本/音楽

2017年4月22日 (土)

ビデオSALON 5月号はプロキシ編集入門

ビデオSALON 2017年5月号発売。
メイン特集は「ナレーション構成&収録・編集術」
ビデオ専門誌だけど「音」の話

Videosalon_01

表紙はBlackmagic URSA Mini Pro 4.6K
NAB 2017に先駆けて発表された新型。

Videosalon_02

そして巻頭5ページに渡りブラックマジックのURSA Mini Pro 4.6K および DaVinch Resolve用のPanel
ブラックマジックって昔は安いけどちょっと・・・的なニュアンスで語られる製品群だったと思うけれど、ここのところの製品群の底上げと勢いは素晴らしい。
URSA Mini Pro 4.6K、EFマウントですよね。いちどちゃんと使ってみたいなあ。

Videosalon_03

メイン特集の「ナレーション構成&収録・編集術」では、音声の収録、だけでなく、ナレーション「原稿」のリライトの話しにおよそ半分を割いていてイイ感じ。
この特集は保存しないと。

Videosalon_04

そしてパナの注目株 GH5の4K/60P 4:2:2 10bitを見据え、プロキシ編集入門としておさらい的な小特集。ネイティブ編集、中間コーデック編集、プロキシ編集についての解説と、AdobePremiere、Final Cut Pro、EDIUS、DaVinch Resolveでのプロキシオペレーションの説明。
そう、GH5の4K/60P 4:2:2 10bit、ビットレート400Mbpsはとんでもない広帯域データ・・・なんだけど、EOS-1D X Mark IIのDCI 4K/60Pは800Mbpsなので、もっと重いのです。
(広帯域イコール高画質とは限りませんが)

で、記事にも書かれているように、Final Cut Proでのプロキシ運用の注意点は書き出し(共有)のまえに、プロキシから最適化/オリジナルに切換を忘れないいようにすること。

Final Cut Pro レンダリング比較

忘れてプロキシ設定のまま書き出すとこういう悲劇が待っています。

Videosalon_05

左:最適化/オリジナル 右:プロキシ

ここは自動で切り替えてくれるPremiereに軍配があがる場面。

Final Cut Pro、せめて警告出してくれませんかねえ・・・。

という訳で、ワタシと高田助手のFinal Cut Pro連載もよろしくお願いいたします。
今月は接続と置き換えについて

Videosalon_06

ワタシのモノ連載はATOMOSのNIJA FLAMEをOM-D E-M1 Mark IIで使う、というもの。
思えばアトモスも前述のブラックマジック同様、トップブランドではなかったと思うのですが、こちらもいまではトップブランドとして君臨しているのはさすが。

Videosalon_07

今回、ナレーション録音のバックアップにも使ってみたのですが、タグ付け機能はかなり便利。(ナレーター 弓月ひろみ さん)
画だけでは分からずスキミング再生ではOKテイクが分からないのでこれは有効のはず。
EOSも4KのHDMIスルー実装して欲しいのになあ。

NINJA FLAME

フリクションアームは必需品として愛用しています。安価なものもあるけれど、そこは信頼のマンフロット製を。

Videosalon_08

ビデオSALONでまさかフラックスと半田の話しが読めるとは思ってなかった(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月19日 (水)

コマフォト5月号で4Kムービーカメラ選び

コマフォトことコマーシャルフォト 2017年5月号が発売。
特集はポートレイトパワー。

_2017_4_01

ポートレイトというとワタシレベルだとつい被写界深度の浅い開放系の女性写真を思うけれど、特集を飾る写真は硬質なトーンのものが目立つ。
コマフォトらしく「広告写真におけるポートレイト」の特集。

_2017_4_02

読み物としてもとても面白かった。

そして連載:一眼ムービーなんて怖くない!の特別編としてミニ特集のように6Pが割かれているのが「4Kムービー時代のカメラ選びのポイント」(鹿野宏氏)

