« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月22日 (木)

出張用Apple Watchチャージャー / cheero Charging Dock

電子機器の充電って、たいしたことないけれど面倒くさいというか億劫なものの代表で、Apple Watchに続き、iPhoneもワイヤレス充電に対応した。それだけ、ワイヤレス充電のニーズって大きいんだと思う。
ただ、その代わり、ワイヤレス充電ケーブルってそこそこ高価い。アップル純正のApple Watch充電ケーブルは3,200円(税別)だし、充電ドックは8,800円(税別)もする。
cheeroから今日発売されたスタンドにもなる充電台、cheero Charging Dock for Apple Watchはコストパフォーマンスに優れた充電台です。

cheero Charging Dock for Apple Watch_01

リリースに先行してティ・アール・エイ株式会社より同製品の評価用サンプルを提供頂き、数日間実際に試用しています。それ以外の利益供与はありません。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/privacy_policy.html

cheero Charging Dock for Apple Watch_02

製品名にDockとあるけれど、この製品はスタンド的に使える充電ケーブル、というのが近いと思う。
鞄に収まりのいい約 52 × 90 × 16 mmのボディを引き起こすと充電スタンドになる構造。重さは約72g。

cheero Charging Dock for Apple Watch_03

パッケージ。量販店での参考価格は5,980円。Amazonでの直販価格は3,580円。いまは発売記念で3,180円。(すべて税込)
前述した純正「ケーブル」が3,456円(税込)なのでC/Pは高い。
いや、値段だけならもっと安い製品はいくらでもありますが、Apple社のMade for Apple Watch認証を取っている製品で、というとぐっと存在感があがるのです。

cheero Charging Dock for Apple Watch_04

パッケージを開いたところ。先日レビューを書いた同じチーロの充電しながら使えるLightningイヤホン:cheero Earphonesと同系統のパッケージデザイン。

cheero Charging Dock for Apple Watch_05

アップル純正の充電ケーブル(Apple Wach同梱品)との比較。
円盤部は純正、小さいんですね。こうやってみると。

cheero Charging Dock for Apple Watch_06

充電部格納時(上)と収納時(下)。
会社のデスク用に置いておくとか、出張用の鞄に入れておくのにベストな印象。

cheero Charging Dock for Apple Watch_07

ナイトスタンドモードも問題なく動作。
ただ、個人的に気になったのが、このようにバンドを広げて置くと安定して置けるのだけど

cheero Charging Dock for Apple Watch_09

バンドを巻いて置くと・・・

cheero Charging Dock for Apple Watch_10

こんな風にはみ出るか

cheero Charging Dock for Apple Watch_11

浮いてしまう

cheero Charging Dock for Apple Watch_12

ワタシがシリコンのスポーツバンドゆえかも知れませんし、ナイロンや金属製のバンドだと大丈夫だとは思いますが。
うーむ、なにかバンド、追加しようかなあ。

cheero Charging Dock for Apple Watch_13

ワタシのAppleWatchは2016年にApple Watch 2に買い換えた知人から1万円(!)で譲って頂いた初代モデル。
そろそろリプレイスしてもいいかもしれません。
どなたか、Apple Watch 3に買い換えて、2が余っている方はいませんか?(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月19日 (月)

ビデオSALON 3月号はフジ X-H1速報とデジ一眼の高感度&ダイナミックレンジ比較

ビデオSALON 2018年3月号の見本誌が届く。
巻頭が先日、このブログでも書いたフジフイルムの新型 X-H1の映画フィルムシミュレーションについて速報。
特集がカメラはセンサー性能で選ぶ?デジタル一眼 高感度性能&ダイナミックレンジ比較

Videosalon_3_01

また、8ページも割いて、iMac Proの実力検証特集も。
レポートされているのは鈴木佑介氏。
Mac Pro(Late2013)より各種の性能は上か、と思うと、4年以上(!)時間の意味が分かってはいても複雑な気分になるが、意外と圧倒的じゃないか、我が軍は。状態では無く、いい勝負。まだまだMac Proは10ヶ月は戦えると思う一方で、iMac Proがいちばん安価なモデルだと知ると、まあ、ねえ。と思う。

