カメラ・撮影用品

2019年1月12日 (土)

RF35mmF1.8にメタルレンズフードをつけてみた

RF35mm F1.8 MACRO、自分のEOS Rで今のところ最も使用頻度の高いレンズ。そのレンズフードをキヤノン純正品からサードパーティのメタルフードに替えてみた。

RF35mm Metal Hood F-foto_01

F-Foto クラシックメタルレンズフード スリム&ワイドタイプ

RF35mm Metal Hood F-foto_02

基本的には純正主義のワタシ。メーカーが(開発者が)選択した組み合わせが最も信頼できるというポリシーは変わらない。RF35mm(RFレンズの中で現時点でレンズフードが同梱されない唯一のレンズ!)も純正フードを買っている。
これで十分性能なのは分かる。分かるんだけど、レンズが先細りに見えるし、フード自体の見た目も・・・_| ̄|○
と思っていたところに

RF35mm Metal Hood F-foto_03

凸版のチーフフォトグラファーであり、同じEOS-1D X Mark IIとEOS Rを持つ仲でもある南雲暁彦さんが、ドレスアップ的な意味でRF35mmにメタルフードを付けたとFBに上げた。
(写真:南雲暁彦 掲載許諾済)
ので、真似してみた。
このブログエントリーはnagmono-logueとのコラボエントリーです。

RF35mm Metal Hood F-foto_04

写真上:キャノン純正レンズフード EW-52
写真下:F-Foto クラシックメタルレンズフード HW-52B

RF35mm Metal Hood F-foto_05

純正品の倍になる高さ、直径も大きい。

RF35mm Metal Hood F-foto_06

純正が必要十分条件をクリアしているのに対し、これはドレスアップ的な意味を加味。

RF35mm Metal Hood F-foto_07

製品名が「クラシックメタルレンズフード」というのがよく分かる。

RF35mm Metal Hood F-foto_08

RF35mmの印象がかなり変わる。
メタル製で外側は半光沢ブラック、内側は艶消しブラック塗装。

RF35mm Metal Hood F-foto_09

RF35mmF1.8と質感も統一感あります。
南雲さんはフィルターも極薄の赤リングフィルターを使ってお洒落に仕上げていますが、ワタシは今回はハクバのXC-PRO。ボディ、レンズが防塵防滴仕様なので、気軽に悪天候時に使ってざっと拭けるので。

RF35mm Metal Hood F-foto_10

コロニービームか拡散波動砲か、とか書くとオタク趣味ですね

RF35mm Metal Hood F-foto_11

偶然でしょうが、RF35mmF1.8の直径とほぼ同じ径になり、デザイン的にもこちらの方が好み。

RF35mm Metal Hood F-foto_12

正面から

RF35mm Metal Hood F-foto_13

斜めから。
ちなみにRF35mm、電源オフ時には絞りがこんな感じで閉じます。

RF35mm Metal Hood F-foto_14

上面から。RF35mmはRFレンズの中で最もコンパクトで軽く、安いレンズですが、こう見るとやはりフルサイズらしく相応のボリューム感。

RF35mm Metal Hood F-foto_15

で、この広がったフードはよく考えられていて

RF35mm Metal Hood F-foto_16

67mm径のレンズキャップが先端につけられる造り。
これはけっこう使い勝手がいいと思う。

RF35mm Metal Hood F-foto_17

実効性能としては純正品がもっとも正しいのだと思いますが、見た目は明らかにこちら(笑)
そして純正品より安価。

RF35mm Metal Hood F-foto_18

このスリットが違いを生じるかと

RF35mm Metal Hood F-foto_19

純正フードと替えながら、斜めから、後ろから光源入れつつ撮り較べて見ましたが、そのくらいでは有意な差はありませんでした。

ZAKU Head by RF35mm

EOS R + RF35mmF1.8 f5.6 1/60秒 ISO1250

RF35mm Metal Hood F-foto_21

という訳で、ちょっとドレスアップしてみましたエントリーでした。
(写真:南雲暁彦 掲載許諾済)
この写真、自宅でさっと、iPhone撮影らしい・・・。そんな南雲さんのブツ撮りはコマーシャルフォトの連載、Still Life Imaging 素晴らしき物撮影の世界 で読むことができます。

