カメラ・撮影用品

2017年8月16日 (水)

peak design slide lite:動画撮影時に好適なストラップ

なんだかんだとカメラのストラップはいろいろ持っている。メーカー純正革製アルティザン&アーティストのもの、その正統な(?)血を引くインダストリア★のジャガード。それぞれの良さと魅力があるものの、この半年、EOS-1D X Mark IIにつけているのがこれ。peak design slide lite。動画撮影時には現状ベストだと思っている。

peak design slide lite_01

peak design slide liteは、俗に速射ストラップと呼ばれるカテゴリーの製品で長さ調節機能とアンカーリンクスによるスピーディな脱着機能が特徴。
本当はpeak design slide liteはミラーレス等小型軽量カメラ用とされていて、EOS-1D X Mark IIなどのヘビー級用にはpeak design slide というもう少し大ぶりな製品があるのだけど、あえてライト級のものを使っています。

peak design slide lite_02

金属レバーによる長さ調節機能はデザイン処理も美しい(ここの製品、ルック・アンド・フィールがホントに上手い)。

peak design slide lite_04

長さ調節のステップバイステップ。この機能も同種のストラップのなかではもっとも使い勝手の良いモノだと思うけれど、実はこの部分はあまり使っていない(笑)使っているのはアンカーリンクスと呼ばれるストラップの付け根の部分。

peak design slide lite_03

アンカーリンクス部。これが個人的には秀逸

peak design slide lite_05

中心部を押しながらスライドさせるとストラップが外れます。

peak design slide lite_06

ハズされたストラップ

peak design slide lite_07

ボディに残るアンカーリンクス

peak design slide lite_08

なんでこれが動画撮影時に好適かというと・・・

peak design slide lite_09

スライダーやジブアーム運用時。ジンバルスタビライザー搭載時も。
これらカメラを動的に使うとき、ストラップは邪魔なばかりか、引っかかったりしてミスや事故のもと。EOS-1D Cの頃から洗濯ばさみで留めたり輪ゴムで結わえたりしていたけれど、外せるのがいちばん。
外せるってことは「意図せず外れてしまうことがある得る」ってことで幾ばくかのリスクを内包すると思う。だからこそ、キヤノンはやらない(やれない)と思う。サードパーティ製は自己責任で。でも、スライダー運用時に引っかけるよりは事故の危険性少ないと思います。

peak design slide lite_10

peak design slide liteはストラップに滑り止めが貼られているのですが

peak design slide lite_11

これがストラップの表側になっていて、裏側はつるつる。
これ逆?と思ってCP+のときに銀一の方に訊いてみたところ、通常使用時はカメラのスピーディな取り回しを意図して滑らせ、保持したいときはストラップをひっくり返すという使い方を想定しているとか。うーむ、なるほど。

peak design slide lite_12

ただ、先日、クマデジタルさんに長さ調節金具でカメラボディ傷つけません?と突っ込まれたように、そこはちょっと心配。EOS-1D X Mark IIのボディ、意外と柔らかくて傷つけやすいんですよね。
気をつけてはいますが、そのうちカメラバッグの中で接触事故起こしそうなのが心配です。

peak design slide lite_13

という訳で動画カメラとしてのEOS-1D X Mark II運用時はこれが現状、お気に入りです。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 4日 (金)

マンフロットから届いたジッツオ

先週末届いた宅配便は白いマンフロットのテープがしっかりと貼られていました。
先日書いた、マンフロット メルマガ登録でクーポンキャンペーンでなにか買ったのでしょうか?

Manfrotto

でも、あのクーポンはジッツオは対象外でした。
さて?とテープを剥がし、保護ダンボールから出てきたのは・・・。

GITZO GK1542-82QD_01

GITZO / ジッツオ(笑)

GITZO GK1542-82QD_03

割引クーポンこそ対象外でしたが、マンフロットストアはメーカー直営にもかかわらず、アグレッシブな値付けの製品があって(モノによる)、マウンテニアの1型4段の脚 GT1542にセンターボール雲台GH1382QDを組み合わせたGK1542-82QDキットはAmazonより安かったのです。
(現在は在庫無しで価格が戻っています、急がない人は在庫復活時の価格に注意)

GITZO GK1542-82QD_02

一昨年の秋、ジッツオ トラベラー系のリニューアルのときに一新されたセンターボール雲台。美しく、かつ旧型の雲台より明らかに優れものだったのでいいなあいいなあと指をくわえていた。
とうとううちに(笑)

GITZO GK1542-82QD_04

トラベラー1型もってるのに、マウンテニアも1型なの?かぶるじゃん、とか、クマデジタルさんは2型だよ。とか、RRS / Really Right Stuffの三脚がいいって言ってたじゃん、とか、いろいろ疑問、ツッコミはあろうかと思いますが、それは近日、なんでこれにしたの、ブログエントリーも書こうかと思います。

GITZO GK1542-82QD_06

パッケージに貼られたQRコードでジッツオ工場(ジッツオもいまではイタリア製です)から認定販売店への追跡管理で真性品であることが確認出るらしい。偽物とかあるのか・・・。

GITZO GK1542-82QD_05

で、このQRコードから製品登録が可能ですが、正直、入力項目が多いのでQR CODEリーダーつきのスマホより、PCからやったほうが楽でした(笑)

