iPad/iPhone/iPod

2017年6月23日 (金)

音の良い骨伝導ヘッドホン :AfterShokz TREKZ TITANIUM

骨伝導ヘッドホンって、技術的には面白いけれど音はぜんぜんダメだよね。と思っていた。
・・・ら、思い込みより相当良かった。それがAfterShokz TREKZ TITANIUM(アフターショックス トレックス タイタニウム)。
BluetoothでiPhoneと接続する骨伝導ヘッドホンです。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_01

ご縁があって、今回、アフターショックス社の日本総代理店となった(プレスリリース)フォーカルポイント株式会社よりTREKZ TITANIUMのサンプル品を提供頂きました。
冒頭に書いたように骨伝導イヤホンにあまりいい印象がなかったので、感触が良ければブログに書きますとお答えし(生意気で済みません)想像以上に良かったので、紹介を。
(ただし、後述しますが、すごい高音質、なんてことではないです・・)

AfterShokz TREKZ TITANIUM_02

AfterShokz TREKZ TITANIUM(アフターショックス トレックス タイタニウム)
IP55の防塵防水性能をもつ本体は、チタニウムフレームをラバーコーティングしたもの。
カラーは4色ありますが、ワタシにはいちばんシックな(?)ストレートグレーです。

Aftershokz_trekz_titanium_20

AfterShokz TREKZ TITANIUM_03

チタニウムバンドは折りたたみの出来ない構造ですが、写真のようにかなり柔軟で100,000回以上の耐久テストに合格を謳っています。
実際に10万回の耐久性を持っているかどうかは約2週間の試用では分からないものの、鞄に放り込んだり、ジャケットのポケットに入れられたりしても、何の問題も無かったことは書いておきます。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_04

骨伝導ヘッドホンのなかでは高価な部類に入るトレックス タイタニウムですが、質感、触感ともに上質なもの。スポーツ系(?)ゆえ高級感という路線ではないものの、肌触り含め満足。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_05

骨伝導ヘッドホンは頬骨を振動させて音を直接内耳に伝える仕組みなので、先端はこのようなカタチ。

Aftershokz_trekz_titanium_17

一般的なヘッドホンのように耳をハウジングで塞いだり、インイヤー型のように耳の中に挿れたりしないため、圧迫感が少ないのが大きなメリット。
ワタシは耳の中に挿入するインイヤー型やより深く挿れるカナル型が実は苦手なので、このライトな装着感はとても◎

Aftershokz_trekz_titanium_18

耳を塞がないので周囲の環境音と共存し、アウトドア使用時に危なくない、というのが特徴のひとつですが、それは同時に遮音性が無いと言うことでもあって、環境音がうるさいと当然、音は聞こえにくくなります。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_06

去年だったか一昨年だったか、骨伝導イヤホンをお借りする機会があって、当初すごく期待したのですが、残念ながら音という意味ではまったく納得できず、ブログにもしなかったことがあり、担当者氏の「骨伝導イヤホンはそういうものなので」のセリフも合わせ、骨伝導は技術的には面白いけど、音はダメダメ。と思い込んでいました。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_07

その点、AfterShokz TREKZ TITANIUMは非常に良い音が鳴り(?)ます。
最初、夜の部屋で視聴したときは素晴らしいと思ったくらい(笑)
もちろん、よく聴くと低音は出ていないし、音の広がりも弱いので高音質というと嘘になると思いますが、骨伝導ヘッドホンへのネガなイメージを一新させてくれるものだったのは本当。

僅かな期間で骨伝導ヘッドホンそのものが大きくクオリティアップしたのかと、仕事帰りに量販店で他社のデモ機を試してみましたが、そちらはダメダメだったので、TREKZ TITANIUM自体のポテンシャルが高いのだと思います。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_12