連載アーカイブ WEB版 Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2019年1月 3日 (木)

MindShiftのポーチとthink tank photo

出張とか旅行など、MacBook Proやカメラを鞄に詰めて出かけるときは周辺機器もまとめて小物入れに入れると便利。以前はメッシュポーチを使っていたけれど、最近はコレ。

Mindshift & ThinkTank_01

今年のお正月の帰省キット(他にMBPの電源アダプタと充電ケーブル兼用のUSB-Cケーブルをこのケースに入れて
透明ビニールで中が見渡せるのが◎

Mindshift & ThinkTank_02

ちなみに今年の帰省キットは
1TBのモバイルSSD(ケーブルセット)
MagicMouse2
・ALMIGHTY DOCK TB2 (TB3欲しいけれど買い換えていない)
・USBメモリー
・iPhone充電アダプタ(ケーブルはモバイルバッテリと一緒にショルダーバッグに)
LAMYボールペン

で、このポーチ、買った記憶が無いのでCP+かInterBEEでノベルティか記念品で頂いたものだと思うのだけど、気に入っているのでもう1コ買おうとMindShift Gearで検索したら日本のAmazonでも本国のAmazonでも在庫切れ、ディスコンみたい。

Mindshift & ThinkTank_04

と思ったら、MindShift Gearってシンクタンクフォトのブランド?なんですね。
だから似たようなデザインのポーチがthink tankにあるのか
(写真はすでに持っている同社の機材ポーチ)

とすると、シンクタンクフォトのケーブル マネージメント 10 V2.0が同等製品と思えばいい?

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月24日 (月)

EF-EOS R マウントアダプタケースの再利用方法

RF35mm F1.8 にはケースもフードもついてこないのに マウントアダプター EF-EOS R (もしくはコントロールリングつき)には立派なケースが付属します。

EF-EOSR CASE_01

でも、レンズ自体、付属のポシェットに入れたりしないのに、マウントアダプターにおいては何をか言わんや。
のだけど、せっかく同梱されているのだから、なにかに流用できないかなあと思っていたら

EF-EOSR CASE_02

Apple 61W USB-C電源アダプタ(MacBook Pro 13inch付属品)とUSB-Cケーブルがぴたりと入った。
出張時やその他、これはアリかも。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月20日 (木)

PeakDesign のオールブラックぶり:小ネタ

先日、投入したPeakDesignのトラベルバックパックは、ワタシが買ったピークデザイン初の「黒いバッグ」。いや、カメラバッグってどうしても黒が多いので、カラバリがあったらブラック以外を選びたいですよね(笑)
で、気になるセージではなくブラックを選んだのだけど、ピークデザインのブラックは徹底したオールブラックなのは、第一印象で書いた通り

PeakDesign TravelBackPak_09

金具もすべてマットブラックで

PeakDesign TravelBackPak_10

ピークデザインのタグすら黒。
・・・だけでなく。

納品されたときにちょっと驚いたのは

PeakDesign TravelBackPak_11

梱包用の輪ゴムまでマットブラックだったこと。
なんというか、偏執的だな(褒めてます)

アクセサリーも発注済みだけど、品薄らしく、なかなか揃いません。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月 9日 (日)

ピークデザイン トラベルバックパック 初投入

今日(12月9日)発売のピークデザイン トラベルバックパック 45Lがほんの少しフライングで届いたので急いで荷物を入れ替え、昨日からの出張(?)に初投入。
レビューは後日として第一印象外観編。

PeakDesign TravelBackPak_01

Peak Designのバックパックはすでに持っているビデオSALONでレビューコラム書いて、その後自腹で購入)ので、また鞄かよ、バッグばかりあってどーすんだよとツマのひんしゅくを買うのは目に見えているのだけど、あれはカメラバッグでこれは旅行バッグだから(ロジックくるしい?)

