« 夜空とパラボラ 国立天文台野辺山 星空撮影会?2018 | トップページ | 固定資産税をクレジットカードで払う »

2018年6月17日 (日)

Enlight Quickshot 空の差し換えに特化したiPhoneアプリ

Enlight Photofoxと言えばレイヤーを使ったエフェクトのユニークな写真加工用のiPhoneアプリだけど、同じエンライト(って読み方でいいのかな?)のEnlight Quickshotは、空の差し換えに特化した感のあるアプリです。

Enlight_quickshot_01

これ、左がiPhone 7 Plusで撮ったもの。それをエンライト クイックショットを使ってほぼ1クリックで加工したのが右。
フォトショップを使えばどうと言うことはない?そう思います。
でも、我らがPhotoshopを使っても、範囲選択して空の部分を差しかえて、エッジ馴染ませて、他の部分の色温度いじって全体のトーンを統一して、くらいの手間は掛かる。

でもEnlight Quickshotは「空」というエフェクトボタンから、好みの空を選択するだけで、マスクを切るどころか空をクリックすることすらなく、「空」に相当する部分を自動選択し、差しかえてくれる。

Enlight_quickshot_02

上の写真は先日ブログに書いた雑誌、エアファイターコレクションの付録、F-14AトムキャットのダイキャストフィギュアをmacOSの壁紙で撮影したモノ
で、下がEnlight Quickshotで空を差しかえたモノ。

Enlight_quickshot_03

もちろん、パーフェクトなものではなく、元写真や選択した空によっては不自然だったり、エッジがおかしかったりするんだけど、それでもこの「空を認識して差しかえる」機能は相当なモノ。

Enlight_quickshot_04

さらにスライダーバーで、空を動かしてニュアンスを変えることも出来る。
(雲のカタチは変わらないみたい)

Enlight_quickshot_05

沖縄で撮ったホークアイ

Enlight_quickshot_06

先日の国立天文台野辺山の夜景も(うう、ホントはこんな感じの星空になるはず?だったのに)

Enlight_quickshot_07

無料だけど、アプリ内課金フィルタも多く、月額450円のサブスクリプション!(7,400円の買い切りもあり)だけど、無償版でも相応に遊べると思います。

--ads--

|
|

« 夜空とパラボラ 国立天文台野辺山 星空撮影会?2018 | トップページ | 固定資産税をクレジットカードで払う »

iPad/iPhone/iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/66841279

この記事へのトラックバック一覧です: Enlight Quickshot 空の差し換えに特化したiPhoneアプリ:

« 夜空とパラボラ 国立天文台野辺山 星空撮影会?2018 | トップページ | 固定資産税をクレジットカードで払う »