« 美しい雪景色を撮ろう:マンフロット | トップページ | コアラのマーチ焼 東京中野と釧路だけ? »

2018年1月27日 (土)

被写体を選択:Photoshop CC 19.1

18ヶ月毎のメジャーバージョンアップというスタイルを捨て、スピーディに進化していくAdobe CC 。その分、アンテナはってないと新機能実装や仕様の変更を取りこぼしてしまうので注意が必要。
今回、Photoshop CC 19.1新機能の大きなポイントは「被写体の選択」機能かなと思い、忙しい中(ホントですってば)ざっと試してみました。

Photoshop_cc__01

もともとPhotoshopの自動選択ツールは定評のあるところだけど、今回はAdobe Senseiが担当している(?)というので、精度向上というより新しいアルゴリズムなのかな。
なにしろ、被写体を選択を選ぶときに、「被写体はどれ」を指定しない。それを含めてPhotoshop(Adobe Sensei)が判断するらしい。

Photoshop_cc__02

一発でここまでセレクト。

Photoshop_cc__03

じゃあ、ツーショットはどうかというと

Photoshop_cc__04

こんな感じ。被写体の重複部分や隙間など、iPhoneのポートレイトモード同様の未熟部分があるものの、これをベースに補正すれば大幅に作業時間の短縮化が図れそう。

Photoshop_cc__05

凄いなと思ったのが、こういうショットで。

Photoshop_cc__06

ボケた後方の人物は被写体ではないとAdobe Senseiは判断したらしい。

Photoshop_cc__07

のでソロにしてみた(笑)

被写体によって得手不得手はある感じだけど、取りあえず選択範囲の修正やレイヤーマスクと併用すると現状でもかなり実用性高いように思います。
以下、タチコマ(Cerevoのモニターキャンペーンによる借りもの)を別の日に置き換える手順。

Photoshop_cc__08

選択範囲 > 被写体を選択

Photoshop_cc__09

一発選択後、選択とマスク

Photoshop_cc__10

不完全な部分を

Photoshop_cc__11

補正して追い込み

Photoshop_cc__12

さらに選択範囲をレイヤーマスクにして

Photoshop_cc__13

別ショットに重ねて

Photoshop_cc__14

サイズやレイヤーマスクを補正したらOK(5分〜10分かな)
Adobe Senseiの経験値があがったらさらにスピーディになるように思います。

これ、動画ファイルに使えたらいいのになあ

--ads--

|
|

« 美しい雪景色を撮ろう:マンフロット | トップページ | コアラのマーチ焼 東京中野と釧路だけ? »

映像制作/ソフトウエア」カテゴリの記事

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/66327117

この記事へのトラックバック一覧です: 被写体を選択:Photoshop CC 19.1:

« 美しい雪景色を撮ろう:マンフロット | トップページ | コアラのマーチ焼 東京中野と釧路だけ? »