回転は伊達じゃない。とはいえ、価格差はあるのでそこは悩ましいところか。あと、G-Technologyのは3年保証ね(と、アンバサダーとしては強調しておくw)。

MOBILE DRIVE Mg_04

接続はFreecom MobileDrive Mg 500GBがUSB3.0のみ。
G-DRIVE evはUSB3.0とDOCK接続時に使う専用e-SATAポート。
アクセスランプはFreecom MobileDrive Mg 500GBがリアでG-DRIVE evがフロント。

MOBILE DRIVE Mg_05

付属品はともにUSBケーブル。やや短い方がFreecom。

MOBILE DRIVE Mg_06

という訳で、G-TechnologyアンバサダーだけどFreecom MobileDrive Mg 500GBを買ってみた報告でした。
G-Technologyのアンバサダーは、G-Technologyのヘビーユーザーであることの証しでもあるけれど、だからといってG-Technology以外の同種製品も使うしレビューも書く。贔屓の引き倒しはしない。当たり前のことだけど、それが通用するのも嬉しい。

で、こっそり?書いておくと、HGSTブランドで発売されているTOUROはプラ筐体ではあるものの、中身はG-DRIVE系と同じだったりするので実はコストパフォーマンスがとても高いので、価格重視のひとにはオススメ。(ただし保証は1年)
なお、TOUROには5,400RPMのものと、7,200RPMのものがあって、Amazonでも500円ほど価格差があるので注意。(現行モデルではTOURO Sが7200RPM)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月11日 (金)

CP+ 2016は会場がふたつ

もう今年も3週間を切ったというのは驚きだけど、年が明けたらもうCP+は目の前(?)
次回のCP+ 2016は、2月25日(木)から28日(日)まで昨年同様の4日間なんだけど・・

Cp_2016_01

なんと、会場がパシフィコ横浜と大さん橋ホールの2カ所に。
いや、たしかに拡充と言えば拡充だし、両方とも横浜のベイエリアには違いないんだけど、この両者、iPhoneケース展のホームグラウンドである(?)赤レンガ倉庫を挟んで、結構な距離がある。

Cp_2016_04

アクセスマップ見ると無料シャトルバスが運行されるらしいけれど、予定では30分に1本。徒歩22分と書いてあるけれど、この間を22分では少なくともワタシは歩けない・・・。
シャトルバスが、シャトル水上バス、なら状況も変わるだろうけど・・・。

大桟橋でやる御苗場は厳しいんじゃないかなあ。
毎年、御苗場は楽しみにしてはいるけれど、わざわざここまで距離のある別会場に行ってまで、と言われると微妙。
とはいえ、もう一般の部は定員になって受け付け終了らしい。

Cp_2016_02

近年はCP+にあわせて新製品発表、というほど、メーカーはそこにタイミングを絞ってはいないように思うけれど、ニコンはD5の開発を発表したからには実機お披露目もあり得るし、ニコンが出るなら、当然キヤノンもEOS-1D Xの後継機の開発は進んでいるはず。
CP+で実機観られるといいなあ。

Cp_2016_03

CP+は展示会ではあるけれど、メーカーのスタッフは開発のひとも多く出張ってきている。
生の声が聴けるし、届けることもできる機会なのでぜひ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月10日 (木)

LCD2690WUXi2ディスプレイ沈黙・・・?

ある日、風呂から戻って自室のMac Proのスリープを解除する・・・と、ディスプレイが片方、死んでいた。いやいや、ケーブルコネクタが浮いたりしたかなんかのトラブルでしょ、と思った。その時は。人間、悪い方には考えたくないモノだ。

LCD2690WUXi2_01

ワタシの環境はMac ProにEIZOのCG277をメインに、NECのLCD2690WUXi2をセカンダリのデュアルディスプレイにしている(していた)。
CG277はDisplayPort接続、LCD2690WUXi2はHDMI to DVI変換経由のDVI接続。
変換コネクタがゆるんだ?ケーブル差し込みが甘い?・・・挿し直しても直らない。
ケーブルかコネクタがダメになった?ケーブルを交換してみても映らない。

げ?Mac ProのHDMIポートが壊れた?MacBookPro(15inch)持ってきて、LCD2690WUXi2につないでみる・・・何も映らない・・・。

LCD2690WUXi2_02

汗が出はじめる。部屋が暑い・・・。
LCD2690WUXi2のDVIポートがおかしいのか?狭い机の上で25.5インチのディスプレイを回転させるのは難儀だったが、なんとかケーブルを別のポートに差しかえる・・・
・・・なにも、なにも映らない・・・