ただ、夜の静かな自室で使うと音いいなあ、コレ。と言うのは正しいのですが、通勤に使ってみたら地下鉄の車内や電車の車内など、ウルサいところでは外部環境音に完全に負けます。
音量をあげても、ウルサい中で(遮音無く)耳元で音を鳴らす印象です。骨伝導ヘッドホンはその構造上、音漏れしやすいのでその意味でも通勤電車には向かないと思います。
ジョギングやサイクリング、といった(比較的静かな)アウトドア使用がイメージされているのも宜なるかなで、IP55の耐汗性能と合わせ、ライトスポーツ用途に向いた製品なのだと思います。

Aftershokz_trekz_titanium_19

着用時

AfterShokz TREKZ TITANIUM_09

じゃあ、インドアなオマエには使い道ないじゃん、と言われそうですが、週末、家で仕事をしているときに使ってみたら非常に便利でした。
書斎(Mac Proのある仕事部屋)、和室(翌日使う機材のセットアップ中)、キッチン(珈琲くらい飲みに)が、別々の部屋で、かつ、1F2Fに分かれているので、書斎のオーディオ機器ではBGMにならないのですが、TREKZ TITANIUMはBT接続なのでMac Pro(あるいはiPhone)のオーディオライブラリを流し続けられるのは◎でした。36gという軽量でライトな装着感も軽作業に向いています。
メッセージの着信音も入ってくるし。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_11

MicroUSBによる充電型で公称駆動時間6時間。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_10

電源オン、オフ時にはLEDライトが点くものの、(電源オン状態では)通電ランプ等はありません。電源ボタンもスライドスイッチでは無くトグルボタン式なので、これは電源切り忘れ→気がつくと電池切れ、かと思いましたが

Aftershokz_trekz_titanium_16

Aftershokz_trekz_titanium_15

iPhoneから動作状態、およびバッテリー残量が常時確認可能でした。

AfterShokz TREKZ TITANIUM_14

外部環境音を遮断しないのがウリの一方で、より音に集中したいときのために耳栓が付属するのですが、いや、そこまでするなら良いノイズキャンセリングヘッドホンを使う方が満足度は高いと思います(笑)

AfterShokz TREKZ TITANIUM_08

という訳で、シチュエーションは選ぶものの、圧迫感の無いBGM用ヘッドホンとしては実用性が高く、音も(骨伝導にしては、というエクスキューズがつくものの)良く、質感、触感ともに◎な、ワイヤレスヘッドホンでした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月26日 (金)

SUBARU XV 取扱説明書アプリ for iPhone

SUBARU XVの販売(納車)が始まり、それにあわせてiPhone用のSUBARU Manual スバル取扱説明 アプリがアップデートされ、SUBARU XV / GT Type Bのマニュアルが追加されたので、XVをダウンロードしてみた。

Subaru_xv_manual_01

この取説アプリのいいところは、単にマニュアルのPDFではなく(マニュアルPDFも内包しているが)・ビジュアルからの機能検索 ・取扱説明書PDFビューア ・各種表示灯、警告灯一覧がワンパッケージになっているところ。

ビジュアルからの機能検索

Subaru_xv_manual_02

ビジュアルからの機能検索ではエクステリアとインテリアのイラストから

Subaru_xv_manual_03

知りたいパーツのボタン(もしくはアップにしたい場所)を押すと、機能名が表示され、さらに機能名を押すと簡単な解説が表示される。
詳細説明のマニュアル(リンク)ジャンプ機能はない。せめて詳しくは取説P◎◎、とか書けばいいのに、と思うけれど、この簡易説明だけでも有効。

マニュアル(取扱説明書)

Subaru_xv_manual_04

取扱説明書は(おそらく)クルマについてくる取説(紙)のPDF版のビューア機能。
ただ、フリックでページを送ることと、ページ入力によるジャンプしか出来ない。
また、iPhoneを横位置にしても横表示にはならず、取説が横位置だけに表示が小さい。

