Canon EOS R

2019年1月12日 (土)

RF35mmF1.8にメタルレンズフードをつけてみた

RF35mm F1.8 MACRO、自分のEOS Rで今のところ最も使用頻度の高いレンズ。そのレンズフードをキヤノン純正品からサードパーティのメタルフードに替えてみた。

RF35mm Metal Hood F-foto_01

F-Foto クラシックメタルレンズフード スリム&ワイドタイプ

RF35mm Metal Hood F-foto_02

基本的には純正主義のワタシ。メーカーが(開発者が)選択した組み合わせが最も信頼できるというポリシーは変わらない。RF35mm(RFレンズの中で現時点でレンズフードが同梱されない唯一のレンズ!)も純正フードを買っている。
これで十分性能なのは分かる。分かるんだけど、レンズが先細りに見えるし、フード自体の見た目も・・・_| ̄|○
と思っていたところに

RF35mm Metal Hood F-foto_03

凸版のチーフフォトグラファーであり、同じEOS-1D X Mark IIとEOS Rを持つ仲でもある南雲暁彦さんが、ドレスアップ的な意味でRF35mmにメタルフードを付けたとFBに上げた。
(写真:南雲暁彦 掲載許諾済)
ので、真似してみた。
このブログエントリーはnagmono-logueとのコラボエントリーです。

RF35mm Metal Hood F-foto_04

写真上:キャノン純正レンズフード EW-52
写真下:F-Foto クラシックメタルレンズフード HW-52B

RF35mm Metal Hood F-foto_05

純正品の倍になる高さ、直径も大きい。

RF35mm Metal Hood F-foto_06

純正が必要十分条件をクリアしているのに対し、これはドレスアップ的な意味を加味。

RF35mm Metal Hood F-foto_07

製品名が「クラシックメタルレンズフード」というのがよく分かる。

RF35mm Metal Hood F-foto_08

RF35mmの印象がかなり変わる。
メタル製で外側は半光沢ブラック、内側は艶消しブラック塗装。

RF35mm Metal Hood F-foto_09

RF35mmF1.8と質感も統一感あります。
南雲さんはフィルターも極薄の赤リングフィルターを使ってお洒落に仕上げていますが、ワタシは今回はハクバのXC-PRO。ボディ、レンズが防塵防滴仕様なので、気軽に悪天候時に使ってざっと拭けるので。

RF35mm Metal Hood F-foto_10

コロニービームか拡散波動砲か、とか書くとオタク趣味ですね

RF35mm Metal Hood F-foto_11

偶然でしょうが、RF35mmF1.8の直径とほぼ同じ径になり、デザイン的にもこちらの方が好み。

RF35mm Metal Hood F-foto_12

正面から

RF35mm Metal Hood F-foto_13

斜めから。
ちなみにRF35mm、電源オフ時には絞りがこんな感じで閉じます。

RF35mm Metal Hood F-foto_14

上面から。RF35mmはRFレンズの中で最もコンパクトで軽く、安いレンズですが、こう見るとやはりフルサイズらしく相応のボリューム感。

RF35mm Metal Hood F-foto_15

で、この広がったフードはよく考えられていて

RF35mm Metal Hood F-foto_16

67mm径のレンズキャップが先端につけられる造り。
これはけっこう使い勝手がいいと思う。

RF35mm Metal Hood F-foto_17

実効性能としては純正品がもっとも正しいのだと思いますが、見た目は明らかにこちら(笑)
そして純正品より安価。

RF35mm Metal Hood F-foto_18

このスリットが違いを生じるかと

RF35mm Metal Hood F-foto_19

純正フードと替えながら、斜めから、後ろから光源入れつつ撮り較べて見ましたが、そのくらいでは有意な差はありませんでした。

ZAKU Head by RF35mm

EOS R + RF35mmF1.8 f5.6 1/60秒 ISO1250

RF35mm Metal Hood F-foto_21

という訳で、ちょっとドレスアップしてみましたエントリーでした。
(写真:南雲暁彦 掲載許諾済)
この写真、自宅でさっと、iPhone撮影らしい・・・。そんな南雲さんのブツ撮りはコマーシャルフォトの連載、Still Life Imaging 素晴らしき物撮影の世界 で読むことができます。

