« はじめてのチー:mophie wireless charging base | トップページ | Premiere Pro 、EOS C200のCinemaRawLightネイティブ対応 »

2018年4月 3日 (火)

スバル デザインの展示会:SUBARU DESIGN MUSEUM

東京 恵比寿にほど近いスバルビルで「1週間(とちょっと)だけ」開催されている、スバルデザインミュージアム。SUBARU DESIGN MUSEUM 3/30 Fri.〜4/7 Sat.
先日、先行してブログに書いたSUBARU VIZIV パフォーマンスコンセプトのほか

SUBARU DESIGN MUSEUM_03

SUBARU VIZIV2 CONCEPTや、VIZIV TOURER CONCEPTも展示されていたけれど、そういった最新のコンセプトカーのみならず、懐かしいスバル車のデザインスケッチ等があったのも楽しかった。ので、今回はそれを。

SUBARU DESIGN MUSEUM_04

スバルの原点、スバル360に始まり

SUBARU DESIGN MUSEUM_05

懐かしのアルシオーネ。たしかワタシが大学生の頃。
その後、入社したCFプロダクションの上司が乗ってたなあ。

SUBARU DESIGN MUSEUM_06

初代レガシイ。
ブルース・ウイルスを使ったシリーズ、その後のロッド・スチュアートを使ったシリーズは、一部、オフライン編集やってます。懐かしい。
レガシイが北米仕様で巨大化しなかったら、いつかはレガシイ、だったはず・・・。

SUBARU DESIGN MUSEUM_07

先日、ニューヨークで発表された新型フォレスターのデザインスタディだった VIZIV FUTURE CONCEPTのモックアップ。

SUBARU DESIGN MUSEUM_08

その NEW FORESTERのヘッドランプ造形

SUBARU DESIGN MUSEUM_09

新型フォレスターのシフトレバーとセンターコンソールまわり。
X MODEをメインに据えるのはいいんだけど、これ、通常走行時にはナビのオペレーションに使えるといいんだけどなあ。

SUBARU DESIGN MUSEUM_10

SUBARU XVはほとんどフィニュッシュ段階のモック

SUBARU DESIGN MUSEUM_11

ロゴまわり

SUBARU DESIGN MUSEUM_12

自分のクルマのこういう展示を見るのは楽しい。

SUBARU DESIGN MUSEUM_13

これもXVのアイサイト インターフェイス部分

SUBARU DESIGN MUSEUM_14

内装パーツ

SUBARU DESIGN MUSEUM_15

これは内装のステッチの試行錯誤のあと?
結局、オレンジになりましたね

SUBARU DESIGN MUSEUM_16

実際のスケッチ作業はどうかわからないけれど、展示はiMacとワコムのペンタブレット。

SUBARU DESIGN MUSEUM_17

VIZIV GT CONCEPT?
これ確か、プレステ3のグランツーリスモ6とのコラボだったような気がするけど

SUBARU DESIGN MUSEUM_18

ちゃんとモックも作っていたとは知らなかった。

SUBARU DESIGN MUSEUM_19

カタマリ感、という意味ではいまのスバルデザインラインではあるんだけど

SUBARU DESIGN MUSEUM_20

でも、鰹節から超合金鰹節、というイメージ展開は、ちょっとムリがないか・・?

--ads--

|
|

« はじめてのチー:mophie wireless charging base | トップページ | Premiere Pro 、EOS C200のCinemaRawLightネイティブ対応 »

クルマ/メカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/66571763

この記事へのトラックバック一覧です: スバル デザインの展示会:SUBARU DESIGN MUSEUM:

« はじめてのチー:mophie wireless charging base | トップページ | Premiere Pro 、EOS C200のCinemaRawLightネイティブ対応 »