カメラ/写真

2018年6月22日 (金)

いま敢えてSONY RX100M5

今日はSONY RX100 VI (RX100M6)の発売日。わたしの周囲でも話題でかなりの友人知人が予約購入済み。
なのですが、その空気の中、あえて旧型になったRX100M5(RX100 V)を購入。
最後に自分で買ったコンデジはCanon Powershot S90だから8年半前。
数年ぶりに(iPhone以外の)カメラが常に鞄の中にある生活に戻ります。

SONY_RX100M5_01

いや、正しくは知人のスーパーエディター、池田美樹さんがRX100M5からM6へ買い換え、M5を売却するというので安く譲っていただいたのです。

SONY_RX100M5_02

RX100M6は望遠側が200mmと一気に拡大、日常域での万能守備範囲レンズとなった一方で、F値は暗くなり、最短撮影距離も延びました。
大きいとは言え1inchセンサーではボケを活かして・・・を主用途にする訳ではないし、この万能守備範囲が嬉しいヒトは間違いなく多いと思うんだけど、RX100シリーズってそういうベクトルのカメラでは無いと思うんだけどなあ。
という訳でワタシの用途としてはRX100M5の方が向いていると思ったので、M5をありがたく。

SONY_RX100M5_03

RX100IVでハイスピード撮影(スローモーション撮影)を堪能したので、RX100 Vでもそこには期待。普段使いのちゃんとしたデジカメ兼HFSビデオカメラとして。

SONY_RX100M5_04

あ、地味にRX100M6は最短撮影距離が延びたと書きましたが、ワイド端ではM5が5cm、M6が8cm。そしてテレ端はM5が30cmでM6が100cm!
もちろん、M6はテレ端が200mmなのですが、これまでの他機種の印象だと、ワイド端以外は急に最短撮影距離が広がるように思うので、ここも自分の使い方ではマイナスだなあ、と。

SONY_RX100M5_05

ストラップは付属のモノではなく、これを流用。ピークデザインのアンカーを介して付けてみました。アンカージョイントなので、すぐ他のハンドストラップ等を装着できるのも◎

SONY_RX100M5_06

あとはグリップが滑ると定評がある(?)ので、オプションのアタッチメントグリップは買った方がいいかもなあ。

という訳で、RX100M5で初めて撮ったのが、大分から来た知人を迎えての一時。

by_SONY_RX100M5_01

F2.8 1/80秒 ISO3200

by_SONY_RX100M5_02

F2.8 1/80秒 ISO250

by_SONY_RX100M5_03

F2.8 1/80秒 ISO800

by_SONY_RX100M5_04

F2.8 1/80秒 ISO3200

SONY_RX100M5_07

数年ぶりに、いつも鞄にカメラを。がちょっと嬉しい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月16日 (土)

夜空とパラボラ 国立天文台野辺山 星空撮影会?2018

国立天文台野辺山(野辺山 電波天文台)で行われた第3回 野辺山観測所 星空撮影会 (2018)に行ってきました。
星空にそびえるパラボラを撮りながら、宇宙に思いをはせる一夜になるはずが、結果は雨、雨中に想いをはせることになりましたが、防塵防滴のカメラ達ががんばってくれ、多少は自分好みの写真を撮れたと思うので公開です。

野辺山 電波天文台_01

このエントリーの写真はすべて冒頭で述べたように野辺山観測所 星空撮影会に参加して撮っています。普段入構できない夜の天文台および、普段立ち入り禁止の見学コース外も撮影も許可を頂いて撮影しています。ご注意下さい。
具体的には写真のオリジナルタイムスタンプが17時以降のもの(施設公開は夏休み期間を除き17時まで)は、上記許可のもと、撮影したものです。

野辺山 電波天文台_02

この国立天文台野辺山・星空撮影会は実は3回目。初回は知らなかったのですが、前回(2016年)のときは周囲で盛り上がり、皆で応募・・・したのですがあえなく落選。
知人では家電女子 のぽりんさんだけが当選。
・・・したものの、雨で中止になったいわくつきのイベント。(家電女子のつらみエントリーはこちら)。

今回、家電女子さんは多忙の中、応募忘れ。ワタシはなんとか捲土重来を果たしました。
定員は20名、応募は90余名。最終的に33名に許可を出したらしいです。
そして開催予定日の5/18は天候不順で延期(前回は中止)。6/8(金)に。これ以上の延期はなく、悪天候中止とのこと。

