iPad/iPhone/iPod

2017年1月20日 (金)

初代Macintosh風Apple Watchスタンド

Apple Watchを初代Macintosh風に変身させるスタンド、のニュースを読んで、ついついオーダーしていたElago社のW3 Standが届く。

elago W3 STAND Apple Watch_01

本国で14ドル(13.99ドル)らしいけれど、日本で1,990円なら良心的な価格設定。
米国の.99って値段は良く見るパターンだけど、日本価格の1,990円は、そのイメージを合わせた?
記事では(税込、配送料別)になっているけれど、購入時点(いまも)では送料無料。
Amazonは2,000円未満は送料取るのでボールペンとか組み合わせなくていいのでラッキー。

elago W3 STAND Apple Watch_02

パッケージ。食玩かと思った(笑)

elago W3 STAND Apple Watch_03

パッケージ側面と底面の国内正規品証明書シール。
おお、意外とちゃんとしている。

elago W3 STAND Apple Watch_04

溝にApple Watchの充電器を差し込んで

elago W3 STAND Apple Watch_05

本体にApple Watchを差し込めば完成(充電ケーブルはちゃんと後ろから出ます)。

elago W3 STAND Apple Watch_06

Apple Watchがナイトスタンドモードに移行したら完ぺきなルックスに(笑)

elago W3 STAND Apple Watch_07

ちなみにオリジナルのMacintosh(128K)はもちょっと立ってるイメージだけど、この辺は自然に充電器に接触させるためか。

elago W3 STAND Apple Watch_08

写真は名著Apple Designより。最近、アップルが出した公式(?)写真集より、実はこっちの写真の方が好き。

elago W3 STAND Apple Watch_09

バックから

elago W3 STAND Apple Watch_10

ナイトスタンドモード消灯時

elago W3 STAND Apple Watch_11

ナイトスタンドモード点灯時
無駄遣い?いいんですよ。無駄遣いは。雑なお金の使い方がダメなだけなんです。
(と思います)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月11日 (水)

RAKUNI レパード x さとぴー

昨年、iPhone 7がでる直前にiPhone 6対応の革ケースをリリースするという定石を無視したRAKUNIの、iPhone 7 / iPhone 7 Plus 対応版がようやくリリース。
今回、新色(とは言ってもiPhone SE版 RAKUNIではあった)インディゴ、レパードが追加され、計5種類に。

Rakuni_satoppiko_01

先週末、別件仕事撮影時に、iPhone 7 Plus 版 RAKUNI レパードのサンプルを借りて撮ってみたので、レビュー代わりに掲載。製品そのものは初代RAKUNIと基本的に同じハズ。
なのでRAKUNI と モデルのさとぴーさんのコラボレート写真として。

Rakuni_satoppiko_03

Rakuni_satoppiko_02

今回、iPhone 7 / iPhone 7 Plusそれぞれ5種類がラインアップされたRAKUNIですが、iPhone 6/6 Plusのときと同様に、一部のモデルはノーマル版とプラス版で革がテレコになっています(もう、テレコって死語ですかね?)Rakuni_satoppiko_04

アマゾンはプラス版が好きだけど、新色のインディゴはノーマル版が好きかなあ。

Rakuni_satoppiko_05

Rakuni_satoppiko_07

あ、とかブログ書いていたら、もう売り切れたモデルが。。。

Rakuni_satoppiko_06

今回は断続的に在庫復活のようなので、こまめに見ると良いと思います。

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_05

ただ、今回もストラップはこっちのほうが好きです(個人的に)。

--ads--
7用と7 Plus用を間違えないようにしてくださいね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 5日 (木)

PUレザー版 RAKUNI Lite を見せて貰う

Macお宝鑑定団ブログが昨年末レビューしていたPUレザー採用のRAKUNI、の実物をお宝のDANBOさんに見せて貰った。

RAKUNI Lite_01

RAKUNIはトルコレザーの(比較的安価で)質感の高い本革iPhoneケースだけど、これはPUレザー(ポリウレタン樹脂レザー)。RAKUNI Liteという名が予定されているらしい。

RAKUNI Lite_02

PUレザー、PVCレザーのケースはやまほどある中で、このPUレザーはかなり質感が高かった。
本革では無い分、薄くすっきりした造りになっていて、オリジナルRAKUNIよりシャープな印象。お宝鑑定団でも書かれていたけれど、ステッチ縫製の仕上がり感、エッジの処理、が非常に高品質の印象。

