« スバル デザインの展示会:SUBARU DESIGN MUSEUM | トップページ | Final Cut Pro はアップデートし、Mac Proは2019年 »

2018年4月 4日 (水)

Premiere Pro 、EOS C200のCinemaRawLightネイティブ対応

アドビのCreative Cloudが一斉にアップデート。
Adobe Premiere Pro CC 2018 (ver.12.1)だとカラーグレーディング関係が強化されたり・・・なんだけど、それを試そうとして、何気にテスト素材を読み込んでいたら・・・。

プレミアプロ 12.1、キヤノンのシネマEOS C200のCinemaRawLightにネイティブ対応してる!

Adobe_premiere_pro_cc_2018

いや、ネイティブなのか、エンコードしてるのか分からないけれど、少なくとも直接タイムラインに持っていって編集できる。
素晴らしい!

Adobepremiereprocc2018

サムネイルも表示。
Final Cut Pro X派のワタシ(今年はResolveも本気だします)だけど、これはいい。
さすがアドビ。

--ads--

|
|

« スバル デザインの展示会:SUBARU DESIGN MUSEUM | トップページ | Final Cut Pro はアップデートし、Mac Proは2019年 »

映像制作/ソフトウエア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/66575479

この記事へのトラックバック一覧です: Premiere Pro 、EOS C200のCinemaRawLightネイティブ対応:

« スバル デザインの展示会:SUBARU DESIGN MUSEUM | トップページ | Final Cut Pro はアップデートし、Mac Proは2019年 »