« 2007年5月 | トップページ | 2008年4月 »

2007年7月

2007年7月24日 (火)

リミテッドモデルがアウトレットにあるらしい

昨年の12月、TUMIリミテッドエディション2006として限定販売された26141LE6
当時のエントリー:ちなみにTUMIのHPからはもう消えている)

Le_briefs_email_v2
                当時のTUMI ニュースレターの写真

バリスティックナイロンにナパレザーのトリミングが上質な感じで、さらに赤いラインがあしらわれ、デザイン的にも洗練されていたリミテッドエディションだが、とうにTUMI直営店では無くなっている。

限定品だったから売り切れ早かったなあ、と思っていたが、佐野のアウトレットモールにあるTUMIアウトレットに入ってきたらしい。

しかも、26141LE6は当時68,250円 (ベースモデル26141は63,000円)と、プレミアムプライスだったが、アウトレットではどちらも47,000円らしい。

そっかあ、売れなかったのか、結構、いいと思っていたんだけどな。これ、確か日本オリジナルのリミテッドモデルだったはず。当時、並行輸入品の26141は36,000円くらいからあったので価格差も大きかったけど、最近は並行輸入品が激減していて(なにか介入があったのか)、26141も5万円以上してしまう。

そう思うと26141LE6のアウトレット、ひじょうにお得かも。ただし、アウトレット品は建前、トレーサー登録できないので念のため。(参考:ただし、現在もそうかはわかりません

---Ads--
【再入荷♪】TUMI【トゥミ】 26141エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ

【衝撃大特価セール】(即納) TUMI 26141エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピュータ・ブ...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

TUMIの金具2(G4.4)

TUMIの金具1(G4)の続き Generation 4.4系。

Tumi_g44_1

これは現在、ワタシの持つTUMIバッグの中でもっとも使用頻度の高い26114のもの。
(26114レビューは右側カテゴリーの26114をご覧ください)

Tumi_g44_2

Generation 4 → Generation 4.4 で大きく変わったもののひとつが、この金具構造だと思う。
バッグ側リングおよびベルト側金具の双方、デザインが変更された。
リングに樹脂パーツがついて金属同士の摩耗を回避するのは同じ。

Tumi_g44_3

購入して約1年。週の半分はPowerBook G4や電源アダプタを入れて、出張や都内移動に酷使。
さすがにリングの樹脂パーツに毛羽立ちのような摩耗が見られる。
が、金具自体には削れなどは見られない。

Tumi_g44_4

Generation 4(左) Generation 4.4(右)
のショルダーベルト側金具

Tumi_g44_5

Generation 4 では一般的な脱着方法だが、 Generation 4.4ではスライド型に改められた。
Generation 4は、運が悪いと服の裾やバッグの縁を噛むことがあったが、4.4系ではない。
ただし、脱着はやや面倒になっている。

 

--Ads--

ワタシがTUMIを買う時に必ずチェックするショップ。その時々で、価格、在庫に違いあり。(今までのところ、私はトラブルなし)

ダイコーインターナショナル

アイウイルイズミヤ

ee-shoping

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

TUMIの金具1(G4)

友人知人には仕事柄、重いノートパソコンを鞄に入れて持ち歩く人たちが多いのでよくカバン談義になる。ノートPCカバンを考えるときに共通するポイントはこんな感じ。

1.使い勝手  2.衝撃や圧迫からの防御性 3.耐久性

このうち3は、主にエッジの擦り切れと、ショルダーベルト金具に関心が集中する。
TUMI派の意見はどうよ、と言われるので、このブログでの掲載を約束した。

Otherbag01

TUMIのまえに愛用していた国産メーカーの金具。ノートPCユーザーに支持者の多いトラベルバッグとして有名なブランドで、おおむね満足して使っていたが、出張が多かったとはいえ2年弱で金具はこんな感じ。

Otherbag02

ボディ側リングは擦れによるテカリくらいだが、ショルダーベルト側金具はかなり凹んでいるのがわかる。

重いものを持ち歩くユーザーなら経験があると思うが、多くのバッグはここが細くなっていって、ある日、ポキリと折れるのだ。(雨の日の路上にノートPCを転がしてしまった経験あり)

Tumi_g4_1

26003付属のPCバッグの金具。以前書いたように、これはGeneration 4系。

Tumi_g4_2

Generation 4系の金具の特徴は、ボディ側リングに樹脂製のアタッチメント(?)が付いていて(写真左)、ショルダーベルト側金具(写真右)と金属同士が接触しないようになってること。

金具の耐久性は金具の(金属としての)強度の問題(だけ)ではなく、荷重のかかる部分の金属摩耗をどう抑制するかが重要なのだろう。(門外漢ゆえ推測)

ちなみに1年半使用で、小さな傷は多いモノの凹み等は見られず。もっとも、26003はキャリーとしての使用が多く、このショルダーの使用頻度は26003使用時間の何分の一になるはずなので、その辺は差し引いて受け取るべきか。

Generation 4.4系の金具については近日、続きとして書く予定。

--Ads--

ワタシがTUMIを買う時に必ずチェックするショップ。その時々で、価格、在庫に違いあり。(今までのところ、私はトラブルなし)

アイウイルイズミヤ
ee-shoping
ダイコーインターナショナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)