PC周辺機器/ネット

2017年12月11日 (月)

Amazon サイバーマンデーで Adobe CCライセンスを買う

Amazon cyber monday(サイバーマンデー)セールは、Amazonプライムの会員になっていないこともあってスルーしていたら、

Amazon_01

Abobe Creative Cloudのアカデミックライセンスコード版(学生・教職員版)も20%オフだって?
Amazonプライムは昔入っていて、その後やめてヨドバシ派だったのだけど、1ヶ月無料体験がやめたワタシにも有効だったので・・・

Amazon_02

Amazon Prime 再加入。まあ、お正月に映画見るのもいいよね。

Amazon_03

Amazonでコード購入すると、ほぼ瞬時にコードが発行されるので、Adobe CCのアカウント管理から、自分のページログインして、コードを引き換えればOK.。

Amazon_04

あれ?2019年10月まで??
と思ったら、去年、同じようなパターンで来年の分までライセンスを買っていたのを自分のブログで知る・・・_| ̄|○

学生はAmazonプライムの無料期間も半年だし、会費も半額なのでいい機会。
大学4年生のひとは12ヶ月ライセンスを購入すると途中でアカデミック対象でなくなってしまいますが、ライセンスのアクティベート(認証)時に学生であれば、12ヶ月ライセンス終了時まで合法的に有効ですので安心してください。
ただし、24ヶ月版ライセンスはNGとのことなので注意が必要です。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月 7日 (木)

PCにもエンタテインメントにも。リーズナブルなHDR対応ディスプレイ:BenQ EW277HDR 【AD】

テレビ番組や映画を観るのは居間のテレビに繋いだDVD/BDレコーダー・・・なのはすでに昔の話。最近はPC上でNetflixやHuluで見るユーザーも多く、テレビで観る場合もレコーダーよりFire TVやAppleTVを使うことが多いらしい。

そんなオンデマンドマルチメディア用途を意識したPCディスプレイ、BenQ EW277HDRを日本発売に先駆けてしばらく試用させていただきました。これはリーズナブルながらPCにもFire TV/AppleTVといったデバイスにも使え、HDR対応というハイレベルなスペックも有する27inchディスプレイです。

BenQ_EW277HDR_01

BenQ EW277HDR
PCディスプレイとしては27インチ1920x1080pixelと十分なサイズと標準的な解像度。
液晶方式はVA方式。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/privacy_policy.html

BenQ_EW277HDR_02

Fire TV/AppleTVといったデバイスを繋ぐと、フルハイビジョン(以下FHD)かつHDR対応という優れたエンタテインメントモニターになります。
*画面は著作権上の問題で、自作の映像に差し換え合成しています。

言わばPCモニターとテレビ(放送は受信できないけれど)を1台で兼用する存在で、ひとり暮らしの学生や社会人には非常に便利なものと思います。同時に長時間使用にも安心感のあるアイケアディスプレイであることもポイントです。

BenQ_EW277HDR_03

今回の試用は、Mac Pro(Late2013)とAppleTV 4K(2017)で行っています。

BenQ_EW277HDR_04

AppleTV 4KでiMovie THEATERを開いたところ。EW277HDRはスピーカー内蔵なのでAppleTVとHDMIで繋ぐだけでオーディオもEW277HDRからステレオで再生されます。

BenQ_EW277HDR_05

ベゼルは細枠。そのせいもあって27インチの比較的大きな画面サイズでありながらEW277HDRは縦460.6cm 横613.8cm (厚さ180.9cm)と設置面積は小さい。
写真はPC画面(Final Cut Pro X)を表示時。

BenQ_EW277HDR_06

スタンドはシンプルな長方形ベース。PC未使用時にキーボードを載せておくのにちょうど良い構造。

BenQ_EW277HDR_07

ベゼル下段。

BenQ_EW277HDR_08

映像入力はHDMI(Ver.は18Gbpsの帯域を持ち4K/60Pに対応するVer.2.0)x 2 とアナログD-sub x 1。Displayポート等を持たない割り切った仕様でコストと実用重視のバランス感を感じさせる。D-sub用か、オーディオ入力端子もあり(HDMIは音声重層)。ほかにヘッドホン出力が1系統。