_2017_4_03

旬(?)な4K動画対応一眼、7機種(ニコン D500、キヤノン EOS 5D Mark IV、ソニー α99II、α6500、フジフィルム X-T2、パナソニック GH5、オリンパス OM-D E-M1 Mark II)の比較。

_2017_4_05

スペック的な比較にも鹿野氏の見方が反映されていて参考になる。
そう、OM-D E-M1 Mark IIって実用感度はちょい低いよなあと言う自分の実感とも一致。
自分が使っていないカメラに関しては分からないけれど、α99IIはやはりいいのか。気になるなあ。

_2017_4_04

プロファイルの比較も必見。
こういうのは同条件の比較でないとダメだと思っていてその意味でも貴重で参考になった。
別々のシチュエーションで使ってXXXは△△で、とか言う(書く)ひとも多いんだけど、それ、感想以上のエビデンスはないから・・・。
ただOM-D E-M1 Mark IIはFlatで検証してるけど、以前書いたようにOM-D E-M1 Mark IIのFlatって2種類あるのでどっちなのか気になった。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月31日 (金)

それが映画をダメにする 前田 有一氏の本を読む

映画の感想は難しい。いや、そんなのどこまでいっても個人の感想だから好きに言えばいい。いいんだけど、好きな映画と好きなクルマの悪口を聴くと自分の彼女の悪口を言われたようにムッとしません?少なくとも自分にはその片鱗があると自覚してるので、逆にダメな映画をぼろくそに言うのに抵抗があります。

でも、そんな中庸な感想なんて面白くもなんともないですよね。
その意味で、前田有一の超映画批評は圧倒的に面白い。
そうそう、と手放しで同意するときと、ソレハチガウノデハ・・?と鼻白むときと両方あるんだけど、まあ、映画評なんてそんなもんだよね、全方位に深く刺さるなんて、それこそ嘘くさい。

Photo

それが映画をダメにする(玄光社)

で、そんな前田有一氏が「それが映画をダメにする」というタイトルで連載しているのが、ワタシも連載させて頂いているビデオSALON。
この本は、その連載の4年分のまとめ(加筆修正有りらしい)。連載時に飛び飛びに読んでいたものを改めて一気読み。
あれ?映画批評では超メジャーな前田氏だけど、もしかして「著書」としての単行本は初めて?

面白かった。同時にチガウダロ。と思った回もあるのも同じ。
超映画批評でも前田氏のテキストは映画の登場人物に入っていく批評(感想)ではなく、そこからある種の距離をとって俯瞰する批評だと思っているけれど、この連載/書籍では、その姿勢がもっと明確。
回によっては、映画名は例示に過ぎず、その映画なり環境なり手法なりを「批評」するテキストも散見される。ここは前田氏の狙いなんだろうなあ。
ので、個別の映画評と思って読むと裏切られるというか肩すかしをくうかもしれない。
映画のなかの話では無く、映画を取り巻く外の話、として読むととても面白かった。

映画を愛しているなら、逆にこのくらい醒めたテキストで語るだけの力を持ちたい、と思う一冊。
個人的には恋愛(映画愛)は語るよりするもの、だとは思うけれど。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月28日 (火)

デジタル達人の超愛用品に部屋が・・・

flick!特別編集の「デジタル達人の超愛用品」という本?雑誌?が昨日発売、本屋さんや一部コンビニに並んでいます。
いろいろなIT関係者の愛用品を集めた内容なのですが、ワタシも取材頂いて、アラウンドデスク、のコーナーで紹介頂いています。

デジタル達人の超愛用品_1

お世話になっている方、仲良くして頂いている方、オンライン上でだけ面識の有る方・・あれ?登場されている方の半分以上は知り合いだというのは、業界が狭いのか、そういうクラスターが取材対象だったのか。