RAKUNI Lite_04

それでいてPUレザーゆえ、オリジナルRAKUNIより安価なハズ。
RAKUNIにはすでに高級なイタリアンレザーを使用したmodaManiaコラボ版があるので、上下に展開していくことになる。

RAKUNI Lite_03

ストラップは従来と同じようですが、ここは個人的に換装したストラップのほうが好み。

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_05

King(浅沼商会)がコンパクトカメラ用に出している本革ストラップ Etshaim レザーハンドストラップ

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_06

RAKUNIはストラップひとつ替えるだけでぐっと印象も変わるので楽しい。

RAKUNI & EtsuHaim ストラップ_07

注:いま現在、iPhone 7 / iPhone 7 Plus 用のRAKUNIは出ていません。
1月上旬らしいのでそろそろかと思います。
のでわたしは今、コレを使用中。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 2日 (月)

新年のiPhoneケースはHybrid Shell for iPhone 7 Plusでスタート

iPhone 7 PlusはサイズこそiPhone 6/6s Plusと変わらなかったものの、カメラ部分が変わったせいで、それまで使っていたRAKUNIケースが使えなくなってしまった。

ので、新型iPhone 7 Plusのケースは今回、TUNEWEARのHybrid Shell for iPhone 7 Plusを付けてみた。

TUNEWEAR Hybrid Shell_01

左:裸のiPhone 7 Plus(ジェットブラック)
右:Hybrid Shell for iPhone 7 Plus

中央部(背面部)の透明な部分がポリカーボネイト、周囲の部分(バンパー部分)がTPUというハイブリッド構造のケース。

TUNEWEAR Hybrid Shell_02

ポリカーボネイト部分の透明度はとても高くて美しい(ただし・・後述)

TUNEWEAR Hybrid Shell_03

TPUのバンパー部の四隅に「エアクッション」機構が設けられている(製品説明)ので、落下時の耐衝撃性が高いとされています。
まだ落としたりぶつけたりはしていないので、そこは実体験していません。

TUNEWEAR Hybrid Shell_04

側面(バンパー部)が緩やかにアーク状になっていて、掴みやすいデザインが特徴(ただし、最近、この側面が凹んだ形状のiPhoneケースは良く見るので、この製品だけの特徴ではないと思います)。
そしてこの部分に凸部ドット加工がされていて、滑り止めの役目を持っています。
実際、TPUのしっとりとした素材感と合わせ、持った時の安定感はたしかにあるように思います。

TUNEWEAR Hybrid Shell_05

安価で質感、実用性に優れたコストパフォーマンスの高いiPhoneケースと思います。
が、背面の透明部。買った直後の透明感はとても高く美しいのですが、ガラスではなくポリカーボネイトなので使ううちに細かな擦り傷が入るのは致し方なく、使用開始後およそ3週間にして小さな擦り傷が入っています。
このあたりは割り切りが必要でしょう、ええ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月31日 (土)

iPhoneのモバイルSuicaを一時的にオフにする

RAKUNIにSuicaカードを入れておくものいいけれど、iPhoneにモバイルSuicaを入れておくのは(いまさらですが)とても楽。Androidユーザーが、だからiPhoneは・・・と言う気持ちが分かります。

Suica_01

でも都内をいろいろ移動するときは東京メトロの1日乗車券が便利で得(いまは24時間券となってさらに得)。東京メトロの運賃は距離制で170円・200円・240円・280円・310円。隣駅との往復等でない限り、3回乗車すれば元が取れる計算。

Suica_02

なんですが、つい普段のクセでiPhoneを自動改札機にタッチしてモバイルスイカで乗ってしまいます・・・(よね?ワタシだけですか?)。
一時的にモバイルSuicaをオフにする設定とか無いですよね…(^_^;
と呟いたら、親切な方が教えてくれました。
「エクスプレスカードの設定を外せば、IDやQuickPayと同様にTouch ID使わないと使えなくなりますよ」

おお!という訳で、解決。知らないひと(ワタシだ)のために、Tipsは共有しようと手順を紹介。

Suica_03

設定 → WalletとApple Pay → 交通系カード エクスプレスカード をオフにする。
これで、Suica使用時にもTouch IDが必要になるので、そのまま改札を通ることができなくなります。やったー(Pokémon GO風に)。