Videosalon_3_02

ワタシと高田助手の連載 Final Cut Pro X Rebootはカラーマスクによる部分色補正。
モデルさんがいいので(笑)よろしくお願いいたします。

Videosalon_3_03

メイン特集のデジタル一眼 高感度性能&ダイナミックレンジ比較は、かなり本気でやった各社代表カメラでの比較記事。
発表されたばかりのFUJIFILM X-H1も入ってるのがすごいし、なによりすごいのが、試験したムービーデータのダウンロードサービスがあること。
解凍には特集最終ページにあるパスワードが必要になるものの、これは英断だと思う。
自分の眼で見たいですもんねえ。

Videosalon_3_04

ワタシのビデオSALON版mono-logue。アフターファイブ連載は、マンフロットのマグネット着脱式フィルターシステム XUME

Manfrotto XUEM from SAIKA on Vimeo.

NDフィルターを内蔵した機種の多い業務用ビデオカメラと異なり、一眼動ムービーはNDワークが手作業。この手間とそれに伴う撮影リズムの断絶を極小化するアイテムで、実はこのCP+2018用作例撮影のときに活躍。

CP+2018 Trailer from SAIKA on Vimeo.

陽が落ちる短い時間にNDワークを行う必要があって、これはかなり有効だった。
予算が出来たら、何枚か揃えようと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月17日 (土)

埼玉限定?ブルーインパルス ナナコカード

先日、クルマで大学に行く途中、セブンイレブンに寄っておにぎりを買った。
(春休み中、学内のセブン-イレブンは特定日以外は休業。学食も時間限定になるのです)

「いま、キャンペーン中でnanacoカードを作ると(発行手数料分の)ポイントが付くのでいかがですか」
(ナナコ持ってるし・・・)
「いまなら、このエリア限定のブルーインパルスが」
「え?」

Blueimpulse_nanaco

思わず、2枚目のnanacoカード作りました(^_^;

セブンイレブンのWEBサイトにもブルーインパルスナナコのことは出てこないので、これが入間基地近くのセブンだけなのか、埼玉なのか、良く分かりません。
絵柄は2種類あったので、どうしようかな、3枚目作るべきかな(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月16日 (金)

エテルナとフジフイルム X-H1

富士フイルム、映画フィルムシミュレーションETERNAとF-Log内部記録を実現した X-H1 を発表(ビデオSALON WEB)

ワタシのまわりでも愛用者の多いフジフイルム(キヤノンのヤと同じく、イは大きいイ)のデジタルカメラの最新作は、かなり動画に振った(ように思える) X-H1。
なにより動画撮影用フィルムシミュレーション「ETERNA / エテルナ」。そう、富士写真フイルムは映画用フィルムを作っていたし、その主力はETERNAとF64Dだった。だった、と過去形なのは、フジフイルムは5年前に撮影用、上映用の映画フィルムから撤退、いまはアーカイブ専用のセパレーション用黒白フィルムの「ETERNA-RDS」のみ生産しているから。

Xh1

まあ、そういう昔話はともかく、そのエテルナの名を冠するんだから本気のアプローチなのは間違いない。
フジのカメラは3年前にX-T1を使って以来、御無沙汰なので触ってみたいなあ。
CP+では間違いなく触れると思うけれど、注目度高いから混むよなあ。発売が3月1日!とCP+の初日なので(笑)素直にカメラ屋さんに行った方がじっくり触れる気もします。

自分のカメラ、EOS-1D X Mark IIとOM-D E-M1 Mark II、持っていないけれどEOS 5D Mark IVと較べて見ました。

Fujifilm_xh1

フジのX-T系よりは重くなったけれど、これはバランスいいところかなあ、
ただ、DCI-4KとUHD-4Kを切り替えできるのは◎だけど、フジもオリンパスもDCI-4Kは24Pオンリーなんだよなあ。

面白いのはビデオレートにかかわらず4K時で連続15分、FHD時に30分が連続記録時間の上限なんだけど、「パワー・ブースター・グリップ装着時は4K動画、 Full HD動画共に約30分まで連続撮影可能です」とあること。
ブースターでコマ速があがるのは分かるけれど、撮影時間が延びるのはなんでなんだろう?
(まさかバッテリーが持たないってこと?)

