« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

2018年6月24日 (日)

キヤノンのランチバッグはランチバッグだった

なにを言っているか分からないかも知れませんが、タイトル通りです。
先月、誕生日だったので、キヤノンオンラインショップから誕生日クーポンが来ていたんですね。正直、キヤノンオンラインショップで買い物することは少ないし(こういうモノしか買いません)。残りポイントとあわせてなにか安いモノ、と思って、ランチバッグ、が目について、小物入れにイイと思ってオーダーしたのです。

Canon LunchBag MC-LB001_01

把手がキヤノンカメラの純正ストラップみたいな意匠。
ピクニックの趣味はないけれど、バッテリーやチャージャーとか、タイマーリモートコントローラーとか、散逸しがちな小物類をまとめておくと良さそうですよね。ランチバッグとか言わず、小物入れと言えば良いのに、と思いながら、開けて見たら・・・。

Canon LunchBag MC-LB001_02

ら、ランチバッグでした。たしかに(笑)

Canon LunchBag MC-LB001_03

アルミ蒸着が目に眩しいです。ちゃんとキヤノンマーケティングジャパンのタグ付きです。

Canon LunchBag MC-LB001_04

こんな風に使おうと思っていたのですが、バッテリー関係をアルミで包むのは良くないですよね・・・。

Canon LunchBag MC-LB001_05

使い道、思案中のキヤノン純正ランチバッグでした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月23日 (土)

RAID5のドライブエラーと対処:G-SPEED Shuttle XL

先日、夜中、Final Cut Proで編集していたら、視界の片隅で赤い光が瞬くのを感じた。
目の前のディスプレイから目を離し、横手方向のラックを振り返ると・・・。
2年前に導入したメインストレージのG-SPEED Shuttle XLのステータスランプが赤く点灯していた。
なんらかのエラー発生のアラートである。

G-SPEED Shuttle XL_20

心拍数があがりながらも、一応、冷静で居られるのは、このG-SPEED Shuttle XLはRAID5で運用しているので、ただちにデータを失うことはないこと。そして定期的にバックアップを取っているので、たしか先月末までのマスターデータは冗長保存されているから。

Gspeed_software_utility_01

G-SPEED Studio Software Utilityを立ち上げると、物理ディスクに障害とそれによってディスクアレイにエラーが発生している。

Gspeed_software_utility_02

ランタイムイベントをみると夜中の1時36分6秒にスロット6のドライブが死んで、7秒後に警告がでている。

G-SPEED Shuttle XL_21

(ハッチを開けたところ。右側の下から2つめのスロット6にレッドアラートがでているのが分かる)
気がついたのが2時前なので、およそ20分、その状態で4K編集をしていたらしい。8発の7200RPM/8TBのエンタープライズ級ドライブで構成されたRAIDはこのくらいでは航行に支障なしのようだ。

とはいえRAID5なので、もう1発ドライブが被弾というかロストしたらRAID全体が崩壊する。
ちょうど2年前、PROMISEのPegasus R6でRAID5のリビルド中にもう1台ドライブが故障し、RAID全体が崩壊する悲劇を経験しているので、油断は禁物。どんな高品質なものでも機械は壊れるモノだ。

・まずやるべきコト。
該当RAIDのデータバックアップ。この時点でG-SPEED Shuttle XLにあったデータは24.5TB。前述したように先月末までのデータはバックアップがあるけれど、念のため24.5TBすべてのデータのバックアップを取る。もちろん、前述のバックアップドライブに書き込んじゃダメ。冗長化を守るには別のストレージに。

Gspeed_software_utility_03

たまたまG-TEAMの支援機材としてCP+2018後に導入していたG-SPEED Shuttle 「ミニ」Thunderbolt 3がとなりにいるのでそちらにコピーする。TB2>TB3変換のせいもあってか、24.5TBのコピーにおよそ12時間(実際はもう少し速かった)。

HGSTのG-TEAM担当者にメール書いたのが日曜日の夕方。

G-SPEED Shuttle XL_22

火曜日に帰宅すると交換用ドライブが届いていた。
ただし、後日確認したところ、通常は故障ドライブとの交換になるので、どうしても日数は掛かるとのこと。
5年保証という非常に安心感の高いG-Technology製品ではあるけれど、データの補償をしてくれる訳ではないので、業務用途の場合はスペアドライブを予め購入しておく方がいいと思います。

G-SPEED Shuttle XL_23

・ドライブ交換とリビルド方法
ここ重要。G-SPEED Shuttleはホットスワップ対応コントローラーを持つRAIDなので、電源を落とさずに、運転したまま故障したドライブを交換する。
専用キャリーごと抜いて、新しいドライブを差し込む(だけ)

G-SPEED Shuttle XL_24

偶然か、そこまで管理しているのか、スペアドライブはHUH728080ALE600(ヘリウム充填型)の同じロットで製造年も同じ。
だいぶ埃がついていた。反省。近日。いったん電源落として内部も掃除しよう。

Gspeed_software_utility_04

新しいドライブを挿入すると、自動的にRAIDのリビルドが走り始める。

G-SPEED Shuttle XL_25

その間も通常使用可能(赤ランプは点灯)。

Gspeed_software_utility_05

G-SPEED Studio Software Utilityでリビルドの進行状況が確認できる。

Gspeed_software_utility_06

コレが長い。ドライブ交換は3分。リビルド27時間といったところ。

Gspeed_software_utility_07

結果、リビルドに27時間16分。

G-SPEED Shuttle XL_26

かくて、うちのメインストレージは問題なく正常復帰したのだった。

RAID0(ストライピング)の速度は魅力だけど、こういうことがあるので、冗長性のあるRAID、そして信頼性のあるドライブと箱(ケース)は重要。

Gspeed_software_utility_08

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月22日 (金)

