Macintosh

2018年4月13日 (金)

MacBook Pro 15inchをiMac Proで充電してみる

授業の空き時間を使ってメディア工房(演習室)で作業。と思ったら、MacBook Proの電源アダプタを持ってくるの忘れた。でも、なぜかUSB-C電源ケーブルはポーチに入っていた。
・・・ので、iMac ProとMacBook Pro(15inch)をUSB-Cで繋いで充電してみたが・・・。

MacBook Pro 2017 & iMac pro_01

iMac ProのThunderbolt 3/USB-Cポートと、MacBook Proのそれをアップル純正のUSB-C充電ケーブルで繋ぐ。

MacBook Pro 2017 & iMac pro_02

iMac Pro側

MacBook Pro 2017 & iMac pro_03

MacBook Pro側

Macbook_pro_2017_imac_pro_04

Finderの充電アイコンが表示され、一見充電中に思えるけれど、じわじわとバッテリー残量が減っていく。QuickTimeとか電力消費の激しいアプリのせいかとも考えて、Finderだけにしてみてもやはりゆっくりではあるけれどバッテリー残量は減っていく。
スリープ状態にしてみたら、これもゆっくりではあるものの充電されているようで、バッテリー残量は増えていった。

Macbook_pro_2017_imac_pro_05

システムリポートをみると電源供給は15W。定格通りなので、MacBook Pro(15inch)を使いながら充電はムリ、という当たり前の結論でした。
スリープで放って置くなら一応可能です。(遅いですが)

参考:MacBook Pro 15inch 2016でApple 61W USB-C電源アダプタを使う

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月12日 (木)

TB3で環境移行:MacBook Pro 2017

MacBook Pro 2017が届いたので、TB3(Thunderbolt 3)での環境移行を試してみた。

Macbook_pro_2017_01

ワタシのMacBook Pro Late 2016 からの環境移行をやってみる。
両者、Thunderbolt3ポートなので、TB3で直接繋いでのテスト。

Macbook_pro_2017_02

移行アシスタント

Macbook_pro_2017_03

(すでにTB3で繋いでいるけれど)この段階ではワイヤレスネットワークのみ認識。

Macbook_pro_2017_04

TB3のケーブルにはちゃんとカミナリマークと3の文字が。
ちなみにこのケーブルは後日レビュー予定のG-Technology G-Speed Shuttle TB3の同梱品

Macbook_pro_2017_05

転送はちゃんとThunderboltを認識。環境移行、速い★

せっかくなのでベンチマーク。

 

Macbook_pro_2017_06

Geekbench 4 で、MacBook Pro Late 2016、MacBook Pro 2017、そしてMac Pro 2013を。
マルチコアではまだまだ意地を見せるMac Proでした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月 6日 (金)

Final Cut Pro はアップデートし、Mac Proは2019年

Final Cut Pro XがNABあわせでアップデート(一時はNABとはまったく歩調を合わせなかったのになあ)。
ProRes RAWが実際どうなのかはもうすぐ公開されるアップデートみてからだけど、
>ProRes RAW files are even smaller than ProRes 4444 files
って、いや、サイズの比較対象がProRes 4444って(笑)

MacPro & FCPX

そして一方、Mac Proの新型は今年でなく2019年になるらしい
うーむ。まあ、そんな気はしていたけれど、現行Mac Proのように、秋発表、年末発売。ではなく、下手すると来年のNABあわせかなあ。
去年、iMac Proにリプレイスして、次期Mac Proまでのリリーフエースに、って発想はあったけれど、リリーフにしては契約金が高価すぎたからなあ。

現行Mac Proで行けそうな気もする一方で、Thunderbolt 3の恩恵が受けられないのはちょっとつらい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月28日 (水)

黒い(スペースグレイ)アクセサリーで単品発売されないもの

昨夜のアップル発表の影でこっそり(?)始まったiMac Pro (2017)に付属するスペースグレイアクセサリーの単体販売(Macお宝鑑定団ブログ)。
マジックマウス、マジックトラックパッド、マジックキーボード(ところでキーボードはなんでマジックなんでしたけ?)の黒い三連アクセサリーが出揃ったのですが

Lightning Cable Black

iMac Proに付属するスペースグレーのLightningケーブルは単体発売がないみたいです(笑)
Magic Mouse等には充電用のLightroomケーブルが付属するので、それはスペースグレイのものだと思いますが・・・。

スペースグレイのMagic Mouse 2およびMagic Keyboordは白の通常版に較べ2,000円高。
Magic Trackpad 2は3,000円高。
なお、これらアクセサリーは学生、教職員(俗に言うアカデミック)価格でも同じで、かつ現時点ではヨドバシ、Amazon等では取扱いがないようです。

MagicMouse2 for iMacPro_11

MacBook Proがスペースグレイなので、マウスもスペースグレイがいいよねと思うものの、このとき1ヶ月半使った印象では、通常のホワイトに較べると指紋や指の脂が目立つように感じたので悩みどころ。マットな仕上げ版が欲しいなあ。

