« EOS-1D X IIとD5、両雄フラッグシップの違い | トップページ | OM-D E-M5 II フォーカスブラケットと深度合成(撮影篇) »

2016年2月 5日 (金)

インプレッサのキーレスアクセスキーの電池交換

インプレッサのインフォメーションディスプレイが、キーの電池残量が少ないから交換しろ(大意)と言い出した。

SUBARU Key_01

昔は、鍵を回してエンジンを掛ける行為に高揚があると思ってた時代もあったけど(笑)いまではすっかり楽な方に流されて、ドアハンドルを触ればロックの解除、ボタンを押してエンジン始動なカラダになってしまっている。

SUBARU Key_02

とりあえず、電池がなにか調べよう。おー、表面にビスがないのか、デザインの練られたスマートキーとは思ってなかったけど、いろいろと考えられて・・・

SUBARU Key_03

あれ?裏面にもビスがない。まさかはめ殺しで電池交換にもディーラーに行かなきゃならないとか??まさか。

SUBARU Key_04

電池切れや故障時のために非常用キーが内蔵されているけど、それを取り出すとビス穴が・・ある訳ではない。
(余談だけど、この非常用キーはドアロックを解除するだけで、エンジン始動する機能は無い。その機能は本体にある)

SUBARU Key_05

?非常用キーを取り出したあとにスリットが?

SUBARU Key_06

なんと、非常用キーではめ殺しの筐体を開けるのか。ドライバーとか要らないように考えられてるんですね・・

SUBARU Key_07

アレ?電池は?

SUBARU Key_08

基板の裏側にあった・・・

SUBARU Key_09

CR1632・・・まあ、そうだよね。

注:この辺はすべて取説に記載されています。夜だったし、雨だったしで、わざわざクルマまで行くのをめんどくさがったせいで、こうなっています。

SUBARU Key_10

電池を買いにスバル本社に(嘘です。たまたま新宿に用事があったのでヨドバシに行くところです。それにスバル本社は恵比寿に移転しています。・・・スバルビルの看板はそのままなんですね)

SUBARU Key_11

電池購入して帰宅。
ところが、上記の分解で接点を掃除した形になったのか、電池交換の警告がでなくなってしまいました(^_^; ちゃんちゃん。
まあ、早晩の電池交換に備えて、置いておこう。

--ads--

|
|

« EOS-1D X IIとD5、両雄フラッグシップの違い | トップページ | OM-D E-M5 II フォーカスブラケットと深度合成(撮影篇) »

クルマ/メカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/63168367

この記事へのトラックバック一覧です: インプレッサのキーレスアクセスキーの電池交換:

« EOS-1D X IIとD5、両雄フラッグシップの違い | トップページ | OM-D E-M5 II フォーカスブラケットと深度合成(撮影篇) »