2018年10月14日 (日)

EOS R の予約とキャンペーンのお得度

発売を前に、EOS RのRAWに対応したD.P.P.のダウンロードが可能になり、一部店頭での先行展示も始まった。キヤノンにとって負けられない次の30年(EFマウントは31年前に登場)の先兵として初陣するEOS Rは、どんな初速を見せるのだろう。
スペック的にも価格的にも6D2クラスの中堅機に見えながら、中身は5D4クラスの初号機は初陣向けのキャンペーン作戦も展開される。
そのお得度も考えてみた。

Eos_r_10

これは、名前のよく似たEOS RT(写真はキヤノンカメラミュージアムより転載
RTはペリクルミラー、Rはミラーレスと、奇しくもミラーがキーポイントの2つのEOSは、RTは平成元年に発売、Rは平成最後の年に発売という符合も見せる。

Eos_r_11

EOS R。
ああ、こうやってみると、Rはやはり、Mのデザイン思想も継承していますね。
それはさておき、初戦用援護射撃のキャンペーンで

Eos_r_12

目立つのはやはり、総額4.5万円にも及ぶキャッシュバックキャンペーン。
EOS R、は現在のところレンズキットの設定がないのでその分の還元とも思えるけれど、別の見方をすると、EFレンズを使うためのマウントアダプタが実質2〜3千円になるとも言えて、初回出荷分にはマウントアダプタをサービス同梱するキャンペーンやってもいいのに、と考えるワタシからしてもいいアイディア。

ただ、多くのユーザーは、その実用度は未知数ながらコントロールリング付きのマウントアダプター買うよねえ、このふたつのマウントアダプタ、希望小売価格も実売もほぼ倍違うのにキャッシュバック額は同じという不思議。
そしてそれらより高価い35mmハーフマクロがキャッシュバック半額という・・・。
ので、ちょっと還元率を計算してみた。

Eos_r_13

圧倒的にお得なのはノーマルタイプのマウントアダプター。
なんと希望小売価格の62%もキャッシュバックしてしまう。実売に対してはなにをかいわんや。

一方、35mmハーフマクロは6%と還元率は1/10。

ただ、還元率が倍違ってもマウントアダプタはリング付きにしちゃうよねえ・・と思う。
思うのだけど、あれ?これ、両方買ってもそれぞれキャッシュバック受け取れるので、ノーマルの方は5,000円くらいでヤ○オクかメリカ○に・・・(以下、自粛

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月13日 (土)

コマフォト 11月号でiichiko広告特集

週明け発売のコマフォトことコマーシャル・フォト 2018年11月号が届く。
白眉は 特集 徹底解析 iichiko ロングランポスターの秘密に迫る
そう、あの駅貼りB0ポスターの「いいちこ」の広告特集。

_201811_01

表紙は君塚裕さん
タイミング的に当然、ミラーレス特集になるのだけど、EOS RやNikon Zの検証特集(柳下隆之氏)の前に、

_201811_02

特集 ビューティXミラーレス として GFX50Sがどんと来るのはコマフォトらしい。

_201811_03

そして、iichikoの特集。

_201811_04

いいちこの広告はTVCMを含め総合展開しているけれど、やはり中心はあのポスターたち。
そして、アートディレクターの河北秀也氏。

コマフォト誌面でも書かれているけれど、三和種類にはいまでも宣伝部はない。
広告戦略はすべて河北秀也氏が担っている。
モノ(製品)ではなく世界観をみせる写真を核にした広告。言うのは容易いけれど実現するのはものすごく難しい。ましてや30年以上の時間に渡って。

_201811_05

実は昔、河北秀也氏にはとてもお世話になっていて、iichikoのテレビCMの一部は編集をさせてもらっている(もちろん、河北氏の手足として、ですが)。
その意味でも感慨深い特集。

_201811_07

その河北さんが送ってくれた iichiko design (しまった、サインしてもらえば良かった)

_201811_08

ワタシの書棚の一角に鎮座している。

_201811_09

ホントはこれがやってみたいのだけど(笑)
そうそう、いいちこのTVCM、ナレーションは河北秀也氏なんです。(全部ではない)

_201811_06

コマフォトの話に戻ると、今号の南雲暁彦さんの連載、
よく見ると、カメラはフジのGFX50S、レンズはキヤノンのTS-E90mmF2.8L マクロ だ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月10日 (水)

JAL公式 iPhoneケース

助手の高田君がiPhoneケースを新調していた。お洒落だ!
しかも、JAL公式のオリジナルケースらしい。

JAL_iPhone_case_01

JALのオンラインショップ見ると、たしかにJALオリジナルiPhoneケースはあるんだけど、iPhone7、iPhone8版しかないように見える。
でも、これはiPhone X 仕様。
高田君の話によると羽田空港に用事があって行った際に見つけたとのこと。
ただし、iPhone X用はこれを含め2種類だったらしい。

JAL_iPhone_case_02

ICカードの収納も内側に可能。
TPUケースとしてはやや割高ではあるんだけど、これはネタとしていいよなあ。
JALロゴマークはパチモンじゃなく、ちゃんと正規のものだし。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月 8日 (月)

Peak Design アンカー交換品届く Part 3 あるいは

ピークデザイン(Peak Design)のアンカーがリコールを出したのは、今年の6月
その対応は迅速で、小さな会社ゆえ小回りがきく&トップの判断で動けるということがあるにしても、スピード感のある対策と、事実上、無制限の無償交換。いや、手元の製品を送る必要はないので交換ですらない。

7月には大学に(演習室導入分のAnchors)対策品が届き、

ところが

Peakdesign_01

大学宛てに先日届いたピークデザインからの荷物

あれ?なんか、直輸入したっけ?
ワタシ、ピークデザインはすべて日本代理店の銀一扱いのものを国内で買っているつもりだけど・・

Peakdesign_02

香港から、ですね。中身は・・・

Peakdesign_03

アンカー V4が11セット。
あれ?7月の対策品は・・・?

なんらかのデータ整理ミスで、未対応と思われて送ってきたのか、それとも、7月に来たV4はスプリットリングが三角環だったので、楕円のリングのものに再交換なのか

えっと、これ、こんなにあっても困るのですが・・・(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月 7日 (日)

auからの感謝状

auから感謝状が来ていた。

Au

嬉しくもなんともない・・・。

--ads--

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

«EIZOガレリアでジェットダイスケ氏の写真展を見る