BenQ_EW277HDR_09

HDMIが2系統あるのでPCとAppleTV等を常時接続しておいて切換使用が容易なのも◎。
このあたりも単身者の使い勝手として便利さを感じる部分。

BenQ_EW277HDR_10

AppleTV 4KとはFHD HDRで接続しました。EW277HDRはリーズナブルなディスプレイでありながらHDR(ハイダイナミックレンジ)対応が特徴です。

HDRは従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に較べ、輝度の両端が広いという現在注目の高画質規格です。これまで黒潰れしていた暗部、白飛びしていた明部の階調が活き、よりくっきりした印象の映像が得られる規格で、NetflixやiTunesムービーなどで採用が始まっています。が、再生機とディスプレイの双方が対応していることが必要です。

BenQ_EW277HDR_11

上:AppleTV 4KでSDR(スタンダードダイナミックレンジ)接続したときの設定
下:AppleTV 4KでHDR(ハイダイナミックレンジ)接続したときの設定

BenQ_EW277HDR_12

AppleTV 4KでHDR接続したEW277HDRでAppleTVのスクリーンセーバーを表示。
写真では伝わりにくい(すみません、腕が追いつきません)ですが、影の暗部から空のハイライトまですべての階調でノビのあるハイコントラストな表示が得られています。

これはvimeoでのHDRコンテンツ視聴でも大きな効果を実感しました。
正直、まだHDR作品の配信は少数に留まっていますが、近い将来、ディスプレイのHDR対応は必須機能になると思います。

BenQ_EW277HDR_13

画質含め各種調整機能はボタンでメニューから選択する仕組み(後述)ですが、HDRとブルーライト抑制機能は前面にダイレクトボタンが搭載されています。

ただし(ここ重要)AppleTV 4KでHDR接続している状態(HDR規格で信号が入力している状態)では、EW277HDRは常時HDR ONになり、前面ボタン(メニューからも)でHDRをオフにすることはできません。

BenQ_EW277HDR_14

AppleTV 4KをSDR接続時、あるいは通常のPCをHDMI接続時の前面ボタンの挙動

・HDR、ブルーライト抑制 ともにオフ
・HDRはオン、ブルーライト抑制はオフ(HDRはエミュレート)
・HDR、ブルーライト抑制 ともにオン(HDRはエミュレート)
・HDRはオフ、ブルーライト抑制はオン

BenQ_EW277HDR_15

それ以外の各種設定、調整は本体下部右にあるボタンで行います。
グリーンランプが点いている右端のボタンが電源。

BenQ_EW277HDR_16

ボタンはフロントでは無く、下部についています。
ボタンを押すと画面にオーバーレイ表示されるオンスクリーン・ディスプレイを見ながら操作するので、多少の慣れは必要でしょう。

BenQ_EW277HDR_17

前述したようにHDR接続時は画像表示に対してシャープネス程度しか設定を行うことは出来ません。

BenQ_EW277HDR_18

SDR接続時は輝度、コントラスト、ガンマ、色温度等の設定が可能になります。

BenQ_EW277HDR_19

モードプリセットもSDR接続時のみ有効です。
SDR接続時にHDRをオンにすると、HDRエミュレート表示になります。

BenQ_EW277HDR_20

PC接続時にはモードプリセットが実用的、今回の試用中では
「写真」モードと

BenQ_EW277HDR_21

NTSC映像の基本とも言えるRec.709のモードプリセットが活躍しました。

BenQ_EW277HDR_22

このレビューを書いている時点では日本語の公式情報もなく・・と書いていたら、公開直前に日本語ページが出来ていました(笑)。国内販売価格も出ていない(オープン価格?)ので正確なことは書けないものの、3万円台後半との話も聞こえてきます。
だとするとリーズナブルな普及価格帯の製品であるEW277HDRがHDR対応でホームエンタテインメントに直球を投げ込んできたことに大きな意味を感じます。

PC用ディスプレイ、家庭用テレビ、は決して違うカテゴリーの話では無く、ひとつの製品に集約しうるのだと考えると、家電はまさにそこにリーチ出来ないといけないのだと思います。春になると、進学、就職でひとり暮らしをはじめるひとも増える時期。
EW277HDRはデスクトップ派のひとはメインディスプレイ&テレビとして、ノート派のひとは大きなサブディスプレイ&テレビとして、かなり有効な選択肢になるはずです。

