« ビデオSALON は自立式一脚特集だった | トップページ | 音にかける魔法の世界 »

2017年1月22日 (日)

BCN アワードにデジタル一眼の現在をみる 2017篇

去年もこのネタでブログを書いた BCN アワードにデジタル一眼の現在をみる(2016)が、その2017年版。
改めて書いておくと、売れてるから偉いとか、上だとか、という意図はありません。ただし、事業継続が困難なレベルで売れてないと市場から撤退もあるので、売れる方がいいというのはあります。

Bcn_award

BCN AWARD 2017 および 2016 より

一眼レフはEOSが7ポイントあげて、ニコン、リコーが、その分減らしている。ついにキヤノン、ニコンはダブルスコアになった。
この上位3社あわせると今年(昨年の総計)は99.7%になって、じゃあ、ソニーのAマウントαやシグマ、ライカの一眼レフはあわせてコンマ3%なのとか(Aマウントαはトランスルーセントミラーだから、一応、一眼レフ扱いですよね?)

そして、もっと驚くのがミラーレスでキヤノンがソニーを抜いたこと。
いや、そりゃEOS M5はがんばってると思うけれど、でも、EOS Mがソニーの主力であるαより売れている?
去年も書いたけど、じゃあ、パナやフジは一眼事業全部あわせてもEOS M以下なの?と、キヤノンユーザーのワタシだけど複雑な気分。
もちろん、BCNランキング自体、母数の標本化データに偏りがあるとか、売上「台数」であって、「金額」ではない、といった側面はあるものの、ひとつの指標としてはありと考えています。

TimeLapse

そんなカメラと写真の祭典、CP+ 2017まであと1ヶ月。

--ads--

|
|

« ビデオSALON は自立式一脚特集だった | トップページ | 音にかける魔法の世界 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/64797185

この記事へのトラックバック一覧です: BCN アワードにデジタル一眼の現在をみる 2017篇:

« ビデオSALON は自立式一脚特集だった | トップページ | 音にかける魔法の世界 »