« 最後の授業:卒業制作上映会 | トップページ | モバイルプロジェクターの本命か?キヤノン C-10W »

2016年1月22日 (金)

ビデオSALON 2月号

ビデオSALON 2016年2月号は、表紙がひさしぶりの民生用ビデオカメラ。
そのくらい、ビデオを取り巻く機材環境は変化していると思う。

Videosalon_01

そしてメイン特集も民生用4Kビデオカメラ。

Videosalon_02

今年のSONY機は正常進化、と書くだけに飛び道具的な新機能がないかわりに、新しいレンズ、新しいセンサー。特にセンサーはようやく16:9のセンサーに。画素数は全モデル比で減ったものの、有効画素は同じ。結果的に画素あたりの面積を増やして画質向上に振っているなど、地味だけどソニーの良心が垣間見える。
4Kって言っても汚いピクセルやノイジーな画では本末転倒だと思っていただけに、こういうところはとても良いと思う。

Videosalon_03

パナは逆にギミックたっぷり。「あとから追っかけ」(トリミング)「あとからズーム」など、4K解像度を活かした機能や、「スロー&クイック」(ハイスピードと微速度撮影の録画内切換)、HD時のみ120P撮影、さらに、「ドリーズーム」(ドリーとズームの併用による効果、ヒチコックや大林宣彦が使ったアレ)など、パパママや普通のユーザーが楽しめる機能てんこ盛り。
こういう路線もありっちゃあアリ。

今回、気がつけばSHURE ガンマイクセミナーでお世話になった須藤高宏さんがIKマルチメディアのiPhone用マイクについてテストリポートを書いていた。

Videosalon_04

そして、同じテストリポートのページでワタシもiMac 5Kについて書いています。
ビデオSALON、久しぶり。
画面の編集プロジェクトは、コレです

今回、がしがしとiMac使って感じたけど、コストパフォーマンス高いなあ・・・

--ads--

|
|

« 最後の授業:卒業制作上映会 | トップページ | モバイルプロジェクターの本命か?キヤノン C-10W »

本/音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/63104087

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオSALON 2月号:

« 最後の授業:卒業制作上映会 | トップページ | モバイルプロジェクターの本命か?キヤノン C-10W »