鈴木佑介氏が X-H1で撮ったムービーを公開されています。

FUJIFILM  X-H1 :Mayumi Suzuki  " Next project  in progress " from Yusuke Suzuki on Vimeo.

これ、エテルナモードなのは当然として、それ以外、カラコレもグレーディングもしていないと書いてある。おお。
いいなあ、俄然、使ってみたくなりますね。

--ads--
来週発売のビデオSALON、表紙見る限りX-H1のレビューあるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月15日 (木)

充電しながら使えるLightningイヤホン:cheero Earphones

一時期、iPhoneが高級イヤホン市場を牽引していたような印象を持っているけれど、Lightning端子化とそれと連動するかのようなイヤホン端子の廃止によって、トレンドはBluetoothによるワイヤレスイヤホンに移行したように感じます。
でもやっぱ有線接続が・・でも、Lightningは・・な状況下に、あのチーロからリリースされたのが「Lightning接続」「充電しながら使える」「(比較的安価なのに)LAMモジュール搭載で高音質」を謳うイヤホン「cheero Earphones with charging dock」です。

Cheero_earphones_with_charging_dock

リリースに先行してティ・アール・エイ株式会社より同製品の評価用サンプルを提供頂き、数日間実際に試用しています。それ以外の利益供与はありません。

Cheero_earphones_with_charging_do_2

パッケージ。ちょっと上品な感じがいい感じ。
チーロのパッケージはポップなイメージだったけれど、これもアリ。

Cheero_earphones_with_charging_do_3

ちなみにチーロの直販価格は3,680円(Amazon)3,780円(楽天、Yahoo)。発売記念価格はそれぞれ2,980円、3,080円。(すべて税、送料込み)なので、比較的安価な価格帯。
発売は今日(2/15)の正午かららしい。

Cheero_earphones_with_charging_do_4

イヤホン端子が無くなったiPhoneは、
・Lightroom-イヤホン端子変換アダプタを使って既存のイヤホンを使う
・Bluetooth(ワイヤレス)イヤホンを使う
・Lightningイヤホンを使う
の三択になっていて、この製品は3つめのカテゴリー。

ワタシはいままで上ふたつのイヤホンを(状況によって)使い分けていました。
今回、Lightning接続のイヤホンをはじめて使うことになります。

Cheero_earphones_with_charging_do_5

そしてLightning端子のソバに、充電用「Lightroomコネクタ」があるのが特徴。

これによって、音楽を聴きながらモバイルバッテリー等で充電できるのが何よりのアドバンテージ。
最近愛用しているBT骨伝導イヤホンは、電車の車内等に弱いのでいちばん使う通勤時に最適とは言い難く、そのとき活躍するBOSEのノイズキャンセリングイヤホンは使用中に充電できないので、帰路に不安が残ります。

Cheero_earphones_with_charging_do_6

cheero Earphones with charging dock(製品名長いよ)は、その意味で実用性が高いイヤホンです。もちろん、同種の製品は他にもありますが、音の割に高価なのが微妙。
この製品は(後述しますが)値段の割に音がそこそこ良いのが好感の持てる部分。

Cheero_earphones_with_charging_do_7

なぜか、アプリがあります(App StoreからDLする)。このアプリがなくてももちろん使えますが

Cheero_earphones_with_charging_do_8

このアプリを使うとアプリ上からボリュームの変更(いや、イヤホンについているコントローラー使う方が便利・・)や、イコライザーの設定(3種のプリセットから選ぶのみ。たしかに音の質は変わりますが、効果的かというとウーム)が可能です。