PeakDesign TravelBackPak_02

このピークデザイントラベルライン自体は秋に試作品を見てきたのでそちらも参考に。今回は着替えとお土産とMacBook Proと(EOS Rを入れた)ひらくPCバッグnanoを入れた運用で、純正のオプションアクセサリーはまだ買っていません。

PeakDesign TravelBackPak_03

バッグ上部を倒した状態で30Lのリュック型。上部を拡張した状態で35Lのバックパック。今回はデストロイドモード(ユニコーンガンダム)は発動していません。

PeakDesign TravelBackPak_04

背中のフラップ(マグネット内蔵)にショルダーベルトを格納するミニマムモード。荷物としてクルマのトランクに積んだり、列車の荷棚、飛行機の荷物棚(オーバーヘッドビン)に入れるときに引っかからずに便利。

PeakDesign TravelBackPak_05

中央のハンドルは持ち手としてももちろん、ローリングキャリーバッグのハンドルに通して固定することにも使えます。

PeakDesign TravelBackPak_06

そして、把手は4方向についていて、持ち運ぶ時はもちろん、荷棚から下ろすときにどの方向から入れていても取りやすい(引き出しやすい)のは◎。

PeakDesign TravelBackPak_07

エブリデイバックパック同様、ブラックモデルは差し色なし、生地のみならず引き手やジッパー、フックといった金属パーツもすべてマットな黒のジェットブラック仕様。
ただ、エブリデイバックパックはジェットブラック、なのに、トラベルバックパックはただのブラック、という製品名。なんで?

PeakDesign TravelBackPak_08

と言うわけで、発売日にあわせたファーストインプレッションでした。
レビューは後日。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年12月 1日 (土)

ジッツオのテーブル三脚!

昨夜、Manfrotto Japanさんがツイートしていた。ジッツオのテーブル三脚(ミニ三脚)
GITZO GKTBC & GKTBB

Gktbc

ちゃんとジッツオの面構えしていてカッコイイ。
雲台はクイックシュータイプではなく直付けみたいだけど、別のツイートによれば雲台は交換出来るので、GITZOトラベラー用の自由雲台(アルカスイス互換)にも換装できるみたい。

RRS_TFA-01Ultra & BC-18_04

ワタシはこの春、RRSのミニ三脚、TFA-01Ultra & BC-18を買ってしまったのだけど、ざっと比較すると

GITZO GKTBB/GKTBC 重量265g 耐荷重3kg 3万円
TFA-01Ultra & BC-18   重量238g 耐荷重6.8kg 4万円(プレート別売り)
Manfrotto 492 & 209   重量238g 耐荷重2kg 0.9万円

ミニ三脚ばかりあってもなんだけど、欲しいなあ、ジッツオ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月25日 (日)

サンディスクの防水SDXCカード:SanDisk Extreme PRO

メモリーカードはサンディスク以外にも東芝もソニーもトランセンドもレキサー(あ、これは無くなった)もあるけれど、やはり安心感を含めると老舗のSanDiskが半歩(一歩とは言いませんが)格上。
そのサンディスクで最高速かつ防水を謳うエクストリームプロ カード、SanDisk Extreme PRO SDXC UHS-II を購入。

SanDisk_SDXC_U3_01

一応、EOS Rの4K動画用に。
EOS R自体は高速連写なカメラではないので、そこまで速いカードが必要なわけじゃないけれど(どっちかと言えばOM-D E-M1 Mark IIの方が有効かも)、4KのALL-Iでは 約480Mbps/UHS-II、ビデオスピードクラス60以上のSDカード性能を要求します。

このビデオスピードクラス、複雑化する一方のSDカードレギュレーションの新顔、(SDアソシエーションの解説ページ)ですが、サンディスクのこのシリーズはパッケージでビデオスピードクラスを表記していません。
取りあえず、EOS Rの4K/30P ALL-Iで使用して問題なかったことを備忘録的に書いておきます。