にしても、歩行者用エアバッグ(が開いたとき)のたたみ方までマニュアルにあるとは・・

Subaru_xv_manual_05

SUBARUのWEBサイトで公開されている取扱説明書PDFからDLしたPDFをAcrobatで同期した方が、横位置表示に対応するばかりか、文字列検索もできるので遙かに使いやすい。
レスポンスも速いので、このアプリからは使わないかなあ。

各種表示灯、警告灯一覧

Subaru_xv_manual_06

各種表示灯、警告灯一覧は一覧性が高く、カラーであるコトも相まって便利。
機能説明も◎
SRVDが後側方警戒支援システムはいいけれど、それ、スバルリアビーグルディテクションって、略されてもなあ。こういう先進機能こそ、メーカーをまたいだ総称を付けて欲しい。

とか多少の文句言いつつ、こうやって検討している時間って楽しいデスよね。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月14日 (日)

RAKUNI Vanilla ラクニ バニラ iPhone 7 ケース for Men

iPhoneケースとしては後発ながら、独特の意匠と本革(トルコレザー)の割にリーズナブルなケースとして人気のRAKUNI ラクニ から、2017年 夏の新色(!)として、Vanilla /バニラが発売されたのが一昨日。

RAKUNI_Vanilla_01

バニラという名前と淡い色合いに、かわいい女性向け、と思うけれど、なかなかどうして男が持つにもいいんじゃない?
という訳で RAKUNI Vanilla ラクニ バニラ iPhone 7 ケース for Men。

RAKUNI_Vanilla_02

ジェットブラックのiPhone 7 Plus と RAKUNI Vanilla。
そしてジョブス腕時計とも言われるセイコー ナノ・ユニバース SCXP041
なお、このケースは、後述する検品で撥ねられたB級品をレビュー用にトーモより頂いたものを使用しています(利益関係の明示。その際、トーモオフィスにて、珈琲を2杯いただいた以上の利益供与はありません)。

RAKUNI_Vanilla_03

ジェットブラックのiPhone 7 Plusだと、カメラ部のクロがいいアクセントになります。

RAKUNI_Vanilla_04

カードポケット部のRAKUNIロゴは、ワタシの持っているRAKUNIアマゾンだと型押しですが、今回のは型押しに加えスミ入れが入っていました。

RAKUNI_Vanilla_05

エッジ処理の品質は以前より上がった印象。

RAKUNI_Vanilla_06

公式ページにも書かれているように、リング取付部の革が厚地になって、ステッチが入っています。

RAKUNI_Vanilla_07

表側。ここでもジェットブラックとのコントラストがイイ感じ。
製品品質があがってるね、とトーモの社長に言ったところ、トルコの工場の向上(掛けてます)で全体品質は向上し、かつ不良率は大幅に下がっているとのこと。
とはいえ、小さな傷やシミがある個体は来るので、全品、国内検品し、傷やシミのあるものはB級品として弾き、出荷しているとのこと。
安曇野フィニッシュみたいなもの?

前述のように頂いた個体はB級品で小さな傷があるものでした(写真では画像処理で消しています)。全品チェックって大変では?と訊いたところ、それもさることながらバニラは色が淡い分、シミ、傷が目立ちやすいのが悩ましいという話。
あまり神経質になると、この価格帯の製品ではなくなってしまうらしい。
たしかにmodaManiaとのコラボバージョンはそれなりの価格だもんなあ。

RAKUNI_Vanilla_08

ちなみに、過去のRAKUNI もそうだったけれど、今回もiPhone 7 用とiPhone 7 Plus用では、ツートンのカラーリングがテレコ(死語??)
この辺に不満な方も居そうだ(笑)

RAKUNI_Vanilla_09

バニラは、iPhone 7 Plus、iPhone 7 、そしてiPhone SE用が販売中。
再販されたRAKUN 6/6s&Plus キャラメルカラーにはバニラはなし。

RAKUNI_Vanilla_10

という訳でオトコのバニラ、を書いてみました。
オンナのVanillaも書かねば(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月 8日 (土)

Apple Clipsを使ってみた

アップルからリリースされたiOSアプリ Clipsを使ってみました。
iPhone 5s以降ということは64bitアプリケーション?

