2018年12月 9日 (日)

ピークデザイン トラベルバックパック 初投入

今日(12月9日)発売のピークデザイン トラベルバックパック 45Lがほんの少しフライングで届いたので急いで荷物を入れ替え、昨日からの出張(?)に初投入。
レビューは後日として第一印象外観編。

PeakDesign TravelBackPak_01

Peak Designのバックパックはすでに持っているビデオSALONでレビューコラム書いて、その後自腹で購入)ので、また鞄かよ、バッグばかりあってどーすんだよとツマのひんしゅくを買うのは目に見えているのだけど、あれはカメラバッグでこれは旅行バッグだから(ロジックくるしい?)

PeakDesign TravelBackPak_02

このピークデザイントラベルライン自体は秋に試作品を見てきたのでそちらも参考に。今回は着替えとお土産とMacBook Proと(EOS Rを入れた)ひらくPCバッグnanoを入れた運用で、純正のオプションアクセサリーはまだ買っていません。

PeakDesign TravelBackPak_03

バッグ上部を倒した状態で30Lのリュック型。上部を拡張した状態で35Lのバックパック。今回はデストロイドモード(ユニコーンガンダム)は発動していません。

PeakDesign TravelBackPak_04

背中のフラップ(マグネット内蔵)にショルダーベルトを格納するミニマムモード。荷物としてクルマのトランクに積んだり、列車の荷棚、飛行機の荷物棚(オーバーヘッドビン)に入れるときに引っかからずに便利。

PeakDesign TravelBackPak_05

中央のハンドルは持ち手としてももちろん、ローリングキャリーバッグのハンドルに通して固定することにも使えます。

PeakDesign TravelBackPak_06

そして、把手は4方向についていて、持ち運ぶ時はもちろん、荷棚から下ろすときにどの方向から入れていても取りやすい(引き出しやすい)のは◎。

PeakDesign TravelBackPak_07

エブリデイバックパック同様、ブラックモデルは差し色なし、生地のみならず引き手やジッパー、フックといった金属パーツもすべてマットな黒のジェットブラック仕様。
ただ、エブリデイバックパックはジェットブラック、なのに、トラベルバックパックはただのブラック、という製品名。なんで?

PeakDesign TravelBackPak_08

と言うわけで、発売日にあわせたファーストインプレッションでした。
レビューは後日。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月 7日 (金)

cheeroのQiワイヤレス充電スタンド

iPhoneを7 Plusから Xs Max に変えてもうすぐ3ヶ月。せっかく非接触充電(Qi充電)に対応したので、ワイヤレス充電スタンド試してみたいなあと、なにかと偶然出会うことの多いトーモのぴちきょさんの協力を得、cheeroのワイヤレススマートホンチャージャースタンド、cheero 2 Coils Wireless Charger Standをサンプル提供いただいて3週間ほど使っています。

cheero_qi_01

cheero 2 Coils Wireless Charger Stand
定価 3,980円(税込)直販価格2,180円(税込)
本体と電源用USBケーブルが付属、ACアダプタは付属しません。

cheero_qi_02

気になっていたのが、気に入って使っているn.max.nの革ケースのままワイヤレス充電が可能か否か。
スリット含め、それなりに厚みがあるケースなので心配していましたが、結果はOK。

cheero_qi_03

iPhone Xs Maxとのサイズ比較。二回り小型で厚みが倍、といった印象。ちなみに
iPhone Xs Max   77.4mm x 157.5mm x 7.7mm 206g
cheero充電スタンド 66mm x 117mm x 18mm 125g
写真は持ち運び時で

cheero_qi_04

使用時はスタンドとして起こします。

cheero_qi_05

下部のフラップを開くと、そこがスマートフォン受けになる構造で、フラップの内側に通電ランプがある。
これがなにげに便利で、現在、寝室の枕元に置いているのですが、部屋の電気を消して布団に向かうと真っ暗なので、Lightroomケーブルを挿すのも面倒だったのが、このグリーンのランプで位置がそのまま分かる、のと、iPhone Xs Maxを置くと綺麗に隠れる位置なので、寝ていて眩しくないという仕様。

