Macintosh

2017年10月 9日 (月)

macOS High Sierra メニューに画面ロックが

保有マシンのうち、Mac ProだけmacOS High Sierra にしてはや10日。
追加アップデートはあったものの、自分の環境ではトラブルなく稼動中。
で、いまさら気がついた。

High_sierra

あれ?アップルメニューに見慣れぬ項目が。
画面ロック?

Sierra

Sierraにはないけれど、これ、High Sierraから搭載です(よね?)

ちなみにショートカットは、control + command + Q

職場等で離席するとき便利なはず。
AppleWatch着けてると、キーボード叩くだけで解除しちゃいますけどね(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 3日 (火)

High Sierra:外付けSSDストレージをAPFSでフォーマットする

macOS 10.13シリーズ。High SierraとiPhoneとHEIFとに続き、ハイシエラのMacで外付けSSDストレージをAPFSでフォーマットしてみる。速度ベンチマークも取ってみました。

Apfs_format_01

macOS High Sierraからファイルシステムの基本がApple File System(APFS)になって、SSDのMacはOSアップデートで起動システムが「ファイルを消すこと無く」HFS+からAPFSに変わるのはすでに多方面で書かれている通り。

Apfs_format_02

うちのMac Pro(Late 2013)のストレージはなぜか空き容量が増えました(なんか要らないもの消したっけ?)
ここまではわざわざ書くネタではないのですが、外付けドライブをAPFSにすると、速くなったりいいことあるのかとやってみました。

SSD Drive

APFSはソリッドステートドライブに最適化されたファイルシステムらしいので、テストの対象はSSDストレージ。
G-TechnologyのG-DRIVE ev RaW SSD 1TBモデルを使います。

Apfs_format_04

初期化のまえにベンチマークを取っておきます(後述)

Apfs_format_05

初期化、それともこれはフォーマットを伴わない?
ほとんど瞬時に、あっさりとAPFSに変更されました。
が、ドライブアイコンがmacOSの汎用のアイコンになってる。がーん。

いや、問題ない。G-Technologyはリストア用にドライブアイコンがダウンロードできます

Apfs_format_06

G-DRIVE ev RaW SSDのアイコン、ないやん・・・_| ̄|○

こんなこともあろうかと、G-DRIVE ev RaW SSDのドライブアイコンは別にバックアップしておいたのでOKですが。

さて、さきほど取っておいたベンチマークを比較してみます。

Apfs_format_07

HFS+のG-DRIVE ev RaW SSD

Apfs_format_08

APFSのG-DRIVE ev RaW SSD
測定誤差の範囲で、有意な速度向上はなし。まあ、そんなもんでしょう。
それよりも

Apfs_format_09

HFS+のドライブはAPFS含め、フォーマットの選択肢があったのですが

Apfs_format_10

APFSのドライブをディスクユーティリティで初期化しようとしてもHFS+には戻せない?(訂正:追記参照)ようです・・・。えっと・・・。
ご利用は計画的に。といったところでしょうか。

追記と訂正
物書堂の廣瀬さんから、「パーティションレベルで初期化するとHFS+に戻せます。」と教えて頂きました。

001

ああ、たしかに。
検証不足をお詫びし、訂正、追記いたします。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月29日 (金)

High SierraとiPhoneとHEIFと

夜明けのネットワークが速いときを見計らってmacOSをアップデート。High Sierraに。
すでにiOS 11化したワタシのiPhone 7 Plusはすでに写真フォーマットがHEIFになっている。
このHigh SierraとiPhoneとHEIFの相関関係について整理してみる。

High_sierra_heif_01

というのも、High SierraにしたのはメインマシンのMac Pro (Late2013)、モバイルマシンのMacBook Pro Late 2016はHigh Sierraトラブル時のためにSierraのままでしばらく待機温存。
一方で、iOSはHEIFを転送先によって勝手に(もとい自動で)JPEG変換する。
そのため、同じiPhone 7 Plusで撮っても、転送先によってファイルフォーマットが変わることになる。
試しながら自分用に対応表を作成してみた。(間違っていたら修正します。)

High_sierra_heif_02

ポイントは、
・AirDropで転送すると相手がHigh SierraでもHEIFではなくJPEGに変換される。
・High Sierraは今日現在、Adobe Photoshopでは開けない。
・Bridgeでもサムネイルしか表示できずEXIFは表示できない。
あたりか。

High_sierra_heif_03

iPhone の設定 > カメラ >フォーマット で高効率を選択するとHEIF形式で保存される。
拡張子はHEIC (分かりにくいな・・)

High_sierra_heif_04

同じくiPhone の設定 >写真 >MACまたはPCに転送を自動のままにしておくと(デフォルトは自動だったはず)転送先がHigh Sierraの場合、HEIFで、それ以外はJPEGに変換して転送する。が、AirDrop転送の場合は転送先がHigh Sierraでも変換するみたい(今日現在)。

