AV機器

2017年6月23日 (金)

音の良い骨伝導ヘッドホン :AfterShokz TREKZ TITANIUM

骨伝導ヘッドホンって、技術的には面白いけれど音はぜんぜんダメだよね。と思っていた。
・・・ら、思い込みより相当良かった。それがAfterShokz TREKZ TITANIUM(アフターショックス トレックス タイタニウム)。
BluetoothでiPhoneと接続する骨伝導ヘッドホンです。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_01

ご縁があって、今回、アフターショックス社の日本総代理店となった(プレスリリース)フォーカルポイント株式会社よりTREKZ TITANIUMのサンプル品を提供頂きました。
冒頭に書いたように骨伝導イヤホンにあまりいい印象がなかったので、感触が良ければブログに書きますとお答えし(生意気で済みません)想像以上に良かったので、紹介を。
(ただし、後述しますが、すごい高音質、なんてことではないです・・)

AfterShokz TREKZ TITANIUM_02

AfterShokz TREKZ TITANIUM(アフターショックス トレックス タイタニウム)
IP55の防塵防水性能をもつ本体は、チタニウムフレームをラバーコーティングしたもの。
カラーは4色ありますが、ワタシにはいちばんシックな(?)ストレートグレーです。

Aftershokz_trekz_titanium_20

AfterShokz TREKZ TITANIUM_03

チタニウムバンドは折りたたみの出来ない構造ですが、写真のようにかなり柔軟で100,000回以上の耐久テストに合格を謳っています。
実際に10万回の耐久性を持っているかどうかは約2週間の試用では分からないものの、鞄に放り込んだり、ジャケットのポケットに入れられたりしても、何の問題も無かったことは書いておきます。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_04

骨伝導ヘッドホンのなかでは高価な部類に入るトレックス タイタニウムですが、質感、触感ともに上質なもの。スポーツ系(?)ゆえ高級感という路線ではないものの、肌触り含め満足。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_05

骨伝導ヘッドホンは頬骨を振動させて音を直接内耳に伝える仕組みなので、先端はこのようなカタチ。

Aftershokz_trekz_titanium_17

一般的なヘッドホンのように耳をハウジングで塞いだり、インイヤー型のように耳の中に挿れたりしないため、圧迫感が少ないのが大きなメリット。
ワタシは耳の中に挿入するインイヤー型やより深く挿れるカナル型が実は苦手なので、このライトな装着感はとても◎

Aftershokz_trekz_titanium_18

耳を塞がないので周囲の環境音と共存し、アウトドア使用時に危なくない、というのが特徴のひとつですが、それは同時に遮音性が無いと言うことでもあって、環境音がうるさいと当然、音は聞こえにくくなります。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_06

去年だったか一昨年だったか、骨伝導イヤホンをお借りする機会があって、当初すごく期待したのですが、残念ながら音という意味ではまったく納得できず、ブログにもしなかったことがあり、担当者氏の「骨伝導イヤホンはそういうものなので」のセリフも合わせ、骨伝導は技術的には面白いけど、音はダメダメ。と思い込んでいました。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_07

その点、AfterShokz TREKZ TITANIUMは非常に良い音が鳴り(?)ます。
最初、夜の部屋で視聴したときは素晴らしいと思ったくらい(笑)
もちろん、よく聴くと低音は出ていないし、音の広がりも弱いので高音質というと嘘になると思いますが、骨伝導ヘッドホンへのネガなイメージを一新させてくれるものだったのは本当。

僅かな期間で骨伝導ヘッドホンそのものが大きくクオリティアップしたのかと、仕事帰りに量販店で他社のデモ機を試してみましたが、そちらはダメダメだったので、TREKZ TITANIUM自体のポテンシャルが高いのだと思います。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_12

ただ、夜の静かな自室で使うと音いいなあ、コレ。と言うのは正しいのですが、通勤に使ってみたら地下鉄の車内や電車の車内など、ウルサいところでは外部環境音に完全に負けます。
音量をあげても、ウルサい中で(遮音無く)耳元で音を鳴らす印象です。骨伝導ヘッドホンはその構造上、音漏れしやすいのでその意味でも通勤電車には向かないと思います。
ジョギングやサイクリング、といった(比較的静かな)アウトドア使用がイメージされているのも宜なるかなで、IP55の耐汗性能と合わせ、ライトスポーツ用途に向いた製品なのだと思います。

