« ダンボーなのにパンダ。大容量高速充電のモバイルバッテリー | トップページ | キヤノンがお年玉を »

2019年1月 6日 (日)

XV点検とe-BOXER Advance試乗

もう去年の話しですがSUBARU XV (1年6ヶ月の)定期点検に行って来ました(トラブルなし、点検パックなので費用もなし)。
で、点検を待っている間に先日ラインナップに加わったスバル版ハイブリッド、e-BOXER搭載のSUBARU XV Advanceに試乗してみました。
(外観自体はこの時にじっくり見てる

SUBARU_XV_miniature_01

ハイブリッド車は旅行先のレンタカーでプリウスやフィットに乗っただけ、モーター駆動時のレスポンスがいいよね、位のたいしてポジティブなイメージがなかったのが正直なトコロ。
燃費が良いとは言っても、イニシャルコストを回収するには何年もかかるからよほど連日長距離運転しない限りはメリット無いよね、と思っていました。
すみません、浅はかでした。先に謝っておきます(笑)

SUBARU_XV_Advance_01

当たり前ですが加速時のレスポンスとスムーズ感が圧倒的。
XV(通常仕様)、ワタシのは2.0のガソリン車で、速度を上げていくときはクイックに加速すると言うよりは、のそのそと速度が上がっていく感じ。パワー不足は感じないのだけど、高速道路でサービスエリア等から合流するときはよっこいしょ、というイメージ(あんまりブオンと踏み込みたくないのもあって)。
モーターがアシストしてくれると、エンジン自体の回転数あげなくても実用域での加速は静かでクイックなんだなあ(今さらかよ、というツッコミは甘受します)。

SUBARU_XV_Advance_02

副次的にいいなあと思ったのが、アイドリングストップからの復帰。
XVは先代インプレッサよりアイドリングストップからの復帰ショックが柔らかくなったけれど、それでも、あの特有の振動は健在。
それがいいというひともいると思うけれど、そこまでBOXERの鼓動が、とかに思い入れの無い身としては(すみません)アイドリングストップからの復帰がほぼ無振動なe-BOXERいいねえ、と思うのでした。

そっか、これは燃費ではなく、この快適性にプラス12万円を出すかどうか、ってことなのか。
いや、いまから買い換えなどはまるで考えていないですが、最初に選択肢あったら悩んだかも。
ただし、電池のせいでXV Advanceは通常型に較べ110kg重いし、荷室と後席の高さ(室内高)が僅かですが(15mm)低くなっています。

SUBARU XV Blanket_01

で、試乗記念のSUBARU XV フリースブランケットをもらってきました。

SUBARU XV Blanket_02

フォレスター版しか残っていなかったのですが、XVがいいと言ったら営業氏が他店舗から取り寄せてくれました。ありがとう >Gさん

SUBARU XV Blanket_03

スバルとL.L.Beanのコラボ製品とは知りませんでした。

SUBARU XV Blanket_04

サイズ感はこんな感じ。

SUBARU XV Blanket_05

で、いつ使うの?と言われるとけっこう悩みますね、これ(笑)

--Ads--

|

« ダンボーなのにパンダ。大容量高速充電のモバイルバッテリー | トップページ | キヤノンがお年玉を »

クルマ/メカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XV点検とe-BOXER Advance試乗:

« ダンボーなのにパンダ。大容量高速充電のモバイルバッテリー | トップページ | キヤノンがお年玉を »