そして元のフォーマットのままで、イメージキャプチャ経由で転送すると、HEIF未対応のMacにHEIFのまま転送することができる。

High_sierra_heif_07

SierraまでのMac はFinder上でもアプリでもHEIC拡張子のファイルを表示できない(上)。のでJPEG(下)で送りたい。

High_sierra_heif_08

でも、Sierraのイメージキャプチャ画面上はHEIFを普通に表示できて、なおかつ、それがHEIFだという注意喚起がされないので、写真設定の、元のフォーマットのまま転送、設定は運用注意。

High SierraならFinderでHEIFをサムネイル含め表示できるが、じゃあ、と安心してHEIFのまま送ると

High_sierra_heif_06

Adobe Bridgeではサムネイルとファイル容量「のみ」表示できてEXIFは一切保持できない。

High_sierra_heif_05

JPEGは問題ない(当たり前)だけど、HEIFは容量が半分以下というアドバンテージもある。ので、どうしようかなあ。
それ以外の特徴はおもいでばこブログに詳しいです。
(なんかiPhone カメラのレビュー系もこの辺は読者の興味がないと判断されたのか、過度に長くなると判断されたのかスルーされていて残念)

High_sierra_heif_09

ああ、もちろん、いま現在はPhotoshopでも開けません。ので、HEIFでMacに送っちゃったら手も足も出ない・・・訳はなく

High_sierra_heif_10

iPhoto もとい 写真アプリではEXF含めフル対応

High_sierra_heif_11

編集もできます(実はFinal Cut Pro Xも対応してました)

High_sierra_heif_12

ただし、書き出しはJPEG、TIFF、PNGのみでHEIF書き出しはできません。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 6日 (水)

新いちばんやさしいiMovie入門 9/19発売

夏の終わりには・・と5月に言っていたのに、9月になってしまいましたが、やっと出ます。
新いちばんやさしいiMovie入門 : 秀和システム 9月19日発売。

Imovie_2

初公開?新しい表紙。

Imovie003

最新のバージョンに合わせて全面的に書き直していますが、執筆中にコンマ1、バージョンがあがったのをお許し下さい。
ただ、10.1.6の変更点は、今回メインのハワイロケに協力頂いた新しもの好きのダウンロードによれば
• 旧バージョンのiMovieで作成されたライブラリをアップデートするときの安定性が改善
• トランジションの後のクリップの音量が下がることがある問題が修正

のバグフィックスなので、問題なく最新版対応と言えると思っています。

そのハワイロケを含むメインキャストは、菊池智子(satoppiko)& てぃっぷ

改定版とは言え、アップグレード料金で買えるわけでは無いので、せめて楽しんで頂かないとと、テキストは70%、図版は100%新規作成。
作例も100% 新規撮り下ろしです。

mono-logueではときどき顔を出している友人知人の助けを借りて、絵的にも楽しんでいただけるよう注力しました。

75_14_2

また、今回はiOS版のiMovieの章を設けたのも特徴。
ページ数の制約もあり、iOS版はダイジェスト版になっていますが(最初の原稿だと、斎賀さん、本2冊出すんですか?状態だったのです。)、基本は抑えたつもり。です。

よろしくお願いいたします。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 3日 (日)

MacBook Pro 修理

8月上旬、とあるアプリのアイコンのスクリーンショットを撮るために、MacBook Proのデスクトップを白一色にしたら・・・。

Macbook_pro__01

あれ?画面に色むらが・・・
デスクトップピクチャを設定していると気づかないモノですね。いかんいかん。

AppleCareに入っているし、どちらにせよまだ1年たっていない(のに1コ前世代だぜ、悔しいw)ので、アップルストアに持ち込もうと思ったけれど、2〜3日おきに使う予定があったり、ジーニアスバーの予約が取れなかったりで延び延びになっていた(使用自体は問題ないのでつい)けれど、

Macbook_pro__02

ようやく金曜日にアップル銀座のジーニアスバーに持ち込む。
症状確認、ほぼ同時に入院修理確定(笑)
翌週の土曜日に講演で使う予定なので、1週間で戻せます?とお願いすると、大丈夫と思いますが、それも書いておきますね。と。

Macbook_pro__03

ディスプレイ交換になるようです。保証切れてたら高価いので、やはりAppleCareは必須だと思った。

Macbook_pro__04

で、さっそくアウディで頂いたキーボードと、iPad Air2が活躍(笑)
何日かはモバイルはこれで・・と思ったら

Macbook_pro__05

金曜日、ジーニアスバー預かり
土曜日夕方、修理完了のお知らせ

速いなあ・・・

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月12日 (水)