Cheero_earphones_with_charging_do_9

イヤホンのファームウエアアップデートもアプリから可能です。
この画面を見ると、本製品のベース製品がモロバレだと思うのですが、そこは気にしないようです。

Cheero_earphones_with_charging_d_10

LAM(Lightning Audio Module)搭載を謳っていて、たしかに、3,000円を切る(発売記念)価格のイヤホンとしては実に気持ちのいい音をだします。
マイクもついていて会話(通話)もできるのですが、ワタシ、電話する相手が居ない寂しいひとなので、一度も試していません。

Cheero_earphones_with_charging_d_11

カナル型イヤホンの弱点と思っているタッチノイズが少ないのも好印象でした。
LAMってLAMまでのケーブル部分でのタッチノイズは発生しない?(LAMモジュールと思うユニット以降のケーブル部分ではタッチノイズが発生します)

Cheero_earphones_with_charging_d_12

イヤーキャップは3種類。
自分にはMは少し抜けやすく、Lはちょっと圧迫感あるかなあ、なところ。
この辺は言い出すとキリがないので慣れるしか無いかも

Cheero_earphones_with_charging_d_13

製品の質感は価格よりだいぶがんばっているように思います。

Cheero_earphones_with_charging_d_14

ケーブル長は120cm、重量は約25g(いずれも公称値)で、充電用二股部もあって、ちょい嵩張るのも実際。

Cheero_earphones_with_charging_d_15

鞄に放り込んでおくために小さな巾着があるといいなあとは思いました。
写真はけっこう昔の同社モバイルバッテリー(たぶん)についていた巾着袋。
この数日はこれにイヤホン、Lightningケーブル、モバイルバッテリーを入れて鞄の中に。

Cheero_earphones_with_charging_d_16

イヤホンって、上を見ても下を見てもキリがないジャンルですが、Lightningオーディオの実力(?)を知っておく上でも、C/Pの高いイヤホンだと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月14日 (水)

DaVinci Resolve の本が出た

ブラックマジックデザイン社のDaVinci Resolveといえば、すでにプロ筋ではメジャーなアプリケーションだけど、(日本語の)解説書は存在していなかった。
・・・という状況が今日で終わる。明日、2/15、玄光社から
DaVinci Resolve カラーグレーディングBOOK が発売されます。

Davinci_resolve_01

明日発売なのだけど、今日、ビデオSALON編集部で打合せがあったので、1日早く、手に入れてきました。ビデオSALON誌で連載を持つゆえの(?)役得です。

Davinci_resolve_02

DaVinci (昔、DaVinci Systemsと言う名の会社があったのです)といえば、買うようなモノじゃ無く、導入しているポスプロを使う、ものだったけれど、時代の流れは速く、Blackmagic Designに買収され、いまでは無償版が出ているのは隔世の感があります。
ワタシはやっと昨秋の終わりに有償版を購入し(有償版はドングルシステムです)、ちびちびと自学中だったのですが、これで弾みが付く・・(ハズです)。

Davinci_resolve_03

ノード型のカラーグレーディングシステム(統合型編集システムというのも嘘では無いと思いますが、ワタシにとってはやはりグレーディングシステムのイメージが強いのです)。
Final Cut Pro XやAdobe Premiereもいいのですが、カラーコレクションについて言えばやはりDaVinci Resolveにアドバンテージがあると感じます。

Davinci_resolve_04

ちなみに無償版はブラックマジック社のWEBからダウンロード可能
有償版も33,980円(税別)なので、えいやっと買うのも難しくないハズ。
まあ、無償版で試してからでもOKでしょう。

Davinci_resolve_05

と言うわけで、DaVinci Resolve、初の日本語解説書はビデオSALONから出ました。
Final Cut Pro Xとの連動性を模索中です。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月13日 (火)

CP+2018 プロ向け動画セミナー FCP篇 サンプル

あっという間に半月後になったカメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+ 2018
初日のプロ向け動画セミナーで講演させて頂くのでいろいろ準備中。
こんな素材と内容で予定していますという意味のティザーというか予告篇というか、を。

Cp2018_for_pro_01

【実践編】Simple & Speedy :
Final Cut Pro Xではじめる一眼ムービー

CP+2018 Trailer from SAIKA on Vimeo.