SanDisk_SDXC_U3_02

うちでブログ用ブツ撮り時には現役のちょい古めのSDカード。
(これ以上古いのは引退しています)
一応、速度を測ってみると

SanDisk_SDXC_U3_03

おお、さすがに桁が違う(笑)
ちなみに、UHS-IIのカードは、対応のカードリーダーでないとPCやMacへの転送時にポテンシャルを発揮できないので注意が必要です。
ちなみに防水性能を謳っていますが、試す勇気はありません・・。

--ads--
あれ?SDオンリーのUSB-Cリーダーがいつの間にかモデルチェンジしてる・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月18日 (日)

コマフォト12月号と買って良かった機材

コマフォトことコマーシャル・フォト 2018年12月号は柿本ケンサク特集。

買って良かった機材_01

柿本ケンサク氏は以前から気になっていた方なので良い刺激になりました。
そして今月号で面白かったのが、特集:プロフォトグラファーに聞く 導入して良かった機材はコレ!
湯浅立志/鹿野 宏/上田晃司/BOCO 塚本/南雲暁彦/栁下隆之/茂手木秀行/小島真也氏らが、それぞれオススメ機材を紹介する「あのひとが使っているツール」特集(笑)

買って良かった機材_02

公私ともにお世話になっている南雲暁彦さんからは、キヤノンのハイエンドプリンター PRO-1000。BLACLRAPIDの連写ストラップ。マンフロットのギア雲台。
Canon PRO-1000は、大学の演習室に入れた。マンフロのギア雲台は410を6年前から使っている。・・といった符合があるので

自分ならなにを言うかなあと思って勝手に便乗企画「買って良かった機材」を書いておきます。

買って良かった機材_03

PeakDesignのアンカーシステム
動画撮影で三脚はもちろん、ドリーやジブアームにカメラを載せることも多く、その時、ストラップが邪魔になる(下手すると引っかける)対策で、着脱が容易なストラップとして使い始めたのだけど、その時々で好きなストラップに換装できるのも楽しく気がつけば手持ちの全カメラがアンカー装備に。

買って良かった機材_04

EOS-1D X Mark IIには長さ調整できるピークデザイン、EOS Rは細身でOK、時にハンドストラップに換装。
この4月からは大学演習室の一眼レフもすべてアンカー装備になりました(笑)
ロッカー棚での保管時にごちゃごちゃしなくなるという副次的メリットも◎

買って良かった機材_05

アンカーリンクスのハウジングを使うと、手持ちの気に入ったストラップがアンカー仕様になるのも◎でプロストやインダストリア★のジャガード(絶版)などをアンカー仕様にしています。
アンカーは先日のV4交換もあってだいぶ余っているのだけど、ハウジングがない、というか、ハウジングの単品売りがないのが残念。
単品販売しましょうよ >誰と無く。

買って良かった機材_06

余っているアンカー V3は、六角レンチやUSBメモリーのミニストラップに。
これだけで鞄の中で行方不明になる率が下がるのが不思議です(笑)

買って良かった機材_07

ジッツオ マウンテニア
去年、清水の舞台から飛び降りるつもりで買った(大袈裟)ジッツオのマウンテニア三脚ですが、脚自体もともかく、ワタシのカメラプレートはこれを境にアルカスイス互換プレートに切り替わっていきました。

買って良かった機材_08

RRSの精緻なプレートも、ピークデザインのキャプチャーも、三脚の運用性があがって、三脚の使用頻度があがりました。これまで、無意識に(いや、半分意識してましたが)三脚、面倒くさいと思っていたんですねえ。

問題は、ワタシ、動画も多いので手持ち→三脚→フルード一脚→スライダー といった換装を比較的よく行うのですが、愛用のマンフロットのフルード一脚も、大学のLibec HFMPも、カムコーダー前提のプレートなんですよね。
アルカスイス互換の動画用雲台、作りませんか? >誰と無く

買って良かった機材_09

G-DRIVE mobile SSD R
可搬用モバイルハードディスクは長くG-TechnologyのG-DOCKモジュールを使っていたのだけど、この春からずっとコレ。
このサイズでFHDなら直接プロジェクト編集できるし、USBメモリより大きいけれど容量も速度も圧倒的なので最近はこれひとつ鞄に入れていることも多い。