今さらですがiMac 2017をいろいろ触ってきた

今さら遅いよ、と言われそうですが、ビデオSALONの編集氏と一緒にアップルにお邪魔し、iMac 2017を心ゆくまで試してきました。
簡単なレポートはビデオSALON Webで

iMac 2017_01

ホントはMacBook ProやMacBookといった新型全てを触ってきたのですが、総花的に書くよりiMacに特化してみました。ってか、MacBook Pro Late 2016を買ったワタシには、MacBook Pro 2017は複雑な思いなのです(笑)

iMac 2017_03

ビデオSALONに書かなかった部分で重要なのは、やはりワイヤレスキーボードのテンキー復活。
5年以上前からBluetooth キーボードでのテンキーを切望しつつ、いつまでたってもアップルが応えてくれないんで諦めて、サードパーティ製のMatias Wireless Aluminum Keyboardを買ったのが今年の3月
ワタシもつくづく運のないオトコだなと思いつつ、やっぱり純正はいいなあ。と。
現段階でiMac Proに付属する黒いテンキー付きワイヤレスキーボードが単品販売されるか否かは分からないそうです。

iMac 2017_02

MacBook ProはThunderbolt 2とUSBを一気に統合してUSB-Cコネクタ形状のThunderbolt 3に統一してしまったけれど、iMacはそこはコンサバでTB2をTB3に置き換えたのみでUSBは従来通り4ポート搭載。
あ、USBは3.1じゃなくて3仕様みたい。

正直、iMac Proが気になるけれど、価格性能比を考えたら今回のiMacがベストチョイスであることは間違いないと思います。
ガンダムよりもGM II 2機ですよね(そーいうことではない)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 8日 (木)

上位グレードと価格が逆転するiMacのアカデミック価格

Macお宝鑑定団ブログの記事、
Apple.com/jpで販売されているiMac (Retina 2017)の4K/5Kモデルは、GPU違いにも関わらず上位モデル構成で組むと価格が同じになる

は、カスタマイズ価格付けロジックの不整合(?)で、新型iMacの中位モデルと上位モデルをCTOカスタマイズして同じクロック、同じストレージにした場合、価格は同じなのに上位モデルはGPUが1クラス良いモノを積む仕様になる。というもの。
(良く見つけるなあ、こんなところ)

じゃあ、アカデミック価格(アップルでは学生・教職員向け価格)ではどうよ、と思って、Macお宝鑑定団ブログと同じ仕様で試算してみた。

27inch 5K iMacの場合

Imac_price_5k

逆転!(笑)
CPUをCore i7/4.2GHz、ストレージを2TB Fusion Driveにすると、右(上位モデル)の方が、GPUは高性能なのに、価格は安い(税込だと1万円くらい安くなる)

21.5inch 4K iMacの場合

Imac_price_4k

も、27inchほどではないけれど価格は逆転する。

これ、是正されないうちに、対象者は買っちゃえ(笑)

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 6日 (火)

10キー復活もタッチバーはつかなかったiMac Pro

鳴り物入りで登場した大型新人は前任のエースに較べ小柄なボディに強力な力を備えた実力派だったけれど、自分内部での能力拡張に難があって外部拡張に頼るものの充分な手当がされず、今季限りの引退が確定し、来年には再び拡張性に振った新人のデビューが公言されている。
ワタシの主力、黒いMac Proの話ですが。

で、それまでのリリーフ(?)に強化型のザク、もとい強化型iMacの投入も公言されていたのですが、WWDCで年末の登板がアナウンスされました。
iMac Pro

契約金はリリーフとは思えない破格な高価さで、他の新人が比較的抑えた金額であることを考えると別格。まあ、それだけジーオンは象徴ということでしょうか。

あくまでiMacの強化仕様(まさにハイザック)なので、拡張性は外部頼みの一体型。
あれ、結局、Mac ProってディスプレイレスなiMacだったのか。

そして、新型キーボードはTouch Barがついてくると(少なくともタッチバーつきのキーボードがオプションで選べると)思っていたのが裏切られ、代わりに10キーが復活。

Magickeyboord10key

何年も前からテンキーつきのワイヤレスキーボードを切望し、アップルがその気を見せないので仕方なく10キー付きワイヤレス Matias Wireless Aluminum Keyboardをこの春、買ったばかりなんだけどなあ。

まあ、タッチバーを付けるとコストが上がりすぎるとか、BT接続とはいえワイヤレスでTouch Barのレスポンスを出すのは難しいとか、理由はあるんだとおもうのですが、iOSが mac OSに寄っていくように(これまで逆の印象だったので嬉しい)アップルは自社製品のフィーリングに一貫性を持たせるのが主義だと思っているので、タッチバーを(一部の)ノート専用のユーザーインターフェイスにとどめて両方やる、というのは考えにくいんですよねえ。
タッチバー 閉店にならないように、ちょっと不安な面持ちで見た今回のWWDCでした。
テンキー復活が、転機にならなければいいなあ。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月 5日 (水)