音楽:iBgm

素材は今回のセミナー用に撮り下ろしました。
DCI 4K / Canon Log に FHD/120P。

Cp2018_for_pro_02

Final Cut Pro Xの基本と、2017年12月のバージョンアップで実装されたカラーホイールまわり。

Cp2018_for_pro_03

LogファイルをFinal Cut Pro XからAdobe Photoshopに送ってPhotoshopでグレーディング、オリジナルのLUTを作ってFCPにインポートする方法など、フォトグラファーのワークフローに親和性のある内容にしたいと思っています。
(ので、合成やオーディオ系は触れません・・・)

もう定員になったとも聞きますが(すみません、未確認です)よろしければエントリーはここから。CP+は事前登録すると無料ですが、当日直接だと1,500円かかるので要注意です。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月12日 (月)

アップル Magic Keyboardの刻印が変わってる?

iMac Proと共にやってきたのが黒いMagic Keyboard。そう、現状、単体では購入できずiMac Proを買うしか手に入らない専用カラーのキーボード。

Apple Magic Keyboard_01

で、使いながらふとタイプの指が止まったのは

Apple Magic Keyboard_02

ShiftキーにもCaps Lockキーにも文字の刻印が無く、アイコンだけだったこと。
ほかにも何カ所かキートップの表記が違う場所が。

Apple Magic Keyboard_03

手元のMagic Keyboard(2016年に単体購入したもの)と較べて見た。

Apple Magic Keyboard_04

tabキーのアイコンはWinマシンでは良く見るけれど、tabのテキスト表記無くアイコンだけだと戸惑うなあ。

Apple Magic Keyboard_05

同じくHome,EndキーにPage Up ,Page Downキーも。
ノンリニアソフトを教えるとき、ホームキーでシークエンスの頭にジャンプ、エンドキーで・・・と言っていたのだけど、これからどう言えばいいのかな。
コレに慣れたらライン付き上矢印が「HOME」を意味するって思わなくなりますよね・・・。

Apple_magic_keyboard_06

ちなみに日本のアップルストアでテンキー付き単体キーボードはもうこの刻印になっているけれど、USのストアではshiftもCapsもtabもhomeも健在。

Apple_magic_keyboard_07

10キーの付かないノーマルタイプのMagic Keyboardも日米で違います。
いつから切り替わったんだろう。気がついていなかった。

Apple Magic Keyboard_08

手元のMacBook Pro Late 2016と2017。
あ、2017モデルではすでにテキストのないアイコン刻印か。

Apple_magic_keyboard_09

でも、WEBの製品写真を比べると、US版はまだテキスト刻印あり。
もしかして日本だけ表記を切り替えてる??だとすれば、なぜなんだろう。
(余談だけど、Touch BarのQTムービータイム表示、日本の方がコンマ01、遅れてるのですね(笑)

Apple Magic Keyboard_10

黒いMagic Keyboard、裏面はマットな処理でイイ感じ(通常モデルは光沢ですよね)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月11日 (日)

SUBARU XVのセンタートレイサイズとiPhone

クマデジタルさんを巻き込んだ車載iPhone置き場に関する往復書簡ブログ。
車内でのiPhone置き場 スマホ車載ホルダー(mono-logue)
XVにおけるiPhone置き場(クマデジタル)
Re:XVにおけるiPhone置き場(mono-logue)
A3におけるiPhone置き場(クマデジタル)

これだけ余裕があればPlusだって置けるでしょう。これでXVが全幅1,800mmなのに対して、うちのA3は1,785mm。XVはオーバーフェンダーか、席幅が広いってことでしょう。まぁ、置き場の形状が違うというのも大きい要因かと思います。(クマデジタル)

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_06

え、SUBARU XVってA3よりワイドなの?(15mmだけど)
ちなみにXVの室内幅は1520mm。A3はカタログ表記は1453mmなのでXVの方が余裕ありそうに見えるのですが。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_07

そうそう、クマデジさんのブログ見てA3はドリンクホルダーがインパネ前なのを知りました。
そっか、XVには手元コントローラーないもんなあ。あの操作系は羨ましい。
以前、沖縄でCX-3乗ったとき、あの手元で地図の拡大縮小や音量のコントロールができるの、便利だったんだよなあ。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_08