Apple Magic Keyboard_01

10キー付きキーボードはスペースグレイを買い増ししようかと思います。
すでにサードパーティ製の黒いMac用拡張ワイヤレスキーボードを使っているので、二重投資は避けたいところなのですが、まあ、ねえ(笑)
こだわらないなら、このMatias Wireless Aluminum Keyboardは60%以下の価格なのでお得ではあります。

Magic_keyboord_black

でも、アップル純正の10キー付きワイヤレスキーボード(JIS版)はカンマキーがテンキー部分にあるのでなにかと便利なんですよね
(写真上がJIS、下がUS)
で、この時も書いたのですが、JIS版だけtabやshift,enterといったキーがアイコン「のみ」になったのは何故なんでしょうねえ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月23日 (金)

MacOS の通知表示を一気に消す方法

CP+2018までもう数日。本業以外の時間はひたすら準備中です(早くから計画的にやれよというツッコミはごもっともですが)。で、Final Cut Pro Xで書き出し(共有)すると終わったとき通知してくれるのが便利ですよね。いや、Final Cut Pro Xに限らずの話で、MacOSの基本仕様のひとつですが。

Fcp_screenshot_01

ただ、このようにたくさんの通知が出たときに、ひとつひとつ「閉じる」のは面倒なので、一気に消したいのです。
(通知自体は便利なので、通知をオフにしたいのではありません)

Finderウインドウを複数消すときのように、option押しながら「閉じる」を押してもダメ。
えー、ひとつひとつ消すのは面倒だよなあ、とFBで呟いたら、知人のK氏が

Fcp_screenshot_02

デスクトップメニュー右端の通知アイコン(?)をoption押しながら押すと、一気に「非表示」に出来るよ。と教えてくれました。

Fcp_screenshot_03

ホントだ!

Fcp_screenshot_04

ただ、非表示、というように、これ、通知を閉じるじゃなくて、おやすみモードのオン、らしい。

Fcp_screenshot_05

ので、おやすみモードをオフにすると、一気に表示されます。

Fcp_screenshot_06

そこで「通知」を開いて今日の通知を「x」にすると

Fcp_screenshot_07

消えます。

取りあえず、いったん非表示にして、あとでxするのがいいかな。
Kさん、ありがとうございました。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月12日 (月)

アップル Magic Keyboardの刻印が変わってる?

iMac Proと共にやってきたのが黒いMagic Keyboard。そう、現状、単体では購入できずiMac Proを買うしか手に入らない専用カラーのキーボード。

Apple Magic Keyboard_01

で、使いながらふとタイプの指が止まったのは

Apple Magic Keyboard_02

ShiftキーにもCaps Lockキーにも文字の刻印が無く、アイコンだけだったこと。
ほかにも何カ所かキートップの表記が違う場所が。

Apple Magic Keyboard_03

手元のMagic Keyboard(2016年に単体購入したもの)と較べて見た。

Apple Magic Keyboard_04

tabキーのアイコンはWinマシンでは良く見るけれど、tabのテキスト表記無くアイコンだけだと戸惑うなあ。

Apple Magic Keyboard_05

同じくHome,EndキーにPage Up ,Page Downキーも。
ノンリニアソフトを教えるとき、ホームキーでシークエンスの頭にジャンプ、エンドキーで・・・と言っていたのだけど、これからどう言えばいいのかな。
コレに慣れたらライン付き上矢印が「HOME」を意味するって思わなくなりますよね・・・。

Apple_magic_keyboard_06

ちなみに日本のアップルストアでテンキー付き単体キーボードはもうこの刻印になっているけれど、USのストアではshiftもCapsもtabもhomeも健在。

Apple_magic_keyboard_07

10キーの付かないノーマルタイプのMagic Keyboardも日米で違います。
いつから切り替わったんだろう。気がついていなかった。

Apple Magic Keyboard_08

手元のMacBook Pro Late 2016と2017。
あ、2017モデルではすでにテキストのないアイコン刻印か。

Apple_magic_keyboard_09

でも、WEBの製品写真を比べると、US版はまだテキスト刻印あり。
もしかして日本だけ表記を切り替えてる??だとすれば、なぜなんだろう。
(余談だけど、Touch BarのQTムービータイム表示、日本の方がコンマ01、遅れてるのですね(笑)

Apple Magic Keyboard_10

黒いMagic Keyboard、裏面はマットな処理でイイ感じ(通常モデルは光沢ですよね)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 9日 (金)

iMac Pro 内蔵SSDのベンチマークを取ってみた

先日から援軍として配備されているiMac Pro
内蔵SSDのベンチマークを取ってみた。

Ssd_benchmark_1

ひょおお・・・

ただ、面白いことにWRITEの方がREADより速く
READだけならMacBook Pro Late 2016モデルの方が速い

Ssd_benchmark_2

にしても、この速度だされると、外付けRAIDは大容量という意味でしか勝てないなあ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月29日 (月)

iMac Pro専用の黒いMagicMouse

iMac Proがやってきました。いえいえ、とあるプロジェクト用の期間限定支援部隊です。重い4K動画のハンドリングにMac Proと較べてどうよ、というのは後日、率直なレビュー書ければと思っています。