連載アーカイブ WEB版 Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2019年1月10日 (木)

キヤノンがお年玉を

キヤノンがお年玉を贈って(送って)くれるらしい。

Canon_cashback

いや、EOS R SYSTEM誕生キャンペーンのキャッシュバックですが。

EOS R CashBack

これです。

ただ、ちょうどCESが始まったこのタイミングで欲しいのは、こういう案内じゃなくて、EOS Rのファームアップもしくは新レンズの案内なんだけどな。
ニコン(Z6/Z7)のアグレッシブなファームアップは素直に凄いと思うし、羨ましい。

でも、せっかくCFexpress対応にアップデートするXQDスロット搭載してるんだから、ProRes RAWは内部収録で実現できなかったのかなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月29日 (土)

RF28-70mm F2L & RF50mm F1.2L でポートレート撮影

とある雑誌仕事にかこつけて、RFレンズ第一陣4本のうち、高価い2本を借りてポートレートを撮ってきました。(それについては年明けてから。)
RF28-70mm F2L USM 、 RF50mm F1.2L USM。ともに自分の財布ではちょっと買えないレンズです。

杏_A3137

RF28-70mm F2L USM(70mm)+ EOS R f2開放 1/60秒 ISO5000 
モデル:杏

夜の自然光のみ。一脚使用しています。

RF Lens all

右から RF35mm F1.8 IS STM、RF24-105mm F4L IS USM、RF50mm F1.2L USM、RF28-70mm F2L USM

Rf_lens_spec

そして右から順に「大きく、重く」なっていき、そして「高価く」なっていくのです(笑)
ちなみに最大撮影倍率は「小さく」なっていきます。

杏_A3522

RF50mm F1.2L USM + EOS R f1.2開放 1/60秒 ISO1600 モデル:杏

この重いレンズをISなしに手持ちでは、自分の場合、1/60秒が限界。

杏_A3556

RF28-70mm F2L USM(52mm) + EOS R f2.2 1/60秒 ISO200 モデル:杏

50ミリ部分で較べて見たくて。f2開放のつもりでしたが、レンズのコントロールリングに絞りを割り当てていたため、つい触っていたようです。

RF Lens all & EOS R

たまたま現行のRFレンズがぜんぶ揃ったので、EOS Rと一緒に記念撮影(笑)
RFレンズは今後のラインナップ ロードマップが未発表ですが、ゆくゆくEFと双璧をなす充実をみせるのは当然?として、まずどの辺から来るのか気になります。
一昨年買って愛用しているEF70-300mm F4-5.6 IS II USMクラスの、手の出しやすいハイパフォーマンスレンズ、欲しいなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月27日 (木)

EOS R ミニチュアフィギュアと革ストラップ届く

EOS R SYSTEM 誕生キャンペーンが、クリスマスとともに終了(12月25日)。
そしたら翌日、キャンペーンのプレゼント品が届きました。どうせならクリスマスにリボンラッピングで届けるくらいのことすればいいのに、とは言いません。ユーザー層、違いそうだし。

EOS R Metal miniature_01

事前登録 先着7,777名限定の オリジナル EOS R ミニチュア
応募者全員プレゼントの 本革製EOS Rオリジナルストラップ

EOS R Leather Straps_01

本革ストラップ。
そういえばキヤノン純正ストラップでレザーのものって、PA-E1BKがディスコンになってからラインナップに無いように思うけど、EOS M用に出てるEM-E2シリーズは革?かな?

EOS R Leather Straps_02

肩当て部中央にCanon ロゴの型押し。

EOS R Leather Straps_03

フチに近い部分に EOS Rの型押し。機種名プリントのような派手さがなくて◎

EOS R Leather Straps_04

テープ部の処理、

EOS R Metal miniature_02

ホンモノのEOS Rより豪華な化粧箱に入ったミニチュア。

EOS R Metal miniature_03

公称 幅約46mm×高さ約34mm×奥行約58mm

EOS R Metal miniature_04

なかなか精密な印象ではある。

EOS R Metal miniature_05

レンズ(RF24-105mmF4L)の先端はちゃんと(?)前玉あり。

EOS R Metal miniature_06

背面液晶は可動しません。

EOS R Metal miniature_07

サイズからいうと、およそ1/3スケール。

EOS R Metal miniature_08

素材は亜鉛合金+シルバーメッキ加工(公称)なのでずっしりと重い。

EOS R Metal miniature_09

実測値は221g。これも見事にホンモノの1/3。

EOS R Metal miniature_10

という、ん〜と、コレクションアイテムなEOS R フィギュアでした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月22日 (土)

