« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月12日 (月)

フィリップス S9000 プレステージ 第一印象

電動シェーバーと言えば、ブラウン、フィリップス、パナソニックあたりが巨頭でしょうか(日立もありますね)。この数年、ブラウンを使っていましたが、フィリップスの最新型 S9000 プレステージの長期モニターを行う機会を得て、先月末から使っています。
レビューにはちょっと早いですが、2週間使用のファーストインプレッションとして、シェーバー機能の印象を書いておきます。本製品を特徴づけるQi規格によるワイヤレス充電については次回。

Philips S9000 Prestige_01

このブログエントリーはフィリップス アンバサダー限定「シェーバー S9000 プレステージ」モニター企画により、書いています。
同企画によりフィリップス S9000 Prestige SP9861/13 の提供を受けていますが、それ以外の利益供与(報酬等)はありません。また、ブログ内容は完全に自由で同社および代理店の事前チェック等は一切ありません。内容に事実誤認や間違いがあれば修正し修正点を明記します(誤字脱字の修正を除く)。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/privacy_policy.html

Philips S9000 Prestige_02

PHILIPS S9000 Prestige はお風呂使用の可能な防水仕様。イマドキの電動シェーバーは防水が当たり前らしいのですが、ワタシが使っていたブラウンの旧型は取説に浴室等では使用しないことと、とあったのですよね。(もちろん、現在ではブラウンの機種も多くは防水仕様になっています、念のため)。
ので、これまで洗面所で(主に朝)使う電動シェーバーと数日おきに浴室で使うカミソリが別々にあったのですが、これを一本化できそうです(2週間段階の印象)。

Philips S9000 Prestige_03

実は20年くらいまえはフィリップスの3ヘッドシェーバーを使っていたのです。が、そり残しがあるように思えて、ブラウンに移行し、今に至る・・・のです。20年ぶりの3ヘッドがどう進化しているかが、モニターに応募した最大の動機でした。
第一印象。音が小さい。
これ、必ずしも褒めている訳ではなく、音が小さく、弱々しく感じ、剃りもそれ相応なのではとイメージしてしまうのは損。今まで使っていたブラウンはもう古くなったせいもあってか、いかにも深ぞりしています、といった豪快な音がします。

Philips S9000 Prestige_04

が、実際には、フィリップスで十分に剃れています。
肌の上で回すようにして動かすのがコツだと分かるまでは物足りなさがありましたが、分かってしまえば十分なそり味。
音が小さいのはひとつひとつの駆動部分が小さいせいでしょうか。
公式WEBページはナノプレシジョン刃とかスキンコンフォートリングプラス等々、機能が並んでいますが、肌当たりが優しく、音も小さいのは快適です。

Philips S9000 Prestige_05

良く見るとヘッドはそれぞれ独立して広い可動域を持っています。
肌に密着する機構というのがポイントでしょうか。(8方向130°可動ヘッドというらしい)

Philips S9000 Prestige_06

スピードは3段階に調整可能ですが、最大にしても音は小さめ。
またモーションセンサー(?)を内蔵しているようで、置かれて停止状態(スリープ状態?)の本体を手に取ると、バッテリー充電率が浮かび上がる仕様です。

Philips S9000 Prestige_07

この表示部にはクリーニングしなさい表示やヘッド交換時期の表示もされるようですが、現時点ではクリーニングサインしか見ていません。
そのクリーニングや、Qi充電については近日。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月11日 (日)

レンズのゴム部の白濁化は薬用ミューズで直る?

