« 西武線新型特急ラビューのプラレール | トップページ | CP+2019 : EOS RPの紙袋 »

2019年3月 1日 (金)

USB-C から 4K/60P HDMI出力するアダプタ:フォーカルポイント

iPad ProがLightningからUSB-Cにポートを切り替えたことで、iPad Proは大きく可能性を拡張したのだけど、そのひとつに 4K UHD /60Pのビデオ出力があると思います。それを実現したフォーカルポイントのTUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV 変換アダプタを「Macで」試しました。

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_01

ご縁あってフォーカルポイント株式会社より同製品の評価用サンプルを提供頂き、2週間ほど実際に試用しています。それ以外の利益供与はありません。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/privacy_policy.html

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_02

iPad Proでテストしていないのは、Macお宝鑑定団ブログがすでにレビュー書いているから・・・ではなく、ワタシ、最新のiPad Pro持ってないのです・・・。
その代わり、iMac ProおよびMacBook Proでテスト。

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_03

約15cmのケーブル付きアダプタ。アルミニウムのボディは実測で20gを切ります。
MacのThunderbolt3ポートから4K/60Pを出力できるコンバーター等はすでに存在しますが、鞄に入れっぱなしにしておくのも容易なサイズ、重量、そして価格という意味では大きなアドバンテージを感じる製品です。

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_04

USB-Cに挿すと、パイロットランプが点灯します。

Media_kobo_01

ワタシのホームグラウンドでもある大学の演習室、教卓のiMac Proは壁掛けの4Kモニターとデュアルディスプレイを構築しています。教員の操作手順等を学生に見せる時にとても便利です・・が・・

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_05

iMac Proと壁掛け4Kモニターは、アップル純正のUSB-C Digital AV Multiportアダプタで繋がれています。
そして、USB-C Digital AV MultiportアダプタはFHDで60P、UHD4Kでは30Pでしか出力出来ません。

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_06

現在の使用用途ではこれで十分ではあるのですが、やはり30Pではマウスポインタの動きにディレイも感じるところです。

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_07

これに対してTUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV 変換アダプタを繋ぐと

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_08

あきらかにマウスポインタの追随も綺麗なラインを描くし、60P動画もちゃんと60Pで再生されます。

うーん、新年度に向けて、アダプタ、換えようかなあ・・・。

TUNEWEAR USB-C TO HDMI V2.0 4K UHDTV_09

可搬性、良し。機能仕様、良し。価格、良し。の優等生的な周辺機器だと思います。

--ads--

|

« 西武線新型特急ラビューのプラレール | トップページ | CP+2019 : EOS RPの紙袋 »

PC周辺機器/ネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USB-C から 4K/60P HDMI出力するアダプタ:フォーカルポイント:

« 西武線新型特急ラビューのプラレール | トップページ | CP+2019 : EOS RPの紙袋 »