BenQ社には、アンバサダー制度があります。
ワタシはレビューを通じて同社製品に触れているので、参加させて頂きました。購入前に実際にモニターする機会がある(あくまである場合もある、ですが)のは、とても良いことだと思っています。
BenQアンバサダープログラム

--ads--

BenQ モニターディスプレイ @ amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月14日 (火)

G-DRIVE mobile SSD R とInter BEE 2017

明日からInter BEE 2017が幕張メッセで開催。
ワタシは大学の関係で金曜日に行く予定です(よろしくお願いいたします>関係各位)

で、G-Technology(HGST)ブースでお披露目が始まっているはずなのがこれ。
G-DRIVE mobile SSD Rシリーズ

Gdrive_ssd_3

この小型、軽量で、堅牢、防水、耐衝撃。そして最大560MB/sの高速ポータブルSSD。

先行して試した結果は、20日発売のビデオSALONでのワタシの連載にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月11日 (土)

Synology DS218j セットアップ

先日、購入した家庭用NAS Synology DS218jのハードディスク組み込みを含めたセットアップ手順を。
ひじょうに簡単だったけれど、誰かの役に立つかも知れないので。

sinology_DS218j_07

Synology DiskStation DS218j はHDD組込のセット販売もショップによってあるけれど、基本はケースのみ。ワタシは HGSTのNASモデル、DESKSTAR NAS 4TBを選択。
24時間365日稼動前提でMTBFは100万時間。7200RPMで3年保証。

sinology_DS218j_08

Synology DS218j 付属のマニュアルはイラストによる説明でテキストを含まない。なるほど、ワールドワイドにモノ売るってこういうことか。
同梱のACアダプタとACコード、Ethernetケーブル。ACケーブルは日本仕様。

sinology_DS218j_09

箱から取り出したSynology DS218j 。背面にはEthernetポート x1 USB3.0ポート x2。

sinology_DS218j_10

筐体をスライドさせて開くのだけど、最初っからネジがない。
どうせ開けてHDD組み込むのだからネジ留めされていない方が合理的っちゃあ合理的か。

sinology_DS218j_11

HGST DESKSTAR NAS
同じ製造ロットでシリアルも近く、安心(←古い感覚ですかね?)
ちなみにDESKSTAR NAS、8TBモデル、10TBモデルはヘリウムシールドHDDらしいけれど、4TBおよび6TBは違います。

sinology_DS218j_12

ドライブの組込はスライドさせるだけの容易さ。

sinology_DS218j_13

2ベイのNASなので2階建てですが、ちゃんと二階部分にガイドがあって、位置合わせもスムーズ。

sinology_DS218j_14

HDD固定ネジは、HGST DESKSTAR NASに2種類、Synology DS218j に1種類、同梱されていたけれど、Synology DS218j についてきたものを使う。
というのも

sinology_DS218j_15

Synology DS218j のHDD固定部は防振ゴムが付いていて、僅かながら長さが必要だから。

sinology_DS218j_16

2台のベアドライブを固定した図。

sinology_DS218j_17

セットアップはWEBブラウザから行う。Safari(じゃなくてもいいけど)でfind.synology.com/#と打つとネットワーク用のSynologyを探してくれて、接続を押す。これは楽ちん。

sinology_DS218j_18

DiskSaation Manager(DSM)をインストール。初期化警告。

sinology_DS218j_19

ドライブの初期化、設定まで一気にやってくれます。なにもしなくても、自動的にRAID1(ミラーリング)として設定されるみたい。

sinology_DS218j_20

あとは画面に従って、必要な設定とアプリを(NASに)インストールするだけ

つい、全部入れたけれど、不要なモノもあるのであとでアンインストールした。

sinology_DS218j_01

とりあえず快適に稼動中。
使いながら問題や不満が発生したら、改めて書きます。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月 5日 (日)