心臓の音が聞こえる。LCD2690WUXi2のメニューボタンで、オンスクリーンメニューを表示・・・できない・・・・。

LCD2690WUXi2壊れた・・・_| ̄|○

自分のブログで調べたら、LCD2690WUXi2は2009年の12月に買っていた
ちょうど6年か・・。うーん、寿命と言えば寿命なのか?もうちょっと持つイメージだったけどな・・。
どうする?CG318?・・は大きいし、高価すぎる・・・。CG248はいいんだけど、CG277より小さいのでセカンダリにはいいけど、メインだと使いにくいかなあ

いや、いま、予算ないんだよ・・・ううむ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月 7日 (月)

THETA Sに便利なクネクネ三脚

初代THETAの時は、プレート型三脚やミニ三脚、テーブルトップ三脚を主に使っていたけれど、今回、THETA Sの試用では93円(当時)で買ったiPhone 用クネクネ三脚が大活躍だったのでメモ的にレビュー。

THETA S & くねくね三脚_01

これ、今年の6月に新しもの好きのダウンロードで紹介されていた特価品。
iphone用三脚ホルダー デジカメスタンド スマホ対応 モバイル iphone5 アイフォン5 クネクネ三脚
なんだけど、iPhone 5とあるだけに、ホルダー部分がiPhone 6 Plusにはギリギリで厚みのあるケースを装着していると入らない!ので、実質的に放置していたモノ。

ホルダー部分を外すと普通の細ネジ(1/4inchネジ)の脚となる。

THETA S & くねくね三脚_02

さらにミニ三脚だと直径10数センチの接地面が要るけれど、くねくね三脚だともっと小さいフットプリントでも使えるし、さらに巻き付けるところがあれば高さも稼げる。
まあ、ちゃちな構造なので重さのあるカメラは論外なんだけど、THETA Sは重量が125gしかないし、iPhoneからリモートレリーズしたら、レリーズ時の揺れもないし、実用十分。

THETA S & くねくね三脚_03

まあ、自撮り棒で伸ばすのもTHETA向きだとは思うけれど、セルフィー棒NGな場所も増えてきているし、ちょびっと恥ずかしいし。
で、半年前に93円で買ったコレが、いまは幾らかというと・・・ええっと、予備買っておこうかな(笑)

KITTE Xmas - Spherical Image - RICOH THETA

それにしてもTHETAとTHETA Sは別物のように画質が上がりましたね。
写真はKITTEのクリスマスツリー 2015版。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月 6日 (日)

Jake Dyson Light イベントお礼

先月の終わりに、表参道のダイソンショールームで「光と戯れる Jake Dyson Light 撮影体験」の講師をさせて頂きました。
慌ただしい年末の金曜日にも関わらず、参加頂いた方々に感謝。

Jake Dyson Light Event_01

美しいインテリアとして、実用的なデスクライトとして有効なJake Dyson Lightを、小物撮影用のアクセントライトとして使ってみるイベント。
写真は光ですよ、光。

Jake Dyson Light Event_02

お越し頂いた有名ブロガーな方々が書いて下さったブログ。嬉しいのでずっと覚えているように記録させて頂きます。

伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団)
ダイソンのLEDライトをカメラの照明器具で使ってしまう、という目から鱗のセミナー「光と戯れる「Jake Dyson Light」で撮影体験してみよう」に参加

家電女子.net
Jake Dyson Light を使った撮影がこんなにかっこよくて便利とは!

本当にありがとうございました。

Jake Dyson Light Event_03

ライティングって映像そのものと言っていいほど本当は大事。
一眼ムービーを筆頭にした低照度に強い機材の勃興と、予算の抑制傾向から大掛かりな照明は減っているように思うけれど、プロフェッショナルな照明さんの作るライティングはやはり格別。
ストロボ(瞬間光)の魔術師みたいな上手い人もいるけれど、そこが技量も理論も追いつかないワタシは定常光照明に。そこで強力な武器になっているのがJake Dyson Light なんです。

Jake Dyson Light Event_04

参加者の方々。楽しんでいただけたかなあ。
ありがとうございました。

Jake Dyson Light Event_05

dyson社員の方々。楽しい機会を与えて下さってありがとうございました。

Amazonでも出てこないし、量販店でも見かけないJake Dyson Light は、ダイソン表参道で実機を試すことができますので、是非。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月 4日 (金)