買って良かった機材_10

昔、なにかのキャンペーンで頂いたと思うシンクタンクフォトの首下げケースに

買って良かった機材_11

ケーブル(USB-C対応、USB-A対応の2本)、SSD本体、MacBook Pro用ミニドック、SDカード入れて鞄に放り込んでいます。
付属のケーブルが短くて不評だと中のひとから聞いたけれど、個人的にはこのケーブルポーチに収まりいいのでとても好き。長いケーブルはアマゾンでもどこでも買えるけれど、この短さでちゃんとしたケーブル、意外と入手難だと思うのですよ。

ということで、個人的 導入して良かった機材(買って良かった機材)でした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月15日 (木)

キヤノン RFレンズの箱と取説

キヤノンの新しいRFレンズの最初の4本、RF24-105mm F4L 、RF50mm F1.2L、RF28-70mm F2L、RF35mm F1.8 MACROは、下は75,000円から上は420,000円(すべて税別)といい値段のラインナップ。
で、その梱包というか、箱、の話。

Canon_RF_Lens_01

箱の中はプチプチのみ。
他のボール紙や厚紙は一切無く。

Canon_RF_Lens_02

プチプチにくるまれたレンズを出すと、この状態。なんとシンプル(笑)
環境対策としてはこれは正しそうな・・・。

Canon_RF_Lens_03

そして、取説はA4ペラ一枚。片面印刷。が折りたたまれて入っていた。
イラストで分かるように、EFもRFもMも(Sも)みな、この一枚に集約される?

Canon_RF_Lens_04

以前は分厚い取扱説明書が入っていて、読まずにラックの肥やしになっていたので、シンプルになるのはいいんだけど
(そういえば、一時はCD-ROMになっていて、その後、また冊子に戻ったように記憶しています)

Canon_RF_Lens_05

しかも、キヤノン EFレンズホームページ だって・・・。
そのまさにEFなURL、canon.jp/efを叩いてみると・・・

Canon_RF_Lens_06

なんだかなあ(笑)

と思ったRF35mm F1.8 MACROの発売日でした。
(他のRFレンズの箱が同じかどうかは分かりませんが)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月11日 (日)

レンズのゴム部の白濁化は薬用ミューズで直る?

レンズのゴム部、フォーカスリングやズームリングのシリコンラバー?のゴム部分、長く使っているとどうしても白濁化、というか、白くなりますよね。
ネットで薬用ミューズで拭くと落ちると少し話題になっていたのでやってみました。いや、去年あたりにも同じような話を聞いたときは忙しさの中で都市伝説みたいなものかなとスルーしてしまったので。

Lens Mentenance_01

10年近く前、新しもの好きのダウンロードさんと、クマデジタルさんで鶴見線の無人駅でネコと戯れたときにクマデジさんが使っているのを見て買ったEF70-200mm F4L IS 。

Lens Mentenance_02

10年選手・・ではないけれど、8年以上使っているレンズなので、ズームリングは白化しているし、塗装もところどころ剥がれてしまっている歴戦の勇士状態。
実験にはもってこいでしょう。

Lens Mentenance_03

買ったのは、ミューズ : どこでもウェットクロス  40枚入 ヨドバシで440円、アマゾンで400円程度。

ごしごし。ごしごし。

Lens Mentenance_04

おお!
いや、光の加減だろ、とか、湿った状態ならそりゃ黒く見えるだろ、と自分でも思ったので、しばらく置いて再撮したのが↑です。

Lens Mentenance_05

使用後のティッシュはこんな感じ。

Lens Mentenance_06

使用前

Lens Mentenance_07

使用後

完全に、とは言いませんが、自分の性格的には十分に白濁化が落ちました。

Lens Mentenance_08

最近、使用頻度の落ちていた70-200mm F4Lですが、現役感がでています(笑)

Lens Mentenance_09

いやあ、こんなコストでこんなに綺麗になるなら、もっと早くやっておけばよかった。
この後、なにか反動でかえって汚れる、等の問題が生じた場合は書き直しますが、大丈夫そう。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

より以前の記事一覧