カメラ/写真

2018年4月19日 (木)

ファーストキスについてビデオSALONで書く:アフターファイブ研究室

ええ、誤解を(意図的に)狙うタイトルですみません。でも、Kiss ちゃんと使うの初めてだったのは嘘じゃないです。
カメラマニア層はけっこうスルーしてるけれど、ワタシの周囲では買った人も多い キヤノンの最新一眼。EOS Kiss Mについて、ビデオSALON 5月号のモノ系コラム連載 斎賀教授のアフターファイブで書かせて頂きました。(雑誌発売と同時にWEB掲載される時代)

EOS Kiss M_01

記事中でテストしたカメラ
左から、マイクロフォーサーズ、APS-C、フルサイズ。なんですよね。
パナソニックでも大きく感じるのに、OM-D E-M1 Mark IIなんか並べたらKiss Mはすごく小さく見えるんです。

EOS Kiss M_02

誌面未掲載のEOS-1D X Mark IIとのツーショット。

Nissan_leaf

誌面で載せたクルマ作例の別カット。
このときのEOS Kiss Mはほぼ量産機ですが、あくまでベータ扱いなので誌面作例以外のカットや原寸データは禁じられているので、縮小版です。すみません。
キットレンズでフツーにシャッター押してこのくらい撮れるのはとても好き(このカットは-1/3段露出補正していました)。

EOS Kiss M_03

小さいイメージのEOS Kiss Mですが、キスのつかない初代EOS Mはもっと小さかったりします。まあ、AFもレスポンスももっさりしてはいましたが。
(このベイブルーなEOS Mはいまももっています)

ついにミラーレスにファーストキスが来たので、次はディープキスですね。
とは、さすがにビデオSALONでは書くのを自粛しました。
フルサイズミラーレスEOSが出るときには「もうKissだけでは・・・」というキャッチコピーになるのでしょうか(なりません)

そんな連載を書いているビデオSALON 2018年5月号は、ソニーα7 III特集で発売中デス。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月29日 (木)

大学の桜2018

仕事で大学へ。
ちょうどここ、飯能のキャンパスも桜が満開。入学式まで持つといいなあ。

演習室の機材で撮ろうと思ったら、ちょうど機材更新の入れ替え時期で、EFレンズはあるけれど、ボディがない(笑)
仕方ないので、鞄に入っていたOM-D E-M1 Mark IIとED12-40mm F2.8で。

駿河台大学_桜_1

ED12-40mm F2.8 12mm(換算24mm)

駿河台大学_桜_2

ED12-40mm F2.8 40mm(換算80mm)

駿河台大学_桜_3

ED12-40mm F2.8 12mm(換算24mm)

ここからは別の日、修理上がりのOM-D E-M1 Mark IIと

桜_4

ED40-150mm F2.8 40mm(換算80mm)

桜_5

ED25mm F1.2 25mm(換算50mm)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月25日 (日)

OM-D E-M1 Mark II 修理と代替機への設定の書き戻し

OM-D E-M1 Mark IIが購入(2016年12月)以来初めて故障、というか、正常に動作するもグリップのシボが浮いてきたので修理出しに。
このとき、盛大に水をかぶった(というか半ば水没した)ときも、点検整備でなにも異常のなかったOM-D E-M1 Mark IIですが、シボとボディの間に隙間が見るのは防塵防滴上、マズいよねと修理に。

OM-D E-M1 Mark II & 45mmF12_01

OGPS(オリンパスのプロサポート)は代替機を出してくれるので、入れ替わりにOM-D E-M1 Mark IIが。
しかも、ちょうどあるので試してみて下さいと、最新型の大口径、M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PROを付けてくれました。欲しくなるとマズいなあ(笑)

OM-D E-M1 Mark II & 45mmF12_02

ただ、OM-D E-M1 Mark IIに限らずOM-Dはカスタマイズ性が高く、逆に言うと自分に合うように徹底的に設定を追い込まないと自分の手足のようにならないので、かなり弄っていて、機体でもそのままでは使いにくい。
修理期間の短い間だし、どうしようかなあ、面倒だなあ(笑)と思いつつ