SUBARU_XV_118

金曜日は大学で午前中授業があるので、終わると同時に中央自動車道をひた走ります。
この時点では良い天気だったのですが・・・。

プログラム予定では
15:30~16:30 受付
車は入口の見学者用駐車場に駐車、守衛所にて受付
15:30~16:45 自由見学+ロケハン(見学コースのみ)
16:45~17:30 オリエンテーション:夜間滞在にあたっての諸注意
17:30~18:15 「特別講演会」講師:大西浩次(長野高専教授)
18:15~18:30 撮影準備
*この間に見学者用駐車場より構内駐車場へ車の移動
18:30~ 撮影開始
*以後、車の入構は禁止。
23:30 撮影終了
24:00 退出

野辺山 電波天文台_03

現地到着は15時過ぎ。
このあたりから雲が多く立ちこめ、不穏な空気が漂い出します。

この国立天文台野辺山は何度か訪れていて、いつも晴天だったのですが・・・。

野辺山 電波天文台_04

ロケハンタイムなのでこれ以上先はNG。本番?時間はこの奥に進出OKです。

が、ロケハン途中から雨が降り出します。

野辺山 電波天文台_05

ビジュアルとしては表情豊かな暗い空は大好きなのですが、今日ばかりは・・
まさに暗雲立ちこめる気分・・。

オリエンテーションおよびそれに続く大西浩次教授の特別講演会が終わったとき、窓の外はざあざあと雨が降っていました。
なんてこったい。

スケジュールでは18:15~18:30 撮影準備。この間に見学者用駐車場より構内駐車場へ車の移動でしたが、19時半まで食事買いだし等で外出できることになりました。20時時点でその後の予定を決めるブリーフィングを行うと。

SUBARU_XV_119

クルマで近くのコンビニ(といっても3キロありますが)まで夜食等を買い出しに行くまえに、レール上にカメラを立てて、タイムラプスを仕掛けていく。
戻ってクルマを構内に。ただし
>・衝突防止機構にミリ波レーダーがついている自動車では構内へ入れません。
という注意事項。
SUBARU社のアイサイトは光学式なので問題なしですが、この野辺山の観測装置にとってミリ波レーダーは致命的ジャミングらしく、今後の大きな課題になっているそう。
衝突防止システムはすでに自動車の基本仕様と言って良い装備で、(現状ステレオ光学式のスバル含め)ミリ波レーダーの搭載は標準仕様になっていくと思いますし、それ自体は素晴らしいことですが、電波天文台の天敵なんですねえ。

野辺山 電波天文台_07

その後も雨は止みません。
f5.6 20秒 ISO3200 EOS-1D X Mark II EF11-24mm F4L

スタッフの方の計らいで、普段は入れない観測棟やその他の施設の見学、4D2Uの特別上映、が急遽行われます。この辺り、計画性はないなあと思う一方、とてもアットホームな手作りイベントであることが感じられ、親近感は逆に増します。

Cameraset

クルマであることをいいことに持ち込んだカメラは、EOS-1D X Mark II、OM-D E-M1 Mark II、EOS 5D Mark III、EOS 6D Mark II(大学機材)。
予定では5D3と6D2をタイムラプスで放置。1DX2とOMDでスチルとスナップ、の腹づもりでしたが、雨なので(自分の機材でないのもあって)6D2は使用断念。5D2とOMDをタイムラプスに、1DX2でスチルとしました。(タイマーリモートコントローラーがひとつなので、タイムラプス機能を内蔵しない1DX2、5D3は排他の関係になったのです)

という訳で雨中のタイムラプスムービー
雷も光る中、後半50秒あたりで世界最大クラスの45m電波望遠鏡が転回するのがポイントです。

国立天文台野辺山タイムラプス Nobeyama Radio Observatory from SAIKA on Vimeo.