MagicMouse2 for iMacPro_01

それはさておき、iMac Pro専用の付属品が、黒いMagicMouse 2と黒いKeyboord。

MagicMouse2 for iMacPro_02

意味も無くモノリス風に撮ってみたくなるマウスですが、これ、(現時点では)単品販売がないので、これがほしければiMac Proを買うしかないという(笑)
まあ、今年?Mac Proがフルモデルチェンジででてくるときには単品販売が始まると踏んでいますが、当分は稀少な黒マウスです。

MagicMouse2 for iMacPro_03

マウスを包む包装すらグレー(ノーマルマウスは白です)。

MagicMouse2 for iMacPro_04

そう、iMac Proも保護カバーはグレー。
こういう演出というかコダワリはアップルの流儀というか伝統。

MagicMouse2 for iMacPro_05

黒というよりダークグレーのマウスですが

MagicMouse2 for iMacPro_06

指紋や脂跡が目立つのがなあ。
マットな黒にはできなかったのかなあ。

MagicMouse2 for iMacPro_07

通常のマジックマウス(白)も同じなんだけど、並べると明らかに黒の方が指紋や脂痕は目立つ気がします。

MagicMouse2 for iMacPro_08

背面はアルミ(?)の質感、肌触りがよく、黒がイイ感じ。

MagicMouse2 for iMacPro_09

個人的にはこの表面処理で上面も覆ってもらってOKなんだけどな。

MagicMouse2 for iMacPro_10

という訳で黒いマジックマウスの話でした。

MagicMouse2 for iMacPro_11

いや、これだけ欲しいデス。はい。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月18日 (木)

Apple Magic Mouse 2の充電姿勢

クマデジタルさん Apple Magic Mouse 2 (Lightning) を高速に充電する方法を読みながら、
>充電しながら使えないのが玉にキズ。
そう、しかも仕事がノッテルときに限って動かなくなったりね(笑)同じアップルの周辺機器でもMagic Keyboardは充電しながら使えるので尚更ね。
充電中は使用できないのを明示するためか単に見えるところにポートを設けたくなかったからか、マジックマウスの充電は仰向けに転がしてお腹にLightningケーブルを挿す、スタイル。

この姿がけっこうマヌケだと思っているので、うちでは

MagicMouse with Lightning_01

デスクエッジ充電。
宇宙艇の補給風景みたいでいいでしょ(笑)

もしくは

MagicMouse with Lightning_02

グラス充電。
iPhone 8 / Xがワイヤレス充電に舵を切ったので、次のマウスはワイヤレス充電になるのは自明だと思うんだけど、充電のために使用しないときはApple AirPowerマットのうえに置いておく、というのもちょっとスマートじゃ無い気がするのでどうなることでしょうねえ。

で、マジックマウス2は充電中はマウスとして使用できない一方、
>たぶんLIghtningを挿す瞬間にボタンを押してしまってスリープ解除→ムキー!
なので、ワタシは
Lightningケーブルを挿す。→ キーボード Command + option +Eject でスリープに入れています。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月10日 (水)

Final Cut Pro X タイムラインの拡大縮小

MacBook Pro 2016以降、MacBook Pro「のみ」に実装されているタッチバー(Touch Bar)。見かけ倒しのギミックだという人も多いし、これをうまく活用しているアプリは多くないし、デスクトップ機では使えないし・・・な機構ではあるものの、ワタシはFinal Cut Pro Xのタイムライン操作ではお気に入りのユーザーインターフェス。

Final_cut_pro_x_ui_01

タイムラインの全体像を把握しやすく、部分拡大や、拡大時のタイムラインスライドなどがとても直観的なUIだと思う。
ただ、これに慣れちゃうと、タッチバーのないメイン機(Mac Pro)では面倒になっちゃうのがイヤ(笑)

ちなみに、ユーザーインターフェイスはバージョンが変わっても比較的一貫性のあるFinal Cut Pro Xだけど、このタイムラインの表示(アピアランス)に関してはちょい微妙で。

Final_cut_pro_x_ui_02

過去、このように変遷している。
特にFinal Cut Pro X 10.3と10.4で、クリップの高さとタイムラインのズームが、上下入れ替わったのはなまじ身体が慣れちゃっているだけにつらい(笑)

いや、そんなのキーボードショートカット使えよという意見も至極真っ当なんだけど。
前述したようにメイン機(Mac Pro)は、テンキー付きのワイヤレスキーボード(サードパーティ製)なので、MacBook Proとはキーボードショートカットが一部異なるのです。

Final_cut_pro_x_ui_03

Mac ProのFinal Cut Pro Xから開いたキーボード設定
(やっぱCommand -(マイナス)と+(プラス)を使いますよね)

Final_cut_pro_x_ui_04

MacBook ProのFCP キーボード設定
Command -(マイナス)とCommand ^ これがつい間違えるんです。うーんうーん。
テンキーあってもCommand ^を使えば良いんでしょうけれどねえ・・・。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