RF28-70mm F2L USM

RFマウントレンズ、第一陣で最後に発売開始されたのが、RF28-70mm F2L USM。
現時点でアナウンスされていたRFレンズの中で、もっとも重く、最も高価く、そして他社を含め過去に例のない(よね)フルサイズ標準ズームでF2通しのAFレンズ。
(コメントでシグマ24-35mmF2の存在をお教え頂いたので訂正しました)

RF28-70F2L

ってか、標準ズームで1.4キロ(公称質量1430g)って。
もうEOS Rだと重心バランス悪すぎて(笑)バッテリーグリップが欲しい。

東京は雨。
寒いけれど、雪になるほどの寒さではないので、ホワイトクリスマスは実現しないようです。

SUBARU_XV_121

SUBARU_XV_122

--ads--

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2018年12月11日 (火)

EOS R キャッシュバック と PayPay

買う理由が値段(安さ)なら買うな、というのは至言だと思う。思うけれど、話題のPayPay祭りに、EOS R SYSTEM誕生キャンペーンのキャッシュバックをあわせると、RF24-105mm F4Lが標準小売価格の半額になってしまうのなら買いますよね。

RF24-105mmF4L

RF24-105mm F4L IS USM、EFの24-105mm F4Lに較べ100g近く軽いのだけど、EOS RはEOS 5D Mark IVに較べ230gも軽いので、相対的に重く感じるしEOS Rに付けるとフロントヘビーな感は拭えない。
たぶんバッテリーグリップ(BG-E22)を付けるとバランスがいいと思うけれど、それだと小型軽量なEOS Rの良さをスポイルして本末転倒な気がするので考えないようにしている。

そしてキャッシュバック キャンペーンに応募。

EOS R CashBack

なんだけど、キヤノンに限ったことではないんだけど、この応募のために保証書、レシートのコピーは当然として、箱のバーコード部分を切り取らせるのは(不正防止のため仕方ない側面はあるけれど)好きになれない。
本来、箱は取っておきたい(EOS 5D Mark IVを手放してEOS R買ったクマデジさん見ると彼もそうかな)派なんだけど、この箱を取っておきたい気持ちにはなれないのです。

いや、箱は製品を安全にユーザーの手元に届けるためにあって、それ以上のモノではない、というのもひとつの正しい見識だし、あっさりとした超シンプルなパッケージングを見ても、キヤノンがそこに妙なラグジュアリー感を持っていないのはいいと思うんだけど、もちょっとなにか方法ないかなあ。・・・と思うワタシです。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月 2日 (日)

RFレンズのリアキャップが、はめにくいので対策

EOS Rを初号機にするRFマウントシステムは、マウント部を「金属のカタマリ」感で見せるいいデザインだと思うのですが、RFレンズのリアキャップ(正式にはレンズダストキャップと言うらしい)、はめにくいと思いませんか?

RF Lens Rear Cap_01

EOS Rのマウント部。

RF Lens Rear Cap_02

EFレンズではリアキャップは被せて適当に回せばキャップ装着ができました。が、RFレンズはなかなかうまくはまりません。
EFマウントは、3箇所、キャップがはまるポイントがあるのですが、RFマウントは1箇所しか正しくはまりません。

RF Lens Rear Cap_03

レンズのマウント径は同じ54mmですが、マウントの形状は異なり、誤装着を防ぐためか、結果的にレンズリアキャップは手探りではめるのは難しいことに・・・。

RF Lens Rear Cap_04

リアキャップ(ダストキャップ)のラインを合わせればいいのですが、ぱっと見で分かんないよ、そんなの。
ので、仕方なく応急対策。

RF Lens Rear Cap_05

百均のシールを切って

RF Lens Rear Cap_06

レンズリアキャップのラインに貼り込みます。
少し長めにしてリアキャップの上面に回すとカメラバッグの中でも見やすく、作業が少し楽になります。

RF Lens Rear Cap_07

ただ、リアキャップ正面にはマウント指標の凸部があるので、シールが浮いてしまいます。
その意味では側面ラインと上面の凸部を赤くペイントするのがいいと思いますが、面倒くさくてやっていません。
プラモデル用の塗料やマーカーでいいのかな?ガンダムマーカーでも買うか。

--Ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月 4日 (日)

EOS R 超小ネタ:USB充電可のバッテリーを区別する

先日書いたように、EOS RのバッテリーはEOS 5D Mark II以来10年続くLP-E6系だけど、LP-E6は2014年にマイナーチェンジして LP-E6Nになっている。
当時、容量3.6%アップしかメリットが無いと思われていたけれど、4年後の今年、EOS RがLP-E6Nに限り、本体内USB充電が可能だと表記し、E6とE6Nには意外な仕様変更が行われていたことが明らかになっている。

LP-E6N

ので、手持ちのLP-E6N(1本はEOS R付属。他の2本はすでに持っていた)にE6Nだとひとめで分かるようにテプラを貼った。
本体内充電をしている間はEOS Rが使えないので、実際に旅行時はバッテリーチャージャー持っていくだろうし、あまりアドバンテージを感じないけれど、充電器を忘れたりしたとき緊急避難的にUSBから充電できるのは便利だからEOS R使用時はLP-E6N優先で使おうと。

ちなみにテプラ等のシールは側面に貼ると脱着を繰り返すウチに剥がれやすいので、底面がオススメ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月29日 (月)

EOS R とバッテリー LP-E6N

EOS RのバッテリーはキヤノンEOS用バッテリーのメインストリーム LP-E6N。
LP-E6Nはちょうど10年前EOS 5D Mark IIと共に登場したLP-E6、のマイナーチェンジモデル。
EOS 5D 初代や EOS 40D、50DまではBP-511AでEOS 5D Mark IIからLP-E6に。
2014年、EOS 7D Mark IIのときに LP-E6Nにマイナーチェンジ。

EOS R & LP-E6N_01

写真左からBP-511A(1390mAh/80g)、LP-E6(1800mAh/80g)、LP-E6N(1865mAh/80g)
4年前の時は容量が3.6%増えただけで文字通りわずかなアップデートに思ったのだけど。

EOS R & LP-E6N_02

EOS Rではカメラ内USB充電に対応。LP-E6ではカメラ内充電に非対応なのを見ると、4年前にいまを見越した(?)仕様に変更されていたのですね。
EOSの動画サーボAF速度カスタマイズに対応するのが2009年以降のEFレンズであること(動画サーボAFカスタマイズ機能は2014年に実装)など、キヤノンは未来の仕様に備えた仕込みを数年単位で行う。

EOS R & LP-E6N_03

USBによるカメラ内充電をどのくらい使うかはともかくとして、EOS R運用時はEP-E6Nを使わないと。ですね
(互換バッテリーはどうなんんだろ?可能だとしてもカメラ内充電は危険だと思います)

の割にEOS Rのバッテリー管理機能は、E6とE6Nを見分けているのに表示では分けてくれないんですよね。
ここの表記も自分で変更させてくれたらいいのになあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月26日 (金)

EOS R 発売とビデオSALON WEBでレビュー書きました

2018年10月25日 キヤノン EOS R 発売

一眼動画を切り開いた銘記にして名機、Canon EOS 5D Mark IIからちょうど10年。

EOS R

先日書いた EOS 5D Mark III と EOS 40Dの代わりに、やってきました。

そして、ビデオSALON WEBで
【斎賀教授のアフターファイブ研究室 特別編】 EOS R のスチル&ムービー機能を評価する
公開されました。

Videosalon_web

EOS R 発表会に呼んでいただき、その後、ちょっと空いて(メジャーな方々のあとで)3週間ほど、検証機をお借りして書いたレビューです。
それなりに、良い部分も悪い部分も感じた上で結論は「買おう」でした。

今後は、ここmono-logueでも書いていく予定です。

EOS R 4K切りだし

EOS R 4K動画から切りだし

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|