Apple Clips from SAIKA on Vimeo.

たしかにこれが数分で作れるというのは面白い。
映像編集をコアにやっている自分が言うのはどうかとおもうけれど、動画って編集がネックというか、ホビーとして広がっていかないハードルになっていると思う。

写真も画質とか機能ではなく、ネットとの親和性がいまの誰もが「スマホで」写真を撮る時代になったように(そのこと自体へはネガティブな感情もあるんだけど、それでも写真は「共有」するもの、になったのは否定できない)、動画もタイムラインによる時間軸ではなく、クリップのポンだし共有が求められているのが現実。
その意味でFinal Cut Proがタイムラインのシークエンスを「ストーリーライン」と呼称するのは象徴的で、Clipsはストーリーラインを持たない動画共有アプリなんだと。

Aple_clips_01

ただなあ、そういう共有時代のツールにしては、エフェクトがオーソドックスというか凡庸な感は拭えない。
snowくらい「盛れ」ないと、イメージするターゲット層のメインアイテムになるのは厳しいんじゃないかなあ。
音声認識で声をテロップに変換するとか、すごいんだけどさ。

Aple_clips_02

ちなみに書き出しもちゃんと出来て、書きだしたムービーは
1080 x 1080 pixel のスクエアアスペクト。30Pの(29.97FPSではない)データレートやや低めのH.264 で44.1kHzのAACステレオオーディオ。

ブログに貼るならYouTubeよりVimeoの方がちゃんとスクエアで出せるのでイイ感じ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月10日 (金)

Adobe Lightroom Mobileがすごい

Adobe Lightroom Mobileがアップデート
でも、RAWで撮って画像処理するなら最初っから一眼レフでやるほうがクオリティ高くて楽だし。と思っていた。正直言って、舐めてた。ごめんなさい。

Adobe Lightroom Mobile

iPhone 7 PlusのAdobe Lightroom MobileからRAW(DNG)で撮って、Adobe Lightroom Mobileで現像。そのままカメラロールに書き出し。
窓外の夕陽も飛ばず、ホール側の暗部もしっとりと描写。

Adobe_lightroom_mobile_01

基本、無料なこのアプリ。
iPhone 7 Plusのカメラでこれだけ撮れれば個人的に文句は無い。

Adobe_lightroom_mobile_02

もちろん、撮った状態はこんな感じだけど

Adobe_lightroom_mobile_03

DNG RAWはとことんシャドウを持ち上げても破綻しなかった。

Adobe_lightroom_mobile_04

別カット

Adobe_lightroom_mobile_05

このくらいまで2〜3分でいける

iPhone(やAndroid)のカメラ機能の欠点をあげることは簡単だけど、そうでなく、この画を数分でインスタグラムに上げることができる「カメラ」が並み居るカメラメーカーに出来るかと言えばノーだと思う。

「共有」時代の写真とカメラはどうあるべきなんだろうなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月20日 (金)

初代Macintosh風Apple Watchスタンド

Apple Watchを初代Macintosh風に変身させるスタンド、のニュースを読んで、ついついオーダーしていたElago社のW3 Standが届く。

elago W3 STAND Apple Watch_01

本国で14ドル(13.99ドル)らしいけれど、日本で1,990円なら良心的な価格設定。
米国の.99って値段は良く見るパターンだけど、日本価格の1,990円は、そのイメージを合わせた?
記事では(税込、配送料別)になっているけれど、購入時点(いまも)では送料無料。
Amazonは2,000円未満は送料取るのでボールペンとか組み合わせなくていいのでラッキー。

elago W3 STAND Apple Watch_02

パッケージ。食玩かと思った(笑)