Aftershokz_trekz_titanium_19

着用時

AfterShokz TREKZ TITANIUM_09

じゃあ、インドアなオマエには使い道ないじゃん、と言われそうですが、週末、家で仕事をしているときに使ってみたら非常に便利でした。
書斎(Mac Proのある仕事部屋)、和室(翌日使う機材のセットアップ中)、キッチン(珈琲くらい飲みに)が、別々の部屋で、かつ、1F2Fに分かれているので、書斎のオーディオ機器ではBGMにならないのですが、TREKZ TITANIUMはBT接続なのでMac Pro(あるいはiPhone)のオーディオライブラリを流し続けられるのは◎でした。36gという軽量でライトな装着感も軽作業に向いています。
メッセージの着信音も入ってくるし。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_11

MicroUSBによる充電型で公称駆動時間6時間。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_10

電源オン、オフ時にはLEDライトが点くものの、(電源オン状態では)通電ランプ等はありません。電源ボタンもスライドスイッチでは無くトグルボタン式なので、これは電源切り忘れ→気がつくと電池切れ、かと思いましたが

Aftershokz_trekz_titanium_16

Aftershokz_trekz_titanium_15

iPhoneから動作状態、およびバッテリー残量が常時確認可能でした。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_14

外部環境音を遮断しないのがウリの一方で、より音に集中したいときのために耳栓が付属するのですが、いや、そこまでするなら良いノイズキャンセリングヘッドホンを使う方が満足度は高いと思います(笑)

AfterShokz TREKZ TITANIUM_08

という訳で、シチュエーションは選ぶものの、圧迫感の無いBGM用ヘッドホンとしては実用性が高く、音も(骨伝導にしては、というエクスキューズがつくものの)良く、質感、触感ともに◎な、ワイヤレスヘッドホンでした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月 2日 (火)

ライカのヘッドホンだって

ライカはよく知っていて、それでいて縁のない(遠い)カメラメーカー。
そう、カメラメーカーですよね、と思っていたら、ヘッドホンを出すらしい

Leica

Master & Dynamic for 0.95
ライカジャパンのプレスリリース

ああ、Master & Dynamic とのコラボなんですね、なるほど。
マンフロットがカメラバッグやジャケット(いまは撤退)だしたり、ライカもカメラバッグだしたりはしてるけど、音響機器に、とは思わなかった。

見た目はとても◎だけど、いくらになることやら。。。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年1月24日 (火)

音にかける魔法の世界

PCのUSBに挿すだけで高音質に? パイオニア「DRESSING」の仕組みを聞いた
(AV Watch)
最後まで読んだ(しかも2回)けれど、それでも理解できなかった。
ケーブルの違いで音が変わるのは分かる(聞き分け出来るかはともかく)、振動が音に悪影響を及ぼすのもまあ分かる。電源で音が変わるのもたぶんそうだと思う(ワタシには違いが分からないけど)。
でもなあ、USBに挿せばPCオーディオの品質があがるって言われてもなあ。

「オーディオはそう単純なものではないんです。」(開発の野尻氏)に異論はないし、オーディオ機器メーカーにはそれぞれ神に等しいひとが居るときくので、効果はあるんだろうけれど。

”音の良いゴルフボール”、パイオニアの音響技術により登場
(Phile-web)もそうなんだけど、パイオニアは、なんのパイオニアを追っているのか、ワタシには分からない。KUROのプラズマとか、は分かったんだけどなあ。
そう、製品ページのキャッチコピーが「音にかける魔法。」
十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。は、アーサー・C・クラークの三法則でしたっけ。パイオニアはそう言いたいのか?

これは実際に試してみてから言うべきですよね、と思ったら、USB-Cには刺さらなかった(笑)

USB-C to USB

これ、USB-C to USB変換とかかけたらダメですよね?端子、金メッキじゃないし。
あ、対応OSが書いていないけれど、OSやそのバージョンは問わないみたい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月17日 (月)

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン 試用開始

iPhone 7(まだ届きません・・・)からイヤホン端子がなくなるので、イヤホンは(付属のEarPods with Lightning Connectorなどの)Lightningコネクタのものを使うか、やはり付属のLightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ経由で既存の有線イヤホンを使うか、AirPodsをはじめとするBluetoothイヤホン/ヘッドホンを買うか、を迫られる。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_01

近々、どうするかなあと思っていたら、フォーカルポイントから発売されたBluetoothイヤホン、TUNEWEAR TW1をサンプル提供頂いたので、先週末から試用をはじめた。
ただし、iPhone 7 Plusはいまだ届かないのでiPhone 6 Plusで。
実際のレビューというか感想はしばらく使ってから書くつもりだけど、第一印象は「あれ?これで実用十分かも」というもの。
それでも、今日は外観と仕様について。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_02