音楽:iBgm <愛用しているロイヤリティフリー音楽販売サイト

野辺山 電波天文台_08

星空背景でないのが残念ですが、夜のパラボラ(45m電波望遠鏡)の迫力は素晴らしい。
脳内は宇宙を、身体は雨中を感じています。びしょ濡れです(笑)

野辺山 電波天文台_09

ミニアンテナ。
長時間露光とRAW現像で地面のディティールが見えますが、実際の現地はほぼ漆黒の闇。
懐中電灯を装備に入れなかった迂闊さを恨むのみ。次回、チャンスがあったときは他者の迷惑にならないヘッドマウントライト等を用意しようと思いました。

野辺山 電波天文台_10

ミリ波干渉計群。
長時間露光なのでワタシは離れて隠れましたが、カメラと三脚の影はいかんともし難く。

野辺山 電波天文台_11

雨で濡れた地面。45m電波望遠鏡のみが光を放つ。
個人的にはこの情景を見ることが出来たので満足。

野辺山 電波天文台_12

さきほどの写真と、パラボラの角度が変わっているのが分かるでしょうか。
この日、すでに45m電波望遠鏡の使用は終了していたので、お願いして、パラボラを転回してもらいました(ありがとうございました)。こんな無茶なリクエストに応えてくれるとは・・・。
本当は動画で撮りたかったのですが、EOS-1D X Mark IIをもってしても、綺麗には撮れなかったので急遽スチルに切り替え。

野辺山 電波天文台_13

実はかなり激しく降っています。

野辺山 電波天文台_14

普段は防塵防滴のメリットを享受するシチュエーションで写真なんか撮らないのですが、こういう状況下で安心して使えるのはさすがです。

野辺山 電波天文台_15

地面に散水して写真を撮る気持ち、分かります(笑)

零時ちょうどに撤収、途中コンビニとSAで1回づつ珈琲休憩して、3時ちょうどに自宅に帰りました。その日、朝から用事があったのでヘビーでしたが、楽しい一夜でした。

次の機会は来年か、再来年か、そのときに行けるのか、いや、その前に選考に通るのか、というハードルはあるものの、また、行きたい野辺山でした。

野辺山 電波天文台_06

もちろん、電波望遠鏡と絡めない、のであれば、国立天文台野辺山のある南牧村は天文学者が選ぶ「日本で一番綺麗な星空ベスト3」に入る日本三選星名所。
星空をみるために出かけるのもイイと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 7日 (木)

EF70-200mm兄弟、リニューアルだけど

キヤノン、EF70-200mm F2.8L IS とEF70-200mm F4L IS をリニューアルし、それぞれIII型、II型として発売。

EF70-200mm F4L ISはワタシの買った初めての白レンズ。自分のブログを検索したら、2009年に鶴見線の無人駅でクマデジタルさんが使っていたのが購入のトリガーらしい(笑)。
そのクマデジタルさんは2007年2月にこのレンズを買っているので10年以上。減価償却は済んでいるので新型に買い換えてもイイと思います。

ただ、クマデジさんもワタシも、去年(2017年)EF70-300mm F4-5.6 IS II USMを買ってるんですよね。いくら新型Lレンズが良い出来でもこれで買い換える訳には・・・。(ふるさと納税の返礼品ゆえ実質2,000円だからいいじゃん、と悪魔が囁きますが)

でも、冷静に考えると、この望遠ズーム域、運動会とかたまの航空祭等が中心で、ポートレイトは被写体との間合いの好みで85mm中心だし、運動会は子供が大きくなって今年が最後くらいだと思うと、豚に真珠になってしまいそうで、分相応にEF70-300mm F4-5.6 IS II USMを使いたまへとゴーストが囁くのです。

EF70-200mmF4LIS_2

EF70-200mm F4L IS f5.6 1/320秒 EOS 5D Mark III

EF70-200mmF4LIS_1

EF70-200mm F4L IS f5.6 1/400秒 EOS 5D Mark III

デジカメWatchの記事を読むと、F2.8の方は
>2010年に発売した「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の光学系を継承し、新たに反射防止コーティングのASC(Air Sphere Coating)によりフレアやゴーストを低減したのが特徴。

とあるけれど、マイナーチェンジ的なアップデート?なのでしょうか

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 6日 (水)

今頃キット「新登場」OM-D E-M1 Mark IIと12-40mm F2.8 PRO

「新登場」らしい。オリンパス 「OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット」を発売。
それにあわせてキャッシュバックキャンペーンも始まった。

OMD_EM1-MkII

OM-D E-M1 Mark IIは、発売前にビデオSALONのレビュー用に借りていて(そうだ、アフターファイブ連載の第1回がこれだった)、そのまま予約(笑)、発売と同時に買ったんだった。
2017年のカメラグランプリをほぼ独占したE-M1 IIは、いまもワタシのメインのサブシステム(矛盾した言葉遣いと言うなかれ)。
でもさ、発売は2016年12月末、つまり1年半前。発売後1年半たって、やっとレンズキット発売って・・・。