で、SUBARU XVのセンタートレイ部分のサイズ寸法。実測なので多少の誤差はあります。
奥に行くに従って狭くなっていく横幅。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_09

iPhone 7 Plusのサイズ。
(写真はケース装着していますが寸法はケースなし公式数字)
入るわけがないやん!(笑)

Img20

スバルのWEBページはこのような写真が掲載されていますが、これは非Plusの場合です。
ちなみにiPhone 7 でも長さ138.3mm(幅67.1mm)なので、Lightroomケーブル挿すとけっこうタイトだと思います。(SUBARU XV WEBより転載)
なお、これがXV標準のUSB仕様(DC5V)x 2ポート。
ワタシのXVはディーラーオプションの外部入力ユニット(USB,HDMI,アナログ入力 x 各1)に換装しています。だって標準のUSBは充電専用でナビへのオーディオ入力にはならないんだもん。でもアウディのごついMMIケーブルよりはマシかな(笑)

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_10

んで、なんでセンタートレイが奥に行くに従って狭くなっているかといえば、その左右部分が肉厚だから(?)

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_11

意匠なのか構造材があるのかは分からないのですが、ここの部分が内側にも外側にも厚く張り出しているのですね。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_12

逆に大きく作られているドアのアームレストの溝(ハンドル部分)は余裕でiPhone 7 Plusが入るし、深くも浅くもない程よい感じでスマホ置きには好適なのですが、ここに充電ケーブル這わすのは見た目からも難しいので。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_13

ナビ横や下に少し余裕ありそうにも見えますが

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_14

ここ、SDカードのスロットなので(頻度は多くないものの)開け閉めが発生します

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_15

いっそ、その蓋に置くか?とも思うものの、Gがかかるとすぐとんでいきそうです。
(それ以前にフタに強度が皆無)

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_16

自分の乗ってきた過去のクルマ比では広い室内のXVですが、iPhoneの居場所はなかなかいい場所が見つかりません(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月10日 (土)

画も目のつけどころもシャープなシグマ:SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM

体型もブログ名も似ているb's mono-logさんが、シグマの大口径超広角ズーム SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSMについて書いていたので呼応してみます。

BCN アワード調査では、交換レンズシェア3位以内(ここ2年は2位)しかも着実に数字を上げているように、「レンズメーカーとしては」確固たるポジションを築いているシグマですが、その勢いを象徴するのが、こういう純正メーカーにないハイエンド部分を果敢に攻める姿勢かと思います。

Sigma_1424mm_1

個人的に大きなポイントだと思うのが「カメラ側の「レンズ光学補正」に対応※キヤノン用のみという部分。
シグマのハイエンドレンズはとにかく光学特性を研ぎ澄まし、各種の収差を無くし、解像感を・・・な印象なのですが、キヤノンを筆頭にカメラボディの画像処理エンジンによる収差補正とレンズの光学による連携、力と技のV3みたいな方法論が主流になっています(よね)。
その善し悪し、功罪はともかくとして、ここにタッチできないのがサードパーティのウイークポイントでもある訳で、必然的に光学性能番長路線をひた走るしか道がなかったのも事実。

ところが今回、キヤノンのみ(なのがまた意味深長ですが)とはいえ、カメラに搭載されるカメラ内収差補正機能「レンズ光学補正」(「周辺光量補正」「色収差補正」「歪曲収差補正」)に対応。と明示しています。
キヤノンとなんらかのクロスライセンスが成立したのか、それ以外の方法かは分かりませんが、これが進むとミドルクラスのレンズが「化ける」ようにも思います。

Sigma_1424mm_2

キヤノン純正にはEF11-24mmという無二の超広角ズームがあるもののF値は4。
F2.8の広角ズームはEF16-35mmF2.8Lであることを思うと、SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSMはイイトコ突いてきたと思うのです。(この超広角域でF2.8の意味は、とか言うのは別にして)