取材を行うひとが多いのかカメラを愛用品にしているひとも多かったのだけど、面白かったのがその割合。
ソニー 2人 キヤノン 3人 カシオ 2人  フジ 3人 ニコン、オリンパス、シグマ 各1人、リコーも1人だけどTHETA持ちが7人居るので、なんとリコーが最大派閥(?)。
それを別にすればフジがキヤノンと並んでトップなのはいま、フジが熱いからか。そして一眼「レフ」はキヤノンの3台だけ。それ以外はすべてコンデジか、ミラーレス。これも時代か、
(なにしろ唯一のフフォトグラファー肩書きの三井公一さんもミラーレスだし)
ので、上の写真は取材時には重くて持っていかなかった(おい!)愛用のEOS-1D X Mark IIをあしらってみました。

デジタル達人の超愛用品_2

デスクの取材だと聞いていたので机の上だけかたづけていたら、けっこう広く撮られていてしまった。ハウスクリーニング入れるべきだったかと反省。
家族からは身だしなみがなってないとか、腹が出てるとか、冷たい反応しか得られず、寒い時代だと思います。

ちなみに31人の方が出ていて、持っているスマートフォンは47(!)&ガラケー1。
内訳はiPhoneが30、Android、WindowsPhoneが併せて17。

デジタル達人の超愛用品_3

表紙に「荷物もコンパクトでクレバーに仕事をしている」とあるせいか、多くの方がカバンやバックパックと共に軽やかな写真に納まっていて、ここは圧倒的にひらくPCバッグが主流。
これはそうだろうなあと思っていて、当日ワタシはわざとTENBAを持っていったのですが、納品が間に合っていたら、バックパックで写真撮って貰うべきだったなあと(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月23日 (木)

ビデオSALON 4月号でGH5とLG4K、5Kディスプレイ

いつもだと見本誌が届いたあたりでブログに書くのですが、年度末はなにかと追われ、すでに発売しているビデオSALON 2017年4月号。

Salon_4_01

ビデオSALON 2017年4月号
表紙こそソニーのレンズだけど、特集も別冊付録も、パナの新鋭機 GH5
まあ、ムービー的にはいまいちばん注目のカメラというのは間違いない。

実際、スペックだけでみたらモンスター級だと思う(コンパクトボディだからケーニッヒモンスターか)。

Salon_4_02

比較対象はα6500とOM-D E-M1 Mark II
比較作例は同誌のWEBで公開されているので必見。

ただ、4Kフォト、6KフォトはH.265/HEVC(6K)あるいはH.264/MPEG-4 AVC(4K)からの切りだしですよね。RAWで書き出せるわけでも無いので、「ポスターなど大型サイズへと引き伸ばした作品づくりも可能です。」と言っちゃうのはどうなんだろう。

そして、一部でサイカの買い物候補エッセイじゃねえの?と言われている(笑)連載の、今月のアイテムはLG UltraFine 5K DisplayとLG UltraFine 4K Display

display_01

使ってみると、とてもイイ感じ、かつ、Mac Proで5K表示が可能だったこともあわせ高評価なのだけど、結局、Mac Proでの5K表示について公式な発表がない状態なのは残念。
次期Mac Pro待ちか・・・。

display_02

テスト中の書斎デスク
左からEIZO CG277、NECの2690、LG UltraFine 4K Display

GH5が気になっているひとはすぐ本屋さんへ

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月 3日 (金)

ビデオSALON WEBでPeakDesignバックパック

ビデオSALONで連載させて頂いているモノ系エッセイ(!?)でPeakDesignのエブリデイバックパックを書いたのは先月発売号ですが、早くもビデオSALON WEBに転載されました。

Peakdesign

バックパック(リュックサック)が苦手でひとつも持っていなかったワタシが、去年、かわるビジネスリュックで、ああ、バックパックも良いなあと宗旨替えしたところへ投入されたPeakDesignのバックパック。

記事用と自分の試しに、1ヶ月の長きに渡り借りて、連日いろいろ使ってみました。

Peakdesign_02_1

例えば、こんなところに重いショルダーバックでは重心が偏ってコワイです、ええ。

出張など、ビジネス中心プラスミラーレス1台、のシチュエーションではかわるビジネスリュック、カメラバッグプラスα、で使うならPeakDesignのエブリデイバックパックというのが、自分の印象。
PeakDesignでタウンユースは20Lの方が向いてると思うけれど、EOS使う場合は30Lだよね、というのもワタシなりの結論。