レンズのゴム部、フォーカスリングやズームリングのシリコンラバー?のゴム部分、長く使っているとどうしても白濁化、というか、白くなりますよね。
ネットで薬用ミューズで拭くと落ちると少し話題になっていたのでやってみました。いや、去年あたりにも同じような話を聞いたときは忙しさの中で都市伝説みたいなものかなとスルーしてしまったので。

Lens Mentenance_01

10年近く前、新しもの好きのダウンロードさんと、クマデジタルさんで鶴見線の無人駅でネコと戯れたときにクマデジさんが使っているのを見て買ったEF70-200mm F4L IS 。

Lens Mentenance_02

10年選手・・ではないけれど、8年以上使っているレンズなので、ズームリングは白化しているし、塗装もところどころ剥がれてしまっている歴戦の勇士状態。
実験にはもってこいでしょう。

Lens Mentenance_03

買ったのは、ミューズ : どこでもウェットクロス  40枚入 ヨドバシで440円、アマゾンで400円程度。

ごしごし。ごしごし。

Lens Mentenance_04

おお!
いや、光の加減だろ、とか、湿った状態ならそりゃ黒く見えるだろ、と自分でも思ったので、しばらく置いて再撮したのが↑です。

Lens Mentenance_05

使用後のティッシュはこんな感じ。

Lens Mentenance_06

使用前

Lens Mentenance_07

使用後

完全に、とは言いませんが、自分の性格的には十分に白濁化が落ちました。

Lens Mentenance_08

最近、使用頻度の落ちていた70-200mm F4Lですが、現役感がでています(笑)

Lens Mentenance_09

いやあ、こんなコストでこんなに綺麗になるなら、もっと早くやっておけばよかった。
この後、なにか反動でかえって汚れる、等の問題が生じた場合は書き直しますが、大丈夫そう。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2018年11月10日 (土)

メッツァビレッジ:東京の傍にある北欧 :プレオープンに行って来た

来年の3月、埼玉県飯能市にムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」がオープンします。そして、先行して先日、隣接する公園施設、メッツァビレッジが開園しました。
勤務する大学が同じ市にある縁で、プレオープンに招待いただき、行ってきました。
metsa

metsa_hanno_01

全周2キロメートルにも及ぶ宮沢湖湖畔に展開するメッツァビレッジは、思っていた以上に良かった。
遠くに見えるのは建設中のムーミンバレーパークにある灯台。カヌーも借りることが出来る。

metsa_hanno_02

metsa_hanno_03

湖畔の公園と、広場と、ワークショップのための建物。

metsa_hanno_04

マーケットホール

metsa_hanno_05

バイキングホール

metsa_hanno_06

マーケットホールの2Fはメインレストラン LAGOM
湖を見下ろすお洒落な空間で、デンマーク伝統料理スローブロー(知りませんでした)を提供。

metsa_hanno_07

プレオープンだからか、今後もこのスタイルなのかは分からないけれど、プリフィックスランチボックスのみ。

選べるスローブローとスープ、ポテト、ドリンクで1,800円(税別!)
ちょっと高価いよ、大丈夫かなあ

metsa_hanno_08

ランチボックスで提供される

metsa_hanno_09

美味しかったですけどね。現地で合流した学生たちは値段にびびって他の店で食べたらしい。

metsa_hanno_10

ソファ席もあるカジュアルながら雰囲気の良いレストラン。

metsa_hanno_11

広場はじめそこかしこにロッキングチェアやベンチがあるのは好印象。
珈琲片手に寝そべってぼーっとするには最高か。

metsa_hanno_22

こちらはオープンレストランスペース UTPILS

metsa_hanno_12

屋外レストランとなっているけれど、少なくともプレオープンの日はなにも頼まなくても座って楽しめました。マットも無料で借りれます。

metsa_hanno_13

対岸に感じるムーミンバレーパーク

metsa_hanno_14

空が広い

metsa_hanno_15

UTPILSでは珍しいビールや北欧の軽食類が

metsa_hanno_16

これ、ミートボールワッフル(アイスクリームではないのですよ)
美味しいし、インスタ映えもするのだけど、800円な・・・。

metsa_hanno_17

渋く疲れを癒す助手のT。

metsa_hanno_18

ショップは北欧テーマ一色。
そして「ムーミングッズはひとつもない」。おそらく、ムーミングッズは来春のムーミンバレーパーク専売で、こちらは北欧テーマにフォーカスなんだろう、