Gitzo_certified

登録によって延長保証の対象になるので面倒くさがらずにやるのがイイと思います。
いくらジッツオとは言っても、壊れるときは壊れます。

--ads--


楽天:マウンテニア三脚GT1542+雲台GH1382QDキット GK1542-82QD

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 1日 (火)

SONY α9 返却

長くお借りしていた SONY α9とFE100mm F2.8 STF(と他のレンズ)を返却。

SONY α9_01

ワタシの周辺(特にプロ筋)での評価の高いα9も楽しかったですが、個人的にははじめて経験したSTFレンズがとても好みでした。

SONY α9_02

貸してくれた方に感謝しつつ、なるべく綺麗に拭いて梱包。
仕事柄、様々なメーカーから機材を借りて使うのですが、ちゃんとしたメーカー広報は綺麗にメンテされた機材を送ってくれます(以前、液晶に指紋ベタベタの機材を送ってきたメーカーがありましたが、まあ、例外的です)。
返すときは極力綺麗にして返します。

Stfmovie3

今回のα9はあくまで個人的興味で借りたモノでしたが、STFレンズがあまりに面白かったので、STFレンズだけで4K動画を撮ってみました。
その話は、今月号でC200に追われて休載したビデオSALONのコラム連載、次号に急遽。

SONY α9_03

ちなみにα9、(慣れないせいもあって)使いにくさも含めてとても楽しんだのですが、24Pと30Pで画角が変わる4K動画の他にもオイオイな部分もあり、そこは近日、mono-logueで書こうかと思います(笑)

SONY α9_04

それでも、ミラーレスの限界(と思っていた部分)をひとつ突き抜けた感があって、ミラーのアドバンテージがまたひとつ揺らいだように思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月26日 (水)

マンフロット メルマガ登録でクーポンキャンペーン

マンフロットが、メルマガ会員に登録すると自社のオンラインストアで使える10%オフクーポンを配布中。Manfrotto.jpオンラインストア メルマガ会員登録キャンペーン
去年からジッツオのマウンテニアを検討中の身なので、これはいいかと思って。

Manfrotto_store_01

RRS (Really Right Stuff)の三脚も凄く魅力的なんだけど、値段もさることながらカメラごとに専用のプレートが必要というのが、テスト機材の多いワタシには不向き。
実は既にマンフロットのメルマガ会員なんだけど、職場(大学)のメールアドレスで登録(!)

Manfrotto_store_02

興味のあるブランドで ジッツオを選んでおく(笑)
ジッツオの脚は元値が高価いので10%OFFは大きい。
登録ボタンを押すと画面が遷移し・・・

Manfrotto_store_03

ジッツオは対象外かっ!(そんなイヤな予感はしたんだけどさ)

と言うわけで、マンフロットの脚やナショジオのカメラバッグを狙ってる方は、メルマガ登録してからの方がイイと思います。アウトレット製品にはすごく得な旧モデルや新古品があったりしますので。

Manfrotto_store_04

そうそう、マンフロットのラゲージタグ等がもらえるサマーセールもやってるんだけど、対象商品があまりにピンポイント過ぎて、どうやってももらえそうにない(笑)
いくら以上購入の方に・・なキャンペーンにしてくれればいいのになあ。ラゲージタグ、欲しいぜ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月20日 (木)

デュマンフレーバー ショルダー ネイビー nagumono-logue

nagumono-logue 第2回は、インダストリア★の頑強なキャンバスカメラバッグ、IND-300 NVY デュマンフレーバーショルダー ネイビー。

Industria_ind300_nvy_01

ナグモノローグは公私ともに親しくさせて頂いている凸版印刷のチーフフォトグラファー、南雲暁彦氏が実戦で使う道具セレクションを、南雲さんの写真と一言コメントで転載するカテゴリー。第1回はこちら

Industria_ind300_nvy_02

極寒のシベリア撮影に投入され、その後、世界各地を転戦したデュマンフレーバーショルダーへの評価は・・・。

Industria_ind300_nvy_03

消防ホースの内側に使われるほどの耐水性をもつデュマンフレーバーというキャンバス地と、グローブレザーで作られているインダストリアの最新カメラバッグを実践投入!!洒落た外観ながら屈強な造りになっているらしいのでいきなり極寒シベリアで氷にゴリゴリ寝そべる撮影に使ってみた。このバッグ、本当にコシが強い!型崩れしないので機材の出し入れもしやすい。硬い氷にガシガシ押しつけ、私のおしりに潰されても傷ひとつ付かない、、水も沁みない。。安物のカメラバッグなら多分もうどっか切れて、ジッパーを開こうとするたびにひしゃげて空きづらくなってると思う。中に仕切りがないので悩んだあげくクッションの効いたクロスを中でL字に折り畳んで使用。これが逆にフルタイムアジャストなので使いやすかった。今の所かつてない使い心地でハードなロケのパートナーになっている。
(nagumono-logue No.18より転載)

Industria_ind300_nvy_04

ワタシは当時、このコメントを読んで、同じINDUSTRIA★(インダストリア★)のIND-M1 を買った

同社のカメラバッグシリーズ、けっして安いわけでは無いけれど、その価格を納得させるだけの質感と強靱さを持っていて、使うと実感。

Industria_ind300_nvy_05

ヨドバシ等での取扱いも始まったので、1度店頭で触ってみると良いと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|