円筒形Mac Proの終わりのはじまり

Macお宝鑑定団ブログ記事「Apple幹部、今年後半に新型iMacを、来年以降に新型Mac Proを発売することを明らかに」より

・来年以降に新型Mac Proを販売する。デザインと設計方針は一新される。
・新しい外付け液晶ディスプレイを発売する計画がある
・今年後半に、Proユーザー向けの新型iMacを発売する。

が主な内容。

Mac Pro_03

>Mac Pro (Late 2013)は、完成されたデザインと設計方法に問題があり
まあ、そういうことになるよね、結局。GPUはもちろん、メモリーだって増設が現実的な価格帯で提供されなかったわけだし。
現行の筒型というか、円筒形のMac Proはこれで終焉ですか。Cubeも1代限りだったけれど、Tubeも1代限りの徒花か。

BookArc for Mac Pro_11

と思ったら、Mac Proがサイレントアップデート。ほぼ、1ランク分の価格を下げたラインナップになっていた
この価格だと、相応にC/P高いなあと思うものの、Thunderboltも2のままだし、USBはType-Cじゃないだけでなく、USB3.1ですらないUSB3。
これは今年後半に出るというプロユーザー向け?のiMacに水をあけられること必至だよなあ。

Mac Pro_01

それはともかくとして
>新しいMac Proは、ハイエンドCPUとGPUの換装が可能なモジュラー方式を採用する予定
とすると、タワー型あるいはミニタワー型へMac Proが回帰するのは間違いないところ。

ストレージの急速なSSD化をみると、また、現行MacBook Pro Late 2016の内蔵SSDの速度を思うと、3.5inchベイを複数ぶら下げる拡張性は持たないように思うけれど、SSDスロットを複数持って内蔵SSDのRAID化はしてくるかもしれない。
HDDは外付けのRAIDとして大容量ニーズに応える方向か。G-TechnologyやPROMISEといったハイエンドストレージベンダーの動向が気になるところ。

Mac Pro_02

とりあえず2017年中にMac Proが刷新されることはなくなった、のは分かった。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月12日 (日)

ジョブスの腕時計:セイコー ナノ・ユニバース SCXP041

スティーブ・ジョブズが初代Macintoshの発表の時、左腕にしていた腕時計が復刻された。と言われても、正直、へえ、という印象だった。著名なひと、好きなひと、と同じものを持ちたい、という欲求はあまりない。けど、この時計の写真みたら、良いなあと思った。
Seiko nano universe Limited Edition SCXP041

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_01

発表された日、ナノ・ユニバースのオンラインショップでは眺めているうちに予約終了。
あれあれ、1本、シンプルな革バンド腕時計も持ってていいかなあ、あまり高価くないし。
と思ったけどダメか。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_02

そしたらクマデジタルさんから、XXXで予約できた。というメッセージを貰ったので、その別店舗に電話。何本入荷するか分からないけれど、一人目だから大丈夫と思います。とのことでつい予約。
クマデジタルさんの当該エントリー(針がもっとも美しいとされる10時10分になっているのに驚きます。クマのコダワリは半端じゃない)

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_03

という訳で、クマデジタルさんと、何度目かのお揃い。ベアウオッチ というヤツですね。
ちなみにワタシもクマデジさんも、ジョブスとお揃いのSCXP051(文字盤小さい方)ではなく、SCXP041(文字盤大きい方)です。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_04

装飾性を排した意匠の美しく、主張しない腕時計。
ちなみにワタシが購入した店舗でも入荷は大小各2本の計4本。当日だけで30本以上の問い合わせ電話が掛かってきたそう。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_05

クオーツの時計、久しぶりかも。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_06

AppleWatch(初代)と。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_07

この両者の間にはおよそ35年の時間がある。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_08

裏蓋はステンレス。風防はふつうの無機ガラス。
ので、まあ、使っていたら傷だらけになりそう。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_09

クマデジさんのシリアル番号は863番でしたが、ワタシのは1270番。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_10

あとはディテールを記録代わりに。
コレクターでは無いので使ううちに傷だらけになるだろうし。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_11

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_12

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_13

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_14

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_15

今回の写真はみなEOS-1D X Mark II + EF100mm F2.8Lマクロですが

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_16

この1枚だけOM-D E-M1 Mark II と ED12-40mm F2.8
片手でこの角度からEOS-1D X IIで撮るのは、ワタシにはムリ。

Seiko nano universe Limited Edition SCXP041_17

補足

Seiko_nano_universe_limited_edition

家族の外出中にささっとリビングのテーブルでブログ用写真を撮ったのですが、外した値段タグをテーブルに置き忘れ、冷たく無駄遣いを指摘されている今日この頃です。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