家庭用NASを買う:Synology DS218j

自宅のファイルサーバー的に運用していた国内メーカー製NASがクラッシュしていて、ミラーリングのはずなのに復旧できないという「?」の状況下、NASを買い換えようとしていた。
アンバサダーをやらせて頂いているG-TechnologyはNASを(ほぼ)やっていないので、国内I社、B社、Synology、QNAP、NETGEARあたりが候補。

sinology_DS218j_01

周囲で評判の良いSynology、QNAPからどれか、と思っていたら、ちょうど参加したAUGM Tokyo 2017でベンダー参加していたSynologyが、会場限定特価販売を行っていたので、2ベイのモデルを購入。
売れ筋はDiskStation DS216jだったけれど、ちょうど直後にマイナーチェンジ版のDS218jが発表されたので、DiskStation DS218jを。

sinology_DS218j_02

基本はドライブを搭載しない「箱」状態売りなので、ベアドライブも合わせて購入。
4TB x 2で、ミラーリング(RAID1)で4TBで取りあえずはじめます。

sinology_DS218j_03

Synology DiskStation DS218j
旧機種のDS216jに較べ、CPUクロックがあがったのが主な変更点。

sinology_DS218j_04

ドライブはWDあたりのセット販売してるショップが多いけれど、そこはHGSTのNASモデルを組み合わせるのがお約束ですよね(笑)
NAS用だと発熱等で5400RPMくらいのHDDが基本かと思っていたらHGSTは7200回転なんですね。

sinology_DS218j_05

取りあえずセットアップして、基本の共有機能だけ稼動開始。
HDDの組込含め、あっさりとできちゃったけれど、手順は後日別ブログで。

Sinology_ds218j_06

初期設定もWEBブラウザからほぼ一気に。

取りあえず、NASの導入報告でした。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月27日 (金)

3倍使える?cheero 3-in-1 USB Cableをいろいろ試す

ガジェットの充電はほぼ100%フォローするであろうケーブル、Lightning、Micro USB、そしてUSB-Cの3種類の差し込み口に対応したデータ/充電ケーブルがcheero 3-in-1 USB Cable。ガジェットが増えると充電ケーブルを忘れがちだけど、取りあえずこれが1本、鞄に入っていれば安心なケーブル。

cheero 3-in-1 USB Cable_01

iPhoneでもワイヤレス充電が始まったとは言え、基本はLightning。一方、モバイルバッテリーはMicro USBが多く(THETAなんかもそう)、アンドロイド端末ではUSB-Cも増えてきた。
ケーブルだけで鞄の中がごちゃごちゃするのは避けたいとき、有効なのがマルチケーブル。ダンボーバッテリーをはじめ、モバイルバッテリーで有名なチーロが先日、発売したのがcheero 3-in-1 USB Cable。
なお、同社より評価用サンプルとしてcheero 3-in-1 USB Cableを1本、提供いただきました。それ以外の利益供与はありません。

cheero 3-in-1 USB Cable_02

先端部が差し換えで、Micro USB、Lightning、USB-Cに対応する。こういうジョイント型のものは、先端部がちぎれやすいイメージがあるけれど、同社の説明に依れば
『1万回の折曲げ試験』と『50kg以上の引っ張り強度試験』に合格。従来比で10倍の強度を実現 という。短い試用期間では耐久性は分からないものの、従来製品より「丈夫そう」に見えるのはたしか。

cheero 3-in-1 USB Cable_03

根元側にcheeroのロゴがある。

cheero 3-in-1 USB Cable_04

ベースはMicro USB、ケーブル自体はファブリックで覆われ、絡みにくくなっている。

cheero 3-in-1 USB Cable_05

クルマのナビに繋いでみる。Lightningを「差し込む」形だけど、歴としたMFi認証品。
充電もナビからの音楽ライブラリアクセスも問題なし。

cheero 3-in-1 USB Cable_06

モバイルバッテリーへの充電も当然ながらOK。

cheero 3-in-1 USB Cable_07

Micro USBは、このBluetoothヘッドホン(AFTERSHOKZ TREKZ AIR)はじめ、対応機器が多い。ワタシのまわりで評価の高いPowerShot G1 X Mark IIIもMicro USBでUSB充電が可能。ソニーは一眼でもUSB充電可能だよね。