Suica_04

エクスプレスカードを再度オンにするときは指紋認証が要るのもさすがです。

という訳で、Oさん、ありがとうございました。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月30日 (金)

2016年回顧録(アップル篇)

去年(2015年)はひとつもアップル製品を買いませんでした。実は2014年もMacを買っていないのだけど2013年の発表直後にオーダーしたMac Pro Late 2013の納品が14年になったので、自分の中では一応、2014年はMacを導入した年になっています(のでマシンネームはMac Pro 2014なのです)。

その反動か、今年はアップル製品新調が多い年になりました。

iPhone 7 Plus_02

先陣を切ったのがiPhone 7 Plus。
ジェットブラックにしたせいでずいぶん待たされましたがその分、活躍してくれています。
もっとももはやiPhoneは自分のインフラになってしまっているので、すごいすごいとか買って良かった、といった感動はなくインフラが良くなったよねえ、といった穏やかな気分なのですが。

Img_6557

そして待望のMacBook Pro Late 2016
なにしろそのまえのMacBook Pro 初代Retinaは2012年半ばの購入。丸4年以上メインとして使ったMacは初めてかも。なのでリプレイスは必至でした。
ただ4年前と変わらず最大搭載メモリが16GBだったり、若干の不満があるのも事実。フルスペックを予定していながらCPUクロックやSSDの上位オプションを見送ったのはそんな理由。

AppleWatch

自分でも意外な購入がApple Watch。
正直、スマートWatchにあまり興味は無く、Apple Watchも使ってみたいなあと思いつつもスルーだったのですが、SoftBankの客寄せパンダセールで「やっぱ買えなかった〜」的コメントをFaceBookでしたところ、Apple Watch 2に買い換えた知人からApple Watch(初代)を1万円で譲りましょうかとのメッセージ。
という訳でApple Watchユーザーとなりました。あ、振込先教えて下さい>Kさん。

で、Apple Watchで良かったと思う最大のものは、モバイルSuica(Apple Watch 1では使えません)でもポケモンGOでもなく・・・

Img_6545

Macにログインパスワードを打ち込まなくて良くなったこと(笑)
コレに慣れるとMacBook ProのTouch ID ログインすらよだきい(方言)になるのが不思議。
ただ、そうするとずっとApple Watchをつけていないといけないのが悩ましい。
ワタシ、時計は普通の(?)が好きなんです。

さて、来年はMac Proのリプレイスがあるでしょうか?
2016年回顧録(カメラ篇)はこちら

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月17日 (土)

画面保護にsimplism FLEX 3Dを選んでみた >iPhone 7 Plus

iPhone 7に機種変しようとしている学生が、先生が使ってる保護フィルムとケースはどれですか?と訊いてきたので、ブログネタとして紹介。
液層保護はフィルムではなく、今回はゴリラガラスの simplism Frame Alumino-silicate Glass for iPhone 7 Plus(5.5インチ)Crystal Clear を選んでみた。

simplism GLASS FLEX 3D_01

液晶保護ガラスはトリニティ社だけでも数種類、ヨドバシやAmazon覗くと、膨大な種類があってなにがベストか、正直もう分からない。
今回は、
・フィルムじゃなくてガラス製
・国産(旭硝子)もいいけど、ゴリラガラスのもの
・貼るの苦手なので、貼りやすい工夫がされてるもの
という観点からチョイス。

simplism GLASS FLEX 3D_02

パッケージにはゴリラガラスと書かれているけれど、製品名および製品説明はアルミノシリケートガラス。
アルカリアルミノケイ酸塩系の強化ガラスは強度がひじょうに高いのが特徴。
で、店頭で製品を吊り下げるプラパーツが、製品特長のひとつ「魔法のツールV3」

simplism GLASS FLEX 3D_03

この「まっすぐ貼れるガラス貼りサポート、魔法のツールV3」を取り外し

simplism GLASS FLEX 3D_04

iPhone のLightningポートに差し込むと

simplism GLASS FLEX 3D_05

保護ガラスのガイドになる。これは上手いなあ。

simplism GLASS FLEX 3D_06

ただし、この緑色のビニール部分、製品パッケージの中で丸まって収納されているため曲がりクセがついている。ので、ちゃんとひろげてあげないと浮いてズレる感じがある。

simplism GLASS FLEX 3D_07

ほか、クリーニングクロスと埃取りテープが同梱されていた。特に埃取りテープは重宝した。

simplism GLASS FLEX 3D_08

選んだガラスは光沢タイプ。ノングレアタイプもいいけど、まあ、写真や動画ビューアとしてのiPhone と思うと、クリアタイプかなあと。

ケースは別エントリで。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月31日 (月)