metsa_hanno_19

趣味の良いグッズが並ぶのは見ているだけで楽しい。
クリスマスに向けて好適かも。

metsa_hanno_20

知人のRさんは展示されていたエリック・ブルーンのグラフィックをフレームごとお買い上げ(笑)

metsa_hanno_21

という訳で、このメッツァビレッジは時々通いたい場所になりました。
12月からは湖畔全域を使って、チームラボの屋外展示 森と湖の光の祭が始まります。
メッツァビレッジは無料施設ですが、チームラボのイベントは有料、(駐車場も有料。回数券とか作ってくれないかなあ)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月 7日 (水)

液晶保護ガラス GRAMASのEOS R用が出た

カメラの背面モニターに液晶保護フィルムあるいは保護ガラスを貼るか否かというのはなかなか悩ましい問題だけど、某氏のEOS 5Dがカメラバッグの中で何かと当たっていて数センチの傷が入ったのを見てからは貼る派。
で、EOS R用、どれにしようかなあ。定番(高級版)のGRAMASはまだ出ていないなあと思ったら、ヨドバシにもAmazonにもいつの間にか出ていた。

Dcgca10

坂本ラヂヲ GRAMAS Extra Glass DCG-CA10 キヤノン EOS R用
デジカメWatchのニュースでも Nikon Z用のGRAMASは記事になっているのにEOS R用はなかったので、まだ先かと思っていた。

Ginichi

本家(?)銀一のサイトにもない(笑)

EOS R & Nikon Z

色の偏移はともかく、近年のカメラは背面液晶をタッチで様々な操作を行うので、保護フィルムやガラスはそこに影響出たらイヤだなあと思うのだけど、どうなんでしょうねえ。
え?買って試せ?ご尤もです。。。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月 6日 (火)

半額ナノ : ひらくPCバッグnanoの(ワタシの)使い方

生協のプリンじゃないんだから誤発注と言っても程度がしれている・・・と思ったら、どうやらとんでもないことになっているらしい。
ひらくPCバッグnano 期間限定大セール
読むと半額セールがクリスマス商戦の先取りとかではなく、ホントに年を越せるかをかけた(ショルダーバッグだけに)状況だというのが分かる。

ひらくPCバッグnano_2018_01

とは言え、他のメジャーブログと異なり、デイリーで数千に届かないmono-logueでは応援と知っても影響力は知れたモノ。
なので、ある日のワタシのひらくPCバッグnanoの使い方というか、鞄の中身を晒してみる。

ひらくPCバッグnano_2018_02

コントロールリング付きマウントアダプター経由でEF24-70mm F4L付けたEOS Rに、RRSのテーブル三脚。このリアリーライトスタッフのポケット三脚はアルカスイス互換雲台なので、プレートにピークデザイン CAPTURE V3のプレート。

その他、(隠れて見えないけれど)予備のLP-E6N。iPhone用モバイルバッテリーとLightningケーブル。メモリーカードケースとペン、メモ帳、財布他。

ひらくPCバッグnano_2018_03

iPhoneはiPhone Xs Maxがちょっと大きいこともあって、フロントのパンチングレザーポケットではなく、背面スリットに入れていることが多い。
で、伸びるポケットは滅多に使わない💦けれど、こうやって外側に垂らしているのは

ひらくPCバッグnano_2018_04

そのスリットにiPad Pro 10.5インチがピッタリ収まるので、そのカバーにしていることが多いから。

という訳でEOS Rがちゃんと運用できてiPad Pro 10.5インチが入るミニマムバッグとして使っています。
半額セールがいつまでかは書いていない(倉庫の状況次第か)けれど、早めにクリスマスプレゼントとして確保しておくのはアリだと思います(笑)。

ひらくPCバッグ nanoはAmazonでも売っているけれど、半額セールは公式直販サイトのみなので注意です。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月 4日 (日)