cheero 3-in-1 USB Cable_08

ワタシのOM-D E-M1 Mark IIはUSB-Cをいち早く採用したハイエンドミラーレス。
cheero 3-in-1 USB Cableでデータ転送はOKだったけれど、OM-D E-M1 Mark IIはUSB充電には対応していないのでした。残念。

cheero 3-in-1 USB Cable_09

対応機種にMacBook (2016モデル)とあるので、じゃあ、と一応、MacBook Pro Late 2016に挿してみたが、充電できず(当たり前か)。

cheero 3-in-1 USB Cable_10

ワタシはXperia もGalaxyも持っていないので、USB-Cデバイスとして、モバイルハードディスク、G-Technology  G-DRIVE mobile USB-C を繋いでみたところ、使えた。ちゃんと駆動するし、データコピーもできる。
ただ、ちょっと遅い気がしたので調べると

Cheero_3in1_usb_cable_11

480Mb/秒でしか接続ができていない。ベンチマークをとってもライト/リードとも40MB/秒程度。

Cheero_3in1_usb_cable_12

これ、製品付属のケーブルで繋ぐと、3倍のスピードが出るので、cheero 3-in-1 USB Cableはシャア専用ではない緑のヤツだということで、よろしくお願いいたします。

でも、リーズナブルで汎用性があるので、鞄に標準配備しておくにはちょうど良いかと思います。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月25日 (水)

Orbital 2 はクリエイティブワークの必須デバイスになるかも

クラウドファンディング Makuake で、O2 / Orbital 2 の支援が始まった。
イラストレーター映像クリエイターへ送る、作業が加速する最新型入力デバイス「O2」
と読むより、写真を見る方がわかりやすいと思うけれど、片手で「膨大な」ショートカットを「最小限の」動きで入力するインターフェイスデバイス。

Detail_3348_1508570217

似た製品にPowerMateやShuttleProがあったけれど、O2は1本のつまみの倒し方と方向と回転だけで数十のキー操作(理論上は数百)を行える小さなデバイスです。
昨日、プレス発表会あったけれど、実はすでに実機を触らせていただきました。
Flick! タクタ編集等の記事にもありますが、このO2を開発しているのはベンチャー企業BRAIN MAGIC。そのCEOの神成大樹氏は、デジタルハリウッド大学院の卒業生で、在学時代、ワタシの講義も受けてくれていたのです(大袈裟に言うと教え子?)。
それを覚えていてくれて、先日、遠くうちの大学までプロトタイプを持ち込んでくれました。

神成さん、真面目すぎるのか、動作デモムービーに音楽もナレーションもない。
もっと派手に作ればいいのに(笑)なあ
手に入ったら、勝手に作ってみようか。

プロトタイプだけど、現時点での完成度は飛び抜けています。デジハリも同社を支援する出資を行っているし、個人的にも応援すべく、申し込み。
(たぶん、いちばんだったはずw)

PCでクリエイティブワークを行うすべてのひとにとって、必須のデバイスになるかもしれません。ええ、そのくらい可能性のあるデバイスだと思っています。

Detail_3348_1508730152

ただ、O2っていうと、SGIのぽっちゃりしたワークステーション思い出しちゃうのは内緒だ。

クラウドファンディングページへのリンク

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 3日 (火)

High Sierra:外付けSSDストレージをAPFSでフォーマットする

macOS 10.13シリーズ。High SierraとiPhoneとHEIFとに続き、ハイシエラのMacで外付けSSDストレージをAPFSでフォーマットしてみる。速度ベンチマークも取ってみました。

Apfs_format_01

macOS High Sierraからファイルシステムの基本がApple File System(APFS)になって、SSDのMacはOSアップデートで起動システムが「ファイルを消すこと無く」HFS+からAPFSに変わるのはすでに多方面で書かれている通り。

Apfs_format_02

うちのMac Pro(Late 2013)のストレージはなぜか空き容量が増えました(なんか要らないもの消したっけ?)
ここまではわざわざ書くネタではないのですが、外付けドライブをAPFSにすると、速くなったりいいことあるのかとやってみました。