PeakDesign_01

ので、先日、お借りしていたPeakDesign、ふたつを返却し、30Lをオーダーしました。
ああ、この連載、この分だと大赤字シリーズです(笑)
ただ、品薄でいつ入荷するかも未定みたい。
CP+ではPeakDesignのデザイナーと握手してきたのに(関係ない)。

--ads--
AmazonでもPeakDesignのエブリデイバックパックは売っていますが、品薄のせいか、かなりのプレミア価格になっているようです。高価くてもいま欲しい、という方も居るので転売や並行輸入は否定しませんが、正規代理店の銀一オンラインの方が1〜2万円も安くなっていますので念のため(ただし、今日現在在庫無し)

【かわるビジネスリュック】リュック,ビジネスバッグ,人気,メンズ,通勤,スーパークラシック,SUPER CLASSIC,スーパーコンシューマー,SUPER CONSUMER,コグレマサト,いしたにまさき

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月14日 (火)

週刊朝日でヤマト特集(?)とは

週刊朝日の表紙が宇宙戦艦ヤマトになる日が来るとは思わなかった(笑)
宇宙戦艦ヤマト2202はもともと地雷みたいなコンテンツだし、2199の監督、演出がしれっと変わっていることも含め、不安な作品ではあるけれど、まあ、乗りかかった艦だし。

_01

週刊朝日の巻頭特集はたいした情報がある訳ではないのだけど、予告編にも出てきたアンドロメダ級は5隻あり、うちアポロノームなど2艦が空母型であることが明記されていることや、コスモタイガーIIがコスモファルコンの後継機とも明記。
にしてもアンドロメダはともかくコスモタイガーまで、さらば・・を踏襲か。

バンダイビジュアルが公開しているPV
まさかのジュリー(笑)

不安な気持ちで公開日を待ちたいと思います。
個人的に高評価の2199に関係するエントリー一覧

_02

Amazonで週刊朝日を検索すると、あれ?シルエット?と思ったら、ああ、これがジャニーズのWEBポリシーというやつなんですね・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 7日 (火)

コマフォト ShuffleでEOS 5D Mark IV記事転載

去年、コマフォトことコマーシャル・フォト 2016年11月号に書いた特集記事「キヤノン EOS 5D Mark IVの実力」が同誌のWEB版ページ、Shuffleに転載されました。
4Kシネマや4K放送に対応し、オートフォーカスの性能が劇的に進化したEOS MOVIEの現在

Shuffle

昨年秋、発売されたとき40万円代半ばの市価に高価いよ、と腰が引けたひとも多かったEOS 5D Mark IVですが、現在30万円代半ば近くまで落ち着いてきて適性感が出てきたようでワタシの周囲でも買うひとが何人も。
EOS 5D系にハズレなし、なのは今回も鉄板で、今後4年間、キヤノンのフルサイズ一眼のリファレンスとして安心して使える機種と思います。

とはいえ、ワタシはEOS-1D X Mark IIを選んだ身(笑)。この記事はEOS 5D Mark IV特集ではありますが、EOS-1D X Mark IIも並べて動画機としてのそれぞれを考えてみました。

慶香_01

EF50mm F1.2L 開放
昨年末から今春にかけて各社から魅力的なミラーレス機が次々リリースされ、部分的性能ではEOS 5D Mark IVを上回る機種も出てきました。
フルサイズセンサーの画、をどう考えるかが大きな分水嶺になるのだと思っています。

慶香_02

EF35mm F1.4L 開放
ワタシも年末、OM-D E-M1 Mark IIを買ってマイクロフォーサーズとフルサイズの2マウント体制ですが、センサーサイズが倍(面積比は4倍)違うことで、明確な使い分けがあります(もちろん、かぶる守備範囲はありますが)。
今年のCP+はどんな未来が見えるのか、楽しみです。ええ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月21日 (土)

