« コマフォト12月号と買って良かった機材 | トップページ | 動画で旅がもっと楽しく・・・? »

2018年11月19日 (月)

プレゼンが多い人に最適のUSB-C ドック:j5create JCD376

先日モデルチェンジされたMacBook AirがThunderbolt 3(USB-C)になったことで、アップルのノートPCはすべてUSB-Cポートになりました(余談ながらiPad ProもUSB-Cになった)。でも世の中の周辺機器はまだUSB-Aタイプが多いので、USB変換コネクタやドックは必需品。
可搬用の小型USB-Cドックは多数でていますが、j5createのJCD376はプレゼンが多い人に最適のUSB TypeCミニドック。なぜならHDMIに加え、VGAポート、有線Lanポートを持つからです。

j5create_JCD376_01

このレビューにあたり、j5create の国内代理店であるテックウインド社より該当製品( JCD376)のサンプル提供を受けていますが、それ以外の利益供与(報酬等)は発生していません。
また、同社およびレビューズ事務局は記述内容に関与していませんし、事前に原稿を見せることもありません。公開後、内容の事実誤認等で訂正した場合は、修正部分を明示します(誤字脱字の修正を除く)。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/privacy_policy.html

j5create_JCD376_02

JCD376は11.5 x 5.4 x 1.5 cmのサイズに約21cmのケーブルが直付けされたUSB-Cドックで、重量は約95g。iPhone Xs Maxと並べるとこんな感じ。

j5create_JCD376_03

側面に USB-Aポートがふたつ、EthernetポートとHDMIポートがひとつ。
USBポートの中の色を見ると分かりますが、片方はUSB 3.0(ブルーの端子)ですが、もう片方はUSB2.0(黒い端子)。
USB 2.0で動いて3.0では使えない周辺機器は見たことがないので、正直、ここで仕様を違える理由が分かりません。取りあえず有線マウスやiPhoneをLightningで繋ぐときはUSB 2.0を使い、イマドキのUSBメモリやモバイルSSDはブルーのUSB 3.0を使う方がJCD376の機能をフルに活かせます。

J5create_jcd376_04

j5createも複数のドックを出しているので、気になった(?)3製品を比較してみました。

なかなか一長一短でこれがベストと言いにくいのが現実でしょうか。
JCD376のアドバンテージは冒頭に述べたように「VGA端子を持つ」こと。
逆に言えばそこが不要ならあえて選ぶ理由はない特殊な製品と言えるかも知れません。

j5create_JCD376_05

先端部にあるVGA端子。FHD 60Pのビデオ出力が可能。
最近はようやくHDMI入力のプロジェクターも一般的になりましたが、会場や施設によってはまだVGAしか接続できないところも多いのがあります。
事前に問い合わせても正しい情報が来るとは限らず(以前、接続はRGBですと回答が来て余計悩んだことがあります)、現場に行って、「え?」となってもなかば自己責任と思います。

j5create_JCD376_06

JCD376ならVGAでもHDMIでもOKなので、プレゼンが多い人には安心感が大きいはず。
なお、当たり前のことですが、VGA接続ではオーディオを重層できないので音声は別途イヤホンジャックから繋ぐようにしましょう。
JCD376にオーディオ端子はありません。

j5create_JCD376_07

なお、JCD376はHDMIとVGAのビデオポートを持ちますが、同時は使用できません。(排他利用) ワタシの環境では両方同時に接続するとVGA側が接続解除されました。
また写真でEthernet有線Lan接続していますが、プレゼン会場はWiFiが林立して輻輳がおきやすく、ネット接続が不安定になりやすい(経験則)ので、有線Lanが使えるのも安心感があります。
なにげにギガビットイーサ対応なのもポイント高い。

j5create_JCD376_08

USB-Cケーブルが直付けされている後部にUSB-Cポートがあり、ここからMacBook Pro等に給電が可能です。
MacBook本体のポートを使わないので周辺機器が多い場合には便利ですが、注意点もあり・・

Apple 61W USB-C電源アダプタ_01

アップル純正のACアダプタは87W(MacBook Pro 15inch付属)、61W(MacBook Pro 13inch付属)、30W(MacBook / MacBook Air 付属)の3タイプがありますが、ワタシは87Wと61Wタイプを保有しています。
それで試してみると

j5create_JCD376_09

MacBook Proに直接接続したときは、87WのACアダプタで86W、61WのACアダプタで60W、の給電が出来ますが、JCD376を経由して接続した場合にはどちらも52Wの給電となりました。
ポートの少ないMacBook / MacBook Airはともかく、MacBook Proではなるべく本体に繋ぐ方が良いと思います。

j5create_JCD376_10

という訳で、USB HUB的な意味ではちょっと微妙な仕様ながら、HDMI、VGAに両対応し、ギガビットイーサの有線Lanも持つJCD376は、プレゼンの多いユーザーにはとてもメリットのあるチョイスになると思います。

--ads--

|
|

« コマフォト12月号と買って良かった機材 | トップページ | 動画で旅がもっと楽しく・・・? »

PC周辺機器/ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209976/67397876

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼンが多い人に最適のUSB-C ドック:j5create JCD376:

« コマフォト12月号と買って良かった機材 | トップページ | 動画で旅がもっと楽しく・・・? »