いま敢えてSONY RX100M5

今日はSONY RX100 VI (RX100M6)の発売日。わたしの周囲でも話題でかなりの友人知人が予約購入済み。
なのですが、その空気の中、あえて旧型になったRX100M5(RX100 V)を購入。
最後に自分で買ったコンデジはCanon Powershot S90だから8年半前。
数年ぶりに(iPhone以外の)カメラが常に鞄の中にある生活に戻ります。

SONY_RX100M5_01

いや、正しくは知人のスーパーエディター、池田美樹さんがRX100M5からM6へ買い換え、M5を売却するというので安く譲っていただいたのです。

SONY_RX100M5_02

RX100M6は望遠側が200mmと一気に拡大、日常域での万能守備範囲レンズとなった一方で、F値は暗くなり、最短撮影距離も延びました。
大きいとは言え1inchセンサーではボケを活かして・・・を主用途にする訳ではないし、この万能守備範囲が嬉しいヒトは間違いなく多いと思うんだけど、RX100シリーズってそういうベクトルのカメラでは無いと思うんだけどなあ。
という訳でワタシの用途としてはRX100M5の方が向いていると思ったので、M5をありがたく。

SONY_RX100M5_03

RX100IVでハイスピード撮影(スローモーション撮影)を堪能したので、RX100 Vでもそこには期待。普段使いのちゃんとしたデジカメ兼HFSビデオカメラとして。

SONY_RX100M5_04

あ、地味にRX100M6は最短撮影距離が延びたと書きましたが、ワイド端ではM5が5cm、M6が8cm。そしてテレ端はM5が30cmでM6が100cm!
もちろん、M6はテレ端が200mmなのですが、これまでの他機種の印象だと、ワイド端以外は急に最短撮影距離が広がるように思うので、ここも自分の使い方ではマイナスだなあ、と。

SONY_RX100M5_05

ストラップは付属のモノではなく、これを流用。ピークデザインのアンカーを介して付けてみました。アンカージョイントなので、すぐ他のハンドストラップ等を装着できるのも◎

SONY_RX100M5_06

あとはグリップが滑ると定評がある(?)ので、オプションのアタッチメントグリップは買った方がいいかもなあ。

という訳で、RX100M5で初めて撮ったのが、大分から来た知人を迎えての一時。

by_SONY_RX100M5_01

F2.8 1/80秒 ISO3200

by_SONY_RX100M5_02

F2.8 1/80秒 ISO250

by_SONY_RX100M5_03

F2.8 1/80秒 ISO800

by_SONY_RX100M5_04

F2.8 1/80秒 ISO3200

SONY_RX100M5_07

数年ぶりに、いつも鞄にカメラを。がちょっと嬉しい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月20日 (水)

ビデオSALON 7月号とメモリー

ビデオSALON 2018年7月号が今日、発売。
特集は 映像記録主義

Videosalon_2018_7_01

ビデオSALONの表紙がこのデザインスタイルになって久しいが、個人的にはかなり好き。
統一感もさることながら奇をてらわないストレートな「機材写真」でちゃんと見せているのが◎。今月号はBlackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K。

Videosalon_2018_7_02

巻頭はそのブラックマジックのポケットシネマカメラ4Kにまつわる座談会。
BMDのカメラ、正直、ワタシには使いにくいのだけど、期待も分かる。
ワタシにとっても、レンズはマイクロフォーサーズで持ってるOMDのプロレンズがそのまま使えて、コンバーター経由でEFレンズが使えて、バッテリーはLP-E6互換。EOS 5D や6D、80D系のEOS主力機のバッテリーなので、家にも大学にもゴロゴロしてる。
そしてメモリーカードはCFast 2.0と、ワタシのEOS-1D X Mark II、大学のC200と同じ。
あれ?本体だけ買えばいいのか(笑)
と言うわけで手配してみました。

Videosalon_2018_7_03

この春、話題になっていたマイクロドローンによるPV「オンナノコズ」のメイキングも。
これ、70gに満たない(よって飛行制限がない)Tiny Whoopと総称されるマイクロドローンによるもの。
この撮影のためにカスタム開発されたらしいけれど、5万円以下のホビードローンでこの画質でるのか、クマデジタルCC氏の買ったTello、いいなあと見てたけれど、こっちかも。

Videosalon_2018_7_04

高田さんとの共同執筆連載 Final Cut Pro X リブートは、オーディオ読み込みと録音。
作例素材はCP+2018の講演用に作成したもので、EOS-1D X Mark II、EOS 5D Mark IV、OM-D E-M1 Mark IIの混成(ハイスピードの1DX2、Logの5D4、手持ち4KのOMD)で、メモリーカードはこの陣容。

Videosalon_2018_7_05

そしてモノ系コラム連載、アフターファイブはそんな高速メモリーカードを活かすためのカードリーダー。
カードリーダーなんて大同小異でしょと思ってる方は、一読下さい。
実際の計測値も含め、ガチンコで書いています。

Videosalon_2018_7_06

結果、デカくて重いけれど、コレ。
ただ、CFは外してもいいからCFastとSDXC IIのデュアルリーダー、出ないかなあ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月18日 (月)

固定資産税をクレジットカードで払う

固定資産税の請求書(もとい納税通知書)が届いてた。
いままであまり考えずに銀行窓口やオンラインバンキング(Pay -easy)で手続きしていたけれど、クレジットカードでも払えるんですね。

_10

ただし、手数料が1万円毎に78円(税込)(東京都の場合)かかるという。
それじゃあ、オンラインバンキングの方がいいじゃん、と思うけれど、カード払いだとポイントがつく。
ヨドバシカードのポイントが1%だから、1万円当たり22円節約出来る、という解釈でいいんだっけ?
(納税でもポイントつくよね?)

これまでは分納していたけれど(だって一括納税と分納で総支払額は同じなんだもん。支払忘れへの督促コスト考えたら一括納税での割引は理にかなうと思うんだけど税金の割引は税の主旨に反するのかなあ)、手数料をシミュレーションしてみた。
(以下、あくまで東京都の場合です。カード納税の可否、手数料は自治体によって異なります)

_11

仮に税額が84,000円だとすると、
分納だと1期あたり21,000円で手数料が234円、年間手数料総額が936円で、一括納税だと手数料が702円。
一括の方が234円お得(笑)
というか、仮に税額が84,000円だとするとカード払いのポイントが1%なら840円なので、分納すると手数料で96円が赤字になる。まあ、一括納税でも黒字(?)は年額138円なので、わざわざ気にするようなものでもない(笑)ですが。

こんな夜遅くに家から納税できるという楽さ、優先と言うことで。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月17日 (日)

Enlight Quickshot 空の差し換えに特化したiPhoneアプリ

Enlight Photofoxと言えばレイヤーを使ったエフェクトのユニークな写真加工用のiPhoneアプリだけど、同じエンライト(って読み方でいいのかな?)のEnlight Quickshotは、空の差し換えに特化した感のあるアプリです。

Enlight_quickshot_01

これ、左がiPhone 7 Plusで撮ったもの。それをエンライト クイックショットを使ってほぼ1クリックで加工したのが右。
フォトショップを使えばどうと言うことはない?そう思います。
でも、我らがPhotoshopを使っても、範囲選択して空の部分を差しかえて、エッジ馴染ませて、他の部分の色温度いじって全体のトーンを統一して、くらいの手間は掛かる。

でもEnlight Quickshotは「空」というエフェクトボタンから、好みの空を選択するだけで、マスクを切るどころか空をクリックすることすらなく、「空」に相当する部分を自動選択し、差しかえてくれる。

Enlight_quickshot_02

上の写真は先日ブログに書いた雑誌、エアファイターコレクションの付録、F-14AトムキャットのダイキャストフィギュアをmacOSの壁紙で撮影したモノ
で、下がEnlight Quickshotで空を差しかえたモノ。

Enlight_quickshot_03

もちろん、パーフェクトなものではなく、元写真や選択した空によっては不自然だったり、エッジがおかしかったりするんだけど、それでもこの「空を認識して差しかえる」機能は相当なモノ。

Enlight_quickshot_04

さらにスライダーバーで、空を動かしてニュアンスを変えることも出来る。
(雲のカタチは変わらないみたい)

Enlight_quickshot_05

沖縄で撮ったホークアイ

Enlight_quickshot_06

先日の国立天文台野辺山の夜景も(うう、ホントはこんな感じの星空になるはず?だったのに)

Enlight_quickshot_07

無料だけど、アプリ内課金フィルタも多く、月額450円のサブスクリプション!(7,400円の買い切りもあり)だけど、無償版でも相応に遊べると思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月16日 (土)

夜空とパラボラ 国立天文台野辺山 星空撮影会?2018

国立天文台野辺山(野辺山 電波天文台)で行われた第3回 野辺山観測所 星空撮影会 (2018)に行ってきました。
星空にそびえるパラボラを撮りながら、宇宙に思いをはせる一夜になるはずが、結果は雨、雨中に想いをはせることになりましたが、防塵防滴のカメラ達ががんばってくれ、多少は自分好みの写真を撮れたと思うので公開です。

野辺山 電波天文台_01

このエントリーの写真はすべて冒頭で述べたように野辺山観測所 星空撮影会に参加して撮っています。普段入構できない夜の天文台および、普段立ち入り禁止の見学コース外も撮影も許可を頂いて撮影しています。ご注意下さい。
具体的には写真のオリジナルタイムスタンプが17時以降のもの(施設公開は夏休み期間を除き17時まで)は、上記許可のもと、撮影したものです。

野辺山 電波天文台_02

この国立天文台野辺山・星空撮影会は実は3回目。初回は知らなかったのですが、前回(2016年)のときは周囲で盛り上がり、皆で応募・・・したのですがあえなく落選。
知人では家電女子 のぽりんさんだけが当選。
・・・したものの、雨で中止になったいわくつきのイベント。(家電女子のつらみエントリーはこちら)。

今回、家電女子さんは多忙の中、応募忘れ。ワタシはなんとか捲土重来を果たしました。
定員は20名、応募は90余名。最終的に33名に許可を出したらしいです。
そして開催予定日の5/18は天候不順で延期(前回は中止)。6/8(金)に。これ以上の延期はなく、悪天候中止とのこと。

SUBARU_XV_118

金曜日は大学で午前中授業があるので、終わると同時に中央自動車道をひた走ります。
この時点では良い天気だったのですが・・・。

プログラム予定では
15:30~16:30 受付
車は入口の見学者用駐車場に駐車、守衛所にて受付
15:30~16:45 自由見学+ロケハン(見学コースのみ)
16:45~17:30 オリエンテーション:夜間滞在にあたっての諸注意
17:30~18:15 「特別講演会」講師:大西浩次(長野高専教授)
18:15~18:30 撮影準備
*この間に見学者用駐車場より構内駐車場へ車の移動
18:30~ 撮影開始
*以後、車の入構は禁止。
23:30 撮影終了
24:00 退出

野辺山 電波天文台_03

現地到着は15時過ぎ。
このあたりから雲が多く立ちこめ、不穏な空気が漂い出します。

この国立天文台野辺山は何度か訪れていて、いつも晴天だったのですが・・・。

野辺山 電波天文台_04

ロケハンタイムなのでこれ以上先はNG。本番?時間はこの奥に進出OKです。

が、ロケハン途中から雨が降り出します。

野辺山 電波天文台_05

ビジュアルとしては表情豊かな暗い空は大好きなのですが、今日ばかりは・・
まさに暗雲立ちこめる気分・・。

オリエンテーションおよびそれに続く大西浩次教授の特別講演会が終わったとき、窓の外はざあざあと雨が降っていました。
なんてこったい。

スケジュールでは18:15~18:30 撮影準備。この間に見学者用駐車場より構内駐車場へ車の移動でしたが、19時半まで食事買いだし等で外出できることになりました。20時時点でその後の予定を決めるブリーフィングを行うと。

SUBARU_XV_119

クルマで近くのコンビニ(といっても3キロありますが)まで夜食等を買い出しに行くまえに、レール上にカメラを立てて、タイムラプスを仕掛けていく。
戻ってクルマを構内に。ただし
>・衝突防止機構にミリ波レーダーがついている自動車では構内へ入れません。
という注意事項。
SUBARU社のアイサイトは光学式なので問題なしですが、この野辺山の観測装置にとってミリ波レーダーは致命的ジャミングらしく、今後の大きな課題になっているそう。
衝突防止システムはすでに自動車の基本仕様と言って良い装備で、(現状ステレオ光学式のスバル含め)ミリ波レーダーの搭載は標準仕様になっていくと思いますし、それ自体は素晴らしいことですが、電波天文台の天敵なんですねえ。

野辺山 電波天文台_07

その後も雨は止みません。
f5.6 20秒 ISO3200 EOS-1D X Mark II EF11-24mm F4L

スタッフの方の計らいで、普段は入れない観測棟やその他の施設の見学、4D2Uの特別上映、が急遽行われます。この辺り、計画性はないなあと思う一方、とてもアットホームな手作りイベントであることが感じられ、親近感は逆に増します。

Cameraset

クルマであることをいいことに持ち込んだカメラは、EOS-1D X Mark II、OM-D E-M1 Mark II、EOS 5D Mark III、EOS 6D Mark II(大学機材)。
予定では5D3と6D2をタイムラプスで放置。1DX2とOMDでスチルとスナップ、の腹づもりでしたが、雨なので(自分の機材でないのもあって)6D2は使用断念。5D2とOMDをタイムラプスに、1DX2でスチルとしました。(タイマーリモートコントローラーがひとつなので、タイムラプス機能を内蔵しない1DX2、5D3は排他の関係になったのです)

という訳で雨中のタイムラプスムービー
雷も光る中、後半50秒あたりで世界最大クラスの45m電波望遠鏡が転回するのがポイントです。

国立天文台野辺山タイムラプス Nobeyama Radio Observatory from SAIKA on Vimeo.

音楽:iBgm <愛用しているロイヤリティフリー音楽販売サイト

野辺山 電波天文台_08

星空背景でないのが残念ですが、夜のパラボラ(45m電波望遠鏡)の迫力は素晴らしい。
脳内は宇宙を、身体は雨中を感じています。びしょ濡れです(笑)

野辺山 電波天文台_09

ミニアンテナ。
長時間露光とRAW現像で地面のディティールが見えますが、実際の現地はほぼ漆黒の闇。
懐中電灯を装備に入れなかった迂闊さを恨むのみ。次回、チャンスがあったときは他者の迷惑にならないヘッドマウントライト等を用意しようと思いました。

野辺山 電波天文台_10

ミリ波干渉計群。
長時間露光なのでワタシは離れて隠れましたが、カメラと三脚の影はいかんともし難く。

野辺山 電波天文台_11

雨で濡れた地面。45m電波望遠鏡のみが光を放つ。
個人的にはこの情景を見ることが出来たので満足。

野辺山 電波天文台_12

さきほどの写真と、パラボラの角度が変わっているのが分かるでしょうか。
この日、すでに45m電波望遠鏡の使用は終了していたので、お願いして、パラボラを転回してもらいました(ありがとうございました)。こんな無茶なリクエストに応えてくれるとは・・・。
本当は動画で撮りたかったのですが、EOS-1D X Mark IIをもってしても、綺麗には撮れなかったので急遽スチルに切り替え。

野辺山 電波天文台_13

実はかなり激しく降っています。

野辺山 電波天文台_14

普段は防塵防滴のメリットを享受するシチュエーションで写真なんか撮らないのですが、こういう状況下で安心して使えるのはさすがです。

野辺山 電波天文台_15

地面に散水して写真を撮る気持ち、分かります(笑)

零時ちょうどに撤収、途中コンビニとSAで1回づつ珈琲休憩して、3時ちょうどに自宅に帰りました。その日、朝から用事があったのでヘビーでしたが、楽しい一夜でした。

次の機会は来年か、再来年か、そのときに行けるのか、いや、その前に選考に通るのか、というハードルはあるものの、また、行きたい野辺山でした。

野辺山 電波天文台_06

もちろん、電波望遠鏡と絡めない、のであれば、国立天文台野辺山のある南牧村は天文学者が選ぶ「日本で一番綺麗な星空ベスト3」に入る日本三選星名所。
星空をみるために出かけるのもイイと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月15日 (金)

コマフォト7月号は著作権特集とフィルム撮影の話

コマフォトこと、コマーシャル・フォト 2018年7月号が届く。今号の特集は「今から始めるフィルム撮影」と「プロフォトグラファーとして知っておきたい著作権Q&A 」

7_01

表紙はタイロン・ルボン。
フィルム撮影特集なので、保有する「最新の」フィルムカメラと一緒に。

7_02

著作権Q&Aは具体例がユニーク。
お台場のガンダム像をテーマに・・・とか、ミッキーマウスのTシャツを着た出演者とか、(ミッキーマウスTシャツの答はやや意外だった)。

具体例だけでなく、公表権、氏名表示権、同一性保持権といった著作者人格権の分類や、法律条文から映り込みを解説するなど、プロアマ問わず、一読の要ありに思った。

フィルム特集は単に懐かしくて新鮮、みたいな切り口でなく、いまもフィルムを扱うラボや販売店、修理業者にインタビューしているのが良かった。

7_04

そして、富士フィルムへの一問一答が・・・クールだ。

7_03

キヤノンは先日、EOS-1vの販売終了を発表したし、自分自身もフィルムカメラは完動(?)状態で保有しているけれど、じゃあ、今後、フィルムで作品作りをするかと言われると微妙だし。

7_05

南雲暁彦さんの連載は、もう自分の分かるレベルじゃなくなってるけれど、読むのは楽しい。
本当はこういう知識、技術も身につけていけば自分の表現レベルも幅も広がるんだろうけれど。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月14日 (木)

EOS C200はthink tank エアポート・ナビゲーターにピッタリ入った

大学の備品として、Cinema EOS C200/C200Bが入った。もともとEOS主体でシステムを組んでいるのでレンズ互換が取れること、そして昨年の発売前テストでうちで運用できそうな目処が立ったというのも大きい。(正直、REDは運用する自信が無い)

のですが、C200、シネカメラだけに普通のカメラバッグに収まらない。
グリップもなにもかもバラせば入りますが、運用考えるとバラすのは最小限にしたい。
と思いながらいろいろ試したら、私物のthink tank エアポート・ナビゲーター(4年前に買ってました)がうまい具合に収まるのを発見。

EOS C200 & Thinktank_01

さすがにLCDユニットは外してますが、ヒンジユニットはLCDにつけたままですし、グリップやハンドルユニットも本体に付けたまま。
そこにLズーム2本入れて、さらに上部に空間空いてるので、その気になればレンズがあと1〜2本は入ると思います。

EOS C200 & Thinktank_02

このエアポート・ナビゲーター、4年の間に沖縄に北海道、ハワイと飛び回ったので外観は少々くたびれてきた感があります。
それでも車輪も本体もがっしりしているのは立派。

あれ?公式ページみるとまだ現行品。2012年からモデルチェンジしてないのか。
愛用のローリングバッグです。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月12日 (火)

ダンボーの手乗りワイヤレススピーカー

ワタシの周囲の学生たちを見ていると、音楽を聴くためにCDをオーディオコンポに入れて・・・というのは明らかに少数派で、ほとんどはiPhoneやAndroidが再生機器。
イヤホンやヘッドホンもいいけれど、耳に何かが入りっぱなしってのも疲れるのでモバイルスピーカーが楽で便利、なひとも増えてきてる印象。

ダンボーバッテリーで一世を風靡したcheeroから登場したのがダンボーをモチーフにしたコンパクトなBluetoothワイヤレススピーカーです。

Cheero_danboard_speaker_01

リリースに先行してティ・アール・エイ株式会社より同製品の評価用サンプルを提供頂き、数日間実際に試用しています。それ以外の利益供与はありません。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/privacy_policy.html

Cheero_danboard_speaker_02

パッケージは素っ気ないくらいシンプル。5年前のダンボーバッテリー miniがパッケージに凝っていたことを思うと時代は変わったなあと思います。

Cheero_danboard_speaker_03

このダンボーは木製、しかもチェコ産ブナの木、らしい。
え?段ボールだからダンボーなのでは・・・というツッコミはやめておく。まあ、パルプ由来で共通項はあるし。
触ると想像以上に感触がいい。スピーカー開口部は天板(頭)に開いています。

Cheero_danboard_speaker_04

付属品は
USB-microUABケーブル
AUX用オーディオケーブル
それで分かるように

Cheero_danboard_speaker_05

背面にはAUX IN(外部入力)があります。BTスピーカーであり、アナログ入力スピーカーでもあるのです。
ただし、AUX入力はBluetoothと排他利用。
同時に繋いでおいて切り替えて使う、ということはできません。両方接続時にはAUXがプライマリーとなります。

Cheero_danboard_speaker_06

BT接続には電源ボタン長押しして(初回のみ)ペアリングを行います。
CHE-607というデバイスがそれです。
今回は試していませんがもう1台、BTスピーカーを用意すると、ステレオペアとして使えます。
さらにこれ、iPhone専用という訳ではないので、BTを積んだデスクトップやノート型のPCと容易に繋がります。
ワタシの自室はマイクを持たないMac Proなので、このダンボースピーカーを繋いでおくと、スピーカーのマイク機能を使って卓上ヘッドセットのように使えるのが便利です。

Cheero_danboard_speaker_07

音楽再生にも製品型番が表示されるのがちょっともったいない。
ここはダンボーと表示されると良いのになあ。

Cheero_danboard_speaker_08

このスピーカー自体は特定の指向性を持たないモノラルスピーカーですが、それでも本体の向きや距離で音場感はかなり違います。
木製だから音が良い・・・とはプラセボ効果ですが、それでも雑味のない聴きやすい音質で好印象です。
斜めにセッティングしたりしたいと思いましたが・・・

Cheero_danboard_speaker_09

底面に三脚穴はありませんでした。
ミニ三脚をつかってレイアウトするのが好きなワタシには残念ですが、一般的にはそんなひとは少数派。

Cheero_danboard_speaker_10
底面
滑りにくい加工がされているので、ちょんと置いて使う分には安定していて良いのですが、三脚穴あればなあと思っていたら

Cheero_danboard_speaker_11

iPhone用のクランプを付けると、これがぴったりでした。

Cheero_danboard_speaker_12

これでスピーカーの角度も自由度高くレイアウトできそうです。

Cheero_danboard_speaker_13

手のひらサイズで重量も105g。出張や旅行にカバンの片隅に入れることに抵抗感のない大きさなので活躍しそうな第一印象でした。
--ads--
今日(6/12)の正午から発売。それまでは在庫切れ表示。Amazon初回500個は割引ありなので、ダンボー好きはお昼休みに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月11日 (月)

2,190円のF-14A トムキャット : エアファイターコレクション

以前書いたダイキャストフィギュア付き雑誌、エアファイターコレクションの第2号が届く。

今号のおまけ、というか、主役は F-14A トムキャット。レビューでもなんでもなくて、写真を撮ったので載せるだけのエントリーです。

F-14A_TOMCAT_01

世の中的には(?)映画トップガンでメジャーになったF-14だけど、ワタシ的にはエリア88。
ちなみにエリア88の連載は1979年から1986年。映画Top Gunは1986年。
トムキャットの活躍する映画としてはファイナルカウントダウン(1980)の方がムチャで好き。

F-14A_TOMCAT_02

今回、バックはすべてmacOSのデスクトップピクチャです。
壁紙飛行隊、もしくはデスクトップスコードロンとしてシリーズ化する(かも)。

F-14A_TOMCAT_03

サイズ感はこんな感じ。1/100スケールなのでそこそこ大きく、ダイキャスト製なこともあって重量感が心地良い。可変翼はちゃんと動きます。

F-14A_TOMCAT_04

創刊号は799円だったけど、2号からは2,190円。
この価格に見合うフィギュアかどうかがポイント。

以下、写真が多いですが、これはトムキャットにちなんで、写真を14枚用意したから。

F-14A_TOMCAT_05

F-14A_TOMCAT_06

F-14A_TOMCAT_07

F-14A_TOMCAT_08

F-14A_TOMCAT_09

F-14A_TOMCAT_10

胴体下パイロンにフェニックスが2発。翼下パイロンにスパローとサイドワインダーが2発づつ。(あ、左翼のサイドワインダーが曲がってるじゃん・・・_| ̄|○)

胴体下にはもう2発フェニックスを搭載できるけれど、展示用アームの差し込みジョイントがあるため割愛されたか。

エンジンナセル下にも増槽が付くけれど、それも付いていません。

F-14A_TOMCAT_11

F-14A_TOMCAT_12

特徴的なキャノピー後方の互い違いに角度の付いたアンテナも再現。
全体プロポーションもいいし、ディティールの再現性もイイ感じ。

今号は2,190円の価値はある気がする。

F-14A_TOMCAT_13

F-14A_TOMCAT_14

次号はアグレッサーイーグルか。あまり15にはそそられないんだよなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月10日 (日)

ピークデザイン アンカーのリコール

愛用しているピークデザインのストラップコネクターシステム、アンカー(あるいはアンカーリンクス)のリコールが発表されています。(アップデートという言葉が使われていますが、少数ながら発生した製品事故を受けての既存製品の無償交換を伴うアップデートゆえ、ここではリコールという言葉を使っています)。

Anchor Links_1

Peak DesignのAnchors Linksは、このとき書いたように、ジブアームやドリー、スタビライザー搭載時や三脚使用時に簡単にストラップを脱着できるコネクターで、さらに気分や用途で違うストラップに換装できるのが好きで愛用しています。
いまでは自分のカメラのほぼすべてをアンカーにしているくらい(専用ジョイントを持つEOS M初号機を除く)。

Anchor Links_2

ただ、ストラップ自体は他の製品にもお気に入りが多いので(インダストリア☆のジャガードストラップとかHARVEST LABEL の青いカメラストラップとか)それらもアンカーリンクスのコネクターつけてアンカー互換にしています。

Anchor_links_3

リコール(アップデート)のページにいくと、対象製品の見分け方があり、AnchorsはV1〜V4まで4世代あるのが分かります。今回の対策品がV4。

万単位で出荷されている製品の無償交換、勇気も膨大なコストも要るはず。
ましてこのアンカーの紐部分は、ある意味消耗品。そのため、摩耗したら中から赤いラインが見えてくる二重紐構造になっているのです。
それでも同社の基準を満たさないとしてリコールに踏み切るのは製品に真摯なんだろうなあと思います。
(もちろん、放置して集団訴訟のリスク等も勘案したとは思いますが)これを乗り越えたらアンカーはこの手のストラップジョイントのデファクトスタンダードになると思うので応援したい。

さて、その対象製品の見分け方は上記ページに書かれているけれど、Peak Design本社のサイトにはビデオメッセージが掲載されていて、今回のアップデートのあらましやアンカーの世代見分け方について詳しいのですが・・・

Anchor_links_10

お茶目なカットやラストのNGカット集とか、なかなか笑わせてくれます。
彼ら、大丈夫、ですね(笑)

ワタシが持っているのは、V2とV3でした。(V4はこれから出荷のはず)

V2とV3の違いは、
V2 : PDのロゴが中央。紐(コード)は1.9mm径。
V3: PDのロゴが端、紐(コード)は1.2mm径。

Anchor Links_4

Anchor Links_5

そしてV3は黒い円部分が斜めになっています。

Anchor Links_6

紐(コード))の材質は同じダイニーマ(高密度ポリエチレンファイバー)で径が違います。そのせいか、V3のコードは柔らかくまがります)。
対策品であるV4はコードをV2と同じものにすると書いてあるので、1.9mm径のダイニーマに戻ると言うことでしょう。

あれ?V3はコードを細くすることでストラップホールの小さなカメラに適合させる狙いがあったハズ。するとV4はホールの小さいミラーレス系カメラには付かないのか・・・と思ったら、

Anchor_links_11

スプリットリングが付属するらしい。
まあ、仕方ないけれど、これなら純正の三角環使った方がいいかなあ。

Anchor Links_7

アンカー使ってないよ、というユーザーもピークデザインのエブリデイバックパックを使っていたら、アンカーが使われています(ワタシのバックパックに使われていたのはV2でしたが)。

Anchor Links_8

また同社のフィールドポーチにもアンカーが使われていて、ショルダーになります。と書いていて気がついたのですが、

Anchor Links_9

これ、PDのロゴが端にあって、コードは太い。(たぶん1.9mm)
V4って、これのことかも。

というわけで ワタシの周囲でもユーザーの多い、アンカーなので書いてみました。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 9日 (土)

CFastカード オトナ買い

オトナ買い、とまで言うと大げさだけど、SanDiskのCFastカードを 2枚も買った。

Sandisk_cfast

一時より多少こなれたとは言え相変わらず高止まり感のあるCFastカード。
しかも信頼感優先でサンディスクにすると、トレードオフで財布は不安定になるお約束。

ちょうどEOS-1D X Mark IIで収録に余裕の欲しい案件もあって清水の舞台から・・(大袈裟です)。
そこまで連写速度を要求するプロジェクトではなかったので、EOS-1D X Mark IIならCFでも良かったのだけど、今買うなら、もうCFじゃないでしょう、と。

Eos1d_x_mark_ii

ただ、CFastも後継規格のCFexpress 1.0は、CFastの後継と言いながら物理サイズおよびコネクタ規格はXQDと同じというなんじゃこりゃー(松田優作風に<古いデスカ)な報道もあり、これも短命な投資になる可能性があるのがイヤなところ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 7日 (木)

EF70-200mm兄弟、リニューアルだけど

キヤノン、EF70-200mm F2.8L IS とEF70-200mm F4L IS をリニューアルし、それぞれIII型、II型として発売。

EF70-200mm F4L ISはワタシの買った初めての白レンズ。自分のブログを検索したら、2009年に鶴見線の無人駅でクマデジタルさんが使っていたのが購入のトリガーらしい(笑)。
そのクマデジタルさんは2007年2月にこのレンズを買っているので10年以上。減価償却は済んでいるので新型に買い換えてもイイと思います。

ただ、クマデジさんもワタシも、去年(2017年)EF70-300mm F4-5.6 IS II USMを買ってるんですよね。いくら新型Lレンズが良い出来でもこれで買い換える訳には・・・。(ふるさと納税の返礼品ゆえ実質2,000円だからいいじゃん、と悪魔が囁きますが)

でも、冷静に考えると、この望遠ズーム域、運動会とかたまの航空祭等が中心で、ポートレイトは被写体との間合いの好みで85mm中心だし、運動会は子供が大きくなって今年が最後くらいだと思うと、豚に真珠になってしまいそうで、分相応にEF70-300mm F4-5.6 IS II USMを使いたまへとゴーストが囁くのです。

EF70-200mmF4LIS_2

EF70-200mm F4L IS f5.6 1/320秒 EOS 5D Mark III

EF70-200mmF4LIS_1

EF70-200mm F4L IS f5.6 1/400秒 EOS 5D Mark III

デジカメWatchの記事を読むと、F2.8の方は
>2010年に発売した「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の光学系を継承し、新たに反射防止コーティングのASC(Air Sphere Coating)によりフレアやゴーストを低減したのが特徴。

とあるけれど、マイナーチェンジ的なアップデート?なのでしょうか

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 6日 (水)

今頃キット「新登場」OM-D E-M1 Mark IIと12-40mm F2.8 PRO

「新登場」らしい。オリンパス 「OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット」を発売。
それにあわせてキャッシュバックキャンペーンも始まった。

OMD_EM1-MkII

OM-D E-M1 Mark IIは、発売前にビデオSALONのレビュー用に借りていて(そうだ、アフターファイブ連載の第1回がこれだった)、そのまま予約(笑)、発売と同時に買ったんだった。
2017年のカメラグランプリをほぼ独占したE-M1 IIは、いまもワタシのメインのサブシステム(矛盾した言葉遣いと言うなかれ)。
でもさ、発売は2016年12月末、つまり1年半前。発売後1年半たって、やっとレンズキット発売って・・・。

いや、分かるんですよ、いろいろ。
だけど、OM-D E-M5 IIのときもそうだったよねえ。
12-40mm F2.8 PROは、小さいし、明るいし、寄れるし。で、画質いいし、で、OM-Dシステムを象徴する主役級のレンズだと思う。
だからこそ、最初っからこの組み合わせをラインアップすべきだと思うんだよなあ。
Saki
OM-D E-M1 Mark II & 12-40mmF2.8

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 5日 (火)

ATOK 2018 for MacはMojyave対応保証で今日から登場

WWDC2018では新ハードウエアは登場せず(というか、WWDCは本来、そういうもののはずだと思いますが)ソフトウエアの近未来を語りつつ、次のmacOSがMojaveだということが宣言されたのですが、その夜が明けた今日、ATOK for Macがバージョンアップ。
もうATOK2018とは言わない(単にATOK Ver.31)けど、そのトップページに「新 macOS Mojave 対応保証」の文字

Atok2018_1

本文のどこにもMojaveには触れていないのはご愛敬だけど、その意欲は買う。
(いや、買うというかパスポート契約してる)
クマデジタルさんが書いているように、もうATOKの単体販売は存在せず、サブスクリプションのATOK Passportのみ。
クマデジさんの言うATOKライセンス認証のだめっぷりは100%同感ですが

Atok2018_2

ATOK2017(Ver.30)のかなりの部分が32bitのままで、よくmacOS(High Sierra)に怒られるため、ATOK Ver.31にするのがいいだろう。と。

Atok2018_3

即日アップデート。
再起動が必要で、さらにその後、いくつかの設定を要求するのだけど

Atok2018_4

ATOKスタートアップツールが最適化(64bit化)されていない(笑)

Atok2018_5

ってか、結構な部分が32ビットのままじゃん・・・_| ̄|○

まあ、Mojaveは32bitを許容するらしいので、その間にお願いしますね>ATOK.
パスポートなのに期限切れとか洒落になりませんからね

Atok2018_6

写真は昔、ATOKのパッケージ版に特典でついてきたATOKインストーラー付きUSBメモリ。
ATOKの思い出ということで(メモリーだけに)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 3日 (日)

スバル パナナビのステアリングスイッチカスタマイズ

先週書いたSUBARU XVのパナナビ カスタマイズしたいを読んだ方からメールを頂き、ステアリングボタンのカスタマイズって、どうやればできますか?(大意)と尋ねられた。
取説見てください。とは言わず、防備録兼ねてエントリー化。(個別にお返事はあまりしません。すみません。)

SUBARU XV_117

なお、これはSUBARU XV GT7 (2017)にディーラーオプションで設定されているパナソニックナビ CN-LR820Dの場合です。おそらくインプレッサ GT7も同じだと思いますが、それ以外のナビでは分かりません。

SUBARU XV_NAVI_08

MENUボタンを押す

SUBARU XV_NAVI_09

メニュー画面から情報・設定ボタンを押す

SUBARU XV_NAVI_10

システム設定を押す

SUBARU XV_NAVI_11

ステアリングスイッチを押す

SUBARU XV_NAVI_12

設定画面
設定は、画面から設定割り当てを行いたいボタンを押してから、ステアリングの実際のスイッチを数秒間押し続ける、という方法。

SUBARU XV_NAVI_13

ちなみに、ワタシのクルマは現在、このような設定です。
インフォボタンは設定変更できないのと、オーディオミュートの隣のボタンは使われていないダミーなので設定不可。
ので、トラックダウンは設定出来ていません。
旧インプレッサのパイオニアナビのときは、トラックアップ長押しでアルバムアップができたのですが、パナナビにはその機能はないようです。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 1日 (金)

エアファイターコレクションのF-4EJ改をフォーカスブラケットで撮る

またデアゴスティーニかと思ったら、違う出版社だった(笑)
毎号、ダイキャストの戦闘機フィギュアが付いてくる(というか本はおまけ)アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社のエアファイターコレクション

創刊号は799円で、F-4EJ改 スーパーファントム II。撮ってみた。

F-4EJ改_ SuperPhantom II_01

f10 1/80秒 ISO4000 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8

F-4EJ改_ SuperPhantom II_02

f10 1/80秒 ISO3200 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8

F-4EJ改_ SuperPhantom II_03

f10 1/80秒 ISO4000 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8
F10に絞ると当然感度があがってしまう(お気軽手持ちなので)。
OMDの高感度はちょっと・・・なので、この三脚を使うべきなのだけど、遊びなのでそこまで手間暇かけたくなかったので、手持ちによるフォーカスブラケット&深度合成をやってみる。

F-4EJ改_ SuperPhantom II_04

f5.6 1/80秒 ISO500 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8 深度合成

F-4EJ改_ SuperPhantom II_05

f5.6 1/80秒 ISO400 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8 深度合成

F-4EJ改_ SuperPhantom II_06

ファントム無頼風に
f5.6 1/80秒 ISO1000 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8 深度合成
創刊号は799円だったので、これは買い(F-4EJ「改」だけに)
ただ、次号以降は2190円なので微妙、2号は取りあえずAmazonに予約した。
だって、2号は「F-14A トムキャット」なんだぜ。(今後のラインナップ
フランカーやハリア、A-10、イントルーダーあたりもいいなあ。
トムキャットのでき次第だけど。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年5月 | トップページ