いや、分かるんですよ、いろいろ。
だけど、OM-D E-M5 IIのときもそうだったよねえ。
12-40mm F2.8 PROは、小さいし、明るいし、寄れるし。で、画質いいし、で、OM-Dシステムを象徴する主役級のレンズだと思う。
だからこそ、最初っからこの組み合わせをラインアップすべきだと思うんだよなあ。
Saki
OM-D E-M1 Mark II & 12-40mmF2.8

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 1日 (金)

エアファイターコレクションのF-4EJ改をフォーカスブラケットで撮る

またデアゴスティーニかと思ったら、違う出版社だった(笑)
毎号、ダイキャストの戦闘機フィギュアが付いてくる(というか本はおまけ)アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社のエアファイターコレクション

創刊号は799円で、F-4EJ改 スーパーファントム II。撮ってみた。

F-4EJ改_ SuperPhantom II_01

f10 1/80秒 ISO4000 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8

F-4EJ改_ SuperPhantom II_02

f10 1/80秒 ISO3200 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8

F-4EJ改_ SuperPhantom II_03

f10 1/80秒 ISO4000 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8
F10に絞ると当然感度があがってしまう(お気軽手持ちなので)。
OMDの高感度はちょっと・・・なので、この三脚を使うべきなのだけど、遊びなのでそこまで手間暇かけたくなかったので、手持ちによるフォーカスブラケット&深度合成をやってみる。

F-4EJ改_ SuperPhantom II_04

f5.6 1/80秒 ISO500 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8 深度合成

F-4EJ改_ SuperPhantom II_05

f5.6 1/80秒 ISO400 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8 深度合成

F-4EJ改_ SuperPhantom II_06

ファントム無頼風に
f5.6 1/80秒 ISO1000 OM-D E-M1 Mark II 12-40mmF2.8 深度合成
創刊号は799円だったので、これは買い(F-4EJ「改」だけに)
ただ、次号以降は2190円なので微妙、2号は取りあえずAmazonに予約した。
だって、2号は「F-14A トムキャット」なんだぜ。(今後のラインナップ
フランカーやハリア、A-10、イントルーダーあたりもいいなあ。
トムキャットのでき次第だけど。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月30日 (水)

フィルムEOSの終焉

ウワサも聞いていたし、そう遠くない話だと思ってはいたけれど、遂にキヤノン最後のフィルム一眼レフが販売終了。(ニコンはまだラインナップに残していますね)

EOS-1N DP_02

写真はEOS-1N DP
アナログの頃は普通のアマチュアだったので、このクラスのカメラを持ったことがない(EOS-3が最後)。
なので、EOS-1自体に思い出があるわけではないけれど、フィルム一眼レフ時代はAE-1からはじめてA-1、T-90とそれなりに長かっただけになんとなく寂しい。
いや、もう何年もフィルム撮影はしていないけどさ。
--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月20日 (日)

丸ビルのテラスから見る東京駅

辰野金吾氏による東京駅のレンガ駅舎はとても美しい建築物で、とても好き。KITTEのテラスから見る東京駅も美しいけれど、丸の内側の工事が終わってフェンス等がなくなり、久しぶりに丸ビル5Fのテラスからみた東京駅レンガ駅舎はとても良かった。

TOKYO STATION 2018

KITTEほど広いテラスではないけれど、このアングル、いいなあ。

丸の内側は皇居まで抜けた通りがあって楽しいし、撮りやすいと思います。

EF85mm F1.4L IS USM SAMPLE_04

EF85mm F1.4L IS USM / EOS 5D Mark IV
F1.4開放 1/50秒 ISO800

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月 3日 (木)

He that hunts two hares at once will catch neither.