Olympus_001

そういえばファームアップ時にカスタマイズした設定はマイセットとしてMacにバックアップ、書き戻しを行うんだったと思い出し、そのバックアップファイルが別個体へも書き戻せるかとやってみた。

Olympus_002

自動セーブのデータは(シリアルが違うせいか)認識しなかったが、その際に一応のつもりでセーブしておいた設定ファイルは認識し、書き戻しに成功した。
(一部、設定が違っている気がするが、自分のミスか不具合か記憶違いか、分からない)

OM-D E-M1 Mark II & 45mmF12_03

という訳で、代替機でもスムーズに使えるようになったという小ネタでした。
そして、お借りした新型ED45mm F1.2 PROですが・・・。

OM1A5775

model Saki
f1.4 1/500秒 ISO200 M.ZUIKO ED45mm F1.2 PRO OM-D E-M1 Mark II

素晴らしい★

他の作例は改めて。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月21日 (水)

写真好きのための法律&マナー

アサカメことアサヒカメラで(結果的に)連載されていた 写真好きのための法律&マナーシリーズが1冊になって出版された。
ASAHI ORIGINAL 写真好きのための法律&マナー 𠮷川朋子/アサヒカメラ編集部

Photo

アサカメ掲載原稿をまとめたもので、特に書き下ろしや加筆が加わったわけではないようなので、(誌面で読んでいたから)買うの躊躇ったけれど、1冊にまとまっているのは便利なはずと思って購入。

さまざまな観点で、考えも微妙に異なる方々が書いたりコメントしていたりで、非常に参考になるし、勉強にもなる。ただし、同時に本の中でも相対する部分があるし、前述したように誌面の集約なので、体系的に書かれているわけではない。
そこがいいところでもあり、ピリッとしないところでもありそう。
逆に言えば、そのくらい写真を巡る考え方は根が深いものを内包していると思う。

5D3D8920

まあ、自分はスナップも風景も趣味としてしか撮らず、アウトプットする作品は基本「演出されたもの」なので、また、見方も姿勢も異なるのだけど。

手の届く本棚に1冊置いておくと良いと思います。

--ads--
Amazonの該当ページ、書名、間違ってる・・・。(違う、&のありなしでふたつページがあるのか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月 3日 (土)

明日はCP+最終日

CP+2018もいよいよ明日が最終日。
ワタシの最終日は12時からのプレゼンテーションステージ、「写真がうまくなる魔法の道具」by 東真子さん のモデレーターで終わります。

Mako_azuma_01

実は今日の打ち合わせで初めてお会いした東真子さん。そのまま、同じBenQステージでトークショーされていた三井公一さんの飲み会に合流。
フォトグラファーの大門美奈さん、山田慎二先生にコマフォトの川本さんまで(偶然)合流して、盛大な(凄絶な)プレ打ち上げになりました(笑)
東さんにブログで書いて頂いた(嬉しい。ちょっと鼻の下、伸ばしすぎですね)

Mako_azuma_02

初対面の宴会で大人気の東さんは明日のステージでも楽しいキャラで押し通すと思いますが、テクリハ中の眼は真剣そのもの。
期待度高いです。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月 2日 (金)

CP+2018 折り返し

CP+2018の初日、2日目が終了。過去には大雪で中止されたこともあるCP+ですが、今年は今のところ好天気。(昨日は風が強かったですが)
初日の「プロ向け動画セミナー」は立ち見もでる盛況で嬉しいかぎり(ありがとうございました)。

CP+ 2018

写真はクマデジタルさん(撮影禁止のセミナーですが許諾済)
忙しい中、速報レポートまで上げて頂いて、感激。

Img_0906

今日はプレゼンテーションステージで、
SW271で実現させる本格的なカラーマネジメント環境
で、studio9の中原さんのモデレーターとして

明日はBenQブースでディスプレイ選びのポイントについて(14:30〜)

Om1b9432

明後日は、ふたたびプレゼンテーションステージで、
写真がうまくなる魔法の道具
を語る東真子さんのモデレーターとして登壇するのでよろしくお願いいたします。

各ブースのことも書きたいのですが、それはいずれ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月26日 (月)