とはいえ、EF11-24mmもそうですが、半端なくヘビー級の重量。
カメラバッグに入れておいて・・ではなく、このレンズを使うために、な時のためのレンズファースト用途かと思います。

Sigma_1424mm_3

そうそう、Bさんも話題にしていた一体型フロントフード交換サービス
ニーズを的確に汲んでいるところが素晴らしいなあと思う一方、マルチカメラ時の干渉は極小化できるトレードオフとして交換後の円形フードのレンズ保護性能は大幅に低下しますよねえ。
理想的にはユーザーが自分で交換出来る(そのときの仕事によって仕様を変える)のが望ましいのですが、構造として難しいんだろうなあ。

CP+で実機見るのが楽しみです。

今回のブログ写真はすべてシグマの公式サイトから転載しています(リサイズのみ)
フロントフードの写真、並べて気がついたのですが、撮影によるパースがちょっと違うんですね(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 9日 (金)

iMac Pro 内蔵SSDのベンチマークを取ってみた

先日から援軍として配備されているiMac Pro
内蔵SSDのベンチマークを取ってみた。

Ssd_benchmark_1

ひょおお・・・

ただ、面白いことにWRITEの方がREADより速く
READだけならMacBook Pro Late 2016モデルの方が速い

Ssd_benchmark_2

にしても、この速度だされると、外付けRAIDは大容量という意味でしか勝てないなあ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 8日 (木)

Re:XVにおけるiPhone置き場

ワタシがSUBARU XVの車内でのiPhone 7 Plus置き場に困っているのを見て、クマデジタルさんがサジェッションしてくれたエントリー XVにおけるiPhone置き場 への返信エントリーです。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_1

端子部分がL字になっているLightningケーブルを買って、XVのセンターコンソールに置けばいいのに、という正解は常にシンプルだ。メソッド。
そうだよ、素晴らしい、すぐにクマデジさんのアフィリリンクを踏んで・・・の前に、L字コネクタ分のマージンがありそうか、実車で確認しないと・・・。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_2

がしっ・・・あれ?

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_3

マージンどころか、iPhone 7 Plus(ケース付き)はセンターコンソールの奥まで入りません・・・_| ̄|○
スバルにとってiPhoneはプラスのことではないようです。
これはiPhone Xに機種変しなさいと言うアップルの啓示でしょうか。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_4

当分はこーやって置くしかないようです。もしくはiPhone Xに機種へ・・・(以下略

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_5

こういう置き台つくって操作インパネにするというのもありでしょうか(ないない

と言うわけで、不完全燃焼のまま、続きます。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 7日 (水)

支払調書と確定申告

確定申告のシーズン到来。仕事に追われて手つかずなのがマズいなあと思いつつ。
で、本業以外に、書籍や雑誌原稿等を書かせて頂くので、出版社等から支払調書が届くわけです。支払調書だけ入れて送ってくださる会社もあれば、簡単なプリントが同封されている会社もあります。

Qa_2

ビデオSALONやコマーシャル・フォトでお世話になっている玄光社から先週、支払調書が届いたとき、入っていたプリントがコート紙で、やけに紙質いいなあ。さすが出版社、と思ったら

Qa_1_2

裏面が同社のだした「駆け出しクリエイターのための お金と確定申告Q&A」の案内チラシになっていてサスガと思いました(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 6日 (火)

CF,SDXC,CFastのコピー速度

とあるちょい大がかりな撮影終了。カメラも複数台がまわったので収録メモリーカードもバラバラ。
現場でバックアップとるのに違うカードリーダーを複数もって行かなければいけないのは面倒だけど。帰ってからMacに取り込むにもまた違うリーダーに差しかえるのはさらに面倒。

CF_SDXC_CFast_01

それはさておき、それぞれカード容量いっぱい近くまで撮ったCFast(Lexar)、SDXC II(SanDisk)、CF(SanDisk)。
コピー時間は左から順に短かった。まあ、規格値順当というところなんだけど、これだけ速度違うと作業効率も大きく違うんだなあと。