cheero_qi_06

公称充電可能距離は10mmで類似他社製品より2ミリほど長い。
前述のようにn.max.nのイタリアンレザーケースも無事運用中。

cheero_qi_07

スタンド部の傾斜角度は製品ページではもっと低い確度設定もできる写真だけど、ワタシの環境ではケースが重いのか、Cの角度より寝かせると、iPhone Xs Maxを置いた際に倒れてしまう。のでBあたりで使っている。
(A位置は逆に少し触れただけでiPhone Xs Maxが倒れるのであまり使用せず)

cheero_qi_08

オフィスのテーブル用にと思っていたけれど、寝室枕元が使い勝手がいいので、もう一個追加してみるか。
実売、ずいぶんと安いですよね。(チーロなのにアンカー)

ちょっとしたお歳暮や(本命以外の)クリスマスプレゼントに好適かも知れません。
ワイヤレスだけに非接触な方へとか

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月 3日 (月)

ビックカメラ & PayPayで28% オフ?

流行に疎いので素朴な疑問なのですが、明日から始まるPayPayって、立ち上げキャンペーンで20%還元で、ビックカメラも対象。
PayPay使用時はビックポイントは8%還元だという。
そうすると高価いのでスルー予定だったRF24-105mmF4Lはビックカメラで149,990円(税込)なので15万円として3万円還元でポイントが12,000円ついて、キヤノンのキャンペーンキャッシュバックが2万円なので、ざっと8.8万円で買えるという計算でいいの?

Photo

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年12月 2日 (日)

RFレンズのリアキャップが、はめにくいので対策

EOS Rを初号機にするRFマウントシステムは、マウント部を「金属のカタマリ」感で見せるいいデザインだと思うのですが、RFレンズのリアキャップ(正式にはレンズダストキャップと言うらしい)、はめにくいと思いませんか?

RF Lens Rear Cap_01

EOS Rのマウント部。

RF Lens Rear Cap_02

EFレンズではリアキャップは被せて適当に回せばキャップ装着ができました。が、RFレンズはなかなかうまくはまりません。
EFマウントは、3箇所、キャップがはまるポイントがあるのですが、RFマウントは1箇所しか正しくはまりません。

RF Lens Rear Cap_03

レンズのマウント径は同じ54mmですが、マウントの形状は異なり、誤装着を防ぐためか、結果的にレンズリアキャップは手探りではめるのは難しいことに・・・。

RF Lens Rear Cap_04

リアキャップ(ダストキャップ)のラインを合わせればいいのですが、ぱっと見で分かんないよ、そんなの。
ので、仕方なく応急対策。

RF Lens Rear Cap_05

百均のシールを切って

RF Lens Rear Cap_06

レンズリアキャップのラインに貼り込みます。
少し長めにしてリアキャップの上面に回すとカメラバッグの中でも見やすく、作業が少し楽になります。

RF Lens Rear Cap_07

ただ、リアキャップ正面にはマウント指標の凸部があるので、シールが浮いてしまいます。
その意味では側面ラインと上面の凸部を赤くペイントするのがいいと思いますが、面倒くさくてやっていません。
プラモデル用の塗料やマーカーでいいのかな?ガンダムマーカーでも買うか。

--Ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月 1日 (土)

ジッツオのテーブル三脚!

昨夜、Manfrotto Japanさんがツイートしていた。ジッツオのテーブル三脚(ミニ三脚)
GITZO GKTBC & GKTBB

Gktbc

ちゃんとジッツオの面構えしていてカッコイイ。
雲台はクイックシュータイプではなく直付けみたいだけど、別のツイートによれば雲台は交換出来るので、GITZOトラベラー用の自由雲台(アルカスイス互換)にも換装できるみたい。

RRS_TFA-01Ultra & BC-18_04

ワタシはこの春、RRSのミニ三脚、TFA-01Ultra & BC-18を買ってしまったのだけど、ざっと比較すると

GITZO GKTBB/GKTBC 重量265g 耐荷重3kg 3万円
TFA-01Ultra & BC-18   重量238g 耐荷重6.8kg 4万円(プレート別売り)
Manfrotto 492 & 209   重量238g 耐荷重2kg 0.9万円

ミニ三脚ばかりあってもなんだけど、欲しいなあ、ジッツオ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«チームラボ & メッツァビレッジ 森と湖と光の祭 IN 宮沢湖