elago W3 STAND Apple Watch_03

パッケージ側面と底面の国内正規品証明書シール。
おお、意外とちゃんとしている。

elago W3 STAND Apple Watch_04

溝にApple Watchの充電器を差し込んで

elago W3 STAND Apple Watch_05

本体にApple Watchを差し込めば完成(充電ケーブルはちゃんと後ろから出ます)。

elago W3 STAND Apple Watch_06

Apple Watchがナイトスタンドモードに移行したら完ぺきなルックスに(笑)

elago W3 STAND Apple Watch_07

ちなみにオリジナルのMacintosh(128K)はもちょっと立ってるイメージだけど、この辺は自然に充電器に接触させるためか。

elago W3 STAND Apple Watch_08

写真は名著Apple Designより。最近、アップルが出した公式(?)写真集より、実はこっちの写真の方が好き。

elago W3 STAND Apple Watch_09

バックから

elago W3 STAND Apple Watch_10

ナイトスタンドモード消灯時

elago W3 STAND Apple Watch_11

ナイトスタンドモード点灯時
無駄遣い?いいんですよ。無駄遣いは。雑なお金の使い方がダメなだけなんです。
(と思います)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月11日 (水)

RAKUNI レパード x さとぴー

昨年、iPhone 7がでる直前にiPhone 6対応の革ケースをリリースするという定石を無視したRAKUNIの、iPhone 7 / iPhone 7 Plus 対応版がようやくリリース。
今回、新色(とは言ってもiPhone SE版 RAKUNIではあった)インディゴ、レパードが追加され、計5種類に。

Rakuni_satoppiko_01

先週末、別件仕事撮影時に、iPhone 7 Plus 版 RAKUNI レパードのサンプルを借りて撮ってみたので、レビュー代わりに掲載。製品そのものは初代RAKUNIと基本的に同じハズ。
なのでRAKUNI と モデルのさとぴーさんのコラボレート写真として。

Rakuni_satoppiko_03

Rakuni_satoppiko_02

今回、iPhone 7 / iPhone 7 Plusそれぞれ5種類がラインアップされたRAKUNIですが、iPhone 6/6 Plusのときと同様に、一部のモデルはノーマル版とプラス版で革がテレコになっています(もう、テレコって死語ですかね?)Rakuni_satoppiko_04

アマゾンはプラス版が好きだけど、新色のインディゴはノーマル版が好きかなあ。

Rakuni_satoppiko_05

Rakuni_satoppiko_07

あ、とかブログ書いていたら、もう売り切れたモデルが。。。

Rakuni_satoppiko_06

今回は断続的に在庫復活のようなので、こまめに見ると良いと思います。

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_05

ただ、今回もストラップはこっちのほうが好きです(個人的に)。

--ads--
7用と7 Plus用を間違えないようにしてくださいね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 5日 (木)

PUレザー版 RAKUNI Lite を見せて貰う

Macお宝鑑定団ブログが昨年末レビューしていたPUレザー採用のRAKUNI、の実物をお宝のDANBOさんに見せて貰った。

RAKUNI Lite_01

RAKUNIはトルコレザーの(比較的安価で)質感の高い本革iPhoneケースだけど、これはPUレザー(ポリウレタン樹脂レザー)。RAKUNI Liteという名が予定されているらしい。

RAKUNI Lite_02

PUレザー、PVCレザーのケースはやまほどある中で、このPUレザーはかなり質感が高かった。
本革では無い分、薄くすっきりした造りになっていて、オリジナルRAKUNIよりシャープな印象。お宝鑑定団でも書かれていたけれど、ステッチ縫製の仕上がり感、エッジの処理、が非常に高品質の印象。

RAKUNI Lite_04

それでいてPUレザーゆえ、オリジナルRAKUNIより安価なハズ。
RAKUNIにはすでに高級なイタリアンレザーを使用したmodaManiaコラボ版があるので、上下に展開していくことになる。