今回のタイトルは、b's mono-logさんの先行エントリー One Fine Dayに掛けています。
ええ、二兎を追う者は一兎をも得ず、という意味です。ちなみにこのことわざ、元々、西洋の諺なんですよね。

Narita_AirPort_01

スチルも動画も、と欲張った結果、どちらも惨敗。
せっかく大型のエミレーツ航空のA380が降りてきているのに、巨大さも出せていないし。

Narita_AirPort_02

好きだから頑張れるし上達するというのが持論ですが、精進が足りないので、通えと言うことでしょうか。@成田 さくらの山公園

Narita_AirPort_03

次に行く機会があったら、レンズのチョイスも再考すべきですね。

Narita_AirPort_04

航空博物館はずっと行ってみたかったところなので嬉しかったです。

Narita_AirPort_05

こういうところは家族、ゼッタイ喜ばない(というか行こうとしない)ので、楽しめる友人がいるというのは幸せなことです。

Narita_AirPort_06

このブログの写真(スチル)はすべてEOS-1D X Mark II。

Narita_AirPort_07

動画用に投入したCinema EOS C200のテストシュートは・・・_| ̄|○
捲土重来を目指します。

Narita_AirPort_08

関連エントリー
One Fine Day  b's mono-log
空も飛べるはず b's mono-log
大人の遠足 成田空港の周囲 クマデジタル

Narita_airport_09

ザクヘッドとドムヘッドのせいで合成くさいですが、そのふたつのMSヘッド以外は合成無し。
タイミングばっちし。

LEXUS_Audi_SUBARU

メンバーの中では、奥から、赤いMS、グフ、量産型ズゴックと呼ばれていました。

Om1c2300

っていうか、クマデジさん、連れて行ってもらったココは・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月23日 (月)

ミラーレス急増、レフ機減少時代。

引用
カメラ映像機器工業会(CIPA)によると、国内メーカーの17年のデジカメ出荷台数は前年比3.3%増の2497万台。このうちミラーレスは29.2%増と大幅に伸び、400万台に乗せた。対照的に、一眼レフカメラの出荷台数は12年の約1620万台から17年の約759万台へ右肩下がりが続いている。
SankeiBiz カメラ業界、ミラーレスで反転攻勢 交換レンズの課題解消「一眼レフひっくり返す」

EOS-M_RED_03

一眼レフって、もう実質ニコン、キヤノン(とリコーも少し)しか作っていないので、その2社(3社)のレフ機だけで全メーカーのミラーレス機の1.9倍って、まだそんなにあるのかと思ったくらい(笑)
とはいえ、機能、性能だけで言えばレフ機のアドバンテージは僅かな領域になっているし(近い将来完全になくなるか)、時代の流れはそっちだよねえ。

自分はレフ機が「好き」だけど、その官能性みたいな部分にこだわり過ぎても老害になっちゃうしなあ。
もちろん、カメラなんて道具であって、最終的に自分ののぞむ写真や動画が得られるなら、ミラーレスでもレフ機でも、スマートホンでもいい、って話だけど。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月19日 (木)

ファーストキスについてビデオSALONで書く:アフターファイブ研究室

ええ、誤解を(意図的に)狙うタイトルですみません。でも、Kiss ちゃんと使うの初めてだったのは嘘じゃないです。
カメラマニア層はけっこうスルーしてるけれど、ワタシの周囲では買った人も多い キヤノンの最新一眼。EOS Kiss Mについて、ビデオSALON 5月号のモノ系コラム連載 斎賀教授のアフターファイブで書かせて頂きました。(雑誌発売と同時にWEB掲載される時代)

EOS Kiss M_01

記事中でテストしたカメラ
左から、マイクロフォーサーズ、APS-C、フルサイズ。なんですよね。
パナソニックでも大きく感じるのに、OM-D E-M1 Mark IIなんか並べたらKiss Mはすごく小さく見えるんです。

EOS Kiss M_02

誌面未掲載のEOS-1D X Mark IIとのツーショット。

Nissan_leaf

誌面で載せたクルマ作例の別カット。
このときのEOS Kiss Mはほぼ量産機ですが、あくまでベータ扱いなので誌面作例以外のカットや原寸データは禁じられているので、縮小版です。すみません。
キットレンズでフツーにシャッター押してこのくらい撮れるのはとても好き(このカットは-1/3段露出補正していました)。

EOS Kiss M_03

小さいイメージのEOS Kiss Mですが、キスのつかない初代EOS Mはもっと小さかったりします。まあ、AFもレスポンスももっさりしてはいましたが。
(このベイブルーなEOS Mはいまももっています)

ついにミラーレスにファーストキスが来たので、次はディープキスですね。
とは、さすがにビデオSALONでは書くのを自粛しました。
フルサイズミラーレスEOSが出るときには「もうKissだけでは・・・」というキャッチコピーになるのでしょうか(なりません)

そんな連載を書いているビデオSALON 2018年5月号は、ソニーα7 III特集で発売中デス。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