SSD Drive

APFSはソリッドステートドライブに最適化されたファイルシステムらしいので、テストの対象はSSDストレージ。
G-TechnologyのG-DRIVE ev RaW SSD 1TBモデルを使います。

Apfs_format_04

初期化のまえにベンチマークを取っておきます(後述)

Apfs_format_05

初期化、それともこれはフォーマットを伴わない?
ほとんど瞬時に、あっさりとAPFSに変更されました。
が、ドライブアイコンがmacOSの汎用のアイコンになってる。がーん。

いや、問題ない。G-Technologyはリストア用にドライブアイコンがダウンロードできます

Apfs_format_06

G-DRIVE ev RaW SSDのアイコン、ないやん・・・_| ̄|○

こんなこともあろうかと、G-DRIVE ev RaW SSDのドライブアイコンは別にバックアップしておいたのでOKですが。

さて、さきほど取っておいたベンチマークを比較してみます。

Apfs_format_07

HFS+のG-DRIVE ev RaW SSD

Apfs_format_08

APFSのG-DRIVE ev RaW SSD
測定誤差の範囲で、有意な速度向上はなし。まあ、そんなもんでしょう。
それよりも

Apfs_format_09

HFS+のドライブはAPFS含め、フォーマットの選択肢があったのですが

Apfs_format_10

APFSのドライブをディスクユーティリティで初期化しようとしてもHFS+には戻せない?(訂正:追記参照)ようです・・・。えっと・・・。
ご利用は計画的に。といったところでしょうか。

追記と訂正
物書堂の廣瀬さんから、「パーティションレベルで初期化するとHFS+に戻せます。」と教えて頂きました。

001

ああ、たしかに。
検証不足をお詫びし、訂正、追記いたします。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月26日 (火)

Google スピードテスト

1週間前?にGoogle検索でネット回線のスピードテストが出来るようになったと聞いて、試してみた。

Speedtest_1

このまま消え行くらしいAirMac Extreme。
もはや機能的にも性能的にも突出した存在ではないけれど、それでもネットワーク設定まわりに疎いワタシにとって、分かり易さはいまでも圧倒的。
これが壊れたらどうするかなあ

Speedtest_2

Safari と FireFox (ともにMac Pro)

Speedtest_3

Google Chrome (Mac Pro)とiPhone上のSafari

時間帯による変動大きいけれど、うちでは下りは変動幅が大きいのに対し、上りはこのあたりで安定している印象。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月24日 (日)

キヤノンPIXUS プリント枚数でマイルポイント

去年、プリンターをキヤノンPIXUS TS9030に買い換えたばかりなので、今年はキヤノンもエプソンもほとんど追いかけずにどんな新型が出たのかさえあまり見ていなかったのですが、キヤノンからプリント枚数(とカートリッジ交換回数)に応じてポイントが貯まる「プリント枚ルサービス」が始まったとDMが届きました。

Canon_printer_01

枚ル、とダジャレるオヤジぶりは数年前、プレゼントが194名様にあたる、IXY持って撮りにいくしー!キャンペーンや、EOS KIssのこども大好キッス!とやったキヤノンらしさが健在で嬉しい限りだけど、純正カートリッジ使用時というのがミソですね。
新型はネットワーク越しにそこまでデータ収集してるのか…。

Canon_printer_02

そんな新型 PIXUS XK70はカラーリング以外、去年のPIXUS TS9030にそっくり、というか、外観は完全に同一。
じゃあ、筐体は使い回しでカラバリ展開?と思えば違って

Canon_printer_03

ハードウエアとしては使い回しつつ、心臓部とも言えるインクカートリッジは新型XKI-N11系へ。
それに伴い、最高解像度は半分に、印刷時間、印刷コストは減った。

ランニングコストが下がって、去年の登場時6.8万したTS9030の後継機が4.8万円に下がっているのだからコストパフォーマンスは大きく向上。してはいるんだけど、旧モデルのTS9030はいま現在2.8万円と大幅値下げ状態で、XK70より2万円安くなってる。
ランニングコストがL版でおよそ25%(4.1円)下がってるとはいえ、価格差の元を取るには約5,000枚プリントが必要と思うと、いまからTS9030も悪くないですよ。
プリント枚ルサービスは対象外ですが。

--ads--

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