とはいえ、カードリーダーのハンデもあって、

CF_SDXC_CFast_02

CFastはG-Technology ev ReaderをG-Dock接続

CF_SDXC_CFast_03

SDXCはSanDiskのUSB3.0リーダー。出先用にUSB-C用の買おうかどうか迷い中。

CF_SDXC_CFast_04

CFはこのなかでもっとも古いサンワサプライのCF/SDデュアルリーダー
蓋付きなので現場に持っていくときに安心感あっていいんだけど、そろそろ引退時か。
とはいえ、CFは(ウチの環境では)まだまだ現役なんだよなあ。

今度、時間できたらちゃんとベンチ計ってみようか。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 4日 (日)

車内でのiPhone置き場 スマホ車載ホルダー

5年前にも車内での iPhone 5 置き場を書いたけれど、クルマがインプレッサからXVに、iPhoneが5から7 Plusに変わっているので、再度。
今回、ドリンクホルダーに設置するアーム型のものを買ってみた。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_01

サンワサプライ CAR-HLD4BK

Sanwa_supply_carhld4bk

結論から言うと、自分の環境としては失敗。クマデジタルさんが5年も前に
>よく売ってるアーム式のやつは構造が複雑すぎるし好みではない
と看破しているのに逆らってみた自分を反省しています。せめてブログネタにすることで昇華(消化?)させたいのでエントリー。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_02

5年前もそうなんだけど、クルマのなかでのiPhone/スマホの置き場所ってけっこう困る。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_03

とくにPlus系(ワタシはiPhone 7 Plus)はスバルの考えるスマートフォンのサイズより大きいようで、持てあます。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_04

センタートレイにも(Lightningケーブル接続状態では)入らない。XVのカタログ写真だと綺麗に納まってるのですが、写真、Plusじゃないし(笑)
いや、Bluetoothで繋げよ、というツッコミもあると思いますが、BT接続、けっこう音飛びしたりしませんか?うちのクルマのナビ環境では時々とは言え、跳んだり歪んだりします。
ので、BT接続も使うけど、USB接続前提で考えたいのですね(充電の問題もありますし)。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_05

で、SANWA SUPPLY のCAR-HLD4BKがまあ、良さそうだと買ってみたんですね。安いし。
ホルダーの径にあわせて調整出来るし、スマートフォンの横幅対応度も広いし。
SUBARU XVのインパネは意外と場所無いし、ダッシュボード上には付けたくなかったし。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_06

こんな感じになります(iPhone 7 Plus)
明らかに邪魔・・・。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_07

コンソールボックスのフタ兼アームレストも機能しないし・・。

SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK_08

こうやるとアームレストはまあ使えるのですが、パーキングスイッチのオンオフがしにくいし。
なんどかがんばって使ってみたのですが、諦めて外しました。
いや、この製品が悪いのでは無く、ワタシの用途としてはうまく適合しなかったということです。
ざんねん。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 2日 (金)

OM-Dで撮る皆既月蝕 & ブルームーン

先日はブルームーンで尚且つ皆既月蝕だったという。
帰宅後、ぼーっと仕事していたら(?)そう教えられたので、家の前へ。
綺麗だったのでカメラを持ちだす。OM-D E-M1 Mark II + 望遠。

OM-D & 40-150mm_01

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
なんでEOSじゃないの?と言えば、ワタシのEOS用レンズ最望遠レンズは去年買ったEF70-300mm F4-5.6 IS II USMだけど、OM-Dは上記のレンズにMC14テレコンバーターで換算420mmになるのがひとつ(月撮るからワンパターンに望遠かよ、という批判は甘んじて受けますw)
もうひとつはかなりの仰角撮影なので、バリアングルが便利だよねえ(笑)というのが理由。

Blood moon

ブルームーンなのに赤いの?と思ったけれど、ブルームーンは色の話では無く、ひと月に2回、満月があるときの2度目の満月を指す言葉らしい。
そして赤いのは日蝕のため。

OM-D & 40-150mm_02

ホントは気合い入れて、昔撮ったように動画撮るべきなんでしょうけれど(笑)
寒いのと忙しいのとで日和りました。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年1月 | トップページ