RAKUNI Lite_03

ストラップは従来と同じようですが、ここは個人的に換装したストラップのほうが好み。

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_05

King(浅沼商会)がコンパクトカメラ用に出している本革ストラップ Etshaim レザーハンドストラップ

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_06

RAKUNIはストラップひとつ替えるだけでぐっと印象も変わるので楽しい。

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_07

注:いま現在、iPhone 7 / iPhone 7 Plus 用のRAKUNIは出ていません。
1月上旬らしいのでそろそろかと思います。
のでわたしは今、コレを使用中。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 2日 (月)

新年のiPhoneケースはHybrid Shell for iPhone 7 Plusでスタート

iPhone 7 PlusはサイズこそiPhone 6/6s Plusと変わらなかったものの、カメラ部分が変わったせいで、それまで使っていたRAKUNIケースが使えなくなってしまった。

ので、新型iPhone 7 Plusのケースは今回、TUNEWEARのHybrid Shell for iPhone 7 Plusを付けてみた。

TUNEWEAR Hybrid Shell_01

左:裸のiPhone 7 Plus(ジェットブラック)
右:Hybrid Shell for iPhone 7 Plus

中央部(背面部)の透明な部分がポリカーボネイト、周囲の部分(バンパー部分)がTPUというハイブリッド構造のケース。

TUNEWEAR Hybrid Shell_02

ポリカーボネイト部分の透明度はとても高くて美しい(ただし・・後述)

TUNEWEAR Hybrid Shell_03

TPUのバンパー部の四隅に「エアクッション」機構が設けられている(製品説明)ので、落下時の耐衝撃性が高いとされています。
まだ落としたりぶつけたりはしていないので、そこは実体験していません。

TUNEWEAR Hybrid Shell_04

側面(バンパー部)が緩やかにアーク状になっていて、掴みやすいデザインが特徴(ただし、最近、この側面が凹んだ形状のiPhoneケースは良く見るので、この製品だけの特徴ではないと思います)。
そしてこの部分に凸部ドット加工がされていて、滑り止めの役目を持っています。
実際、TPUのしっとりとした素材感と合わせ、持った時の安定感はたしかにあるように思います。

TUNEWEAR Hybrid Shell_05

安価で質感、実用性に優れたコストパフォーマンスの高いiPhoneケースと思います。
が、背面の透明部。買った直後の透明感はとても高く美しいのですが、ガラスではなくポリカーボネイトなので使ううちに細かな擦り傷が入るのは致し方なく、使用開始後およそ3週間にして小さな擦り傷が入っています。
このあたりは割り切りが必要でしょう、ええ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月31日 (土)

iPhoneのモバイルSuicaを一時的にオフにする

RAKUNIにSuicaカードを入れておくものいいけれど、iPhoneにモバイルSuicaを入れておくのは(いまさらですが)とても楽。Androidユーザーが、だからiPhoneは・・・と言う気持ちが分かります。

Suica_01

でも都内をいろいろ移動するときは東京メトロの1日乗車券が便利で得(いまは24時間券となってさらに得)。東京メトロの運賃は距離制で170円・200円・240円・280円・310円。隣駅との往復等でない限り、3回乗車すれば元が取れる計算。

Suica_02

なんですが、つい普段のクセでiPhoneを自動改札機にタッチしてモバイルスイカで乗ってしまいます・・・(よね?ワタシだけですか?)。
一時的にモバイルSuicaをオフにする設定とか無いですよね…(^_^;
と呟いたら、親切な方が教えてくれました。
「エクスプレスカードの設定を外せば、IDやQuickPayと同様にTouch ID使わないと使えなくなりますよ」

おお!という訳で、解決。知らないひと(ワタシだ)のために、Tipsは共有しようと手順を紹介。

Suica_03

設定 → WalletとApple Pay → 交通系カード エクスプレスカード をオフにする。
これで、Suica使用時にもTouch IDが必要になるので、そのまま改札を通ることができなくなります。やったー(Pokémon GO風に)。

Suica_04

エクスプレスカードを再度オンにするときは指紋認証が要るのもさすがです。

という訳で、Oさん、ありがとうございました。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