ヨドバシで一時カテゴリランキング3位になったらしいTUNEWEAR TW1はフォーカルストア価格 7,538円(税込)*但し、書いている時点では品切れ。
Bluetoothイヤホンとしてはやや安価な部類か。の割には高級感のあるパッケージ。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_03

TUNEWEARは製品によってシンプルなパッケージとこういう品質をイメージさせるパッケージを使い分けていて、上手いなあというか、分かってるなあと思う。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_04

ネックタイプの本体と小さなコントロール部。ケーブル長は調整機構により簡単に調節できる。IPX4(防沫)仕様。まあ、汗は気にしなくていい、ってところ。
ケーブルはきしめん風の平型で絡まらないのがGOOD。色はマットな黒なので安っぽさもない。(とはいえ、同じフォーカルポイントが扱うAtomic Floydのような高品位な感じはない)

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_05

コントロール部は電源やボリューム調節の3ボタンにマイクが内蔵。そしてここがバッテリーでもあるのだが、このサイズで連続8時間再生(待機時間最大240時間)というのだから実用十分に思う。
重さは15.7g(カタログ値)。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_06

充電は側面のマイクロUSB端子から。ただ、このカバー部含め、シリコン系の素材ってホコリが付きやすいのと経年劣化が大きいんですよね。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_07

スポーツイヤークッションと書かれているように、このフックは耳に掛けるものではなく、耳の窪みに納めて使う。まだ慣れない。もちろん、なしでも使えるのだけど動きにはあった方が落ちない。おそらく最適なサイズを見つける必要があろう。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_08

イヤーチップ含め、S/M/Lの3種類が付属。ほかに充電用USBケーブル。

TUNEWEAR TW1 Bluetoothイヤホン_09

いつでも音楽と共に、なんていう音楽好きでも無いし、年齢相応に耳は経年劣化しているし、で、主な使い道は長距離通勤時の列車のなか。
しばらく使ってみて、改めて感想書きたく思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年4月 2日 (土)

Mac Proのオーディオまわり

コメントで質問を頂きました。真っ当なアドバイスはワタシの知見では難しそうですが、可能な部分のみ、エントリーで書いてみようと思います。
質問:
実は今PC(旧式iMac)用スピーカーの購入を検討しているのですが、USBスピーカーとステレオミニジャックスピーカーをインターフェースを経由して使うのではどちらが良いのでしょうか?
というのも、今ミニジャックを直接PCにつないで使用しているのですがノイズが入りあまりよくありません。私的な質問で大変申し訳ないのですが、先生のご意見、おススメのスピーカー、また先生がプライベートで使用しているPC環境なども参考までにご教示いただければ幸いです。

Mac Audio_01

まず、ワタシも以前、USBからDAC経由でオーディオ出力を得ようと考えたのですが、どうしてもレイテンシーが気になり、踏み切れませんでした(音楽再生なら問題ないと思いますが、編集時のモニタリングを考えると、僅かなディレイが致命傷になり得ると)。

Mac Audio_02

いまのMac Pro(Late2013)の前に使っていたiMacでは安価なオーディオ切換機を使ってヘッドホンとスピーカーを切り替えていましたが、そのときはややノイジーな気がしたのですが、直接iMacにヘッドホンを挿しているとそれがなかったのも覚えています。
これがプラシーボ効果の可能性は否定できないのですが、Macに直接結線でノイズが乗るとしたらMacの電源コードにノイズが乗ってる(同じACタップにノイズ源となりうるものが繋がってる)可能性の方がありそうに思います(ただ、ワタシのオーディオ系聴覚はもうアラフィフだし、自分であまり信用していませんが・・)

Mac Audio_03

iMacはオーディオ出力がヘッドホンポートのみでしたが、Mac Proには2系統のオーディオ出力があります。

001

のでMac Pro購入当初はヘッドホン端子にヘッドホン(MDR-Z900(旧型))、オーディオ端子にアンプとスピーカー(ECLIPSE TDの旧型)を繋いでいましたが、当たり前ですがMac Proの内蔵スピーカーはヘッドホンと排他利用の関係で、ヘッドホンを挿していると(ヘッドホンを使わない)通常時もMac Proからは音が出ません。
メール着信音もFinal Cut Pro Xのレンダリング終了音もきこえないのは不便だけど、そのためにアンプをずっとオンにしてボリュームを上げておくのもなんか違うので。

002

ヘッドホンをオーディオ端子に挿し、普段は内蔵スピーカーを出力先にしています。
じゃあ、アンプとスピーカーはどうしたのかと言えば、選択肢に見えるUSB audio CODECの先に繋がっています。

