« デジタル達人の超愛用品に部屋が・・・ | トップページ | EOS用Bluetoothリモコン BR-E1 »

2017年3月30日 (木)

RRS Really Right Stuffの三脚を触ってきた

先日ヨドバシでReally Right Stuff (リアリーライトスタッフ)のテーブル三脚をみて、うひょーとなったワタシは、ひそかに(でもないけれど)スチル用の三脚として検討していたジッツオのマウンテニアの競合としてRRSも比較検討対象に加えている。

で、頼んでいたPeak Design バックパックが入荷しましたと連絡貰ったとき、送って貰わずに月島まで取りに行くことにしたのは、送料をケチったわけではなく(送料無料です)どちらも輸入代理店が銀一なので実物をじっくり触ってみるためだったりします。

RRS_Really Right Stuff_01

で、銀一の方と打ち合わせのフリをしつつ、いろいろ触ってみましたRRS。

その日は使わないEOS-1D X Mark IIに大口径のEF50mmF1.2Lをつけてわざわざ持ち込んだのも、比較的軽いOM-D E-M1 Mark IIではなく自分の持つなかでもっともヘビーな機材で試さないと意味ないと思ったから(じゃあ、もっと重いレンズを付けろよ、というのはご尤もですが)。

RRS_Really Right Stuff_02

試したのはRRSのなかでも最も小型軽量の脚 TQC-14 と 同じく最も小型軽量のボール雲台 BH-25LR
両方あわせても1,411gと普通のトラベル三脚の重量とサイズなのに、その剛性感たるや見事で、EOS-1D X Mark IIがぴくりともしません。

RRS_Really Right Stuff_03

ボールヘッドは見た目の華奢な印象とは異なりロック時の固定感が素敵。それでいてロックを僅かにゆるめると適度な粘りでスムーズに動くあたりの緻密な感じも◎。
ただし、フリクションコントロール機能はつきません。ここはコンパクトなGH1382QDでもフリクションコントロールの効くジッツオに魅力を感じる部分。

RRS_Really Right Stuff_04

開脚度をコントロールするラチェットストッパーの動きと操作感は自分の触ったことのある三脚のなかでは最もスマートでよい感じ。
指を挟む怖さが皆無(笑)

RRS_Really Right Stuff_06

で、ヨドバシで見た恐ろしく高価いテーブル三脚、TFA-01Ultra & BC-18 ポケットポッドも触ってみた。これもEOS-1D X Mark II載せても微動だにしない。

RRS_Really Right Stuff_07

脚は華奢なのに。素材はアルミニウムらしい。

RRS_Really Right Stuff_08

わざとバランスの悪い仰角や俯角を取ってみたけどこれも楽勝。
(とはいえ、脚の出す方向によっては転がるかも)

RRS_Really Right Stuff_09

ちなみに雲台はBC-18。本国ではそれぞれ単品販売(キットもある?)けど、日本ではキット仕様のみかも。
で、この雲台部、プレートがない(別売り)

RRS_Really Right Stuff_10

というよりRSSの雲台自体、みなプレートは別売り。
RSSはもとは創業者のブライアン・ガイヤーが、既製品のプレートに満足できず、自作の高品位プレートを制作、販売はじめたのがはじまりだとか。
それゆえ、プレートは基本的にカメラの機種専用。

RRS_Really Right Stuff_05

という訳でEOS-1D X Mark II専用のL型プレート B1DXMkII-L set。え?税別42,000円!

RRS_Really Right Stuff_11

たしかに、吸い付くような一体感、触感の滑らかさは圧倒的な精度だけど、EOS 5D Mark IVと併用しようとしたら42,000円(Lプレート)か12,000円(ベースプレート)がさらに必要なのか。さすがにそれは・・・_| ̄|○

さらに問題があって

RRS_Really Right Stuff_12

EOS-1D X Mark IIにはケーブルプロテクターが付属しますよね。USBケーブルでテザー撮影したり、HDMIで映像を外部モニターで確認したりするときには必須(事故防止には)ですが、

RRS_Really Right Stuff_13

ケーブルプロテクターを固定した状態ではEOS-1D X Mark II専用のL型プレートB1DXMkII-L setははまりません。EOS-1D X Mark IIの端子カバーが干渉するのです。

RRS_Really Right Stuff_14

この写真を見て分かるように、B1DXMkII-L setはきちきちで精度をだしていて、端子カバーはフルオープンせずに使う分には問題ない(7〜80%くらいひらくのでケーブル自体は運用可能)のですが、ケーブルプロテクターはカバーのフルオープンを必要とするのでNGなのです。

RRS_Really Right Stuff_15

これではRSS買えない(買わない言い訳ができたかも)。もちろんケーブルプロテクターを使わないという対策も可能ですが、ケーブルプロテクターってケーブルの抜け防止ではなく変な力が加わったときの折れ防止というか、端子保護がメインです。
端子やられると修理代、けっこう高額なのです。
(EOS 5D Mark IIでは基板直づけだったのでメイン基板交換でした。たしかEOS 5D Mark IIIからブリッジが入ったのでそこまで高価くはなくなったハズですが)
銀一の担当者の方は、RSSにフィードバックしてくださると言っていましたが、いまでも超がつくほどの品薄のRSSなのでいつになることやら。

RRS_Really Right Stuff_16

という訳で、魅力的だけど、ざっと試算したら高価いと思っていたジッツオのさらに倍近いRRSでした。うーむ。

あ、日本の銀一に記載のないビデオ雲台タイプの三脚ですが、担当者の方に訊いたところ、順次扱っていく予定だそうです。
(なにしろRSSは製品だけで何千とあるらしいので)

銀一のリアリーライトスタッフページ(アフィリエイトではありません)

--ads--(ads表記以下はAmazonのアフィリエイトリンクです)

ジッツオ マウンテニア(Amazon)

|
|

« デジタル達人の超愛用品に部屋が・・・ | トップページ | EOS用Bluetoothリモコン BR-E1 »

カメラ/写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/65086601

この記事へのトラックバック一覧です: RRS Really Right Stuffの三脚を触ってきた:

« デジタル達人の超愛用品に部屋が・・・ | トップページ | EOS用Bluetoothリモコン BR-E1 »