最初はキスから。EOS Kiss Mから始まるこれからのイオス。

正直、CP+2018では開発発表止まりで、よくてモックがケースの中に展示、が精々だと思っていたのです。だって、もう一眼カメラの主戦場は日本じゃないし。CP+でわざわざ発表することにキヤノンも興味ないでしょ・・とか思っていてごめんなさい。

キヤノン ミラーレスカメラ“EOS Kiss M”を発売 (プレスリリース)

ルックスというかサイズ感はEOS M5とそっくり。
幅、高さは1ミリ、奥行きも2ミリの違いで、重さは本体のみで30g、バッテリー、メモリーカード込みで40gの差。あ、バッテリーがひとまわり小さいLP-E12なんですね。

スペックもよく似てるけれど、DIGICが8になっていたり4K動画対応になっていたり、着実にブラッシュアップ。(でも液晶モニターの画素数はM5の方が高画素だったりします)

ミラーのあるKissも健在でEOS Kiss X90が新登場だけど、DIGIC 4+で動画はFHDまでとあくまでキス路線。

で、ふと気がついたのだけど、EOS Kissのミラーレス化は、だれもがEOSメインストリームのミラーレス化への序章と受取り、フルサイズEOSはいつか、って考えると思いますが、EOS Kiss M、「M」だけに、EF-Mマウントなんですね(当然?)
EFマウント(EF-Sマウント)のミラーレス化がはじまったのではなく、あくまでEOS MにKissの名を持つボディが加わったというのが正しいようです。
(もちろん、それでもキヤノンの最量販機種の称号でもあるKissの名を与えられた意味は大きい)。
そしてEOS Kissは、25周年、なんですね。初代から数えると。

Eos_kiss_m_m5

写真で見る限り、質感の出し方もイイ感じ。
価格もヨドバシでダブルズームキットで11万円台、ポイントを勘案するとぎりぎり10万円。
そしてキットレンズに単焦点入れてくるキヤノン◎

ただしくKissから始まるEOSの次世代ミラーレス。
次はフレンチキス(ディープなやつ)を期待。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月16日 (金)

エテルナとフジフイルム X-H1

富士フイルム、映画フィルムシミュレーションETERNAとF-Log内部記録を実現した X-H1 を発表(ビデオSALON WEB)

ワタシのまわりでも愛用者の多いフジフイルム(キヤノンのヤと同じく、イは大きいイ)のデジタルカメラの最新作は、かなり動画に振った(ように思える) X-H1。
なにより動画撮影用フィルムシミュレーション「ETERNA / エテルナ」。そう、富士写真フイルムは映画用フィルムを作っていたし、その主力はETERNAとF64Dだった。だった、と過去形なのは、フジフイルムは5年前に撮影用、上映用の映画フィルムから撤退、いまはアーカイブ専用のセパレーション用黒白フィルムの「ETERNA-RDS」のみ生産しているから。

Xh1

まあ、そういう昔話はともかく、そのエテルナの名を冠するんだから本気のアプローチなのは間違いない。
フジのカメラは3年前にX-T1を使って以来、御無沙汰なので触ってみたいなあ。
CP+では間違いなく触れると思うけれど、注目度高いから混むよなあ。発売が3月1日!とCP+の初日なので(笑)素直にカメラ屋さんに行った方がじっくり触れる気もします。

自分のカメラ、EOS-1D X Mark IIとOM-D E-M1 Mark II、持っていないけれどEOS 5D Mark IVと較べて見ました。

Fujifilm_xh1

フジのX-T系よりは重くなったけれど、これはバランスいいところかなあ、
ただ、DCI-4KとUHD-4Kを切り替えできるのは◎だけど、フジもオリンパスもDCI-4Kは24Pオンリーなんだよなあ。

面白いのはビデオレートにかかわらず4K時で連続15分、FHD時に30分が連続記録時間の上限なんだけど、「パワー・ブースター・グリップ装着時は4K動画、 Full HD動画共に約30分まで連続撮影可能です」とあること。
ブースターでコマ速があがるのは分かるけれど、撮影時間が延びるのはなんでなんだろう?
(まさかバッテリーが持たないってこと?)

鈴木佑介氏が X-H1で撮ったムービーを公開されています。

FUJIFILM  X-H1 :Mayumi Suzuki  " Next project  in progress " from Yusuke Suzuki on Vimeo.