Belkin Thunderbolt 2 Express Dock HD_01

で、このUSB audio CODECはないか、っていうとBELKIN THUNDERBOLT 2 EXPRESS DOCK HDCalDigit Thunderbolt Station

Mac Audio_04

ヘッドホンはもう10年もMDR-Z900(旧型)を使っていますが、1度交換したイヤーパッドもぼろぼろになってきていて。

Mac Audio_05

去年、MDR-1Rの流通在庫を安く買ったのですが、ハイレゾにはいいのかもだけどモニターヘッドホンとしてはちょっと違う気がして、Z-900に戻しました。MDR-1RはたまにサンダーボルトDOCKに挿して音楽を聴くのに使っています。
MDR-CD900STを買うべきでしょうかねえ、

Mac Audio_06

アンプとスピーカーはECLIPSE TDの旧型。これも古いながら文句のないオーディオなんですが、定位のスイートスポットがかなり狭い印象で、BGM的な音楽再生には向いていないなあとも感じています。
とはいえ、いま、オーディオにお金を掛ける余裕はないので、このままで。

すみません、あまり参考にならないですね。誰か、PCオーディオに知見有る方がいればいいのですが・・・。

--ads--

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年3月23日 (水)

ビクター JX-S777 引退

近いうちに新しい機材が来る予定なので、デスク横のエレクターシェルフを大整理。
この2〜3年、鎮座して居るのみで稼動していなかった往年のAVセレクター、ビクター JVCのJX-S777を外す。

JX-S777_01

え?ビクターの製品サイトみると、JX-S777って、生産完了だけど「こちらの商品につきましては数量に限りがあります。品切れの場合はご容赦下さい。」って一応、流通在庫あるような扱いなの?

JX-S777_02

背面に並ぶ端子群。コンポーネント入出力があるのが素晴らしい(?)

JX-S777_03

シャンパンゴールドの美しい筐体。
うちには2006年の夏に来たらしい(こういうとき、ブログ続けてると便利ですね)。ほぼ10年前。

JX-S777_04

前面パネル内にプロセッサーインアウトがあるのも時代。

JX-S777_05

さらにIEEE1394(DV端子)も。

JX-S777_06

リモコンは素っ気ないけれど、専用設計。

JX-S777_07

SD時代はかなり活躍してくれたし、HD時代になってもHDVのセレクト、キャプチャーに重宝したけれど、さすがにいまのシステムの中には居場所が無い。

JX-S777_08

まだ動くうちに引退。

--ads--

続きを読む "ビクター JX-S777 引退"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年2月22日 (月)

SHURE MV88 iPhone用マイクキャンペーンの動画

マイクを筆頭にしたハイエンドオーディオ機器メーカーであるSHURE (シュア)が、iPhone等のiOS用ステレオマイク MV88のキャンペーンとして
コンテンツ制作をもっと良い音で - MV88を使った動画を見て製品を当てよう!FBキャンペーン】を実施中。

Shure_mv88

動画を見て、お気に入りの動画投稿に「いいねボタン(リアクションボタン)」を押して動画の感想をコメントするとMV88 iOS用ステレオマイクを抽選で8名様にプレゼント!
というキャンペーンなのですが、その動画のひとつを作成させて頂きました。

SHURE MV88_02

音の専門家ではないワタシですが、SHURE ガンマイクセミナー(VP83F)をやらせて頂いたご縁で、iPhoneとMV88の比較ムービーを作らせて頂いた感じ。
ただ、音は不得手なワタシが使っても、明らかに違いが出る製品なので(そこは動画をご覧下さい)宣伝ではなくオススメ。

SHURE MV88_01

iPhone動画撮影時には、このWenPod SP1+ iPhone対応 2軸スタビライザーを使用しましたが、重量的にスタビライズ能力を超えてしまったようで不安定だったため、自作ウエイトを追加したりして無理やり使っている関係上、WenPod SP1+ の性能がでているとは言い難いのでそこはよろしくお願いいたします。

MV88が当たりますので、よろしければ是非ご覧下さいませ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年11月10日 (火)

さよならベータマックス

ベイマックスと言えばディズニーの秀作アニメ映画だが、ベータマックスと言えばソニーの銘ビデオフォーマット。マーケット戦争自体はVHSの勝利で終わったけれど、ビデオ「テープ」の時代を支えた覇者だった。
そしてテープの時代そのものが終焉に向かういま、

ソニー、ベータビデオカセットを'16年3月に出荷終了(AV Watch)

ED Beta_01

手元に現存する数少ないβテープ。
EDベータ Pro Master

ED Beta_02

ED Betaの初号機EDV-9000に同梱されていたプロモーションコンテンツ。前田真三氏の四季の丘シリーズ。
美瑛は当時からメジャーだった。最近、注目を集め出した訳じゃ無い。

