« キヤノン HDRプリントは HEIFコンテナ経由:CP+2019 | トップページ | SUBARU XV 発表から2周年 »

2019年3月 6日 (水)

CFexpress 2.0の未来 : CP+2019

CP+ 2019のサンディスクブースやレキサーブースでCFexpress 2.0が公開されました。

CFexpressCard_1

SanDisk CFexpress 2.0カード(デモ品)

CFexpressCard_2

レキサーブースでのCFexpress 2.0 仕様表
Macお宝鑑定団ブログに書かれているように、CFexpress 2.0 Type BはXQDカードに対し完全な上位互換を維持。
レキサーの仕様表ではType AはSDカードと同等サイズのフォームファクターとありますが

CFexpressCard_3

サイズを図にして比較するとSDカードより一回り小さいのが分かります。
タイプCは一般的な名刺の長辺方向が短い寸法、と言うとイメージしやすいかも知れません。

XQDは未来につながり、CFastはここで行き止まりが明示されました。
EOS-1D X Mark II用に、何枚かCFast持っていますが、これ以上、買い足すことはないでしょう・・・。助手の高田君もEOS-1D X Mark IIだし、大学にもEOS C200用にCFastが何枚かあるので、大規模な撮影時はカードの貸し借りで融通しあうかなあ。

CFexpressCard_4

ちなみにサンディスクブースではカードリーダーによるスピードテストデモが行われていました

CFexpressCard_5

このCFexpressカードリーダーはThunderbolt 3接続でしたが、サンディスクが開発中のモノでは無く、どこかのサードパーティ製でした。
もちろん、SanDiskでもCFexpressカードリーダーは準備中だそうです。

--ads--

|

« キヤノン HDRプリントは HEIFコンテナ経由:CP+2019 | トップページ | SUBARU XV 発表から2周年 »

カメラ・撮影用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CFexpress 2.0の未来 : CP+2019:

« キヤノン HDRプリントは HEIFコンテナ経由:CP+2019 | トップページ | SUBARU XV 発表から2周年 »