コマフォト Shuffle とデザイン・写真実技型AO入試

コマフォトことコマーシャルフォトのWEB媒体、Shuffleに取材記事を掲載頂きました。

イベント・スクール・公募展
プロと同じ環境で映像が学べる駿河台大学メディア情報学部

Img_event_surugadai2015_2

去年から始まった独特の入試スタイルであるデザイン・写真実技型AO入試に関する記事。
ワタシが2割ほど良く書かれているのは優しさでしょうか。
それでも、書かれていることは本当。

さまざまな能力の卵と出逢いたいと思っています。

デザイン・写真実技型AO入試は12月12日(土)
出願は郵送なら12月8日(火)必着。WEBなら12月7日(月)17:00です。
週明けすぐなので、興味のある高校生は是非。

駿輝祭2015_04

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月 3日 (木)

THETA Sで大学のクリスマスイルミネーション

高田助手がTHETA Sを買った。ので、ちょっと借りて撮ってみた。

RICOH THETA001

勤務先の大学キャンパスに光るクリスマスイルミネーション。予算の都合?か、電力環境セーブか?3本とちょっぴり寂しいけれど、それでも暗くなりだしたキャンパスに光るイルミネーションは美しい。

駿河台大学 屋外クリスマスツリー? - Spherical Image - RICOH THETA

THETA S、噂に違わず長足の進歩を遂げた感じ。
最初からこのくらいの画質だったらなあと思わなくもないけれど、ここまできちんと仕上げてくるリコーは偉いと思う。

いろいろ試してみよう(笑)<ひとのだってば!

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月 2日 (水)

Adobe CC 2015最後のアップデート?

AdobeのCreative Cloud群がこぞってアップデート。パッケージ販売のCSがサブスクリプション方式のCCに移行するとき、定期バージョンアップモデルでは無く、適宜、最新技術のバージョンをリリース・・・といった説明があったと思うけれど、それが具現化された姿がいまのCreative Cloud。

Adobe_cc_update

とはいえ、五月雨式にアップデートするのでは無く、いっせいのせっ、的な形で集団アップデート。主要なアプリにはバージョンの代わりに年号が付いている(Photoshop 2015とか)ので、おそらく2015系はこれが最後のアップデート。

Photoshop_cc01

PhotoshopはふだんAdobe Bridge経由で起動するのがほとんどなので、スプラッシュスクリーンが変わったくらいしか気がついていなかったけれど

Photoshop_cc02

単独起動時の最初の画面がこんなふうに変更されていたとは!

Adobe_illustrator_cc_2015001

Adobe Illustrator CC 2015 のスプラッシュスクリーン

Lightroom001

Lightroomは今回、アップデートなしだった、よね?

Adobe_premiere_pro_cc_2015001

PremiereProのスプラッシュスクリーンがちょっぴり切なげに見えるのは気のせい?

Adobe_audition_cc001

今回のアップデートにあわせて、Adobe Audition CCをインストールした。AUGM沖縄でスニークプレビューをみた あの機能を試してみたくて。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月 1日 (火)

DECEMBER -George Winston-

お別れを言ったつもりはないのに11月は去り、12月。師走と言うだけあってワタシも忙しい時期。
そして Decemberと言えば思い出すのがジョージ・ウインストン(あるいはウインダム・ヒル)。

Decembercd

ワタシが大学生の頃(歳が知れます)、一世を風靡したウインダムヒルレーベルの代表格がジョージ・ウインストン。ワタシも当時LPを買って(笑)実家に放置状態。
AUTUMN,WINTER INTO SPRING,DECEMBERの3部作(のちにSUMMERがでて4部作になるけど)は世間的にはクレスタのCM曲でもあるLonging/Loveを含むオータムが一番人気だったけれど、ワタシが好きなのは凛としたピアノのDECEMBER。

Decemberitunes

実家に置きっぱなしのLPの代わりに、iPhoneのライブラリにはiTunesで買ったバージョンが入っている。だって、もうアナログレコード(ヴァイナルとかは言わない主義ですw)はかける手段を持っていない・・・。
なぜかアートワークがCD版と微妙に違う(タイトルのカーニングやレイアウト)もとのLP版がどっちなのか、自信が無い。

そうそう、ブーム最中、来日したジョージウインストンのコンサートにも行ったのだけど(たしか池下の厚生年金会館だったはず)、ラフな格好の禿げたオヤジ(ごめんなさい)だったのに驚いたなあ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »