« Keynoteの自動再生で個別表示時間を設定する | トップページ | フラットベッドスキャナの新型 : CanoScan LiDE 400 »

2018年8月 2日 (木)

Adobe CC ライセンスの買い方

クマデジタルさんはAdobe CC フォトプラン(サブスクリプション)を月々払いにして継続する(した?)ようですが、たしかにアドビを使うのはPhotoshopが7割・・・とはいえ、PremiereもAfterEffectsもその他のアプリも多少は使うので、やはりCreative Cloud コンプリート版が必要。

Photoshop_cushion_03

写真はうちのクルマの常備品、Photoshopクッション。

FBで教えて貰ったのですが、今日から金曜までAmazonのタイムセールでアドビ製品が割引(ただし、プライム会員限定ですが)。

Adobe_cc_licence_01

Creative Cloud コンプリート版が25%オフというのは魅力です。が。

Adobe_cc_licence_02

アカデミック版アカデミックライセンスコード版(学生・教職員版)は、セール対象外。
そういえば、去年の年末、Amazon サイバーマンデーで Adobe CCライセンスを買っていたのでした。今年はアカデミックは割引なしか、それとも、今後、あるのか。
オマエ、アカデミックで安く買えるんだから文句言うなよ、というのはご尤もですが、そこは人間だもの、で許して頂きたいです。

Adobe_cc_licence_03

去年買ったライセンスのおかげで、ワタシのAdobe Creative Cloudライセンスは来年秋まで有効。なので、それまでの間にセールがあったら購入しようと思います。

しかし、こういうセールは嬉しいものの、普通に月々サブスクリプションで長く契約するより、キャンペーンやセールで、年間ライセンスを買った方が安いというのは、古参ユーザーとしてちょっと寂しい部分。
携帯電話もそうですが、新規ユーザー獲得が重要、だから、そこに販促費が集中投下され、結果的に新規ユーザーが常に得。というのはビジネスとして仕方ないと思いつつも、なんとかならないですかねえ。
せめて、5年継続するとPhotoshopクッションが貰えるとか、さ。

Photoshop_cushion_02

--ads--
Amazon プライム会員限定 タイムセール(8/1-3)

|
|

« Keynoteの自動再生で個別表示時間を設定する | トップページ | フラットベッドスキャナの新型 : CanoScan LiDE 400 »

映像制作/ソフトウエア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/67013347

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe CC ライセンスの買い方:

« Keynoteの自動再生で個別表示時間を設定する | トップページ | フラットベッドスキャナの新型 : CanoScan LiDE 400 »