これ、エテルナモードなのは当然として、それ以外、カラコレもグレーディングもしていないと書いてある。おお。
いいなあ、俄然、使ってみたくなりますね。

--ads--
来週発売のビデオSALON、表紙見る限りX-H1のレビューあるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 2日 (金)

OM-Dで撮る皆既月蝕 & ブルームーン

先日はブルームーンで尚且つ皆既月蝕だったという。
帰宅後、ぼーっと仕事していたら(?)そう教えられたので、家の前へ。
綺麗だったのでカメラを持ちだす。OM-D E-M1 Mark II + 望遠。

OM-D & 40-150mm_01

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
なんでEOSじゃないの?と言えば、ワタシのEOS用レンズ最望遠レンズは去年買ったEF70-300mm F4-5.6 IS II USMだけど、OM-Dは上記のレンズにMC14テレコンバーターで換算420mmになるのがひとつ(月撮るからワンパターンに望遠かよ、という批判は甘んじて受けますw)
もうひとつはかなりの仰角撮影なので、バリアングルが便利だよねえ(笑)というのが理由。

Blood moon

ブルームーンなのに赤いの?と思ったけれど、ブルームーンは色の話では無く、ひと月に2回、満月があるときの2度目の満月を指す言葉らしい。
そして赤いのは日蝕のため。

OM-D & 40-150mm_02

ホントは気合い入れて、昔撮ったように動画撮るべきなんでしょうけれど(笑)
寒いのと忙しいのとで日和りました。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月20日 (土)

BCN アワードにデジタル一眼の現在をみる 2018篇

今年もBCN AWARD 2018が発表され、カメラやPCをはじめとした家電(?)のランキングが公開されました。
この3年ほど、mono-logueでの定期ネタになっているので(2016年篇2017年篇)、今年もBCNアワードを自分なりに読んでみます。
改めて書いておくと、売れてるから偉いとか、上だとか、という意図はありません。ただ、事業継続が困難なレベルで売れてないと市場から撤退もあるので、売れる方がいいというのはあります。
またBCNランキングは標本化対象が偏っているとか、販売「台数」であって「金額」ではないとか否定的な意見あるのも承知していますが、ひとつの指標にはなると思っています。

まずは、一眼「レフ」の販売数ランキング。
今年は過去4年分の変移も含めて見ました。データはすべてBCNアワードのものです。

Bcn_award_2018_02

ニコンが上向いているのはやはりD850効果でしょうか。奇をてらわないオーソドックスなハイエンド機で、やはりこういう王道カメラをちゃんと出すのは偉いよなあと思うので納得。
上位3社で99.7%のシェアとなり、このパーセンテージは去年と同じ。0.3ポイントはなに?

Bcn_award_2018_03

ミラーレスは上位3社が揃ってシェアを上げ、およそ7割のシェアを3社が占めるようになり、これは前年比で7ポイント近い上昇。ミラーレスも寡占化が進むか。
特に画期的な新製品がなかったように思うキヤノンがすでに2割のシェアを持ち、ミラーレスオンリーのパナがランク外になって久しいのも複雑。

Bcn_award_2018_04

交換レンズはかなりの収益効果があるときいているけれど、キヤノンは手堅く台数売っているみたい。去年後半にリリースされたEF85mmF1.4Lやティルトシフト3兄弟(三姉妹?)は量が売れるレンズではないけれど単価が高価いので堅実に収益あがるんだろうなあ。
(もちょっと手に入りやすい価格に、というのは無い物ねだりですかねえ)
逆にニコンがランク外になったのは意外。
D850など「レンズを選ぶ」ハイエンドボディが売れているのに、ナノクリスタルコートで評価の高い純正レンズは選ばないのかなあ>ニコンユーザー。
もちろん、シグマの単焦点レンズがぐいぐい攻めているのは去年、135mm使って実感したけれど・・・。

EOS-1D X Mark II & 85mmF14L

今年はニコン、キヤノンがフルサイズミラーレスを出すと「ウワサ」されていますが、どうなんでしょうねえ。
うわさを信じちゃいけないよ と山本リンダは歌ったと思うのですが、ミラーレスに向かう時代の流れは、もうどうにもとまらない 気もしています。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