EOS R 超小ネタ:USB充電可のバッテリーを区別する

先日書いたように、EOS RのバッテリーはEOS 5D Mark II以来10年続くLP-E6系だけど、LP-E6は2014年にマイナーチェンジして LP-E6Nになっている。
当時、容量3.6%アップしかメリットが無いと思われていたけれど、4年後の今年、EOS RがLP-E6Nに限り、本体内USB充電が可能だと表記し、E6とE6Nには意外な仕様変更が行われていたことが明らかになっている。

LP-E6N

ので、手持ちのLP-E6N(1本はEOS R付属。他の2本はすでに持っていた)にE6Nだとひとめで分かるようにテプラを貼った。
本体内充電をしている間はEOS Rが使えないので、実際に旅行時はバッテリーチャージャー持っていくだろうし、あまりアドバンテージを感じないけれど、充電器を忘れたりしたとき緊急避難的にUSBから充電できるのは便利だからEOS R使用時はLP-E6N優先で使おうと。

ちなみにテプラ等のシールは側面に貼ると脱着を繰り返すウチに剥がれやすいので、底面がオススメ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月 3日 (土)

Peak Design アンカーリンクス ブルー

Peak Design ANCHOR LINKS の銀一60周年記念仕様が出ると聞いたのはCP+2018の会場でだからもう半年以上前。その後、アンカー V3タイプのリコールのなかで延期されていたと思ったら、11月1日発売。

Peak Design ANCHOR LINKS blue_01

b's mono-logさんがさっそく買っていて、あ、買わなきゃ、と思ったら、なんと銀一オンラインショップではすでに完売。
青いアンカーだけにブルーになるところでしたが、慌てて、ヨドバシオンライン見たら在庫有りだったので買いました(笑)
左が、銀一60周年記念モデルのブルーエディション
Peak Design / Anchor Links GIN-ICHI Corp. 60th Anniversary Limited Edition
右が通常モデル

Peak Design ANCHOR LINKS blue_02

bさんが書いているように、背面も含め専用パッケージ。

Peak Design ANCHOR LINKS blue_03

側面も異なります。

Peak Design ANCHOR LINKS blue_04

フタ状のフラップを開けたところの色使いまでちゃんとブルー。
あれ?右の通常版、説明は英語表記でしたっけ?
あ、通常版は V3だ(笑)

Peak Design ANCHOR LINKS blue_05

特別仕様ですが、アンカー「リンクス」部分は通常仕様と同じなので、リミテッド部分はアンカーのエッジ部分のカラー。
ブルーが新鮮だけど、EOSにはレッドが似合います。じゃあ、なんで買ったのと言えば。

Peak Design ANCHOR LINKS blue_06

オリンパス機にはブルーだよね、と。

Peak Design ANCHOR LINKS blue_07

まあ、小さな自己満足です。ええ、分かってますってば。
でも、限定品なので欲しい人は流通在庫探してすぐに。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月 2日 (金)

入間航空祭 2018 ブルーインパルス予行

ワタシの勤務する大学は航空自衛隊入間基地からなん駅か先。

そして明日は入間航空祭 2018。

なんだけど・・ワタシ、明日は公務なんです(大学には居るのに)。

ので、今日が午前のみ(担当)講義なのをいいことに、クルマで近くの公園へ。

そう、前日の予行(リハーサル)飛行があるんですね、

EOS R(自機)初の動画撮影はブルーインパルスとなりました。

入間航空祭 2018 ブルーインパルス予行_1

*FHD/60Pより切りだし。動画は下の方で。

入間航空祭 2018 ブルーインパルス予行_2

スチルはEOS-1D X Mark IIにSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

入間航空祭 2018 ブルーインパルス予行_3

まあ、動きモノ苦手なワタシには厳しいシチュエーションです(笑)

明日、行かれる方、良い天気と良い写真を。

入間航空祭 2018 ブルーインパルス予行_4

入間航空祭 2018 ブルーインパルス予行_5

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年10月 | トップページ