さらばiPhone 6 Plus

iPhone 6 Plusを下取り機種変更のため今日、送付した。
うちにiPhone 6 Plusがやってきたのが2014年の9月19日(ブログ公開日なので来たのは前日だっけ?自信ない)。2年と1ヶ月ちょっと、居てくれた計算になる。

Iphone_6_plus

初期化して、丁寧に磨いて。
いや、査定のためとかではなく、自分の手元で活躍してくれた機材の最後くらいは可能な限りピカピカにしたいじゃないですか。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月26日 (水)

iPhone 7 でSuica と オートチャージ

iPhoneにiOS 10.1がやってきて、大きなポイントはポートレイトカメラによる被写界深度エフェクトで、もうひとつがiPhoneの「日本仕様」ともいうべきSuica対応。

iPhone 7 Plus_03

でも、スイカ機能が搭載と言っても、既存のプラスティックカードSuicaより利便性が劣ってはイヤ。善し悪しはともかく東京圏を(公共交通機関で)移動するにはSuicaは必需品。
その譲れない機能の代表が「オートチャージ」。

Iphone_7_plus_suica_01

Suicaへのチャージ自体はどのクレジットカードでもOKだけど、チャージでポイントが貯まるのはビューカード。というのはここ「暮らしの達人:クレジットカード」に書かれている通りで(とても参考にさせていただきました)
そこで断トツオススメになっていたのがビックカメラSuicaカード。こんなこともあろうかと、ずっと使っていました(スイカとして)。

これを登録したら完ぺき、と思っていたら、なんと
クレジットカード機能付きのSuicaからはiPhone 7にSuica情報を移行することはできない。
おおっと、これは落とし穴。
理由はちゃんとあるんだろうけれど、ユーザー側からすれば不便きわまりないところ。

ただ、もともと新幹線を多用するワタシは
iPhone 7上のSuicaとEX-ICカードは同時利用できない
という(これも不便な)制限から物理カードのSuicaも温存する必要があったので、

iPhone 7 Plus_04

こんなこともあろうかと、用意していた東京駅100周年記念Suicaを投入。
クレジットカード同様に、この絵柄がiPhoneに表示されるなんて素敵・・・と思ったら

Iphone_7_plus_suica_03

ええっと・・・東京駅100周年記念Suicaは絵柄が反映しなかった。ちぇっ

Iphone_7_plus_suica_04

悔しいので写真撮って壁紙にしてみたら絵柄が干渉して鬱陶しい( ;´Д`)
ロック画面用ならいけるかなあ、あとで試してみよう。

Iphone_7_plus_suica_05

気を取り直して、Suicaアプリからクレジットカードの登録とオートチャージの設定
このとき
・ビューカードでないと、チャージのポイントはつかない。
・ビューカードでないと、オートチャージはできない
のがポイントかと。

Iphone_7_plus_suica_06

とりあえず財布からカードがかなり削減。
自分のメインにつかっているヨドバシのカードは登録不可だった。残念。

Iphone_7_plus_suica_07

で、1日使ってみたらリアルタイムに通知の山。
これ、移動記録と購買記録をそれぞれ自動でまとめて週報なり月報にしてくれるアプリ希望。

iPhone 7 Plus_05

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月25日 (火)

iPhone 7 Plus 被写界深度エフェクト作例

寝ようとしたら、iOS10.1が降ってきた。(シータじゃなくてベータの)ポートレートカメラが搭載されたiOSだ。
ってか、ポートレイトカメラがついてこそ、iPhone 7 Plusはその本当のアドバンテージを見せるはず。
という訳で、取りあえず作例

iOS10.1

EXIFは f2.8 1/60秒 ISO320になっていた。
使用レンズは6.6mm f2.8なので、X2(望遠)レンズのほうか。

取りあえず、寝る前に1枚だけ。

被写界深度、って普通の人には馴染みのない言葉で、授業でカメラを教えるときにキーワードになる言葉だけど、これからは普通に使われる言葉になるかと思うととても楽しみ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