ビデオSALON は自立式一脚特集だった

ビデオSALON 2017年2月号の見本誌が届く。
特集は 自立式一脚&モバイル三脚 大集合 だった。

Salon_2_01

表示を飾るのはLibec HFMPとフジのX-T2。
先号から左開きになると同時に表紙のイメージも刷新。

Salon_2_02

そして自立式一脚&モバイル三脚は柳下隆之氏と岡英史氏による一斉テスト。
先日、印象を書いたばかりのリーベック HFMPとマンフロット、シルイの横一列評価はかなり参考になった。
(自分の印象と大きく違わなかったことも嬉しい)
CP+ 2017で実機を試すのをリマインダーに入れておこう。

Salon_2_03

ビデオSALONが近年力を入れているように思うのがドローン関係。Phantom 4 Proの特集。次号はInspire 2特集らしい。
実はウチでもとあるプロジェクト用にPhantom4を導入済み。そのうちいろいろ書きたい。

Salon_2_04

3-Way カラコレ特集もいい。そう、現行のFinal Cut Proで何が不満ってカラコレまわりなんですよね。いまの独自形式が悪いんじゃ無くて、それ「しか」選択肢が無いのが痛すぎる。
かつてShakeを持ち、Colorを擁した資産がまるで活かされていないように思う。
EDIUS Proか、これも良さそうなんだけど、MacOSで(ネイティブに)動かないアプリは現状では選択対象外なんですよねえ。(あくまで現状、では、ですが)

Salon_2_05

そして、とても面白そうで使ってみたいカラーグレーディング用(専用ではないけど)コントローラー、Tangent Wave Ripple。
買えない金額ではないので試してみたいと思ったけれど、まあ、当然のようにFinal Cut Proは対応外。そうだよね〜。

Salon_2_06

高田君と共著で連載中のFinal Cut Pro X Reboot は、今回まで新Ver.10.3のオーバービュー。今回はデュアルディスプレイ運用その他の新機能について。

Salon_2_07

で、アフターファイブ的連載はMacBook Pro Late 2016のThunderbolt 3/USB-Cについて。

Salon_2_08

最後の数行が本音とも言えます。
この連載は興味ある機材やソフトウエアのみ、自分視点で試すものなので楽しい(笑)
いまも、とあるものがお試し中。
NDA案件以外は、インスタグラムでときどき写真載せています。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月26日 (月)

スター・ウォーズ 制作現場日誌 ーエピソード1〜6

ローグ・ワン、面白かったですね。ただ、ガンダムもスター・ウォーズもサイドストーリー(?)はどうしてもミリタリー色が強くなってしまうようで。
そして絶妙なタイミングで玄光社から出版された一冊の本。

スター・ウォーズ 制作現場日誌 ーエピソード1~6ー CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS

CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS_01

この本自体はローグ・ワンとは無関係、STAR WARSのエピソード1から6の制作舞台裏を(初出の)写真と、ジョン・ノール!のコメントで見せていくバックステージ記録集。
ジョン・ノールのお兄さんで、Photoshop生みの親、トーマス・ノールとの思い出はここ

CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS_02

ほら、この1ページだけで買っていいと思わせるでしょ(笑)
原題が「 CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS」というのにちなんで、365のエピソードに分けて、セット、撮影、ミニチュア、コンセプトアートを解説している。

CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS_03

365エピソードだと365ページってことではない。744ページにもなる分厚い資料集。計ったら約2.1kgもの重量。
重いので店頭よりAmazon向けです・・・。

CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS_04

本篇ではカットされたシーンも載っているし、俳優の肖像権云々はどう処理しているのか、若き日のハリソン・フォードはじめ懐かしい顔もいっぱい。

CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS_05

解説は多岐に渡り、まだぜんぶ読めていないのだけど、クレジットの項なんか、ぐっと来ます。

CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS_06

3,700円(税別)と厚さを思うとリーズナブル。これ、翻訳だけでも相当な話ですよね。玄光社、がんばるなあ。
あ、玄光社のページで、誤訳の訂正がなされていますので、買った人は見ておくと良いと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