ED Beta_03

Beta(βI,II,IIIとありましたね)、Beta Hi-Fi、Hi-Band Beta、ED Beta。
まあこういう規格拡張戦争が技術の進歩を早めたと同時に、自分の首を絞めていったんじゃないかとも思うけれど、それでも当時はワクワクしたなあ。

ED Beta_04

何のかんのと言いつつ、40年テープを供給し続けたソニーは偉いと思う。

ED Beta_05

テープの時代は終わりつつ、ベータマックスはひとあし先に去って行く。
さよならベータマックス もう大丈夫だよ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年6月25日 (木)

ケースを無くしたBose QuietComfort 20 マイナーチェンジ

普通の電車や街角で(iPhoneで)音楽を聴くことはめっきり少なくなった。それでも、自分のiPhone 6 Plusには14GBくらいの音楽ライブラリが入っていて、そこそこ高価なノイズキャンセリングヘッドホンであるBose QuietComfort 20が鞄の中に入っているのは、ひとえに長距離移動時のノイズ低減のため。

BOSE QuietComfort20i_01

隔週の新幹線移動はもちろん、日常の通勤も片道2時間かかる身には、音楽を聴かなかったとしてもNCヘッドホンを使って静かな車内空間が欲しいのだ。

で、先日、付属のQuietComfort 20専用キャリングケースを無くした。いや、落とした?それとも置き忘れた?

BOSE QuietComfort20i_02

いやまあ、適当な百均のポーチでいいだろ、って意見もあろうが、なんとなくこれに馴染んでいたのでけっこうがっかりしていたら、FaceBookでAUGM沖縄の名MC、比嘉 健さんから、BOSEのヘッドホンアクセサリーで単体購入できるのを知る。

ありがたく購入しようとしたら、なんと在庫切れ。えー、と思ったら、ヨドバシで売ってるじゃん(笑)よかったよかった、

で、その時に気がついた。 QuietComfort20 headphones (2015年6月~)って記述に。

そう、ちょうど、 QuietComfort20 がモデルチェンジして、明日発売だった(笑)

Bose_qc_20_headphones_and_carrying_

カラーがブラックの他にホワイトが加わって二色展開。
いいね、と思ったら。差し色?にブルーが入ってカジュアルというか安っぽくと言うか、になっている。え〜、これ、現行機種の方がいいじゃん。

中身というか、機械としての仕様は変わっていないようだし、これ、欲しい人は在庫を買うべきかもと思います。いや、好みなので、若い感じの新型もいいのかもだけど。
という訳で、無事、キャリングケースは発注。ありがとうございます、比嘉 健さん。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月 8日 (金)

SHURE ガンマイクセミナー お礼

フジヤエービック主催、シュア・ジャパン、ヒビノインターサウンド共催のVP83/VP83F ガンマイクセミナー 終了。

Shure_4_1

何年かぶり?に降り立った中野。あれ?こんなにキレイな街だったっけ?

会場となったICTCOは想像以上に充実した空間で、これはなにか出来そう。
そして、ヒビノさん、フジヤエービックさん、現場に精通したスタッフがテキパキと会場を構築していく。

Shure_5

特別ゲストの須藤高宏さんにはとても助けられました。なにより、彼のおかげでセミナー内容が重層的になったと思います。
そして須藤さん始め、FBの業界関係知人が多く来場いただきました。感謝。
ヒマナイヌの川井さんがすかさずブログに書いていただいています。嬉しい。
お、写真カッコイイ(笑)
実は川井さん、ワタシが井出プロに居た頃、太陽企画に居た業界の同志。
お互いスピンオフして(笑)それでも映像から離れることをせず(出来ず)それぞれの戦い方で生き残っています。
そして、FBのコメントで、CP+セミナーでご一緒したヤギシタヨシカズさんが、オムニバスジャパンの出身であることを知りました。

Shure_6

音については付け焼き刃もいいところのワタシが、こんなセミナー講師を引き受けるのも、自分の体験や私見を率直に語ってイイよ、と言ってくれるメーカーや代理店の担当者の寛容さはもちろん、そこ間違ってる、とか、こうじゃね?と突っ込んでくれる方に恵まれているから。

その意味でそこはワカリマセン、と質疑応答で言えてしまうセミナーはとても楽しく、ワタシ自身、勉強になりました(おいおい

関係者の方々、来場いただいた方々、ありがとうございました。
今月、まだ講演があったりします(笑)

--ads--

SHURE @ amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